2016年4月~パタヤ沈没日記

夜の水かけは、元ゴーゴー嬢を部屋に呼び出してスプラッシュ

投稿日:

沈没日記7
ソンクラーン2日目夜の部

夕方から水かけ遊びを楽しみ、部屋に戻って一休み。
ずぶ濡れになったズボンとパンツを履き替える。
女子大生のぴちぴちボディと戯れていたら、ムラムラきてしまった。
が、彼女はペイバー不可。
パンツは乾いたが、下半身はうずいたままだ。

仲の良い元ゴーゴー嬢に連絡を取ってみる。
前回のパタヤ沈没時の最終夜に一緒に過ごした元ゴーゴー嬢である。

元ゴーゴー嬢とムーガタ

ハッピーグループ勤務時代に知り合い、その後も仲良くしている。
すでに30歳を越えているが、いまだに独身子供なし。
少々ボディの劣化が始まっているとはいえ、まだまだ現役感が強い。
サービスは抜群である。

むらむらした時には最高のお相手だ。

すぐに連絡が取れたが、田舎から親戚がパタヤへ遊びに来るようで、一緒にいられるのは夜12時くらいまで。
親戚が田舎へ帰るのは8日後で、それまではロング不可という。
一緒に寝て夜と朝にやるのが理想的だが、やむなし。

15分ほど待ったところで、元ゴーゴー嬢到着。
仕事が早いし、時間もきっちり守る。
もし遅れる場合でも連絡は欠かさない。
実によくできている。

時刻は夜9時過ぎ。
挨拶もそこそこ、さっそく服を脱ぐ。

夜のお祭り開始。

相変わらずのサービス満点ぶり。
わたしの水鉄砲も絶好調である。

喉の奥まで銃身をくわえ込むのが好きと宣言する元ゴーゴー嬢。
さぞやファランに鍛えられたのだろう。
ハリー・キャラハンのようなS&W44マグナムを相手にしていれば、そりゃあ強くもなるわ。
両津勘吉が振り回しているようなニューナンブでは太刀打ちできない。

が、長いだけで銃ではない。コンパクトサイズも小回りがきいていいもんである。

上から下へ、下から上へ、右から左へ、左から右へと縦横無尽に照準を変えていく。

彼女の下半身もピヤック。
しっかりと濡れている。

銃に油を差す必要なし。
実に滑らかかつ大胆な銃さばきが可能だ。

おっと、彼女はドギースタイルもお好きなようで。
これもファラン仕込みか。

わがニューナンブもそれそろ限界だ。
圧縮に圧縮を重ねた水鉄砲は暴発寸前。
最後は我慢しきれずにスプラッシュ。

夜の水鉄砲は、一滴残らず空になってしまった。

アスチ ユッユッ

と、元ゴーゴー嬢はご満悦。
自らの仕事ぶりに納得がいった様子だ。

例の白い液体のことを、タイ語でアスチ。
普通にナムとも言うんで、これも水かけ遊びとしておこう。

これにて、夜のソンクラーン終了。
実に濃厚なブンブンであった。

一戦後は、夜12時までベッドでいちゃいちゃ。
昔、学校でマッサージを習ったことがあるという彼女が、素っ裸のままずっとマッサージをしてくれた。

アクロバチックなタイマッサージというより、腺を優しく押さえるスタイルのマッサージで、実に気持ちいい。
つい、うとうとしてしまう。

2時間もたっぷりマッサージしてくれた。
なんていい子なんだ。

時間が来たので、お別れ。
お手当は1000バーツ。
いつもは2000だが、ショートということで問題なく受け取ってくれた。
ほんと、いい子だなあ。

笑顔でバイバイ。
むらむらした時は、また彼女を召喚しよう。

女子大生と水かけ遊びして、酒飲んで、ブンブンして、マッサージして、寝る。

使ったカネ、1400バーツ。
うーん、パタヤはやっぱりいいよね。
素晴らしい一日だった。

Go ahead,make my day!

トランスファーワイズがワイズに社名変更。日本からタイへの国際送金ならワイズが安くて早くて便利。
ワイズ
パタヤで綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2020年(2月15日更新)


-2016年4月~パタヤ沈没日記
-,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.