*

ソンクラーン3日目のソイ7を練り歩く。夜のウォーキングストリート、バカラの様子。

沈没日記8

ソンクラーンは3日目となった。

ちょっと面倒になったような気もするが、夕方から出撃。
パタヤ中心部で最大の激戦区と言われるソイ7を偵察してこよう。

バイクで走行するのは渋滞が厄介だし、集中砲火を浴びると危険なので、徒歩で向かう。

セカンドロードは、やはり渋滞。
ただ、例年に比べれば、ピックアップトラックに乗った水かけ部隊が少ないような印象。

でも、ファラン遊撃兵は各所で獲物を狙っている。

ソンクラーンセントラルフェスティバル前 (4)

道路も比較的歩きやすい。
まあ、どっちみちずぶ濡れになるけど。

ダオカイバービア前
ソンクラーンセントラルフェスティバル前 (1)

 

セントラルフェスティバル前では、警察官が交通整理にあたっていた。
ソイ9は警察署があるんで、交通の流れをコントロールしておきたいのかな。

ソンクラーンセントラルフェスティバル前 (3)

ソイ7の水かけ

ソイ7が近づく。

セカンドロード沿いでも各所に水かけ中。

物売りの数が多い。水鉄砲や、顔に塗る粉やら。

ソンクラーンソイ7 (2)
ソンクラーンソイ7 (3)
この粉の使用は禁止になったと聞いたが、お構いなしに販売されているし、顔にも塗りたくられる。
規制は無意味だなあ。

ソイ7到着。

ソンクラーンソイ7 (4)

やはりすごい人出だ。

遠くのほうで派手な水しぶきが見える。

ソイ7は、道の両サイドにバーが並んでいるので、向かい合わせで砲撃戦が展開される。
もちろん、通行人も格好の餌食となる。

よって、阿鼻叫喚、狂喜乱舞、酒池肉林、酩酊殺伐、混迷必至の狂乱地帯と化すのだ。

カメラに向かって放水
ソンクラーンソイ7 (6)

防水仕様のデジカメ持ってきて正解だった。

バーの前ではダンサーが踊る
ソンクラーンソイ7 (5)

あやしげなポールダンサー
ソンクラーンソイ7 (9)

氷売りのピックアップトラックの上でもダンスしている。

もはやまっすぐ歩くことなどできない。

再激戦区のバービア密集地帯へ。
ソンクラーンソイ7 (10)
ソンクラーンソイ7 (11)
ソンクラーンソイ7 (12)
ソンクラーンソイ7 (13)

もはや正気の沙汰ではない。
狂ったもの勝ちの世界だ。

ソイ7を抜けて、ビーチロードへようやく到着。

ソンクラーンソイ7 (1)

ここも大渋滞。
でも、比較的大人しいような気がする。

ぐるっとソイ8へ。

ソンクラーンソイ8 (3)

ソンクラーンソイ8 (1)

人出は多いけど、ソイ7に比べるとマシかな。
水かけもマイルド。

ソイ8とソイ7を結ぶ路地
ソンクラーンソイ8 (2)

やはり、ソイ7が一番盛り上がっているなあ。

道を歩いているのは、もちろん欧米人やアジア系旅行者も多いが、目につくのが若いタイ人たちである。
10代半ばくらいのタイ男が多い。
祭りの興奮状態にやられて、足元も目元もすでに泳いでいる状態。
ちょっと危なっかしい。
下手に刺激すると、すぐに暴発してしまいそうな雰囲気だ。
なるべくかからわないほうがいいだろう。

 

これにてソイ7とソイ8の偵察終了。
バカになりきって、とことん水かけ遊びしたいなら、ソイ7へどうぞ。
日本じゃ味わえないこの異空間。
一度体験したらやみつきとなるか、二度とごめんだと感じるかはあなた次第。

この状態で、ペイバー候補のバービア嬢を探すなんて無理だろうけどね。
数少ないかわいいどころはすでにブッキングされております。

セカンドロードからブッカオの間でも、水かけは行われている。
ソイ7に比べると、雲泥の差。
バービアの客自体が少ないし、通行人も少ない。
客が遊んでいるというより、バービアの従業員たちが勝手に騒いでいるような印象。
タイウィスキーで昼間っから大宴会である。

ほどほどに水かけしながら、ほどほどに遊ぶなら、セカンドロードを渡ったほうがいいかな。
おとなしめと言いつつも、ブッカオ周辺でも水かけは行われているんで、昼間に外出したら確実にずぶ濡れになります。

