*

ここはおすすめ。BITESの満腹イングリッシュブレックファースト100バーツ@ソイエキサイト

公開日: : グルメレポート


パタヤのファランな朝食シリーズです。
今回紹介するのは、ソイエキサイトにあるBITES RESTAURANT。
バイツと発音するんですかね。

看板
BITESバイツ (6)

店頭のノボリの100バーツ朝食セットが目に入ってきた。

BITESバイツ (5)

これは食べてみねばと訪れた次第だ。

SPONSOR LINK

BITESのブレックファスト

朝食メニューは4種類

BITESバイツ (7)

イングリッシュブレックファースト 100バーツ
オムレツセット 100バーツ
ゆでたまごセット 70バーツ
アジアブレックファスト(カオトムとオレンジジュースとコーヒー) 60バーツ

カオトム(雑炊)のアジアンな朝食も気になるところだが、ここは王道のイングリッシュブレックファーストをチョイスした。

卵は、目玉焼きかスクランブルエッグを選択可能。わたしはスクランブルで。

陽気なおばさんが注文を取ってくれて、「私がおいしく作っちゃうわよん」みたいなことを英語で言っていた。おもしろい人だ。

まず、コーヒーとオレンジジュース。

BITESバイツのイングリッシュブレックファスト (2)

コーヒーはインスタントっぽいが量は多い。オレンジジュースもたぶん、できあいのもの。

ついで、本体が到着。

BITESバイツのイングリッシュブレックファスト (1)

どんっ!

なかなかの迫力である。

厚切りベーコンが、噛みごたえあり。味もしっかりしている。これいいなあ。ちょっとしたステーキだよ。ナイフでしっかり切りましょう。安いブレックファストによくあるペラッペラのベーコンだったら、「ホワイ?タイピープル!」とキレるところだった。

ソーセージは、やや小ぶりながらも、皮がパリッとしていて、おいしい。イギリス流の臭みのある腸詰めではないが、これはこれでよしとしましょう。マスタードをつけて食べるのが吉。

サラダは、レタスとトマトとオニオン。おお、玉ねぎは珍しい。ただし、ドレッシングはかかっていない。

どっちゃりとしたベイクドビーンズは、食べても食べてもなかなか減らない。好きだけど、ちょっと量が多すぎるような気もする。

ふんわりとした火加減のスクランブルエッグが絶妙。
テーブルの上に置いてあるファランなケチャップをかけると、なおよし。

おばちゃんの言葉に嘘はなかった。
おいしいです。

トーストは、やや大きめサイズのものが2枚だ。
コンビニでよく見かける小さい食パンよりも、やや芳醇な味。

これだけ食べればお腹いっぱいになること必至だ。

少食のわたしは、かろうじて食べきることができた。
最後の豆が苦しかったなあ。

大満足ですね。
スクランブルエッグとベーコンが特によかった。

これで100バーツ。
ここはおすすめです。

オムレツセットも気になるなあ。
おばちゃんなら、ふわふらのオムレツを作ってくれそうだ。

他のメニュー

洋食系はステーキも扱っている。

BITESバイツ (8)

ビーフステーキ200バーツ
ポークチョップ150バーツ
など

タイ料理もあり。

BITESバイツ (2)

BITESバイツ (4)

壁には、タイ料理の写真がずらりと並ぶ。
ラーブムーも置いてある。70バーツ。

スープ系が60バーツからとお値段はローカル食堂とそれほど変わらないかな。

朝食だけでなく、タイ料理を食べるのに利用してもいいかな。

BITESバイツ (3)

店内はそれほど広くなくて、テーブル席が4か5つほど。
あとは道路に面したカウンター席がいくつか並んでいる。

BITESバイツ (1)
わたしが入店した時は一組だけだったが、その後、次から次へと客が来ていた。ひそかな人気店のようだ。
テーブルを空けるため、食べ終わったあとはコーヒーカップを手にカウンター席へ移動した。
通りを眺めながらの食後の一服がたまりませんね。

