*

ぐーたらイサーン娘との怠惰な同棲生活。その食事ぶりは?

パタヤ沈没日記3

もはやパタヤ沈没生活は、ぐーたらイサーン娘とのただの同棲生活と化してきた。
それも、生半可なぐーたらぶりではない。

ひたすら食っちゃ寝食っちゃ寝を繰り返すばかりだ。

特に楽しいネタもない。
カラオケ譲との楽しい同棲生活を綴るというよりも、ただひたすら飯を記録するのみ。

彼女は夜の睡眠時間は12時間連続がデフォルト。
深夜2時に寝ると、昼の2時くらいまでは目を覚まさない。
わたしは午前中には起きるようにしている。
よって、朝食ないし昼食は一人で取ることになる。
で、夕方近くになって彼女がもそもそと起き出すと、第一声に「ヒューカーオ!」と発するのである。
困ったものだ。

以下、そんな困った食生活をいくつか紹介していこう。

一人で食事編

まずは、彼女が目を覚まさない午前中から昼すぎにかけて、わたし一人で食事をする場合だ。

一人で気楽に食べるなら、ぶっかけ飯でしょう。
場所は、もちろんブッカオ常設市場だ。

bukkakemesi

イカたっぷりの八宝菜みたいなおかずと、1本10バーツの唐揚げ。
長年、ブッカオ常設市場に通い詰めた結果、この組み合わせが一番好きという結論に達した。
これで50バーツ。
イカと唐揚げ好きの人は、ぜひ試してほしい。

あとは、ブレックファースト系を食べることが多い。
【パタヤのファランな朝食】セイラーバーレストランのアメリカンブレックファーストは70バーツへプチ値上がりしたけど、満足度は高し
RETOX GAME ON@ソイハニーのブレックファースト95バーツ。肉厚ベーコンと本格的ソーセージがうまい。

二人で食事編

カラオケ嬢が部屋にいれば、当然、食事を要求される。

やっぱり、向かうのはブッカオ常設市場だ。

クイティアオ屋台で、イエンターフォー。

noodle-2

noodle-1

ついでに、別の屋台でナムトックムーを購入。
namutokmoo-1
namutokmoo-2
ダシたっぷりタイプで、あまり辛くないが、豚肉たっぷりで食べごたえはあり。

お昼ごはんは、ママーとおにぎりとなる。

mama-and-onigiri

彼女のお気に入りは、エビの卵(カイクン)入りのおにぎりだ。
ちなみに、おにぎりのことは、カオホーサラーイと彼女は呼んでいる。
なるほど、海苔で包んだご飯のことね。

また、コンビニのお菓子も要求される。

thai-food-8

チョコレートトースト。
そのまま常温で食べてもいいけれど、レジでお願いすると、きちんとトーストしてくれる。ひたすら甘い。
もちろん、彼女は弁当と一緒に食べるのだ。

その数時間後には腹が減ったといって、また食料を買いに行かされる。

thai-food-9

今度は、ママーとピザだ。
もう好きにしてくれ。

カオマンガイトートとカオガイセーブ
thai-food-10

これはソイレンキー入り口付近の屋台食堂で購入できる。
彼女はすっかりここのガイセーブが気に入ったようで、これ以降、何度も買ってくるように言われた。

わたしも彼女も唐揚げ好き。
パタヤカンにあるフライドチキンも当然購入。

thai-food-2

 

定番のイサーン定食も当然登場する。彼女はイサーン出身だ。

thai-food-4

thai-food-5

ソムタムプーパラー、カオニャオ、ムーヤーン、ガイトート

生の沢蟹は、かなり怖い。
somtam
わたしは極力食べないようにしている。

おっと、食後のフルーツも欠かせない。

thai-food-6

わたしはケンタループ(メロン)、彼女はマムアンプリアオ(熟す前のすっぱいマンゴー)。ついでに、ポテトチップス(レイ)も忘れてもいけない。買わずに部屋に帰ると、こっぴどく怒られるのだ。

またしてもブッカオ常設市場へ。

buakhao-market-1

少し前に市場のレイアウト変更があって、中央付近に食料屋台が集中して並ぶようになった。かなり見通しがよくなって、買い物もしやすい。

buakhao-market-2

このイサーン屋台はうまいね。

ラーブムーと、トムセーブヌアを作ってもらった。

ラーブムーは、かなり辛い。これくらい辛くないとダメでしょう。
raab

トムセーブとは、イサーンのスープ。セーブ(セッブ)は、イサーン語でおいしいの意味。
tomseb
このスープは本当においしい。タイの牛肉は固いイメージだけど、これはしっかり煮込まれていて柔らかい。まあ、当たり前に辛いですが。

