*

23歳バービア嬢にふられて、32歳キャッシャーをペイバー

パタヤ沈没日記45

かれこれ10日ほどブンブンしていない。
いくら月単位の長期滞在とはいえ、ノーブンブン10日は長すぎる。
たまりすぎで腐ってしまいそうだ。

今日こそペイバーしよう。
22歳バンコクデパート嬢は、やっぱり仕事と学業が忙しくパタヤへ来れないとのこと。

ならば23歳バービア嬢に決定だ。

LINEでやりとりはしておいた。
夜10時過ぎに行くから待っていてねと約束を取り付ける。
昨晩は深夜3時まで粘ったが、結局、ペイバーできなかった。
今日は早めにバービアを訪れて、さくっとペイバーしてしまおう。

23歳バービア嬢が目の前で連れ去られる

予定から少し遅れて10時半ころ、バービアへ。
彼女はちゃんと働いていた。
来店したわたしに気づいて笑顔を向けてくれる。かわいいやつ。

23歳バービア嬢

が、この日もバービアは大繁盛。

カウンター席に座ろうかとおもいきや、満席で座れない。
少し離れたテーブル席に腰掛ける。
23歳バービア嬢は、女連れのファランにレディドリンクを奢ってもらっているようだ。まあペイバーの心配はないだろう。
でも他の客への注文取りもあって、いろいろと忙しそう。

もうちょっとだけ待つか。
もうペイバーの約束は済ませてある。
あとは本人ならびにママさんに「ペイバー」と告げればおしまい。

ようやく客が少し引けてきた。

よし、そろそろ声をかけようか。

すると、突然、一人の若いアラブ人が現れた。
彼女はわたしのほうを向いて苦笑いしている。

アラブ人はドリンクを注文することなく、カウンター席へ。
彼女に一言二言告げると、すぐさまペイバーを宣告。
バーファインとして500バーツを払っていた。

あれま

レディドリンクどころか、自分のドリンクすら飲まずにペイバーかよ。

たぶん、通常300バーツのところ、飲まないペイバーなんで500バーツ。

早い者勝ちのペイバー世界。
じっくり待っていたわたしが悪かった。
さっさとママさんにペイバーを告げて、伝票に300バーツを計上しておけばよかったのだ。

後悔しても後の祭り。
約束なんて薄っぺらいもの、目の前の現金には勝てやしない。

彼女がわたしのそばを通るとき、そっと耳打ちしてきた。
「ごめんね。またあとでね」と。

ああ、でもフラストレーションがたまる。
下半身もたまりすぎて、はちきれそうだ。

困ったもんだ。

もうこのバービアには用がないので、ビール1本でチェックビン。

バービアでパーティ

なじみのバービアで少し頭を冷まそう。
まずは、軽くビール1本。

バービアパーティ

おっと、近所のバービアでパーティをやっている。
知り合いのバービア嬢が、パーティのフリーフードを出前してくれた。

バービア嬢手作りのソムタムと、バーベキューだ。

バービアパーティソムタムムーヤーン

おい。ソムタム、辛すぎるだろ。
容赦ない辛さだ。作った本人もびっくりするほどの辛さ。
唐辛子はそれほど入れてないらしいが、たぶん、大当たりの唐辛子だったんだろうね。
他のイサーン出身バービア嬢もひーひー言うほどの辛さだった。

おかげでビールが進むのだった。
楽しい宴会である。

そうこうしていると、バービアのボスがリンガベル。
タダ酒がまわってきた。
ほどよく酔いもまわる。

わあい、楽しいなあ。

気づけば、深夜1時過ぎ。

いかんいかん。

今日はなんとでもペイバーしたいのだ。

32歳キャッシャーバービア嬢をペイバー

ふらふらとバービアめぐり再開。
最近よく訪れるバービア。
32歳のスレンダーなキャッシャーがいるバービアだ。
いつもはキャッシャー席にすわっているが、この日は珍しく表に出て客引きしていた。
ふらふらと吸い込まれるように彼女の横に座る。