BITESの場所と地図

場所は、ブッカオからソイチャイヤプーンをわずかに経由して、ソイエキサイトに入って、すぐ左手。

地図

ソイエキサイト入り口付近から、左手に看板が見える。
ソイエキサイト

隣はマッサージ屋やランドリーショップ。

レストランのすぐ向かい側には以前紹介したベーカリーカフェレストランのコンチネンタルがある。
関連記事:ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

また、BITESレストランの隣の角を曲がると、日本語メニューと日本語看板があるローカル食堂あり。
ここの料理も普通においしいですね。
ムーガティアムがおすすめ。
関連記事:ソイエキサイト脇道の食堂は日本語メニューあり。味良し、使い勝手良し。

まとめ

ブッカオ近辺で気軽に、かつ、大盛りでファランな朝食が食べたいなら、このBITESはおすすめだ。
厚切りベーコンとスクランブルがとにかくいい。

カオトム朝食もあるんで、洋食が苦手なタイ女性と一緒に訪れても安心でしょうね。

RETOXの本格的イングリッシュブレックファースト99バーツセットも捨てがたいが、かなり油っこいので、体力が必要。
RETOX朝食 (3)
RETOXの朝食99バーツは王道イングリッシュブレックファーストで食べごたえあり

その点、BITESの朝食はボリュームは同じくらいだが、ややあっさりしているかな。

ソイLKメトロから歩いて数分の距離。
腹をすかせてから、がっつり食べに行きましょう。

ブッカオ近辺の格安ホテルには朝食が付いていないケースが多いんで、こういったところで腹を満たすのもいいでしょう。
BITES至近なら、ケッティシリーハウスがおすすめホテルとなります。

ケッティシリーハウス宿泊レポート@ソイブッカオ

SPONSOR LINK

関連記事

イーノENO (1)

タイのコンビニで買える胃腸薬、ENO FRUIT SALT(イーノフルーツソルト)は6秒で効く?

調味料が多く、油っこいタイ料理は胃腸に負担がかかるもの。 さらに連日連夜飲み歩きしていると、さ

記事を読む

Kaiten回転の焼肉としゃぶしゃぶ (9)

焼肉とシーフードとしゃぶしゃぶ食べ放題のKAITEN(回転)@セントラルフェスティバルパタヤ

日本からパタヤへ遊びに来た友人たちとセントラルフェスティバルパタヤで食事。 いつも

記事を読む

ホーモックガイ (3)

天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

タイの街角では、いまだに天秤をかついで行商する人がいる。 パタヤでも、ちょこちょこ見かける。

記事を読む

cool-house-kaosoi-4

パタヤでカオソーイ1日2連発。COOL HOUSEとセンタンフードコート。

パタヤでカオソーイを食べよう企画の第2段です。 前回は、サードロードにある紫の看板の食堂で

記事を読む

stir-fried-squid-with-salted-egg-yolk-with-rice-1

タイのセブンイレブンの新商品、イカのプーパッポンカリー弁当がうまい

タイのセブンイレブンでは、独自の弁当を各種販売している。 定番のカオパット(焼き飯)やらガパオ

記事を読む

ice-frost-bingsu-pattaya-6

パタヤで巨大かき氷。韓国式かき氷屋「ICE FROST」は噂通りの山盛りだった。

以前ちょろっとだけ日記に登場したはずの、かき氷屋「ICE FROST」。 パタヤタイのスクンビ

記事を読む

the-coins-pattaya-breakfast-1

ひさしぶりに食べたTHE COINSのブレックファーストはやっぱりうまかった

ソイブッカオのMALEEZ LODGE HOTEL1階にあるTHE COINSというレストラン。

記事を読む

nana-burger-bangkok-2

今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプラザ愛好家には言わずもがな。

記事を読む

chiangmai-restaurant-pattaya-8

パタヤのチェンマイ料理レストランでカオソーイを食べる。あと、深夜食堂とたこ焼き情報。

パタヤでカオソーイを食べるシリーズ第3段。 今回は正統派のチェンマイ料理レストランへ。

記事を読む

バミーナム1

ブッカオのおすすめバミーとカオムーデーン屋台

バミーナム ブッカオの南端近くにある屋台のバミー。 焼き豚(ムーデーン)とワ

記事を読む

アドステア

アドステア

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

→もっと見る

PAGE TOP ↑