*

Gダイアリー最新号のタイ夜遊びブログ34選と、わたしのお気に入りブログ

公開日: : エッセイ

紳士の雑誌「G-DIARY」最新2016年7月号に気になる記事があったので購入してみた。

タイ夜遊びブログ34選!

スクリーンショット_061516_074709_PM
(当方所蔵のKindle for PCより)

ずらりと勢揃いのタイ夜遊びブログたち。
有名どころが並んでますね。
わたしも一度は読んだことがあるブログばかり。

当ブログも取り上げてられてました。
ありがとうございます。

執筆者自身もブロガーであるせいか、コメントはどれも当たり障りのないものになるのは致し方無いのか。

でも、「思い立ったからタイランド」というブログ内記事を取り上げているにもかかわらず、その元ネタの有名ブログが入っていなかったり、PV数ではナンバーワンであろうオリジナルKKさんが入っていなかったり、まあ、たぶん好みとかしがらみとかいろいろあるんでしょう。

ちなみにこの34選(当ブログをのぞいて33選)の中で毎日更新状況を楽しみにチェックしているのは、
「誰かぼくと遊んでくれ2」(レディボーイは無理っす)

「いつもはタイで時々マカオ」(マドカちゃんとカラオケ嬢がオーバーラップします、オッパオッパ)
くらいですかね。
他もちょこちょこ覗いてはいますが。

ブログ34選の中身について詳しくは、Gダイアリーをご覧ください。

 

現在、日本国内では電子書籍版のみの販売となっている(少しだけ紙媒体での国内通販もあるようだが、一冊1500円と高値。)
Amazonは、リーダー端末のKindleがなくても読むことができますよ。スマフォでもPCでもタブレットでも何でもいいんで。もちろん海外からでも購入オッケー。

関連記事:Kindle for PCなら、Windowsマシンやタブレットで電子書籍がサクサク読める。

楽天ブックスも同様で、Koboというリーダー端末がなくてもPCやタブレットで簡単に読めます。

お気に入りタイブログ

さて、ここに取り上げられた34のブログの他にも、タイブログは山ほどある。

普段は、当ブログ内で他のタイブログについて取り上げることは、ほとんどない。
よそはよそ、うちはうち。
一部、わかる人だけがわかるようにネタを仕込んでいることがあるけど、ギャグみたいなもんで、あまり意味はない。

とはいえ、読んでますよ、いろいろなブログを。

面白い記事もあればしょうもない記事もあり(人それぞれ面白さは違うんでね)、
唸らされる文章もあれば小学生の作文もあり(せめて句読点くらいちゃんと打とうよ)、
オリジナル感満載な記事もあればどこそこからパクってきたのが丸わかりの記事もあり(いや、ほんと怒るぞ)、
写真がきれいなブログもあれば他のサイトから平気で画像を盗んでくるブログもある(グーグル検索やネットの拾い物と書けば何でも許されるなら、ウェブ上にあるほとんどあらゆる画像や記事は盗作可能ということになる。しかも、盗用した画像のリンク先がブログランキングという悪辣ぶり。でも当人のブログは盗用された相手からグーグルに違反報告されて検索結果から除外されるというオチ付き。おっと、毒づいてしまった)。

さて、34選に載っていないタイブログの中で、わたしのお気に入りを紹介してみましょう。主に夜遊び旅行記系です。情報系はスルーで。
(アドレスだけ貼っておくんで、コピペして各ブログへ飛んでください。)

 

ホップ、ステップ、ヨコ
http://damenigen.blog.jp/

文章がおもしろい。わたしも文章力には自信があるけれど、思わず嫉妬してしまうほど、おもしろい。
「恐怖のパタヤ病」という記事は爆笑必至だ。パタヤ好きは必ず読むこと。
遊び方もおもしろい。ピンポンのバラマキ方が秀逸。そうか、ピンポンはケースごと蹴飛ばせばいいんだ。
パタヤ1ヶ月滞在は、わたしのしみったれた沈没スタイルよりもよっぽど充実している。すいません、うちは予算15万円なもので。
国内の遊びレポートも好き。渡鹿野島や上山田温泉とかね。
更新頻度を増やして、写真も増やして、独自ドメイン+WordPressで構築すれば、トップランカー入り間違いなし。(たぶん本人は望んでないのでしょうけど)

 

パタヤビーチでエンジョイ! A GO GO!!
http://kosamui.blog.fc2.com/

更新頻度が高かったころはよく読んでました。
パタヤのゴーゴーバーの相場上昇に関する記事は白熱していましたね。
ちなみに、わたしがタイブログでコメントを入れたことがあるのは、このブログさんだけです。
(掲示板などでは、たまに千夜一夜というハンドル名で当ブログ記事の内容などを書き込む人がいますが、もちろんわたしではありません。)

 

CRAZYのタイ珍遊記 -バンコク/パタヤ-
http://crazy4thailand.blog.jp/

夜遊び旅行記として、最近気に入っているブログ。
普通におもしろいです。
この記事を読んでいるかどうかわかりませんが、勝手に注文をつけさせてください。
PC版の表示で、黒地に白抜き文字は読みづらいです。長時間読んでいると、目がチカチカします。せっかくおもしろいのにもったいないです。
夜遊び系は特に黒地に白抜き文字が多いですが、本当にもったいないと思います。
Seven’s Thaiも好きなんですが、文字が読みにくてて、つい離脱してしまいます。