そういえば、きちんと話をしたことがなかったなあ。

彼女は32歳。
もちろん子持ち。
出身は非イサーンで、どちらかというと色白だ。
胸はないが、腹も出ていない。
実にスレンダーな体型。
顔立ちは大人な雰囲気で、飛び抜けて美人ではないが、そこそこ整っている。
間近でよく見ると、目尻のしわがあり、年齢を感じさせるが、決して老け顔ではない。

パタヤのバービアは短期間の出稼ぎで、あと1週間もすれば、田舎へ帰って学校に通うそうだ。
30過ぎて学校かよと思うが、若い頃に貧乏その他の理由で、ろくに学校へ通えなかったタイ人は、あらためて勉強しなおすことがある。もしくは、専門知識を身につけて、就職にいかそうとするのだろう。

性格はいたって穏健で真面目そう。
一緒にいると癒やされるタイプだな。
20歳前後の若さあふれるキャピキャピ感は皆無だが、こういった大人な女性も悪くないかも。

彼女から誘いがかかる。
「今晩一緒に寝ましょう」と。

32歳かあ。
これまでのタイ夜遊びの中ではひょっとして最高齢のペイバーとなるかも。少なくとも自称年齢の中では最高齢だろう。

一瞬、躊躇したが、ここで引くわけにはいかない。
時刻は深夜2時だ。
これから探すのは面倒。

よし、ペイバー決定。
そういえばレディドリンクも奢ってないけど、まあいいか。

バーファインは300バーツ。
キャッシャーのバーファインは通常よりも少し高いことが多いけど、ここは同じ。それとも深夜2時だからかな。

ちなみに、ロングのチップは1500バーツで合意してある。
彼女の言い値は2000バーツだったが、すぐに1500バーツに下がった。
やっぱりパタヤのバービアでのロング相場は1500ですな。
でも、ブンブン3回以上するなら、2000ちょうだいとは言われたけど。
いや、夜と朝の2回で充分っす。

バイク二人乗りで、わたしの部屋へ戻る。

一緒にシャワーを浴びようと提案したが、「アーイ(恥ずかしい)」と言われて、断念。

写真を撮ろうとしたが、これも恥ずかしがって、こんな感じに。
32歳バービア嬢
大人なのに、うぶなのね。

彼女がシャワーを浴びている間に、夜のお供を少しだけかじる。
またもや登場のカマグラさんである。
100mgの錠剤の3分の1くらいの量。

カマグラ (2)

なまじブンブンの間隔があいてしまうと、下半身の反応が悪くなりがち。
中2,3日が最も調子がいいが、10日ぶりだと逆に心配だ。
念のためのカマグラさん投入となった。
まあ3分の1でも効き目はばっちりだし、胸焼けも控えめなんで、ちょうどいい。

さて本番。
脱がせてみると、32歳ながらも、肌はきれいだった。
贅肉もあまりついておらず、すっきりした体型。
胸が小さいのはわかっていたので、気にしない。フアノムがちょっと黒くて長めなのも、年齢と子持ちを考えると仕方なし。

オムが苦手だと言っていたが、がんばって5分ほどやってくれた。
健気な性格だなあ。

カマグラさんの後押しもあり、絶好調。

30分近くがんばってしまった。

32歳の反応もよく、大満足のブンブンでしたね。

うーん、30代もいいもんだ。

わたしがシャワーを浴びて戻ると、すでに彼女は夢の中。
相当、疲れているみたい。

そっと横にもぐりこみ、軽く抱きしめながら就寝。

目覚めのブンブン

で、翌朝。
やや早めの8時半起床。

部屋に戻って勉強したいという32歳。
まじめか

でも、ちゃんとブンブンには応じてくれる。
まじめか

朝っぱらでも、苦手なオムもきちんとやってくれる。
まじめか

ドッグスタイルも積極的に受け入れ。
欧米か

と、くだらない漫才風の描写だが、やっぱり気持ちよかった。

睡眠さえしっかり取れば、ドーピングは不要。
わが下半身のマイクは絶好調。
目覚めの屹立は堂々たるもんだ。
マイクスタンドのようにピンとまっすぐに伸びている。
つっこみにもまったく動じない。
むしろ、つっこみ気味である。

