*

ホーモックプラーは、ちまき風の蒸し魚。プラーサワイとプラーチョン(雷魚)。

公開日: : グルメレポート ,


ホーモック屋台

ちまきのような料理が並ぶ屋台。
パタヤの街角では、ちょこちょこと見かける。

タイ人に料理名をたずねると、ホーモックという。

以前、天秤屋台で食べたのもホーモックだった。

ホーモックガイ (2)
天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

バナナの葉っぱに包まれた謎の料理。
見た目は少々グロテスクだが、味は意外と悪くない。

そんな経緯もあり、屋台のホーモックが気になっていた。

作った人の顔写真が貼ってあるのが特徴的。

ホーモック屋台

ホーモックの種類も多い。
こちらも写真入り。

ホーモック屋台 (2)

が、どれが何だか、さっぱりわからない。

タイ人に付き添ってもらい、注文。
リクエストは、魚(プラー)。

魚にも何種類かあるそうで、おすすめなのがプラーサワイだという。
じゃあ、それで。

たくさん並ぶちまきの中から、屋台のおじさんは迷うことなくプラーサワイを出してくれた。
一品30バーツ。
カオニャオが10バーツ。

SPONSOR LINK

ホーモックプラーサワイ

バナナの葉っぱを開いて、中身が登場。

ホーモックプラーサワイ (2)

やはり、見た目は最悪である。
吐瀉物にしか見えない。
食欲をそそる度数ゼロ。

ホーモックプラーサワイ (1)

でも、これがねえ、食べてみるとおいしいんですわ。

魚と野菜と香辛料をバナナの葉っぱで包んで蒸したものだろう。
魚は白身魚で少し脂がのっていて、やわらかくてほくほく。
味付けも見た目ほど濃厚ではなくて、ちょっとした魚の煮付けみたいな感じで、実に食べやすい。
野菜もよく煮込まれていて(いや、蒸されていて)、味が染みている。
臭みや苦味はほとんどない。

いいね、ホーモックプラーサワイ。

このプラーサワイという魚、タイ人に聞いてみると、ドリーとも呼ぶと教えてもらった。
ドリーといえば、フィッシュアンドチップスにも使われている種類ではなかったか。
99バーツのフィッシュ&チップスがボリューム満点でうまい店、FRYDAY。ソイニュープラザにあるよ。

また、パンガシウスとも呼ぶと教えてもらった。
パンガシウスといえば、スーパーの惣菜コーナーで売られている白身魚フライではないか。
BIG-C惣菜コーナーの巨大白身魚フライ(PANGASIUS STEAK)49バーツがうまい

ええい、いったいどれが正解なんだ。
ネットで軽く調べてみても、要領をえない。

プラーサワイ=パンガシウス=ドリー

という式は正確ではないけれど、近似値ではあるようだ。
つまり、プラーサワイもナマズの一種になるのかな。うーん、わからん。

まあ、おいしければいいか。

とりあえず、ホーモックに使われている魚は、プラーサワイということで。

普通においしいですよ、ホーモックプラーサワイ。
おすすめです。

ホーモックプラーチョン

ホーモックプラーサワイがうまいとわかったので、後日、別の魚も試してみたくなった。

何があるのか聞いてみると、プラーチョンがあるという。

英語で、snake fishだと教えてもらう。
なるほど、雷魚だな。

ホーモックプラーサワイと、ホーモックプラーチョンの両方を注文してみた。

左がプラーサワイ、右がプラーチョン
ホーモックプラーサワイとホーモックプラーチョン (1)

これまたグロテスクな外見でいらっしゃる。
特に右側のプラーチョンなんて、黒光りしているよ。

中身をほぐしたところ
ホーモックプラーサワイとホーモックプラーチョン (2)

プラーチョンをアップで
ホーモックプラーチョン

黒い皮がなかなか強烈だ。

プラーチョンのお味はというと、これまた白身魚だが、骨と皮が多くて食べにくい。
こころなしか脂身も多いような気がする。
日本でも雷魚を食べた覚えはないのだが、雷魚ってこんな味なのかな。それともタイの雷魚はまたひと味ちがうのか。