さらに、わたしの大好物、唐揚げ串。

thai-food-7
これらを白ご飯で食べる。
最高です。

とまあ、ざっと紹介したところ、こんな感じの食生活である。

バービア編

夜になると、彼女は友達のところへ行くといって姿を消すことがあった。
また、たまにママさんから連絡があって、カラオケの仕事に出かけることもある。まあ、客が少ないとかで、なかなか仕事もないようだが。

彼女が部屋から出ていくと、こちらも、ようやく夜遊びに出かけることができる。
もちろんペイバーなどできないから飲むだけだ。

バービアでは、豚のホルモン焼きとカオニャオで腹をふくらませる。これはかなり油っこい。

grill-pork

つまみには、えびせんべいもいいね。この大きな袋入りで20バーツ。安いなあ。
thai-food-11

屋台のムーピンも忘れてはいけない。
thai-food-3

飲んだあとに食べるセンヤーイ(極太麺)のクイティアオもうまいぞ。スープは、ナムトックにすべし。
thai-food-1

 

深夜2時頃になると、電話がかかってきて、わたしの部屋で落ち合うことになる。
で、一緒に寝て、また同じことの繰り返し。
これが、ぐーたら娘との半同棲生活の実態である。

ペイバー代なんかは一切かからないけど、食事代がけっこうバカにならないなあ。
彼女のアパート代や友人知人への借金の返済も肩代わりしてあげているし、そこそこカネは必要。

楽しいといえば楽しい。
でも、無駄な時間とカネの使い方のような気がしないでもない。

この生活が楽しいと思えるかどうか。あなたも、ぐーたらイサーン娘との怠惰な生活をやってみませんか?
まあ、パタヤ沈没なんてこんなもんですよ。
おかげで、ローカル屋台でのタイ料理の注文方法やコンビニの品揃えには、やたらと詳しくなりましたね。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

surin-33

スリンってこんなところ。観光、ラックムアン、ホテル情報。

イサーン遠征編8 スリン(Surin)の街を散策してみた。 お隣のブリラム(Buri

記事を読む

club4-pattaya-3

クラブ4でパタヤ初のバタフライ。ソイボンコットにカッレブランも移転してきたよ。

パタヤ沈没日記12 チャン島旅行からパタヤへ戻ってきて、数日は友人とだらだら過ごす。 昼

記事を読む

cabaret-1020867_640

パタヤのローカルマフィアにみかじめ料を払いにいった話

沈没日記5 これは、カラオケ嬢がわたしの部屋で寝込んでいる時のこと。 なんだか深刻な顔で

記事を読む

welcome-to-koh-chang-1

チャン島旅行のはじまり

パタヤ沈没日記7(チャン島編) チャン島行きの発端 沈没日記の舞台はパタヤから一気にチャン島

記事を読む

pattaya

約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程は約100日となった。

記事を読む

beer-bar-lady-2

20歳新人バービア嬢をペイバー

パタヤ沈没日記19 23歳の妖艶系バービア嬢をペイバーした翌日。 彼女の働くバービアへもう一

記事を読む

khonkaen-nightlife-3

コンケーンの夜遊びスポットを再調査。2016年情報。

イサーン遠征編後半10 これが2度目のコンケーン訪問となる。 前回は、2012年のこと。

記事を読む

surin-night-life-14

【スリン夜遊び情報】ローカルカラオケとコヨーテクラブで遊んでみた。バービアとMPもあるよ。

イサーン遠征編9 さて、スリン(Surin)の夜遊びである。 昼間のうちに軽く調査はして

記事を読む

pattaya-to-bangkok-10

パタヤからバンコクへ無難かつ王道の方法で移動

パタヤ沈没日記34 すべてをクリアーにして、日本へ戻る。 その前に1泊だけバンコクへ立ち

記事を読む

lk-mansion-8

24歳スリン嬢と連日のブンブン。でもおしまい。

沈没日記28 前夜、バービアを訪れたものの不在だったスリン嬢。 LINEで連絡を取ってみると

記事を読む

アドステア

アドステア

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

→もっと見る

PAGE TOP ↑