*

BIG-C惣菜コーナーの巨大白身魚フライ(PANGASIUS STEAK)49バーツがうまい

公開日: : グルメレポート


ノースパタヤにあるBIG-Cは、パタヤ老舗のスーパーマーケット。かなり巨大な店内で、品数も豊富。
地元のタイ人や長期滞在外国人の強い味方だ。

セントラルセンターパタヤの奥がBIG-Cとなっている。奥まで進もう。
ノースパタヤのビッグC

地図

スーパーでは加工食材の取り扱いも多い。
夕方にふらっと訪れてみると、目を引いたのがこちら。

PANGASIUS STEAK白身魚フライ

PANGASIUS STEAKという商品名。
ステーキと書いてあるが、どうみたってフライだろう。
PANGASIUSが何を意味するかはわからないが、これはどうみたって魚のフライに違いない。
画像ではわかりづらいだろうが、横幅20cm以上ある。

たぶん、白身魚のフライだろうと予想。
49バーツでこの大きさはすごい。

近くに陳列してあったスパゲッティと一緒に購入。
さっそく部屋に持ち帰って食べたみた。

SPONSOR LINK

PANGASIUS STEAK

白身魚フライとスパゲッティ

とにかくでかい。
日本では考えられないほどの巨大な魚フライ。
スパゲッティの容器の大きさは、タイのコンビニ弁当の大きさとほぼ同じ。
いかに巨大なフライかが、おわかりいただけると思う。

マヨネーズをかけて、さっそくかぶりつく。
やはり白身魚のフライだ。

しかも、身が柔らかくて意外とおいしい。パサパサの身ではなくて、きちんと脂も乗っている。
おいしい。
パン粉の衣もさくさくしており、立派な白身魚フライだ。

PAGASIUS STEAK白身魚フライ中身

これは、かなりイケる。
白身魚フライ好きとしては、嬉しくなってがつがつ食べてしまった。

ちなみに、一緒に買ったスパゲッティは、並程度の味。
でもパスタと白身魚の相性はいいかな。

どちらも完食。
大満足の夕食となった。

パンガシウス、バサ、カイヤン

このPANGASIUSという魚について、軽く調べてみた。
日本名は、バサという。カイヤンとも呼ぶそうだ。
タイ語名では、プラーサワイ。これは後ほどタイ人に教えてもらったが、どうにもはっきりしないんで、あやふやです。

この、パンガシウスは、なんとナマズの一種。
主にメコン川に生息しており、タイでも養殖がさかんな淡水魚。
成長すると60cm以上にもなるようだから、日本人が抱くナマズという概念からは外れているかも。

日本にも輸入されて、白身魚フライやムニエルに使われているそうだ。
代用食材の一種なのだろうね。
でも、ナマズと表記すると消費者から嫌われそうなんで、日本でもパンガシウスと表記してあるみたい。

ナマズだろうがなんだろうが、これは間違いなく白身魚フライ以外の何者でもない。
おいしければそれでいい。わたしはまったく気にしない。

これだけ巨大な白身魚フライは、日本ではそうそうお目にかかれない。しかも49バーツとお手頃価格。

ナマズと侮るなかれ。
味は文句なしです。
マヨネーズではなくて、タルタルソースが付いていれば、もっと良し。

タイへお越しの際は、お近くのビッグCでお求めを。
たぶん、ほとんどのビッグCで売っているはずです。

パン粉のフライではないけれど、白身魚フライといえば、フィッシュ・アンド・チップスもお忘れなく。

おすすめは、セカンドロード近くソイニュープラザ内にあるFRYDAY。

FRYDAYのフィッシュアンドチップス (5)
99バーツのフィッシュ&チップスがボリューム満点でうまい店、FRYDAY。ソイニュープラザにあるよ。
FRYDAYのフィッシュバーガー&チップス、99バーツ
ビッグCの白身魚よりもボリュームあり。これまたうまい。

SPONSOR LINK

関連記事

カシコーン横のクィティアオバミー1

ソイブッカオのカシコーン銀行横にあるクイティアオ屋

タイでは、あまりにもポピュラーなクィティアオ。 もちろん昼間に食べるクィティアオもいいけど、深

記事を読む

Retox Xtra breakfast (7)