全指向性コンデンサーマイクのように、あらゆる刺激を敏感にキャッチ。
上下にも前後にも自由自在だ。

最後は、全身全霊をこめてつっこむ。
イッたのかよ

朝からいい運動でした。
頭がパーになった。

約束どおり1500バーツのチップを渡してから、彼女の部屋までバイクで送っていく。
ちゃんと勉強してねえ。

彼女が田舎へ帰ってしまう前に、もう一度ペイバーしてもいいかな。

 

23歳には目の前でフラれた形だが、最後には32歳で大満足。

癒やしとサービスを求めるなら、20代後半から30代前半がいいぞ

友人たちが口を揃えて力説している理由がよくわかった。

それでも、わたしは若さを追い求めたい。
笑いとブンブンには妥協したくない。
18歳から20歳くらいがちょうどいい。
若くてスタイルも顔もよくてサービスもよくて気立てもよくて性格もよくて、わたしにべた惚れしてくれて、がめつくない。
そんなバービア嬢がすぐに見つからないもんかね。

いねぇよ

すいません、うまいオチが思いつきませんでした。
出直します。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ウドンターニーナイトマーケット (1)

ウドンの夜。パタヤへ戻るかカラオケ嬢の実家か?大事なお金の話をしておこう。

沈没日記19 ウドンターニーの夜 日本式ラーメン屋台で腹ごしらえをしてから、ウドン夜遊び開始。

記事を読む

ラーブとカオニャオとママー

部屋から一歩も外へ出ないキーキアットなタイ女性との日常生活

パタヤ沈没3日目 睡眠時間7時間ほどで目が覚めた。 ちょうどお昼の12時頃。 わたしが

記事を読む

スターウォーズ看板

映画館で元ゴーゴー嬢と偶然の再会。バンコクデパート嬢はパタヤへやって来るのか?

パタヤ沈没日記38 今日の夜からバンコクの学生兼デパート嬢がパタヤへやって来る予定。 LIN

記事を読む

ビーフハンバーガー

今日も一人寝だが朝まできっちり遊んでやった。深夜の紫煙とハンバーガーうまし。

沈没日記7 結局、カラオケ嬢は帰ってこなかった。 クリスマスの夜も一人寝となった。 電

記事を読む

ビエンチャンのKTV (4)

ビエンチャンで何もしない一泊。異国からカラオケ嬢とコヨーテさんとやり取りする。

沈没日記16 ビエンチャンへ カラオケ嬢を見送ってから、ビエンチャン行き国際バスに乗る。

記事を読む

ソーポン市場 (7)

パートンコー、ソーポン市場のぶっかけ飯、59Bステーキ

沈没日記24 朝8時過ぎ。 わたしにとっては早朝同然の時間帯。 そうだパートンコーを買

記事を読む

バービア嬢と花火

カラオケ嬢との同棲生活スタート。バービアでは花火も点火。

パタヤ沈没2日目 カラオケ嬢は、昼過ぎになっても爆睡。 やはり、長時間睡眠がお約束のようだ。

記事を読む

サードロードのGホットサウナスパ (1)

昼も夜もノースパタヤ。最後はやっぱり一人寝。

沈没日記8 本日も一人で過ごす。 カラオケ嬢からは、LINEでメッセージが届いていた。

記事を読む

407バスコラートバスターミナル

パタヤからウドンターニーへ。カラオケ嬢と乗るVIPバスは遠足気分。

沈没日記15 パタヤからウドンターニーへのバス旅行 パタヤ発ウドンターニー行きの407バスの発車

記事を読む

スカイフォール

スカイフォールとランウェイで遊ぶ。カラオケ嬢はやって来ないが、コヨーテさんとまさかの再会。

沈没日記12 またしてもカラオケ嬢はやって来ない。 日中に電話しても応答すらない。もちろん、

記事を読む

アドステア

アドステア

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

Tree town pattaya (15)
ナイトマーケット化しつつあるTREE TOWN PATTAYA。食べ放題ムーガタ屋も新規オープン。

徐々に開発が進んでいくTREE TOWN PATTAYA。

Airport club
2017年5月今週のウォーキングストリート訪問レポート。Dクラブ、エアポート、ウィンドミル、スカイフォールなどなど。

今週訪れたウォーキングストリートのゴーゴーバーの様子をまとめてレポート

→もっと見る

PAGE TOP ↑