フライト情報

エアアジアの成田・バンコク路線の5月1日運航再開は延期か

投稿日:

タイエアアジアXは、2022年5月1日より成田・バンコク間のXJ便を運航再開するとしてプロモーションを実施していた。
日本とタイの隔離なし往来が実現したことだし、今度こそ本当に飛ぶだろうと思っていた。
が、またしても運航再開は延期となったようだ。

広告



エアアジアの成田・バンコク路線の払い戻しについて

3月16日にエアアジアによるプレスリリースが出ている。

⇒https://newsroom.airasia.com/news/thai-airasia-x-xj-offers-unlimited-flight-change

タイエアアジアXによる日本・韓国・中国発着フライトのサービスリカバリーについてと題した発表で、3月16日付けで更新された。

はっきりと明記はされていないが、運航予定となっていたフライトがキャンセルとなったと読み取れる。

多くのオプションが記されているが、注目すべてきは3番目。

2022年5月1日から6月30日までの成田を発着する予定のXJ便チケットを持っている人への注意事項だ。

フライトの変更:同一ルートで、2022年6月5日から11月30日までの新しい旅行日に1回変更可能、手数料と運賃差額は不要。空席状況による。

これは、つまり、5月1日の成田・バンコク路線の運航再開は延期されたということだ。

実際に販売状況をチェックしてみる。

成田発もバンコク発も6月5日までは「利用不可」の表示。
6月6日以降は購入可能となっている。

5月1日から6月5日までのフライトキャンセルは間違いない。
この間の旅程で購入済みの人にはキャンセル通知が届いているかと思う。
日程変更かクレジットアカウントへのポイント返金という形になる。現金での返金は原則不可のはずだ。

エアアジアの飛ぶ飛ぶ資金集め

またしても、エアアジアの飛ぶ飛ぶキャンペーンが発動してしまった。

2020年3月にタイエアアジアXの運航は停止している。
それ以来、何度も運行再開を匂わせて、プロモーションを実施してきた。
そのたびに運航キャンセルを繰り返した。しかも現金での返金は不可。
エアアジアによる運転資金調達だなんだと散々罵られてきた。

さすがに5月からの運航再開は間違いなかろうと考えていた。
タイは開国済みで、日本の隔離もほぼなくなった。
だから、運航再開予定を紹介する記事にも本当っぽい雰囲気はしていると書いた。

でも甘かった。
まったく読みが甘かった。
油断は禁物だった。

もしも、記事を読んで刺激され5月の運航再開を本当だと思いチケットを購入してしまった人がいれば、よからぬ先入観を与えてしまったことになる。
大変申し訳ありません。
もうエアアジアは信用しないことにします。

とりあえず無料で日程変更はできるので一度変更のほどを。現金での返金は無理っぽいし、できるにしても非常な苦労を伴うだろう。

6月6日以降に運航再開する保証はどこにもない。

日本とタイを結ぶLCC路線は、日本を出発する日本人旅行者だけでは成り立たないということかもしれない。
日本人はワクチン接種済みであれば、タイに隔離なしで入国できる。ビザも不要で自由に観光に行ける。
また、日本人は自由に日本に帰国できて、ブースター接種済みならば、一切の待機は不要となる。
でも、外国人の観光目的の日本入国はいまだに禁止されている。
タイから日本へ観光旅行することは不可能だ。
ブースター接種の条件も、タイでは主力であったシノバックとアストラゼネカは認められてない。待機免除の条件を満たすタイ人はまだまだ少ないはずだ。かりに入国できても、最低3日間の自宅待機が必要だ。

タイから日本へ観光へ行くことができるようになるのは、当分先の話になりそうだ。
エアアジアの日本・タイ路線の再開も当分先になるかもしれない。
本当に飛ぶまでは本当だと信じないほうがいい。
いや、もう信じないからな、エアアジアよ。
でも、本当に運航再開して価格が安ければ利用する。LCCなんてその程度の付き合い方が正解のようだ。

広告

-フライト情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.