サードロードにRetox新店オープン。強烈無比なブレックファーストに打ちのめされろ。

洋食レストランの充実したパタヤにあって、ひときわ強烈な安さとボリュームを誇るRETOXのブレック

記事を読む

ペルシャ料理屋の40バーツケバブ

ブッカオにあるペルシャ料理屋の40バーツケバブサンドを食べてみた。肉もパンもうまし。

少し前にソイブッカオにオープンしたばかりのペルシャ料理のお店。 ケバブ40バーツの看板が上

記事を読む

Khao man gai Pattaya tai (1)

【値上げ】ブッカオとサウスパタヤ交差点にあるカオマンガイ屋台。鶏肉はやっぱりおいしい。

ソイブッカオとサウスパタヤロード(パタヤタイ)の交差点にあるカオマンガイ屋台に行ってみた。

記事を読む

49b-steak-5

ソイブッカオの新しいステーキ屋は49バーツから

ソイブッカオの南側に新しいステーキ屋の看板が上がっていた。 たしかに49バーツと書

記事を読む

Banchaing chimchum (7)

サードロードのチムチュムとムーガタの店、Banchaing

パタヤのチムチュム&ムーガタ店の新規開拓シリーズです。 今回はサードロード沿いの店へお邪魔しま

記事を読む

Tom yum noodle pattaya tai (5)

ポークリブ満載の無骨な男のトムヤムラーメンふたたび

パタヤタイにあるトムヤムスープのクイティアオ屋。 ここは以前に紹介した。 関

記事を読む

カオカームー (2)

サードロードの中華屋台でカオカームー。豚の豚足煮込みご飯。

以前から少し気になっていたサードロードにある屋台。 大きな中華スタイルの寸胴が置い

記事を読む

Buakhao paradise pattaya room (8)

Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao Paradiseなる看板が上が

記事を読む

サードロードのカオカームーイエンターフォー屋台 (2)

サードロードソイ19屋台のイエンターフォーとカオムーデーンをお持ち帰り

タイの屋台では、ご飯物だけでなく、麺類の持帰りも可能。 熱々のスープをビニール袋に入れてくれる

記事を読む

アドステア

Comment

  1. TONY より:

    チェンマイの友人のファランが言うには、
    パタヤは世界中の食べ物が有り、チェンマイより良いぞと、、、、貴殿のブログでナルホドと
    思いました。チェンマイは夜12時で飲み屋も閉店、つまらない街になりました。
    ブ○ブ○記事も楽しいし、B級グルメ記事も楽しく読ませてもらってます。

    • 千夜一夜 より:

      パタヤは夜中でも飲食に不自由しませんねえ。
      世界中の料理からタイのB級グルメ屋台まで集まってます。まあ、チェンマイと比較するというより、パタヤがあまりにも特殊な街ですよね。

  2. pinpin より:

    初コメントします。自分も今パタヤに居ます。 いつもパタヤのB級グルメ情報参考にさせてもらっています。3rdのシーフードクイッテイアオは旨かったです。店主と奥さんが礼儀正しいのも気に入りました。 今回、ブッカオで安くて旨いパン屋を発見したのでご紹介します。(ご存知でしたらスミマセン)
    ブッカオから行く場合、管理人さんが行きつけの床屋(7-11とファミマが向かい合ってあるところ)のsoiの5、60m先左手にあります。ちょっと地味な店で見つけ難いかも知れません。パンは10種類以上あって全て12bです。大きめでふっくらモチモチしてて旨いです。ケーキも12bです。(ケーキはまだ食べた事ありません。) 自分的にはコスパと旨さでいきなりパタヤのパン部門堂々の1位になりました。夫婦と少女でやってる小さな店ですが、ここも愛想が良いのと安くて旨いので今後も応援したくなる店です。ご存知でなかったら是非一度食レポして頂ければ幸いです。夜12時頃もやってて夕方から夜の方が品揃えが多いみたいです。グラニュー糖がまぶしてあるレーズンのとかビザもオススメです。朝飯に2つあれば充分腹が満たされると思います(笑)。

    • 千夜一夜 より:

      ご愛読ならびに情報提供ありがとうございます。
      ちょうどパタヤのパンの食べ比べでもしようかと思っていますので、ナイスタイミングの情報です。デニッシュ系が好きなんで、取り扱っていれば、購入してみたいと思います。
      レポートはおいおい追加していきますね。

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