パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

カフェ・コーヒー グルメレポート

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

投稿日:2015年11月23日 更新日:


欧米人が集うパタヤには、カフェがとても多い。
コーヒーだけでなく、パンも販売している店もたくさんあって、店内でだらだらと食べながら過ごすことができる。
南国の昼間にまったりとコーヒーを飲んで過ごすのも悪くない。

ソイブッカオからサードロードにかけてのソイの中には、この手のカフェがたくさんある。
値段はさまざまだが、スターバックスなどの外資系チェーンよりは安いはず。

今回紹介するのは、ソイエキサイトにあるザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)というベーカリーカフェだ。

LKメトロからほど近い場所にあってとても便利。しかもほどほどに安い。なかなか利用価値が高いカフェとなっている。
おすすめ。

SPONSOR LINK



ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)

店構え
コンチネンタルベーカリーカフェ (8)

場所

ソイエキサイトのブッカオ寄り。
ブッカオからソイエキサイトに入って、徒歩2分くらい右手。

斜め前の路地に入れば、日本語メニュー付きのソイエキサイト脇道食堂がある。
この先左手に食堂が見える。マッサージ屋の横。
コンチネンタルベーカリーカフェ (6)

地図

表にはテラス席。ここは喫煙可能。

コンチネンタルベーカリーカフェ (5)

店内は禁煙。

コンチネンタルベーカリーカフェ (3)

入って右手にパンの陳列ケース。

コンチネンタルベーカリーカフェ (9)

パン一個9バーツからとお手頃価格。

9バーツのパン(Dinner Roll)は、ふっくらして大きい。味は、あまりついていない。名前からして、肉料理やスープと一緒に食べるものだろう。
クロワッサンが15バーツ。ドーナツも置いてある。

ケーキもあり。45バーツや60バーツなど。

コンチネンタルベーカリーカフェ (1)

もちろん店内でも食べられる。

ドリンクメニュー
コンチネンタルベーカリーカフェ (7)

アイスコーヒーが65バーツ。
ホットなら40バーツ。
紅茶なら35バーツと実にお手軽な価格。

わたしが頼んだアイスコーヒー
コンチネンタルベーカリーカフェ (2)

タイの常として、アイスコーヒー(カフェイエン)は甘い。
豆はしっかりしているが、やっぱり甘い。
二度目からは、「ワーンニッノイ(少しだけ甘くして)」と注文するようにした。
すると、ほどほどの甘さになって飲みやすくなった。

(追記。その後、グラスが変更されている。味は一緒。)
Continental Ice coffee

他にもフルーツシェイクなどもあって、コーヒーが苦手なタイ女性と一緒に来ても大丈夫。

スイカシェイク。タイ語でテンモーパン。
テンモーパン

朝食メニューは、それなりのお値段。
種類は豊富だ。

コンチネンタルベーカリーカフェ (4)

アメリカンブレックファーストが145バーツ。イングリッシュブレックファーストは165バーツ。
ドイツ式やスコットランド式やスイス式ブレックファーストまで取り揃えている。
巨大ソーセージがどんと置かれたジャーマンブレックファーストがなかなかうまそうだ。
値段は張るが、ちょっと変わったヨーロッパスタイルの朝食が食べたい人は、ぜひどうぞ。

 

無料のWi-Fiスポットあり。
Wi-Fiのつながりは良好。
テラス席は電波が少し弱めだが、店内は問題なし。ユーチューブもストレスなく見られる速度が出ていた。
ホテルのWi-Fiの調子が悪かったり、有料の場合は、こういったカフェでWi-Fiに接続するといい。

陽気な店員たちで、少々長居していても、変な目で見られることはない。

営業時間は、早朝5時から夜8時まで。
客層は、ほぼファランのみ。

 

なお、コンチネンタルは、パタヤにいくつか店舗を持つチェーン店だ。
本店は、ジョムティエンにあるようだ。

HPあり
コンチネンタルスクリーンショット
http://continentalbakerypattaya.com/cdn/

 

パタヤの日中、特にすることがなければ、こういったカフェでまったりするのもいいだろう。
友人と一緒なら、おしゃべり。一人なら、パソコンやスマフォでネットサーフィン。
もしくは、ひたすら、だらだらするだけでもいい。

腹が減ったら、斜め向かいにある日本語メニュー付き食堂へどうぞ。
マッサージ屋も周囲にたくさんあるよ。

前述のとおり、LKメトロからも近いんでとても便利だ。
優雅なパタヤの昼間のひと時をどうぞ。

なお、おいしいパンだけを目的にするなら、ソイレンキーにある「Loaf(ローフ)」がおすすめです。オーナーは日本とヨーロッパで修行経験あり。日本と遜色ない味。ただコーヒーが高いのが難点かな。

SPONSOR LINK

-カフェ・コーヒー, グルメレポート
-

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.