プラーサワイのほうがすっきりしていて、旨味も多くて、おいしい。
プラーチョンは、ちょっと失敗かなあ。
味付けは同じなのだが、魚が食べにくいので、ちょっと箸が進まない。黒い皮がとにかく邪魔。
たまたまかもしれないが、プラーチョンはダメでしたね。

プラーサワイのほうがおすすめです。

ホーモックには、他にも種類多数。

中身は少々グロテスクだが、味は悪くないですよ。
タイの街角でちまき屋台を見かけたら、勇気を出して買ってみましょう。

カオニャオと一緒に食べてもいいし、酒のアテにもなりますね。
バービアに持ち込んでもいいかな。
注文方法がよくわからなければ、バービア嬢に「ホーモックプラーサワイ」とお願いすれば、買ってきてくれるでしょう。

なお、きちんとしたレストランでホーモックプラーといえば、屋台のちまき風とは違って、魚を蒸したカレーのような料理が提供されるそうだ。
わたしはまだ食べたことがない。
機会があれば、そちらのホーモックプラーも食べてみたい。

SPONSOR LINK

関連記事

24時間営業のクイティアオとクイジャップユアン食堂 (3)

24時間営業のクイティアオ&クイジャップユアン食堂

サードロードに24時間営業のクイティアオ屋を見つけた。 場所は、サードロードのソイ15角のファ

記事を読む

バンコクトップスフードコートのカオソーイ

スクンビット・ロビンソンデパート地下TOPSフードコートのカオソーイ

バンコク・スクンビットソイ17と19の間にあるロビンソンデパートメント(Robinson Dep

記事を読む

ボンコットステーキ屋 (6)

ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

以前より気になっていたソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 ようやく行く機会があったので

記事を読む

ナムトックム (5)

ナムトックムーは、豚肉の血と脂がしたたるハーブ和えサラダ。一度は食べておきたいイサーン料理。

パタヤは、イサーンからの出稼ぎたちであふれる町。 通りを歩けばイサーン屋台にぶつかる。

記事を読む

ソイレンキー入り口カオマンガイ (2)

朝からやっているカオマンガイ屋@ソイレンキー入り口

ソイLKメトロ周辺ならびにソイブッカオ沿いで、朝や昼間にカオマンガイが食べられる店は意外と少ない

記事を読む

tammourタムモア@ハーバーパタヤ (3)

綺麗で安いイサーン料理レストラン、タムモア(TUM MOUR)の手羽唐揚げとソムタムがおいしかった@ハーバーパタヤ

日本から来た友人二人をハーバーパタヤへご案内。 あまりローカル過ぎるタイフードは苦

記事を読む

チムチュム2

パタヤの中心部でチムチュム

チムチュム チムチュムとは、イサーン地方の鍋料理のこと。 日本では、タイ風ハーブ鍋と呼ば

記事を読む

ヒポポタマスのヒポスムージー

センタン6階のヒポポタマスは、眺めのよいカフェレストラン。フルーツスムージーがおいしいよ。

セントラルフェスティバルパタヤ(通称センタン)の6階の一番ビーチ寄りにあるのが、HIPPOPOT

記事を読む

タマリンドシャーベット

タマリンド(マカームワーン)は、シャーベットにすると食べやすくておいしい。

タイはフルーツ天国。 市場に行けば、さまざまなフルーツが山盛りで売られている。 中には、

記事を読む

パタヤヒル展望台カフェ (6)

パタヤヒル展望台にある絶景カフェ。パタヤ湾を眺めながらコーヒーとチョコトーストを。

パタヤヒル(プラタムナック)の頂上にある展望台。 ここからパタヤ湾を一望することができる。

記事を読む

アドステア

アドステア

take-away-breakfast-5
TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE

ノヴァエクスプレスホテルパタヤ (4)
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)

《更新情報》 〈リンク切れを修正しました〉 2016年

walking-street-201612
バカラ、ハッピー、ギンザ、パレス、ランウェイなど、パタヤ最新ゴーゴーバー訪問レポート

ここ数日、珍しく熱心にウォーキングストリートへ日参してきた。 いくつ

royal-qd-suite-hotel-8
ソイイエンサバイの格安ホテル、ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)宿泊レポート

Soi Yensabaiとは、パタヤタイにあるソイのこと。セカンド

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

→もっと見る

PAGE TOP ↑