なお、日没後は基本的に水かけは終了となる。
だいたい夜7時くらいから片付けはじめて、8時にはすっかり終了。
たまに、空気を読めないやつが水鉄砲を撃ってくる。
お互いに水鉄砲を持っていたら別に構わないが、ただの通行人を狙うのは無しだよ。
ただし、ソイ7やビーチロードはもう少し遅くまで続いているかな。
ブッカオで遊び足りない奴は、ビーチロードへ行くべし。

夜のウォーキングストリート

夜11時半過ぎ、再度外出。
夜のウォーキングストリートを見てくることにした。

その前に軽くナイトツーリング。
サードロード、パタヤカン、スクンビットと走ってみたが、水かけの痕跡はほとんど残っていない。
平常通り。

パタヤタイからウォーキングストリートへ入る。
時刻はちょうど日付が変わる0時頃。

ソンクラーンウォーキングストリート

ひょっとしてまだ散発的に水かけをやっているのではと懸念していたが、まったくの杞憂に終わった。
いつもどおりのウォーキングストリートだ。
心なしか、アラブ・インド系の客が多いような印象。
中国や韓国の若い観光客も目立つかな。ファランはいつもより少なめ。

バカラ

バカラ

特に用事はなかったが、バカラに入ってみた。
1階は満席。
ざっと見渡したところ、やはり日本人韓国人が多そうだ。
入り口手前の隅っこストゥールしか空いていない。
こんなとこ座れるか、と二階へ登る。

二階はがらがら。
日本人韓国人少々。
ダンサーも少なめ。ボード上の出勤数は25人前後。
レベルも正直厳しい。
昔どっかで見かけたよなベテランおばさんダンサーたちが目につく。
めったにバカラの2階に来ることはないけれど、以前はもっとレベルが高かったような。
今現在のバカラの2階はダメです。ほとんど価値無し。

まあソンクラーン真っ最中だし、こんなものかな。
ダンサーたちもやる気なし。
ほとんど営業にも来なかった。
おかげで、かぶりつきのソファー席でまったり過ごすことができた。

2階から1階を見下ろすと、どこの国かは知らないが、アジア系客が20バーツ札をばらまいていた。
バカラで20バーツ札ねえ。せめて100バーツ札にするか、そもそも金バラマキなんてしないほうがいいと思う。
見ていて、あまり気持ちのいいものではない。
まあ、ろくにカネを落とさないキーニャオ客が言うのもどうかと思うが。

ウォーキングストリートとバカラ偵察はこれに終了。

 

帰り道、ブッカオのやさぐれたバービアでだらだら酒を飲む。
バカラよりブッカオのバービアのほうが落ち着くのは致し方ない。

まだまだ続くパタヤのソンクラーン

本来なら、4月15日の3日目でソンクラーンはおしまいのはず。
が、パタヤ最大の水かけは4月19日となる。ワンラーイだ。
中休みを取ればいいのに、お構いなしに水かけは継続される。ちょっと規模は控えめになるかもしれないが。

わたしも、さすがに飽きてきた。
毎日毎日水かけはやってられない。ずぶ濡れのまま長時間過ごすと、体力を奪われるんだよね。
疲れがたまってきた。

今日はお休み。
水の引いた夜だけ出かけることにしよう。

綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)


関連記事

ソイ3バービア群 (1)

20歳バービア嬢を今回2度目のペイバー。客がバッティングしてプアットフア。

沈没日記33 友人二人と別れてから、わたしの夜遊びの時間が始まる。 禁酒日には誰ともタン

記事を読む

スクリーンショット_061216_081914_PM

カラオケ嬢が目の前で韓国人の元へ逃げていく

沈没日記42 これでホテルチェンジ3日目。 ソイアルノタイへ移動となる。 投宿したMプ

記事を読む

元ゴーゴー嬢とチムチュム

サービス抜群のイサーンレディと楽しい一日を過ごす。これぞパタヤの休暇。

沈没日記43 目の前でカラオケ嬢が韓国人の元へ去っていってから一夜が明けた。 一晩たてば、嫌

記事を読む

ジョムティエンビーチのシーフードレストランプーペン (2)

