タイ入国情報

日本のワクチンパスポート利用対象は23の国と地域に。タイは対象のまま。

投稿日:

日本外務省の発表によれば、海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)が使用可能な国と地域が23となった。
タイは対象に含まれたままだ。ルール上、ワクチンパスポートを使えば、日本からタイへ隔離無し入国は可能となっている。

広告



日本のワクチンパスポート使用可能国リスト

日本のワクチンパスポート見本

以下、外務省の発表を引用。

海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書が使用可能な国・地域一覧(8月20日現在)

イタリア
エクアドル
エストニア
オーストリア
スリランカ
スロバキア
セントクリストファー・ネービス
セントビンセント
タイ(プーケット島、サムイ島、パンガン島、タオ島のみ)
ドイツ
トルコ
パプアニューギニア
パラオ
フランス
ブルガリア
米国(北マリアナ諸島、グアムのみ)
ベリーズ
ポーランド
香港
ホンジュラス
リトアニア

*韓国
隔離免除書発行に必要な書類のうちのひとつである「予防接種証明書」として認められます。

*シンガポール
就労パス(ワークパス)所持者及びその帯同者パス所持者のシンガポールへの入国許可取得にはワクチン接種が要件となっており、搭乗・入国に際してワクチン接種証明書の提示等が必要になるところ、このワクチン接種証明として日本のワクチン接種証明書が認められます。また、ワクチン接種済みであることを前提に、単独での滞在又はワクチン接種済の家族(12歳未満の子供除く)と同一行程の場合等に限り、自宅等での隔離を申請(8月21日以降)することも可能となります。

▶上記以外の国・地域については現在確認中であり、確認でき次第随時、このページで公表いたします。
▶海外渡航用の新型コロナワクチン接種証明書の概要については下記HPを参照ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/vaccine_certificate.html

参照:https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/certificationlist.html

8月6日付けのリストから、エクアドル、エストニア、スロバキア、パプアニューギニア、パラオ、フランス、米国(北マリアナ諸島、グアムのみ)が追加となっている。
これで、全部で23の国と地域となった。

ワクチンパスポートといっても、必ずしも入国時の強制隔離が免除となるとはかぎらない。
各国によって要件は異なるので、必ず対象国の検疫条件をチェックすること。

タイでのワクチンパスポート利用について

タイは、引き続き、プーケット島、サムイ島、パンガン島、タオ島のみワクチンパスポートが利用可能となっている。
これは、プーケットサンドボックスないしサムイプラスでの入国時に日本のワクチンパスポートが証明書として通用することを意味している。
プーケットサンドボックスでは隔離免除(到着初日は空港での検査結果が出るまでホテルで待機)、サムイプラスでは最初の3日間はホテル隔離となる。

また、プーケットサンドボックス7+7エクステンションという制度が新たに始まった。
これは、プーケットサンドボックスでタイに入国し、最初の7日間はプーケット内に滞在し、その後、サムイ島、パンガー、クラビなど特定のエリアに移動できるというものだ。これまではプーケットに14日間滞在しないといけなかったところ7日間に短縮される。
ただし、特定エリアでは7日間過ごす必要がある。合計14日間滞在すれば、タイ国内を自由に移動できるようになる。
また、プーケットサンドボックスもサムイプラスも最低滞在日数は規定されていない。
2泊3日でプーケットを訪れて、そのままプーケットから帰国することもルール上は可能だ。(ただしプーケット県外への国内移動は不可で、国外への移動のみ可)

日本のワクチンパスポートを持っていても、日本帰国時には通常の検疫措置を受ける必要がある。
現在、タイから日本へ帰国する場合は、3日間のホテル隔離と、11日間の自宅待機が求められる。
理論上はワクチンパスポートがあれば日本からタイ(プーケットあるいはサムイ島)への観光目的の短期旅行は可能だが、現実的には非常に厳しいままだ。
タイ渡航の書類手続きの煩雑さ、感染リスク、帰国時の隔離検疫などを考慮すれば、ハードルはものすごく高い。

これは他のワクチンパスポート対象国にもあてはまること。日本から海外への短期旅行は難しい。
逆にいえば、一方通行の長期旅行にはワクチンパスポートは有効。
限定的とはいえ、日本からタイへ隔離無し入国ができる。タイ在住者や長期滞在者にはありがたいシステムだ。
一般的な短期旅行者がワクチンパスポートの恩恵を享受できるようになるにはまだまだ時間がかかりそうだ。

広告

-タイ入国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.