タイ国内情勢

ゾーニング見直し:サムットサコンがオレンジに、チョンブリ(パタヤ)はイエロー維持でバーの閉店時間も変わらず

投稿日:

タイでは全77県を感染状況に応じて色分けしてゾーニング指定している。
各ゾーンに応じた規制措置を取るという形だ。
これまでサムットサコン1県のみが最大管理ゾーンとされるレッドゾーンに指定されていた。
そのゾーニングの見直しが実施された。

広告



新ゾーニング

本日3月19日CCSA本会議が開催された。
その後のブリーフィングでは、「サムットサコンはもはやレッドゾーンではない」と発表された。現在はオレンジゾーンとなっている。

どうやら3月17日のCCSA小会議において、ゾーニング見直しが確定していたようだ。
それを本日の本会議で追って承認したという形なのかもしれない。

すでにCCSAの広報サイトでは、新しいゾーニング地図が発表になっている。

サムットサコンはレッドゾーンからオレンジゾーンへの下げられた。
これによりレッドゾーン指定県はゼロとなった。

オレンジゾーン9県
サムットサコン、バンコク、サムットプラカン、.サムットソンクラム、ノンタブリー、ナコンパトム、パトゥムタニー、ターク、ラチャブリ

イエローゾーン14県
チョンブリ、カンチャナブリ、チャチュンサオ、チュンポン、ナコンナヨック、ペチャブリ、アユタヤ、ナラティワート、ヤラー、ラノーン、ラヨーン、ソンクラー、サラブリ、スパンブリ

グリーンゾーン54県
その他全部

規制緩和内容

オレンジゾーンとなったサムットサコンだが、バーやパブといった娯楽施設の営業再開は不可。
学校やショッピングモールは再開できる。

サムットサコンの例外的措置をのぞき、3月17日付けで発表になった各ゾーンでの規制緩和の内容。

規制内容は以前のままなので、過去の英語版のものを併載しておく。
(ダークレッドとレッドーゾーンはすでに対象なし)

バンコクはオレンジゾーンのまま。
バーやパブなどの娯楽施設や、レストランの店内飲食営業時間は、午後11時までに制限される。
(サムットサコンではバーの再開は不可)

チョンブリ(パタヤ)はイエローゾーンのまま。
バーの営業時間は24時までと変わらず。レストランでのアルコール提供も24時まで。

オレンジゾーンもイエローゾーンも娯楽施設内での客のダンスは不可。ディスコでもテーブルに座って飲み食いするだけが許される。ステージ上でのパフォーマンスは可能。

グリーンゾーンは特に制限はなく、通常通りの営業が許されている。

注:これはCCSAが定める規制基準であり、実際の規制措置は各県が独自に定めることができる。CCSA基準よりも緩くするのは不可で、厳しくすることは可能。

チョンブリ(パタヤ)はこの2週間新規感染者が報告されていないが、なおもイエローゾーンにとどまることになった。
これによりバーの閉店時間は24時を維持することになる。
なお、昨晩もパタヤのバーは24時閉店を厳守していた。
最近は本当に厳しくて、24時にはネオンサインをすべて消してしまう。
次回のゾーニング見直し時期は不明だが、しばらくはこの状態が続きそうだ。

広告

-タイ国内情勢

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.