ブレックファースト

ソイブッカオのTHANK BARでカフェとブレックファースト

投稿日:

ナイトライフ施設が閉鎖されて半年以上が経過したパタヤ。原則としてバーはすべてクローズだ。
ただ、一部のバーは、カフェやレストランとして営業している。とりわけソイブッカオ界隈ではそういう店が多い。
今回紹介するTHANK BARもその一つだ。

広告



ソイブッカオのTHANK BAR

場所はソイブッカオの南側、パタヤ市民病院の近くだ。
たしか2,3年ほど前にバーとしてオープンしたと思う。

今年4月9日まではバー営業しており、ビールは59バーツで提供していた。

広々とした店舗で、奥にはバンド演奏やDJプレイするようなスペースもある。

現在はバー営業ができず、カフェ&レストランとなった。

バイクが展示してあったりと、カフェブースはおしゃれな雰囲気。

まったりできる椅子がほとんどで、通りに面したカウンター席もある。

コーヒー紅茶メニュー

ホットが30バーツ、アイスが35バーツと実に明快な料金設定。

ブレックファーストは99バーツ。

メニューにはタイ料理もあるが、ここはブレックファーストで。

セットに含まれているホットコーヒーのかわりに、アイスカプチーノにしてもらう。追加料金は10バーツで、合計109バーツのセットになった。

ソーセージ、ハム、プレーンオムレツ、トースト2枚、オレンジジュースというブレックファースト。

オムレツは手作りでなかなか絶妙な味わい。ちょうどいいふわふわ感だ。
あとは既製品なので、特に感想もなし。
ボリューム的には満足できる。

アイスカプチーノは、ややコーヒーが薄め。甘さ控え目でオーダーしたので甘すぎることはない。
これといって深みのあるコーヒーではないけれど、35バーツなら許容範囲だ。

店内は喫煙可能。
食後は、まったり座りながら、ソイブッカオの往来を眺めつつ、コーヒーとタバコでくつろげる。
ちょうど真向かいにマッサージ屋があって、目が合うたびに手招きしてくる。
こういう些細なコミュニケーションがパタヤ滞在の楽しみ。

地図

営業時間は不明。現在は午前中から日没頃までかと。
店内飲酒が再開されれば、もっと遅くまで営業するだろう。

まとめ

ブレックファーストは特におすすめとはいえない。
100バーツ前後でもっと本格的なブレックファーストが食べられる店は、ソイブッカオ近辺にはいくつかある。
THANK BAR近くなら、チープチャーリーやHIDEAWAYのほうがブレックファーストとしてはおすすめだ。他にもハングリーヒポやChill Innもある。
THANK BARでは、ちょっと時間があいたときに、カフェとして楽しむほうがいい。ホットなら30バーツだ。
客は沈没系ファランばかり。
ソイブッカオの雰囲気をまったりと味わうのが醍醐味である。
店内アルコール提供とナイトライフ営業再開が認められれば、昼間からビールを飲めるようになるし、夜はバービアとして営業するだろう。
昼間のカフェがどうなるかはわからないけれど、しばらくはカフェレストランとして営業を続けるはずだ。
昼カフェ、夜バービアがベスト。
カフェもいいけど、バーの再開が早く実現しますように。

広告

-ブレックファースト

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.