ジョムティエンビーチへ

沈没日記3 投宿しているスーパーベッドオテルをチェックアウト。 部屋の最終チェックすらな

記事を読む

ロンポーバービア

ジョムティエンビーチで夜遊び。レディボーイにビーチク噛まれて悶絶。

沈没日記4 ジョムティエンの夜遊び 夜10時前ようやく外出。 バイクでジョムティエンビーチまで

記事を読む

寿司屋台 (1)

ついにパタヤラストナイト。最後は挨拶まわりで締めくくる。

沈没日記44 起床したのは午前10時過ぎ。 ベッドの上では、元ゴーゴー嬢が気持ちよさそうに寝

記事を読む

ポテトフライつまみ

カラオケ嬢はやって来ず、一人でバービア遊び

沈没日記38 (つづき) ポテトと23歳新人バービア カラオケ嬢が帰宅してから、しばらく部

記事を読む

マイクショッピングモール前 (4)

マイクショッピング前屋台村で友人たちと軽く飲んでから、MPハニー1見学

沈没日記32 これは禁酒日明けの話となる。 禁酒日前夜と当日の様子は、すでに書いた。

記事を読む

雨のLKメトロ

またもバービア嬢が泊まりに来る。ステーキとブンブンの日々。

沈没日記29 22歳新人バービア嬢の3度目のペイバーを終えて、彼女を見送る。 どうにもす

記事を読む

豚の丸焼き

バービアのパーティは出会いのチャンス。豚の丸焼きもおいしいんで、参加すべし。

沈没日記20 ソイアルノタイの唐揚げ屋 炎天下の暑いさなか、ソイアルノタイまでバイクを走らせる。

記事を読む

アドステア

Comment

  1. マック より:

    夜9時過ぎ、ブッカオをソンテウで移動中にぶっかけられました。同乗していたおばさん(お姉さん?)も相当怒ってました。

    誰がやったのか見えませんでしたが、まあ空気の読めない酔っ払いファランの仕業でしょう。困ったもんです。
    生乾きのシャツがどうも気分悪くて、いったん着替えにホテルまで戻る羽目になりました。

    昨夜のバカラもバラ撒きがすごかったです。若い娘が現金を奪い合う姿は正直、見ていて楽しいものではないですんね。ピンポンの方がまだ許せるかな。

    • 千夜一夜 より:

      夜9時過ぎのブッカオは、反則ですね。たまに、若いタイ人も懲りずにやっていて、おばさんに説教食らっていることがあります。
      わたしは、夜10時くらいにサードロードで小さいこどもから水鉄砲でちょろっとだけ水かけられました。まあ、これくらいなら笑って済ませられるのですが。
      水の質が悪いせいか、服が乾いても臭いんですよね。

  2. ノークチャイ より:

    ところてん押し出し器みたいな水鉄砲ヤバいです。
    昨日3回くらい溺れそうになりました。笑

    • 千夜一夜 より:

      あの青い巨大なパイプ型水鉄砲は、販売が禁止されているはずです。一部ファランやタイ人がいまだに隠し持っています。取り締まれよ、当局。
      危ないですわ、あれは。

  3. 魔術師プンプイ より:

    はじめまして。

    いつも楽しく読んでます。

    私はソンクランの時期にはタイに行けないので、楽しそうで良いですね。

    28日から一人でパタヤに行くのでそれまで毎日、千夜一夜さんのブログを見てテンション上げていきます。

    5度目なのですが今回はブッカオ方面にチャレンジしようと思ってます。

    これからも宜しくお願いします。

    • 千夜一夜 より:

      いやあ、ソンクラーンは楽しいですが、毎日はきついですよ。特に夜遊び目的だと避けたほうがいいです。
      パタヤ5度目ならブッカオでも余裕で過ごせると思います。

アドステア

COYOTE bar (2)
ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。

Walking street
深夜4時、18歳バービア嬢が部屋にやって来てブンブン

沈没日記15 夜遊びパターンは、20歳コヨーテ嬢と18歳バービア

soi BJ (1)
ウォーキングストリート、ソイBJ屋台の10バーツ唐揚げ

ウォーキングストリートのソイBJに屋台が集結するようになった。

sensations
【昨晩のウォーキングストリート】エアポートクラブとセンセーションズ

調べごとがあり、数日ぶりに夜のウォーキングストリートを訪れた。

camel toe pattaya (1)
ソイコーパイのジェントルマンラウンジ、 The Camel Toe(キャメルトゥー)訪問レポート

ソイコーパイにあるジェントルマンラウンジ、The Camel Toe(

→もっと見る

PAGE TOP ↑