*

またもバービア嬢が泊まりに来る。ステーキとブンブンの日々。

沈没日記29

22歳新人バービア嬢の3度目のペイバーを終えて、彼女を見送る。

どうにもすっきりしない気分で日中を過ごした。

パタヤタイのステーキ屋

夜。
次のお相手を探したいところだが、その前に食事だ。
最近はローカルステーキ屋探しが楽しい。

女よりも肉なのである。

パタヤタイをひたすらスクンビット方面へ進んでいくと、新しいステーキ屋を発見した。

パタヤタイ69バーツステーキ屋 (4)

場所は、かなりスクンビット寄りの北側。

路上にテーブルが並んでいる。

パタヤタイ69バーツステーキ屋 (3)

Chef Nun Steak 59と書いてある。ヌンシェフの59バーツステーキ屋ってところか。

パタヤタイ69バーツステーキ屋メニュー (1)

ポークステーキを注文してみた。ポークは69バーツ。チキンステーキが59バーツのようだ。

ソースは何種類かあって選択可能。
BBQソースを選択。

パタヤタイ69バーツステーキ屋のポークステーキ

肉はそれなりの大きさだが、ややぱさぱさする食感。
ソースは、胡椒をまぶしたケチャップみたいな味。

サラダ少々と食パンが付け合わせ。
フライドポテトのついてないステーキなんて嫌だ。

うーん、これで69バーツは残念としか言いようがない。
サードロードのポークチョップ69バーツには遠く及ばない。

パタヤタイ69バーツステーキ屋 (1)

ホイトートも置いてあり、ステーキセットメニューがいろいろあるけど、場所も遠いし、詳しい解説は省略。
よほど近所に滞在していない限り、わざわざ訪れる必要はないと勝手に判断します。グルメレポート入りならず。

ちなみに、ステーキの隣は、チョンブリー、バンナー、サムローン行きのロットゥー乗り場となっています。

パタヤタイ69バーツステーキ屋横のロットゥー乗り場

まあ、ロットゥの待ち時間で暇なら、食べてもいいかなというレベルです。

またしてもバービア嬢が泊まりに来る

その後、目的もなくふらふらとバイクで走っていると、30歳バービアからメールが届いた。
先日再会したバービア嬢で、客がいない暇な時はわたしの部屋に泊まりに来ている。

22歳をペイバーした昨晩はタイミングよく連絡がなかったが、どうやら、今夜はわたしの部屋にやって来るようだ。

夜10時頃、30歳バービア嬢がやって来る。
というか、仕事はどうしたんだ?

まあ、いいか。

彼女はベッドに寝転がって、ずっとテレビを見たり、スマフォでファランの上客とメッセージのやり取り。
わたしは、机でPC作業。

たまに、会話したり、英語の通訳をしてあげたりする。

なんともまったりとした夜の過ごし方である。

気づけば深夜二時。

PC作業も一段落して、なぜかムラムラしてきた。
昨晩、22歳とやったばかりだが、もうちょっと気持ちの入ったブンブンを欲しているのかもしれない。

スタイル的にもルックス的にも22歳新人バービア嬢のほうがはるかに上。
ただしサービスは30歳の勝ちだ。
で、気持ちのいいブンブンができるのは30歳のほう。

二夜連続でブンブンしてしまった。
やれやれ。

翌日もブンブン

明けて、翌朝。
彼女と軽く飯を食べたあとに、お互いシャワーを浴びる。

素っ裸の彼女を見ていると、またその気になってしまった。
まあ、どうせチップを払うんだから、やっておいたほうが得というセコい発想もある。

こんな連続でブンブンするとはなあ。

コンビニで新しいゴムを購入しておいて正解だったよ。

durexのコンドーム

Durexのタイ限定版かな。本家の半値くらい。

なぜか絶好調で、ドーピングいらずの夜と朝の連射であった。

うーむ、やっぱり、若さやスタイルよりも気持ちのほうが大事なのかね。
別に30歳バービア嬢に恋愛感情はないけれど、付き合いが長いだけあって、お互い気心が知れている。
そのぶん、下半身もきっちり反応してくれるのかもしれない。
難しいものだ。

 

夕方近くなり、彼女は出勤へ。
職場までバイクでお見送り。
今日はきっちり働くんだぞ。

ちなみに、ブンブン2回のお泊りコースでチップは1000バーツ。
客のつかまらないバービア嬢なら、パタヤのチップ相場は、だいたいこんなものかな。
まあお互いの相性とかタイミング次第ですけどね。