 

TMのタイ・バンコク旅行記
http://tak0suke2.blog.fc2.com/

一日8発って、正気か?
絶倫ぶりに羨望するブログ。
タイの夜遊びを知ってハマっていく過程が手に取るように感じられますね。
これからどう遊び方が変化していくかが楽しみです。
それにしても一日8発ってウラヤマシイ。

 

あと、またまた消えてしまったけど、「怪しいアジア」はすばらしい。
海外風俗有料情報を駆逐する勢いで、東南アジアのローカル遊び場を開拓していってます。
ジャカルタのカリジョド情報が表に出たのは、ドッキングマスターさんの功績でしょうね、たぶん。

そういえば、最近見かけた有料情報サイトで、ひとネタ8万円というのがあって、びっくりしたことがある。
すげえ。

でも一番目を通していたのは、ブログではないけれど、やはり「外道の細道」だったでしょうか。
タイ夜遊び初心者のころは、ほんと、外道の細道とGダイアリーくらいしか情報源がなかったんですよ。
ここも読みにくかったですが、がんばって熟読していたもんです。
火星旅行から帰還しなかったそうで、惜しい人をなくしました。

 

というわけで、タイブログ紹介記事でした。

よほど変なことがないかぎり、他所様のブログについては言及しないようにします。
まあ、言いたいことがないわけじゃないけれど、独自路線で行きます。

他人のことをどうこうケチをつける暇があれば記事を書け。
暇がなくても記事を書け。

それがブロガーってもんです。
楽しくやりましょう。


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ロイクラトーン

パタヤのロイクラトーンとゴーゴー嬢の思い出

タイの二大祭りといえば、ソンクラーンとロイクラトーン。 ソンクラーンが4月で、ロイクラ

記事を読む

ウォーキングストリート2015年5月

ヒモ男はつらいよ 深夜のウォーキングストリート純情篇

先のパタヤ滞在中の話。 仕事終わりのコヨーテ嬢を店まで迎えに行ったことが一度だけある。

記事を読む

コヨーテ嬢1

今でも忘れられないコヨーテ嬢

アパートに長期滞在している頃に、とても仲良くなった女性は何人もいた。 その中でも、強く印象

記事を読む

flag

空港閉鎖の副産物。あなたの職場にもタイ好きがいるかも

スワンナプーム閉鎖で、職場復帰が一週間ほど遅れた。 そのことが職場中に知れ渡っていた。

記事を読む

タイ結婚式

続・フェイスブックにご用心。ファランからの死刑宣告とタイ女性の自由奔放。

以前、フェイスブックのメッセージでファランから罵詈雑言を浴びせられた件について記事を書いた。

記事を読む

りんな (2)

【ネタ】謎のJKりんなちゃんにペイバー交渉してみた

突如としてLINEに現れた女子高生りんな。 今、巷で話題沸騰中だ。 世の男どもは、何とか

記事を読む

addiction

タイの夜の女性たちの薬物使用について。ヤーバーとヤーアイス

オブセッションの夜 去年、パタヤに沈没していた頃の話。 懇意にしているバービア嬢がいた。 夜中

記事を読む

ボーイズタウンの看板

明るく楽しいレディドリンク&ペイバー撃退方法を考える

ゴーゴーで飲んでいると、ほぼ必ずといっていいほど、営業をかけられる。 レディドリンクを奢って欲しい

記事を読む

パタヤヒルプラタムナックの秘密のハッテン場 (2)

パタヤヒルにある秘密のハッテン場で貞操の危機に陥った話

先日、パタヤヒル(プラタムナック)地区を散策した時のこと。 日中だけ入ることができる公園がある

記事を読む

ウォーキングストリート2015

彼女は床上手?夜のサービスを尋ねるならこのタイ語、ボリカーンディーマイとアオゲーンマイ

タイで夜遊びしている以上、お相手となる女性のサービスはとても重要なポイント。 せっかくバーファイン

記事を読む

アドステア

アドステア

Baht bus in soi buakhao (2)
【パタヤのソンテウ2017年】新ルートと新ルール施行。でもほとんど現状維持。

2016年末から2017年初頭にかけて、いろいろと錯綜しているパタ

Walking_street
パタヤで友人たちと合流。初パタヤの初ウォーキングストリート。

沈没日記3 パタヤへ シーロムでタニヤ嬢と一夜の逢瀬を楽しんだあと

Sutus court room (2)
ソイブッカオの老舗格安ホテル、Sutus Court(サタスコート)宿泊レポート

ソイブッカオのかなり有名なホテル、Sutus Court。

Soi Kho pai Japanese Restaurant Curry (6)
ソイコーパイのローカル向け日本料理食堂で、エビ天ぷらカレーを食べる。79バーツ。

テパシット通りからソイコーパイ(Soi Thep Prasit 6

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

→もっと見る

PAGE TOP ↑