*

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

公開日: : グルメレポート


欧米人が集うパタヤには、カフェがとても多い。
コーヒーだけでなく、パンも販売している店もたくさんあって、店内でだらだらと食べながら過ごすことができる。
南国の昼間にまったりとコーヒーを飲んで過ごすのも悪くない。

ソイブッカオからサードロードにかけてのソイの中には、この手のカフェがたくさんある。
値段はさまざまだが、スターバックスなどの外資系チェーンよりは安いはず。

今回紹介するのは、ソイエキサイトにあるザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)というベーカリーカフェだ。

LKメトロからほど近い場所にあってとても便利。しかもほどほどに安い。なかなか利用価値が高いカフェとなっている。
おすすめ。

SPONSOR LINK

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)

店構え
コンチネンタルベーカリーカフェ (8)

場所

ソイエキサイトのブッカオ寄り。
ブッカオからソイエキサイトに入って、徒歩2分くらい右手。

斜め前の路地に入れば、日本語メニュー付きのソイエキサイト脇道食堂がある。
この先左手に食堂が見える。マッサージ屋の横。
コンチネンタルベーカリーカフェ (6)

地図

表にはテラス席。ここは喫煙可能。

コンチネンタルベーカリーカフェ (5)

店内は禁煙。

コンチネンタルベーカリーカフェ (3)

入って右手にパンの陳列ケース。

コンチネンタルベーカリーカフェ (9)

パン一個9バーツからとお手頃価格。

9バーツのパン(Dinner Roll)は、ふっくらして大きい。味は、あまりついていない。名前からして、肉料理やスープと一緒に食べるものだろう。
クロワッサンが15バーツ。ドーナツも置いてある。

ケーキもあり。45バーツや60バーツなど。

コンチネンタルベーカリーカフェ (1)

もちろん店内でも食べられる。

ドリンクメニュー
コンチネンタルベーカリーカフェ (7)

アイスコーヒーが65バーツ。
ホットなら40バーツ。
紅茶なら35バーツと実にお手軽な価格。

わたしが頼んだアイスコーヒー
コンチネンタルベーカリーカフェ (2)

タイの常として、アイスコーヒー(カフェイエン)は甘い。
豆はしっかりしているが、やっぱり甘い。
二度目からは、「ワーンニッノイ(少しだけ甘くして)」と注文するようにした。
すると、ほどほどの甘さになって飲みやすくなった。

他にもフルーツシェイクなどもあって、コーヒーが苦手なタイ女性と一緒に来ても大丈夫。

スイカシェイク。タイ語でテンモーパン。
テンモーパン

朝食メニューは、それなりのお値段。
種類は豊富だ。

コンチネンタルベーカリーカフェ (4)

アメリカンブレックファーストが145バーツ。イングリッシュブレックファーストは165バーツ。
ドイツ式やスコットランド式やスイス式ブレックファーストまで取り揃えている。
巨大ソーセージがどんと置かれたジャーマンブレックファーストがなかなかうまそうだ。
値段は張るが、ちょっと変わったヨーロッパスタイルの朝食が食べたい人は、ぜひどうぞ。

 

無料のWi-Fiスポットあり。
Wi-Fiのつながりは良好。
テラス席は電波が少し弱めだが、店内は問題なし。ユーチューブもストレスなく見られる速度が出ていた。
ホテルのWi-Fiの調子が悪かったり、有料の場合は、こういったカフェでWi-Fiに接続するといい。

陽気な店員たちで、少々長居していても、変な目で見られることはない。

営業時間は、早朝5時から夜8時まで。
客層は、ほぼファランのみ。

 

なお、コンチネンタルは、パタヤにいくつか店舗を持つチェーン店だ。
本店は、ジョムティエンにあるようだ。

HPあり
コンチネンタルスクリーンショット
http://continentalbakerypattaya.com/cdn/

 

パタヤの日中、特にすることがなければ、こういったカフェでまったりするのもいいだろう。
友人と一緒なら、おしゃべり。一人なら、パソコンやスマフォでネットサーフィン。
もしくは、ひたすら、だらだらするだけでもいい。

腹が減ったら、斜め向かいにある日本語メニュー付き食堂へどうぞ。
マッサージ屋も周囲にたくさんあるよ。

前述のとおり、LKメトロからも近いんでとても便利だ。
優雅なパタヤの昼間のひと時をどうぞ。

なお、おいしいパンだけを目的にするなら、ソイレンキーにある「Loaf(ローフ)」がおすすめです。フランスパンがうまいです。ただコーヒーが高いのが難点かな。

SPONSOR LINK

関連記事

ラーメンチャンピオンのカツカレー (1)

