*

テパシットのローカル置屋街の現状レポート2016年

公開日: : 夜遊び情報

パタヤにもローカル向けの置屋街が存在している。
有名なのはナックルアの通称エッソ裏。
あと、もう一つが、テパシットのカラオケ置屋だ。

テパシットソイ8ローカル置屋

このテパシットのローカル置屋については以前レポートした。

テパシット通りソイ8のローカル置屋を見学
テパシットのローカル置屋続報。ショート900バーツなり。(NAKATAホテル追記あり)

場所は、テパシット(Thep Prasit テプラシット)のソイ8入って少し進んだところ。
以前は4,5軒ほどが営業していた。

地図

(詳しい行き方は、上掲記事を参照に)

その後、手入れにあって壊滅したという噂をどこかで耳にした。

前回の訪問レポートからは1年以上が経過している。
さて、現状はどうなっているのか、昨晩、訪れてみた。

深夜のテパシットソイ8の様子
thepprasit-soi8

2軒の置屋が営業しているのを確認できた。

テパシット大通りから入って左手にある置屋前には、女性陣が10人以上集まっていた。
バイクで通りかかると、大きな声で呼び込みされるほどの歓迎ぶり。

手入れの噂は何だったんだ?
まあ復活したんでしょう。

英語のわかるやり手ばばあが、「You want lady?」と斡旋してくる。
価格はショートで1000バーツ。
すぐ近くにやり部屋があって、部屋代込みの価格だ。

たしか以前は900バーツだったはずだが、微妙に値上がりしたのか、外国人価格なのか。

ちなみに、肝心のレベルはひどいもんです。
年齢的には20代半ばから後半といったところか。
若そうなのは皆無。
しかも、みんな妙にテンションが高い。目も据わっている。
ああ、これはちょっとアブナイ奴だな。かかわらないほうがいい。

もう一軒は斜め向かい側。
こちらは店頭に3人ほどが座って待機していた。
レベルは言うまでもなく低い。
価格は聞いていないが、たぶん1000でしょう。

以前に比べて確実にレベルは下がっている。

はっきり言います。
わざわざパタヤ中心部から遠路はるばる訪れる価値はないです。
価値絶無です。行くだけ無駄です。

バービアで探したほうが100倍も1000倍もマシです。
価格的にもお得感はありません。

まあ、レンタルバイクを借りていて、どうしてもこの目で見ておきたいという人だけ訪れましょう。
素通りして終わりですけどね。
この先、レベルが上がる可能性が無いとは言えないけど、もう時代の流れからして、期待はできないだろうなあ。
次の調査は1年後の予定。どうなっていることやら。


関連記事

LKメトロタッチアゴーゴー (1)

ソイLKメトロの新ゴーゴーバー、タッチ(touch)訪問レポート

touch 約2週間ほど前にオープンした新ゴーゴーバーだ。 場所は、ソイLKメトロのブッ

記事を読む

ラムー (3)

高級ラウンジ「ラムー(La Mer)」訪問レポ前編。18歳と19歳のホステスがレベル高し。

日本から友人がやって来た。 お望み通り、サードロードのパブを一緒に捜索することに。 関連記事

記事を読む

ディスティニー

昨晩のソイLKメトロのデスティニーと、バービア情報。

シルバーウィーク特別企画、昨晩の実況速報シリーズ。 昨晩(9月23日)のソイLKメトロの状況。

記事を読む

クライマックスゴーゴーバー

Climax(クライマックス)、ソイLKメトロの新ゴーゴーバー

パタヤのソイLKメトロに最近オープンしたゴーゴーバー、クライマックスに寄ってみた。 店内への訪

記事を読む

blackvanilla-1

ソイハニーのプチ高級マッサージ屋、Black Vanilla。1時間1900バーツから。

セカンドロードのソイ11、別名ソイハニー(ソイハニーインとも言う)は、言わずと知れた怪しいマッサージ

記事を読む

HONEY1MP

深夜便で帰国する時のパタヤ・バンコクの時間の過ごし方と遊び方

はじめてパタヤを訪問するという読者の方から、質問をいただいた。 深夜便での帰国となるのでフライ

記事を読む

カオタローブーズラウンジ

ソイカオタローに行ってみた【パタヤダークサイドのジェントルマンズクラブやバービア】

パタヤダークサイド パタヤのスクンビット通りの東側に広がるエリアのことを、イーストパタヤと呼ぶ。

記事を読む

ソイ3バービア群 (2)

【バービア定点観測】ドリンキングストリート、ソイ3、ソイ6

昨晩、ノースパタヤのバービアを少々まわってきた。 時刻は夜11時過ぎ。 まずは、ソイ3へ

記事を読む

ビーチクラブ (3)

ビーチクラブ新装開店当日レポ。シャークのダンサーはスパイスクラブへ。

BEACH CLUB 昨晩(4月28日)にウォーキングストリートを訪れてみると、ハッピー前

記事を読む

whiterooms-motown-2

ソイLKメトロの新店レポート。White Roomsがモータウンバービアへ。CAFE’ RACERも。

ソイLKメトロに新しいバーが2つ出来ている。 一つは、1,2ヶ月ほど前に開業したと思われるCA

記事を読む

アドステア

アドステア

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

airport-ais-shop
【タイのスマホ】同じ携帯電話番号を維持しつつ、タイ到着と同時にネットを使う方法。AIS・12CALL、TRUE、DTAC。

タイ訪問時に毎回空港でSIMカードを求めて並んでませんか?

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

→もっと見る

PAGE TOP ↑