タイ入国情報

香港とシンガポールのトラベルバブルが5月26日開始へ

投稿日:

香港とシンガポールの間でトラベルバブルが開始されることになった。
開始予定日は5月26日。
当初は昨年11月に開始予定とされていたが、直前になり感染が拡大し、大幅に延期された経緯がある。
今回は実現なるのか注目される。

広告



香港とシンガポールのトラベルバブル

5月26日より香港とシンガポールとの間のトラベルバブルを開始すると双方が発表した。
このトラベルバブル協定よりに、両国間の往来ではお互いに隔離が免除される。
現在シンガポールと香港にいる人であれば、国籍に関係なく適用される。

条件がいくつかある。
香港からの旅行者は、出発14日前に2回のワクチン接種を終えている必要がある。ただし、16歳未満、医療上の理由でワクチン接種が受けられない人、香港以外の渡航文書を用いる人のワクチン接種は免除される。
シンガポールからの旅行者はワクチン接種は不要。

香港、シンガポールとも、出発前と到着時に検査を受ける必要がある。

香港空港では、到着後の検査のために専用レーンが設置される。検査が陰性の場合のみ、空港を出ることができる。

シンガポールでは、3日前に到着時検査を予約しておく必要がある。空港で検査を受けたあとは、あらかじめ宣言しておいた宿泊施設で検査の結果が出るまで待機する必要がある。シンガポール在住者は自分の家に待機できる。

運航を担当するのは、キャセイパシフィック航空とシンガポール航空。
5月26日からは、それぞれ1日1便が運航される。1便あたりの乗客は200人までとする。
6月10日からは1人2便に増やす計画となっている。
トランジットでの利用は不可。
たとえば日本から香港空港乗り継ぎでシンガポールへ行く場合、トラベルバブル適用外となる。通常の隔離検疫措置が求められることになる。

参照:https://www.bangkokpost.com/business/2105771/hong-kong-singapore-travel-bubble-to-launch-may-26

まとめ

オーストラリアとニュージーランドではトラベルバブルが4月19日にようやく実現したばかり。
アジアでもついにトラベルバブルの実現が目の前に迫ってきた。
現在、タイやインドやカンボジアやフィリピンやラオスや日本など、アジアでは大きな感染の波に襲われている。
シンガポールと香港はうまく抑え込んでいるようだが、トラベルバブル開始まであと1ヶ月。
どちらかの国で感染者が増えればトラベルバブルは延期される決まりとなっている。
油断はできないが、今回こそはなんとか実現してほしい。

広告

-タイ入国情報

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.