*

パタヤ沈没生活終了。クアラルンプール経由で日本帰国。

公開日: : 最終更新日:2014/11/13 2014年5月~7月パタヤ沈没日記 , , , ,

48日目最終日

Nとお別れ

パタヤ最後の朝。
ぐずるNを叩き起こして、最後の一発。
濃厚なやつが欲しかったが、Nはあいからず淡白。
もう慣れた。

部屋の片づけを済ませたところで、Nと昼食へ。
Nと最後の食事。
わたしはバミーナム。
Nはやっぱりカオマンガイ。

バミーとカオマンガイ

こいつ、24時間で3回カオマンガイ食べてるぞ。しかも同じ店で。
最後まで食事スタイルを変えないNである。
安上がりでいいけど。

ここでNとはお別れ。
日本に着いたらメールしてねと、念を押される。
食堂前で最後にハグ。
うーん、もう一度ハグ。
Nはちょっと照れていた。
かわいい奴

 

さらばパタヤ

大きなカバンに荷物を詰めこんで、宿の倉庫へ収納。
これで次回の滞在もばっちりだ。
宿のお姉さんに、別れのあいさつ。
またお世話になります。

小さなデイバッグ一つで、いざ日本へ。
本当は帰りたくないが、今回はここまで。

 

ソンテウを乗り継ぎ、ジョムティエン近くのルアルアン社エアポートバス乗り場へ。20バーツ。

エアポートバス

14時発のチケットを購入。134バーツ。バスはがらがらだった。

テパシット通りからスクンビットを走る。

PATTAYA CITY

さらばパタヤシティ。
欲望と快楽と背徳と享楽の町。そして我が心のオアシス、パタヤよ。

バスは高速道路をひた走る。

高速道路へ

 

スワンナプーム空港

スワンナプーム空港

バスはかなりの安全運転。おまけに乗客全員にシートベルトの着用が命じられていた。タイでこれだけ安全に配慮しているのは珍しい。
スワンナプームへは1時間45分ほどで到着。

 

すぐに4階から2階へ降りて、ドンムアン空港行きのシャトルバス乗り場へ。
ちょうどシャトルバスがとまっていた。

シャトルバス乗り場

乗り場前のカウンターでドンムアンから搭乗するフライトEチケットを提示。
これでシャトルバスに乗車オッケーだ。
別にスワンナプーム空港利用者でなくても問題なし。

すぐに発車の時間となった。
16時発のシャトルバスでドンムアンへ。
約1時間でドンムアン空港到着。
パタヤからドンムアンまでかかった費用154バーツ。所要時間約3時間。
ちなみにパタヤ市内のタクシースタントでタクシーを手配すると、おおよそ1500バーツ前後。

 

ドンムアン空港

ドンムアン空港内もワールドカップ・ムード。
各国の国旗がずらり。

ドンムアン空港

エアアジアのカウンターで手続き。
インターネットチェックインは済ませていたけれど、搭乗券は印刷していない。
なので、カウンターで搭乗券だけ発行してもらう。
スマートフォンにバーコードを送信してもらっておけば、自動チェックイン機で搭乗券は印刷できる。
搭乗券をあらかじめ用意してあり、預け荷物がなければ、カウンターで手続きする必要もなし。
(日本で搭乗する場合は、搭乗券を印刷していてもカウンターでチェックする必要があるので要注意。)

 

がらがらのイミグレーションを通過して、出発フロアーへ。
最後の食事はマックで済ます。
チーズバーガーセットが180バーツもした。日本より高いぞ。

マクドナルドのチーズバーガーセット180バーツ

おまけにAISのWifiも飛んでいない。
空港内もDTACのみ。
AISユーザーとしては、非常に使い勝手が悪い空港だ。
改装してかなり綺麗になっているけど。

 