ローカル日本食レストラン・ラーメンチャンピオンのカツカレーは、具だくさんで79バーツ

パタヤのカツカレー カツカレーが好きだ。 海外では、わざわざ日本食を食べようとはあまり思わな

記事を読む

third-road-steak-loong-yai-2

サードロードの格安ローカルステーキ屋ルゥンヤーイmini。ハンバーグがそこそこおいしい。

パタヤサードロードは、ローカル向けの安くてうまい食堂やレストランの宝庫。 タイ料理だけでなくて

記事を読む

ブッカオ常設ぶっかけ飯屋マッサマンカレー (2)

マッサマンカレーをブッカオ市場で食べてみた

2014年に日本でもプチ流行したマッサマンカレー。 マッサマンとはタイ南部のカレー。世界一うま

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツライス (2)

ラーメンチャンピオンでカオムートートと注文するとカツライスが出てきた

カツ丼が食べたくなった。 海外滞在中でも日本食へのこだわりは、ほとんどない。 これまで海

記事を読む

カップ麺ママートムヤムクン

タイのカップラーメン、ママーのトムヤムクン味には2種類+αあるよ。トムヤムナムコンがおすすめ。

日本発祥の食べ物ならが、もはやタイの国民食と化した感のあるインスタントラーメン。 タイで一番メ

記事を読む

カイパロー・ムーパロー (1)

カイパローは、タイ版の豚の角煮と煮玉子。ソイメイドインタイランドの食堂でぶっかけ飯30バーツ。

ソイメイドタイランドで飲んでいると、小腹がすいてきた。 近くに食堂がある。 そこで軽くテイク

記事を読む

LKメトロ入り口のイエンターフォー (1)

LKメトロ入り口のラーメン屋は、イエンターフォーもうまかった

LKメトロのソイダイアナ側入り口にあるバミー&カオマンガイ屋台。 通称、「LKメトロ前ラーメン

記事を読む

カオカームー (2)

サードロードの中華屋台でカオカームー。豚の豚足煮込みご飯。

以前から少し気になっていたサードロードにある屋台。 大きな中華スタイルの寸胴が置い

記事を読む

カオピヤック (1)

カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

アジアといえば麺料理である。 日本、中国、タイ、ベトナム、いたるところで麺料理を食べることがで

記事を読む

カレーパフ屋台 (1)

屋台のカレーパフうまし。パイナップル、ムーヨーとか味もいろいろ。

パタヤの街角でたまたま見かけたこちらの屋台。 巨大餃子ではなくて、パフってやつだ。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. 芽キャベツ より:

    各種ケーキとコーヒーなら同店と3Rdの中間左手に有る店がお勧めです、生クリームのケーキはかなり高いけどもコスパが良いです、タイ人女性にも好評の店です。

    • pattayan night より:

      Bake n’ Brewという店ですね。あそこは気になっていますが、まだ入ったことがないです。
      あと、ブッカオからパタヤアベニューへ抜けるソイ15に、チョコレート専門店みたいなケーキとカフェの店ができています。そこも気になりますね。

  2. yoshida より:

    いつも楽しみに見ています。我々の間で「パン屋」と呼ばれている、ベーカリーがついに紹介されましたw
    パタヤ行った時はいつもパン屋で、朝食(モスリーというフルーツ朝食)食べてます。いいですよね。パン屋右と向かいのガラス張りのマッサージは同じ系列で上手な人が多いのでここでマッサ受けることが多いです(←ハッピーの午後嬢に教えて貰った)自分にあった上手い人分かったら、入るときに指さし指名すれば担当してくれます。順番になってるそうなので指名しないと外れもあります。ただ指名すると次来る時ビアレオ買ってくるように指示されますので、指名料みたいな感じです。
    日本語食堂はまだ行ってないですが(青食堂ばかりなので、今度行ってみます)ちょっと前まで床屋でしたよね。
    当方、次回訪泰は2月です。

    • pattayan night より:

      おお、コンチネンタルの常連さんでしたか。まさに「パン屋」ですね、コンチネンタルは。パンの宅配や卸しもしているみたいです。
      日本語メニュー付き食堂はおすすめです。利用しやすいですよ。青食堂は、ブッカオの名無し食堂のことですね。確かに青い屋根ですねえ。
      タイでは食堂の名前がなかったり、いちいち店名を覚えるのが面倒なんで、仲間内ではアダ名で呼び合いますよね。

アドステア

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

D CLUB (3)
WSの新規開店ゴーゴーバー、D CLUB訪問レポート

ウォーキングストリートに新しいゴーゴーバーができていた。

Don Mueang Air port A1 bus (5)
ドンムアン空港発のA1エアポートバスの始発と終発は何時なのか?

LCCのエアアジアやスクートは、ドンムアン空港を利用している。

→もっと見る

PAGE TOP ↑