パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

プチ情報・便利帳

12月のタイへの特別便、東京発12便と関西発4便を予定。観光ビザは取得可能のまま。

投稿日:

現在、日本からタイへは特別便のみを運航している。
定期運航便は飛んでいない。
また、タイ入国には、必要なビザがCOE(入国許可証)が必要で、日本から誰でも簡単に入国できるわけではない。
11月からは関空からも特別便が運航されるようになり、日本発バンコク行きの特別便は合計17便となっていた。
本日、12月の特別便のスケジュールが明らかとなった。

広告



12月のタイ行き特別便

成田発バンコク行き特別便

在東京タイ王国大使館のホームページで、12月のタイ行き特別便が発表になった。

2020年12月タイ国籍を有しない者のタイ王国入国への特別便

2020年12月3日TG643タイ航空
(11月11日午前10時より受付開始)

2020年12月4日 JL031 日本航空
(11月11日午前10時より受付開始)

2020年12月6日 TG643タイ航空
(11月17日午前10時より受付開始)

2020年12月10日 TG643 タイ航空
(11月17日午前10時より受付開始)

2020年12月11日 NH847 全日空
(11月10日午前8時より受付開始)

2020年12月13日 TG643 タイ航空
(11月24日午前10時より受付開始)

2020年12月17日 TG643 タイ航空
(11月24日午前10時より受付開始)

2020年12月18日 JL031 日本航空
(11月11日午前10時より受付開始)

2020年12月20日 TG643 タイ航空
(12月1日午前10時より受付開始)

2020年12月24日 TG643 タイ航空
(12月1日午前10時より受付開始)

2020年12月25日 NH847 全日空
(11月11日午前8時より受付開始)

2020年12月27日 TG643 タイ航空
(12月8日午前10時より受付開始)

全部で12便。
うち、タイ航空が8便、ANAが2便、JALが2便となる。

タイ航空は、週2便。木曜日と日曜日だ。
これは実質的に定期運航便となっている。

タイ航空の発表によれば、2021年1月3日より一部フライトが通常運行再開となる。週3便(火・木・日)を予定。

関西発バンコク行き特別便

大阪のタイ総領事館のホームページでは、12月の関空発タイ行き特別便の発表はまだされていない。
が、タイ航空のホームページにおいて、12月の特別便のスケジュールが発表されている。

【関西発】TG623便 関西11:00発→バンコク15:45着

12月3日(木)
12月10日(木)
12月17日(木)
12月24日(木)

12月3日と10日のフライトが、11月11日受付開始。
12月17日と24日のフライトが、11月25日受付開始。

11月と同じで週1便。
ただし、11月が日曜日だったが、12月は木曜日に変更となっている。

なお、来年1月からのタイ航空の運航再開予定では、関空発バンコク行きは週1便(日曜日)となっている。

おそらくは、12月の関空発特別便はタイ航空だけのはずなので、この4便ですべてだと思われる。

東京発:12便
関空発:4便

合計16便が12月に運航されることになる。
11月が合計17便だったので、1便減る計算だ。

先に述べたとおり、2021年1月からは、タイ航空の一部フライトが定期便として運行開始となる予定。

関連記事:タイ航空が来年1月3日より日本・バンコク線を一部運航再開。注意事項あり。

ただし、1月もタイ入国制限は続くと思われるので、実質的に現在の特別便と変わりはない。
運航再開となっても、誰もが搭乗できるわけではない。

日本から観光ビザでタイ入国は引き続き可能

11月1日のタイ保健省の見直しにより、日本は低リスク国リストから外されて、日本から特別観光ビザでのタイ入国は不可となっている。

関連記事:日本は中度感染危険国指定、日本から特別観光ビザでのタイ入国が不可に

が、観光ビザ(TR)に関する記述は見当たらなかった。

この12月の特別便手配のためのタイ入国要件を見てみると、特別観光ビザが消えている一方、観光ビザについてはそのまま記載が残っている。

どうやら、観光ビザの発給は継続しており、観光ビザでのタイ入国も可能ということのようだ。
実際に発給されるかどうかは大使館ないし領事館に詳しく問い合わせしたほうがいい。

在東京タイ王国大使館⇒http://site.thaiembassy.jp/jp/
タイ王国大阪総領事館⇒http://www.thaiconsulate.jp/jpn/

現在タイ入国時には14日間の隔離検疫が実施されている。
低リスク国からの入国に限定して隔離期間を10日に短縮する流れとなっているが、日本は低リスク国リストから外されており、14日間隔離検疫がしばらくは続くと見られる。
ただ日本国内の感染状況に改善が見られれば、見直しが行われて、再び低リスク国入りすることもありうる。
見直しは、毎月15日と30日に実施されるとのこと。

12月15日までにタイ行きの特別便に搭乗すれば、年内に隔離を終了して、タイ国内での移動の自由を得られる。
今年の年末年始をタイで過ごすには、12月半ばがデッドラインとなりそうだ。

広告

-プチ情報・便利帳

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.