*

クリスマス本番のパタヤ。昼間のウォーキングストリートの様子。夜のパーティはいずこへ。

昨晩がクリスマスイブ。
日本ではイブが一番盛り上がり、クリスマス当日は抜け殻みたいなものだが、本来のクリスマスは25日に祝うもの。

タイでも、クリスマスは25日という認識が強いようだ。

とはいえ、昨晩もあちこちでパーティが開催されていた。

呼び込み嬢やバービア嬢の衣装もサンタ仕様に。

このような衣装が、ばんばん売られているのも納得である。
市場のクリスマス衣装売り場

一年で最大の稼ぎ時だし、すごい品揃えだ。売れ残りが心配になるほど。

サンタ帽だけをかぶっているバービア嬢も多い。

サンタ帽のバービア嬢

まあ、わたしはカラオケ嬢がいるため、あまり夜は自由に行動できない。

とりあえず昼間のウォーキングストリートの様子を見てきた。

ゴーゴーバーの店頭では、どこも風船やクリスマスツリーなどで飾り付け。

スカイフォール
スカイフォール

ちょっと見にくいが、センセーションズ前にはクリスマスツリー
センセーションズ

ビーチクラブ
ビーチクラブ

ワッツアップ
ワッツアップ

ライノ
ライノ

新規オープンのドールハウス
ドールハウス

サファイアクラブ
サファイアクラブ

サファイアクラブでは、本日25日にクリスマスデイパーティが開かれる。

サファイアクラブのクリスマスパーティポスター

ここは在籍嬢がやたらと多い。ヘタすると100人近いのではないか。
ダンサーがみんなセクシーサンタコスプレだとすると、さぞ圧巻だろう。

すでにパタヤ入りしている人は、是非とも見に行って欲しい。

 

ウォーキングストリートを抜けた先のバリハイ埠頭では、カウントダウンコンサートの準備中。
29日から31日は壮絶な人出が予想される。

バリハイ埠頭カウントダウンコンサート準備

なお、本日の昼間も雨が降った。
変な天気だ。

ウォーキングストリート上空にも雨雲が…
昼間のウォーキングストリート

ここ3日ほど毎日降っている。
30分ほどで止むので傘はいらないが、実に鬱陶しい。

南国タイでホワイトクリスマスは望むべくもないけれど、せめてフォントッククリスマスだけは勘弁してほしいなあ。
では、みなさん、よいクリスマスを。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ブリス

BLISS(ブリス)、ウォーキングストリート新規オープンゴーゴーバー訪問レポ

ウォーキングストリートに新しくオープンしたブリス(BLISS)に入ってみた。 場所は、ウォーキング

記事を読む

shark-1

【ウォーキングストリート】新規ゴーゴー店フロッグクイーンとシャーク復活

年明け以来、ひさしぶりにウォーキングストリートを訪れてみると、いくつか変化があった。 簡単にレポー

記事を読む

Palace

【昨晩のウォーキングストリート】バカラ客5人、パレスもがらがら

ル・マンのトヨタと小林可夢偉が期待はずれに終わった日曜日の夜、ウォーキングストリートへ出かけてみた。

記事を読む

バカラ

大みそか直前、昨晩のウォーキングストリート、バカラの様子

12月30日の夜12時頃、ウォーキングストリートを訪れた。 やはり混雑している。

記事を読む

Working girl (1)

パタヤソイ6のゴーゴーバーめぐりをしてみた。ドールズ、ワーキングガール、パッション。

ちょっと気が向いたので、夕方6時半頃にソイ6へ。 ちょうど夕闇が迫る時間帯。 出勤嬢

記事を読む

エキサイトクラブ (2)

エキサイトクラブ(EXCITE CLUB)はソイエキサイトにある新しいショートタイムバー。トータル1300バーツなり。

約2ヶ月ほどまえにオープンした、エキサイトクラブ。 場所はソイエキサイトのブッカオ寄り。

記事を読む

Walkingstreet20170210 (1)

禁酒日前夜のウォーキングストリートとLKメトロ。今晩の営業は?

禁酒日前夜のパタヤの様子を軽くレポート。 本日2月11日は、マカブーチャという仏教の祝日にあた

記事を読む

windmill

昨晩のウォーキングストリート。Pachaはオープンせず、ウィンドドミル2階で遊ぶ。

2月5日夜のウォーキングストリートの様子をレポート。 時刻は夜9時。 この時間なら、すべての

記事を読む

COYOTE bar (2)

ソイブッカオの新しいコヨーテバー、COYOTE訪問レポート

ソイブッカオのスクーターズバーの真横に新しいコヨーテバーができている。 看板には、「Coyote

記事を読む

Pattaya soi6 (2)

規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部元男性)が手招きしてくる素敵か

記事を読む

アドステア

アドステア

PAGE TOP ↑