クアラルンプール第2LCCターミナル

無事に搭乗してまずクアラルンプールへ。
新規オープンのKLIA第2LCCターミナル。
無駄に広くて綺麗。

KLIA第2LCCターミナル

唯一発見した喫煙スペースだけ、異常に汚い。
ちなみにこの喫煙スペースは案内板に載っていなかったので、係員に場所をきいて判明した。

この奥が喫煙所。かなりわかりにくい。手前のスペースには電源があるので便利。
喫煙所

Wifiは1時間まで無料なので、暇つぶしにはなった。
が、ネットで遊びすぎていて、いつの間にか搭乗時間に。
あわてて、搭乗口へ移動。
すでに搭乗開始していた。
水を買う暇すらなかった。

 

日本へ

座席は指定していなかったけど、一番後ろの二人掛けシートの通路側だった。
後ろに誰もいないので、気兼ねなくシート倒し放題。
トイレも近い。ラッキー。
結局、機内では水も食事も取らず、ずっと寝て過ごした。

 

着陸寸前で、機長よりアナウンス。
「速報です。みなさんも気になっているであろうワールドカップのブラジル・ドイツ戦はドイツが勝ちました。スコアは7対1、7対1です。」
思わず耳を疑った。英語のヒアリングを間違ったのかと思った。
客席からどよめきが上がる。

往路ではタイ到着時にクーデター発生のアナウンスはなかったのに、ワールドカップの結果は教えてくれるのね、エアアジア。
まあ政治的な内容だから言わなかっただけかもしれないけど。
実際、まったく危険のないクーデターだったし。

 

沖縄近辺で台風が発生しており、15分ほどの遅延となったが、無事に日本到着。
これにて、今回のパタヤ沈没は完全に終了。

 

ひさしぶりに舞い戻った日本は、とても蒸し暑かった。
空港の外へ出た瞬間から、パタヤへ帰りたくなった

次回は9月頃かな。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

マッサージ屋個室

怪しいマッサージ屋へ

4日目つづき 【エロマッサージ屋で】 宿への帰り道、とあるソイの怪しげなマッサージ屋密集地帯。

記事を読む

バンコク銀行

ATM使用不可。残金60バーツ。でもマイペンライ

41日目 いよいよ7月に突入。日本も暑くなっていることだろう。 パタヤはもっと暑い。ここ数日

記事を読む

407バス

急遽、ラオス・ビエンチャンへのビザランをすることに

28日目 【パタヤからのビザラン】 そろそろタイに入国してから一ヶ月になる。 滞在期限が迫

記事を読む

パラダイス

屋台、ゴーゴーバー、バービア

7日目 一夜をともにしたSを宿の下まで送っていく。 タイ語で、 「パイ・ソーン・カンラーン

記事を読む

薬局1

ソムタムにあたって下痢となる

10日目 夜中、腹が痛くなる。 きりきりと締めつけられるような鋭い痛みだ。 若干だが熱もあ

記事を読む

センタン映画館

目覚めの一発から映画デート

32日目 【Nと目覚めの一発】 Nは午前中から病院に行く予定とのこと。 9時には一度自分の部屋

記事を読む

pattaya

沈没生活まとめ。パタヤ一ヵ月半の滞在費と夜遊び代

トータル48泊のパタヤ沈没生活。 支出はいくらだったのか、公開してみます。 結論から

記事を読む

walkingstreet

戒厳令下のウォーキングストリートとバービア飲み歩き

3日目つづき 【戒厳令下のゴーゴーバーへ】 夕方5時頃からウォーキング・ストリートへ。 はたし

記事を読む

バービア姉さんたち

バービア沈没ファランスタイル

20日目 一晩中エアコンを付けっぱなしで寝ていたせいか、喉が荒れ気味だ。少し調子が悪い。 無

記事を読む

ドリアン

Nと映画デート。おそるべき10代の食欲

43日目 【Nと待ち合わせ】 本日は、Nをペイバーする約束。 さっそく、昼過ぎにNからメッセー

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