パタヤ近況

ソイブッカオ15の現状:新築ホテル2軒と閉鎖ホテル

投稿日:

ソイブッカオ15は、唯一ブッカオの名を冠したソイだ。
ソイブッカオからパタヤアベニュー裏側へまっすぐ進み、そこからぐるっと迂回するようにしてセカンドロードへつながっている。
ソイブッカオ界隈に滞在しているなら、ソイブーメランやパタヤアベニューを行く際に利用する機会が多いソイだろう。
一昔前は特に何もなかったソイだが、新しいコンドやホテルが建設され、ここ数年は、隣接するソイブーメランと合わせてにぎやかになってきた。
最新のソイ15の状況を少々。

広告



ソイ15のファミリーマート閉店

ソイブーメラン出口にあったファミリーマートは完全にクローズ。
パタヤにしては大きなファミリーマートで、珍しくファミチキやおでんを売っているファミリーマートだっただけに、日本人的には少々残念。

パタヤのファミリーマートは壊滅的ダメージをおっており、残り店舗はわずか。

Ying Coffee

ソイ15入り口のセブンイレブンの脇には屋台がいくつか並んでいる。
Ying Coffeeというコーヒー屋台は営業を継続。

アイスカプチーノが45バーツ。
味はまずまず。

奥にテーブルがあってその場で飲める。
沈没ファランたちが昼間だらだらと集まっている。
観光客がいなくなったパタヤだが、こういった場所は普段と何も変わりがない。
沈没ファランさまさまである。

隣にあるイサーン料理屋台はあまり営業していない。

センタラアズーレ完全クローズ、売り出し中

ソイ15にあるセンタラアズーレホテルは完全に閉鎖されている。

1階レストランは一時期営業していたが、現在は内装もほぼなくなっている状態。

現在売出し中。
全96部屋。
お値段2億6000万バーツ。

ここはコンドミニアム併設のホテルで、プールは共用。
部屋は狭いが、プールは豪華。

お金持ちの人は買ってあげてください。

なお、コンドミニアムは通常営業。
家賃は下落中。
通常時なら月15,000バーツはするが、今なら1万は下回りそう。

Amethyst Pattaya Hotel

ソイ15のブッカオ入り口近くに新しいホテルを建設中だ。

The Amethyst Pattaya Hotel (アメジストパタヤホテル)という名称。

かなり出来上がってきた。

ソイ15の脇道沿いに奥に長い作りになっている。

横から

奥から

すでにホームページはできている。

https://www.amethystpattaya.com/

完成予想図では、屋上にプールができるようだ。
全部で101部屋。
料金は1泊1500バーツから。

オープン時期は不明。
建設プロジェクトでは今年の3月に終わっているはずだが、完成するはずもなく、また完成したとしても、今の状況でオープンさせるのはあまりにも無謀。
おそらく、来年早々にはオープンしそうな感じだが。

ソイブッカオやソイブーランあたりを中心に考えれば、立地条件は抜群。

De Bua Hotel

ソイ15入り口付近、元々はDuang Nam Ing(ドゥアンナムイン)ホテルがあった場所に、新しいホテルを建設中だ。

De Bua Hotelという名称だ。

工事は順調に進んでいるように見える。

建設管理会社は、アメジストと同じSea Side International社。

You Tubeで工事の進捗状況をレポートしている。
完成予想図も公開。


(スクリーンショット)

ドゥアンナムインのローカル感とは雲泥の差だ。
まあ、ドゥアンナムインの雰囲気も大好きだったけど。

プロジェクトの終了は2021年6月7日となっているが、むろん完成は当分先。
こちらも来年のオープンとなりそう。

AmethystとDa Buaは至近距離にある。
ソイ15界隈に一気に2つの新築ホテルがオープンすることなる。
センタラアズーレがどうなるかはまだわからないが、新築ホテルの選択肢が増えるのはいいことだ。
今年10月からのパタヤ開放計画が実現するとしても、観光客が本格的に戻ってくるのは来年以降になるだろう。
その頃にはブッカオソイ15も少しは活気を取り戻すかもしれない。

広告

-パタヤ近況

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.