タイ国内情勢

ソンクラーン中のナイトライフ娯楽施設規制措置内容

投稿日:

バンコクのナイトライフ娯楽施設でのクラスターが発生。
ソンクラーン休暇が目前に迫ってきており、慌ただしく規制強化へ動き出した。
CCSA、バンコク都、保健省でソンクラーン中の規制措置を打ち出している。
一連の流れとともに見ていく。

広告



CCSAによる規制内容

まず、昨日のCCSAが娯楽施設への感染防止対策措置を発表した。

1.感染が検出された娯楽施設はすぐさま最低2週間にわたり閉鎖すべし
2.クラスター感染が起こった場合は娯楽ゾーン全体が閉鎖となる
3.感染封じ込めができない場合は県全体の娯楽施設が閉鎖される

感染封じ込めのためにこういうアプローチで段階的に規制を厳しく方針を取るということだ。

バンコク3地区娯楽施設閉鎖

昨日の夜になり、バンコク都は都内3地区にある娯楽施設をすべて閉鎖せよと命令を出した。

ワタナー、クロントイ、バンケーの3地区にある娯楽施設は4月6日から4月19日まで閉鎖となる。

関連記事:バンコク3地区のナイトライフ施設を4月6日から19日まで一時閉鎖に

これはバンコク都独自の命令だが、CCSAによる規制の2番にあたる措置ともいえる。

新ゾーニングによる娯楽施設規制措置

これとは別に、昨日、保健省がソンクラーンに向けた新しい規制措置案を発表している。
危険リスクに応じた各県ゾーニングを見直し、それに応じた対策を取ることにするというものだ。

バンコクポスト紙によるインフォグラフィックがわかりやすい。

参照:https://www.bangkokpost.com/thailand/general/2095411/city-bars-in-three-districts-shut

レッドゾーン:バンコク、パトゥムタニ、ノンタブリ、サムットプラカン、ナコンパトム

レストランと娯楽施設は午後9時まで営業可、店内アルコール提供不可

オレンジゾーン:サムットサコン、サムットソンクラーム、チュンポン、ターク、ラチャブリ、チョンブリ、スパンブリ、ナラティワート、カンチャナブリ

レストランと娯楽施設は午後11時まで営業可、アルコール提供と生バンド演奏可

イエローゾーン:アユタヤ、サラブリ、ナコンナヨック、チャチュンサオ、ペチャブリ、ラノーン、ラヨーン、ソンクラー、ヤラー、コンケーン

レストランと娯楽施設は深夜0時まで営業可、アルコール提供と生バンド演奏可

グリーンゾーン:他53県

法律に則って通常通りに営業可

 

なお、現在のゾーニングでは、バンコクはオレンジゾーン、チョンブリ(パタヤ)はイエローゾーンとなっている。
現在のパタヤのバーの営業時間は午前0時までだが、新しいゾーニングが適用されると午後11時閉店となる。酒の提供は引き続き可能。2月の状況に逆戻りすることになる。
バンコクで新ゾーニングが適用されると、実質的にバーの営業は不可となりそう(すでにスクンビット中心部のバーの営業は不可となっている)。

保健省提案にあるゾーニング変更と規制措置の提案は、水曜日のCCSA小会議にかけられる予定。
まだ正式決定ではない。

基本的にはソンクラーン休暇が終了するまでの暫定措置となる。
あとは状況次第となろう。
改善しないようであれば、さらに厳しい措置が取られることもある。

なお、保健省の提案では、娯楽施設の閉鎖は含まれていない。
また最終的な規制措置内容は各県知事の判断に委ねられている。
CCSAが定める基準より緩くすることはできないが、それよりも厳しくすることは可能だ。
保健省の提案がそのまま通ると見られているが、まずは明日水曜日のCCSA小会議に注目だ。

広告

-タイ国内情勢

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.