*

ソイエキサイトにあるエーさん食堂のイングリッシュブレックファースト100Bは豆だくさん

公開日: : グルメレポート


ファランな朝食シリーズです。
今回はソイエキサイトにお邪魔しました。
100バーツで、イングリッシュソーセージと豆をたっぷり食べられます。

SPONSOR LINK

Ae THAI RESTAURANT

ae-restaurant-breakfast-5

店名はAe THAI RESTAURANT。

どうやら、エーさんが経営しているレストランのようですね。勝手にエーさん食堂と命名しておきます。

地図

場所は、ソイエキサイトのサードロード近く。グリーンシグナルスイートというゲストハウス兼アパートの1階。
緑の建物が目印です。

ブッカオ側から見たソイエキサイト。左手奥の緑の建物がグリーンシグナルスイート。
ae-restaurant-breakfast-3

ブレックファーストの看板あり
ae-restaurant-breakfast-4

ブレックファーストといいながら、一日中提供しているようだ。宵っ張りなパタヤではありがちですね。

オープンテラス席もあって、たぶん喫煙可能です。
店内に入ると、おばさんがオーダーを取りに来た。この人がエーさんかどうはわかりませんが、フレンドリーな人です。調理も兼ねてます。

迷わずブレックファーストを注文。
卵の調理の仕方は、目玉焼きかスクランブルエッグか選択可能。

まずはコーヒーから。

ae-restaurant-breakfast-6
コーヒーは量が多い。でも、たぶんインスタントだろうなあ。

氷入りのグラスも出てくる。

ae-restaurant-breakfast-7
ここはローカル食堂でもあり、テーブルの上に無料の水が置いてある。
水質が心配な人は、ペットボトルの水でどうぞ。

トーストが先に出てきた。

ae-restaurant-breakfast-8

山切りカットが2枚。わりとボリュームがある。
バターとジャム付きです。

続いて、本体。

ae-restaurant-breakfast-9

なんといっても、豆だ。大皿の半分を占めようかというBAKED BEANSの大風呂敷である。これでもかというほどの豆鉄砲。
豆好きのわたしですが、これは完食できなかった。

スクランブルエッグは、ほどよい火の通し方で食べやすい。
定番のイングリッシュソーセージは、少しくさみがある程度で、これまたおいしい。
ベーコンは3枚使用と書いてあるけど、かなり縮んでしまってますね。味は普通。スクランブルエッグとの相性がいいです。

卵2つ。ベーコン3枚。イングリッシュソーセージ1本。豆。トースト2枚。コーヒー。

ae-restaurant-breakfast-1

これで100バーツ。
とにかく腹一杯になれます。

同じくソイエキサイトにあるBITESと味と量は同レベルですかね。豆はエーさん食堂のほうが確実に多いけど、オレンジジュースとサラダがある分、BITESのほうがいいかな。

BITESバイツのイングリッシュブレックファスト (1)ここはおすすめ。BITESの満腹イングリッシュブレックファースト100バーツ@ソイエキサイト

なお、エーさん食堂のタイ料理メニューはこんな感じ。

ae-restaurant-breakfast-2

ガパオやカオパットが75バーツとやや割高ですが、たぶんおいしいでしょう。
LEOビール50バーツ、コーヒー30バーツと、ドリンク代は安め。

あと、ファラン向けのスペシャルメニューもあるようで、この時はポークソーセージとフライドオニオンのサンドイッチセットが75バーツだった。
この手の洋食セットメニューとしては、お安いですね。

かなりサードロード寄りの立地だけど、ソイLKメトロからは歩いて5分くらいでしょう。意外と近いです。
がっつり豆が食べたくなったら、エーさん食堂へどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

サードロードのカオカームーイエンターフォー屋台 (2)

サードロードソイ19屋台のイエンターフォーとカオムーデーンをお持ち帰り

タイの屋台では、ご飯物だけでなく、麺類の持帰りも可能。 熱々のスープをビニール袋に入れてくれる

記事を読む

ブッカオ北側イサーン料理食堂 のソムタム

食べるな危険。炎天下のソムタムプーパラ食べて救急入院。

先日、バービアで飲んでいた時のこと。 いつもは見かけるバービア嬢の姿がない。 ペイバーさ

記事を読む

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋台 (2)

ブッカオ常設市場の10バーツ唐揚げ屋。3種類のスパイシーチキンがうまい。

以前、ソイボンコットとパタヤタイの交差点にある10バーツ唐揚げ屋を紹介した。 唐揚げ好きにはお

記事を読む

ソイボンコットのコームーステーキ (1)

ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。

以前取り上げた、ソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 値段のわりにボリュームもあ

記事を読む

ウドンターニーのたこ焼き屋 (2)

ウドンターニーでたこ焼きとお好み焼き【次回への課題】

勝手にウドンターニー日本食文化シリーズ ウドンでうどん ウドンでラーメン と、続い

記事を読む

ソイダイアナのギンジェー屋台 (3)

パタヤのギンジェー。ソイダイアナの仮設テント販売所で揚げ豆腐と焼きそばを食べてみた。

ギンジェー 現在、タイはギンジェーの真っ最中。 黄色に「齊」の漢字が目印。

記事を読む

サードロード24時間営業クイティアオ屋 (3)

豚骨スープのクイティアオ@サードロードの24時間食堂。ルークチンもおいしい。

以前、紹介したサードロードにある24時間営業の食堂。 その際はクイジャップユアンを食べて、けっ

記事を読む

49b-steak-5

ソイブッカオの新しいステーキ屋は49バーツから

ソイブッカオの南側に新しいステーキ屋の看板が上がっていた。 たしかに49バーツと書

記事を読む

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

パタヤタイの豚骨トムヤムクイティアオ (1)

豚骨入りトムヤムクイティアオは、男の迫力で辛くてうまい@パタヤタイ

うまそうな店を求めてパタヤタイのワットチャイ市場裏側のソイを走っていると、ふと目に止まったのが、

記事を読む

アドステア

アドステア

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

airport-ais-shop
【タイのスマホ】同じ携帯電話番号を維持しつつ、タイ到着と同時にネットを使う方法。AIS・12CALL、TRUE、DTAC。

タイ訪問時に毎回空港でSIMカードを求めて並んでませんか?

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

→もっと見る

PAGE TOP ↑