*

ジョムティエンのナイトマーケットは、シーフードからファラン飯まで何でも揃う屋台街

公開日: : グルメレポート


ジョムティエンのビーチロードを走行していると、ナイトマーケットに遭遇した。
こんな場所があったなんて、まったく知らなかった。
食べ物屋台がずらりと勢揃いしていて、雰囲気はなかなか良さげ。

SPONSOR LINK

ジョムティエンナイトマーケット

地図

場所は、ジョムティエンビーチロードのソイ9付近。
ジョムティエンのビーチロードは双方向になっていて、ソンテウも頻繁に走っている。

入り口
ジョムティエンナイトマーケット (2)

風車が目印だ。

他にも入り口あり
ジョムティエンナイトマーケット (6)

正式名称は、NIGHT MARKET@JTなのか。

マーケット内
ジョムティエンナイトマーケット (7)

ジョムティエンナイトマーケット (8)

ありふれたタイ土産物系や小物などが多い。

なぜか、スキーブーツも売られている。ビーチのそばなのに。

ジョムティエンナイトマーケット (9)

メインは食べ物屋台。

ジョムティエンナイトマーケット (10)

やはりシーフードが売りとなる。

イカ、エビ、魚…

ジョムティエンナイトマーケット (13)

ジョムティエンナイトマーケット (12)

価格的には、いたって普通。決して高くない。
イカの姿焼は安いほうかもしれない。

他にもタイ料理やお菓子も揃っている。

ジョムティエンナイトマーケット (1)

欧米人の利用も多いんで、ステーキやフライドポテトなんかも。

ジョムティエンナイトマーケット (11)

屋台の周囲には、テーブルとベンチが置いてある。
勝手に利用していいみたい。

ジョムティエンナイトマーケット (5)

小さなステージが設置されていて、子どもたちが気ままにダンスを踊っている。
ほのぼのとした空間。

利用客は、タイ人と外国人観光客が半々といったところ。中国韓国人も目立つ。
タイ人はカップルと家族連れが多い。

魚フライとフライドポテト

せっかくなんで、軽く屋台で買い食いしてみることに。

大きな魚フライが40バーツだったので、思わず購入。
たぶん白身魚だろうと踏んで、ポテトフライも買っておく。20バーツ。きちんと揚げ直してくれた。

ジョムティエンナイトマーケット (3)

急ごしらえのフィッシュアンドチップスの完成だ。合計60バーツ。

空いているテーブルに座って、子どもたちのダンスを眺めながら、フィッシュアンドチップス。

魚フライは、予想通り白身魚だったけれど、種類は不明。
身は柔らかいが、かなり脂っぽい。衣も脂っぽい。
まあ40バーツなんで文句を言うのは野暮ですな。
ポテトはただのポテトです。

 

わざわざパタヤ中心部から訪れる必要はないだろうけど、ジョムティエン地区に宿泊しているなら、お気軽にどうぞ。
一人で訪れても買い食いには便利です。でも、やっぱり誰かと一緒に来たほうがいいかな。

SPONSOR LINK

関連記事

thai-sweets-pak-mo-5

【タイのスイーツ】カオグリヤップパックモーとサークーサイムー

ちょっとおもしろいタイのスイーツ屋台を見かけたのでご紹介。 なにやら、鍋の蒸気でク

記事を読む

イエンターフォー (1)

イエンターフォーのうまいクイティアオ屋@パタヤタイ・ソイ16

イエンターフォーは、クイティアオのスープの一種。 ピンク色のスープが特徴的だ。 紅腐乳(タオ

記事を読む

LKメトロ入り口のイエンターフォー (1)

LKメトロ入り口のラーメン屋は、イエンターフォーもうまかった

LKメトロのソイダイアナ側入り口にあるバミー&カオマンガイ屋台。 通称、「LKメトロ前ラーメン

記事を読む

Takoyaki (4)

タイの冷凍たこ焼き。意外とダシがきいていて、しっかりとたこ焼きしている。

わたしは関西出身。 無性にたこ焼きが食べたくなることがある。 それはタイ、パタヤにいても同様

記事を読む

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (4)

パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

食べ放題のムーカタレストラン、ニンジャへ行くことになった。 場所は、サウスパタヤ店。 ブ

記事を読む

クィティアオ屋の煮込み豚肉

ソイレンキーの新しいクィティアオ屋は、薬膳スープと煮込み肉が名物。(追記)

パタヤ滞在中の友人二人と昼食を取りに行くことになった。 タイラーメンが食べたいとのリクエスト。

記事を読む

ジョーレストランのブレックファスト朝食 (3)

JO RESTAURANTのブレックファスト79バーツ@ソイハニーイン

パタヤのファランな朝食シリーズです。 友人の宿泊しているベイブリーズホテルを訪れた際に気に

記事を読む

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

ガトォーン (1)

ちょっと珍しいタイの果物、ガトォーン(グラトーン、サントル)。

日本ではあまり食べる機会がないであろう果物を食べてみた。 ガトォーン ク

記事を読む

flandria-2

移転したFLANDRIAのフライドチキンステーキがうまい。チムチュムもやってるよ。

以前、ソイブッカオ沿いでムーガタとベルギー料理とイサーン料理が食べられるレストランとして紹介した

記事を読む

アドステア

アドステア

The cube hostel Silom (1)
シーロムにあるモダンなゲストハウス、ザキューブホステルに泊まってみて感じるバンコク宿事情の変遷

シーロムといえば、バンコクの一等地だ。 オフィスビルが立ち並ぶ一

Sala daeng khao soi (1)
サラデーンのローカルフードコートでカオソーイ

シーロムにあるTHE CUBE HOSTELに泊まっていた時のこと

Pattaya Sign
出費報告と日本帰国時あれこれ。性病検査は忘れずに。

沈没日記15(おまけ) あまり意味はないですが、恒例の出費報告を

Airasia Dongmueang Kiosk (2)
日本帰国。ドンムアン空港エアアジアの自動チェックイン機を使ってカウンターをスルーしてみた。

沈没日記14(最終回) 本日は日本へ帰国するだけ。 起

Thaniya karaoke lady
最後はタニヤ嬢とブンブンしておしまい

沈没日記13 (12からのつづき) じゃんけんに勝利してゴーゴ

→もっと見る

PAGE TOP ↑