ソイボンコットでまたしてもステーキ

夜、バイクでうろうろするも、特にめぼしい店が見つからない。

自然と足はソイボンコットへ向かってしまった。

今回の滞在初のボンコット59バーツステーキ屋へ。

ボンコットステーキ屋 (8)

思えば、パタヤのローカルステーキ屋探索シリーズの端初はここだった。

ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。
ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。

安くておいしいローカルステーキ屋があると知らしめてくれた思い出深いステーキ屋である。

ポークステーキ、コームーヤーンステーキと食べてきたので、今回はチキンステーキにしてみた。

ソイボンコットの59バーツステーキ屋のチキンステーキ

チキンはわりと大きめ。
少しぱさぱさしている部分もあるが、脂身付近はかなり柔らかい。
サラダとポテトと食パンが付いてくる。

ワンプレートでそこそこお腹が膨れる。

これで59バーツぽっきり。
水10バーツを入れても、合計69バーツ。
きちんと1バーツ単位でお釣りも返してもらえる。

何度食べてもコスパ抜群のステーキ屋である。
値上げラッシュの続くパタヤにおいて、低価格を維持しているのも嬉しいかぎりだ。

とはいえ、やっぱりサードロードの新しいステーキ屋「ガオライサイサーム」が今のところ一番かな。
ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ
サードロードのステーキ屋は少し値上げ。でもポークチョップは据え置き価格で味もそのまま。

 

食後部屋に戻ったところで、豪雨となった。
危ないところだった。

再び外出できるようになったのは、深夜2時。
まだ小雨が続いている。

雨のLKメトロ

ソイLKメトロは雨に濡れて、客足もまばら。
閑散とした状態で、呼び込みたちも屋根の下に引っ込んでしまいやる気ゼロ。
まったく声がかからない。

なじみのバービアに顔を出して、軽く飲んでこの夜はおしまい。

30歳バービア嬢から連絡はなかった。
どうやら客が見つかったようだ。

よかったよかった。

ブンブンとステーキの肉欲まみれ2連発はこうして終了。


関連記事

pattaya

パタヤ&バンコクのタイ2ヶ月滞在の生活費や夜遊び代の総出費

そういえば、毎度恒例の沈没生活総出費報告をしていなかった。 まあ、いつもどおりです、はい。

記事を読む

ソンクラーンお清め水

ソンクラーン初日は、女子大生アルバイトバービア嬢と水かけ遊び

沈没日記5 昨日4月13日はソンクラーン初日だった。 初日といっても、場所によってはフラ

記事を読む

ポテトフライつまみ

カラオケ嬢はやって来ず、一人でバービア遊び

沈没日記38 (つづき) ポテトと23歳新人バービア カラオケ嬢が帰宅してから、しばらく部

記事を読む

禁酒日のウォーキングストリート (2)

禁酒日の夜のパタヤは大雨。最後はウォーキングストリートのゴーゴー嬢と808へ遊びに行く。

沈没日記26 昨日(5月20日)は、ヴィサカウイーチャという仏教の祝日にあたり、タイ全土は禁酒

記事を読む

pattaya

パタヤ沈没前半戦終了。1ヶ月の出費と現在のテンション。

パタヤ沈没日記22 今回のパタヤ滞在は2ヶ月の予定だが、すでに1ヶ月が通過している。 前半戦

記事を読む

パタヤ駅

パタヤ沈没スタート。初日は関係各所バービアへの挨拶まわりから。

パタヤ沈没1日目 というわけで、パタヤに到着した。 早くも沈没生活の再開である。

記事を読む

ビーチクラブ

バービアめぐりからのビーチクラブで5年ぶりゴーゴー嬢に再会

沈没日記21 大々的バービアめぐり ちょろっと本気を出して、バービアめぐりをしようかと思い立つ。

記事を読む

ドンムアン空港喫煙所

帰国へ。パタヤ沈没生活終了と後書き。

沈没日記最終回 起床は午前6時、の予定だったが、さすがに睡眠時間3時間はちょっときつい。 う

記事を読む

19歳女子学生バービア嬢

バービア嬢の実の娘19歳をふたたびペイバー

沈没日記12 ソンクラーンは終了したが、ソンクラーン前に体験したペイバーネタが一つ残っている。

記事を読む

ワットチャイモンコン (2)

バービア嬢とのキーキアットな2泊3日

沈没日記27 禁酒日ネタを優先させたので、少し時系列が逆になっているが、これは禁酒日前の話とな

記事を読む

アドステア

アドステア

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

kix-scoot-delay-3
関空発バンコク行きスクートが大幅ディレイ、関空で4時間暇をつぶした話

今回のタイ行きは、LCCのSCOOT便を利用。 理由は単純に安か

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

→もっと見る

PAGE TOP ↑