*

Gダイアリー最新号発売。今月号から日本国内は電子版のみの発行。

公開日: : エッセイ

毎度おなじみ、紳士の雑誌「G-Diary」が発売になった。

が、以前から周知されていた通り、今月号から日本では電子版のみの発売となった。
紙の雑誌での発売は行われない。
ただし、タイ国内ではいままでどおり紙媒体でも発売される。

印刷コストや流通コストがかかりすぎるというのが理由のようですな。
まあ、それだけ売上が落ちてきたということか。

以前も少し取り上げたけど、正直なところ、読み物としてはおもしろくなくなってきた。
最強マップは便利だけど、あとの中身は780円を出す価値はないような気もする。特にある程度タイの夜遊びに慣れてきた人間だと。
kindle版が581円。これくらいが妥当な価格だと個人的には思います。

なお、Amazonのkindle版以外にも楽天の電子版などでも購入可能。

kindleにせよ、楽天にせよ、専用のリーダー端末がなくても購入と閲覧は可能。
PCでもスマートフォンでもタブレットでも、ネット環境があればオッケー。

関連記事:沈没生活の暇つぶし登場。Kindle for PCなら、Windowsマシンやタブレットで電子書籍がサクサク読める。

どうしても紙の雑誌でほしいという人は、パタヤで買いましょう。260バーツ。

パタヤでGダイアリーが買える場所はいくつかある。
セントラルフェスティバル(センタン)3階にある本屋ASIA BOOKSが一番わかりやすいかな。
あと、パタヤアベニューの1階セカンドロード沿いの本屋、ノースパタヤのビッグC内の本屋、セントラルパタヤのビッグCエクストラ内1階の本屋などにも置いてある。
パタヤの本屋で販売している日本語の雑誌や本は「Gダイアリー」くらいなもの。すぐに見つかるはず。

 


Gダイアリーは休刊となりました。これが最終号。電子書籍版のみ。

紙媒体の最終号はこちら。最新の最強マップを切り取って使いたい人は、品切れ前に購入しておきましょう。

更新しました!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年2月(更新)


関連記事

ケッティシリーハウスセーフティボックス (3)

【盗難・睡眠薬強盗】タイの夜遊びでホテルの部屋に連れて帰る時の注意事項

タイの夜遊びでは、自分のホテルに連れて帰って、一晩楽しむことができる。 これはタイ夜遊びの醍醐味の

記事を読む

謎のオブジェ

タイ夜遊び旅行を楽しむには、テキトーさと笑い飛ばす力があればいい

タイにかぎらず、東南アジアやインドなどを旅行していると、どうしてもイライラしてしまうような事

記事を読む

イサーン語スラング

タイ語学校では教えてくれないイサーン語スラング。でも使っちゃダメよ。

英単語でイサーン語の発音ができるというおもしろい画像のご紹介。 それもイサーン語のスラングです。

記事を読む

Amazon cafe

2016年、当ブログを通じて売れたAmazon商品ランキング

え~、当ブログにはAmazonアソシエイトを利用したアフィリエイトリンクを張っております。 売上げ

記事を読む

ザ・シー閉店

THE SEA(ザ・シー)閉店で思うこと

ダイアモンドアーケード内を歩いていると、電気の消えている店があった。 ザ・シー(THE

記事を読む

ウォーキングストリート2016年4月

タイ・パタヤ夜遊び旅行初心者のためのアドバイス格言集

ゴールデンウィークに初めてタイやパタヤへ夜遊び旅行へ出かける予定で、不安や期待でそわそわしている人も

記事を読む

コヨーテ嬢1

今でも忘れられないコヨーテ嬢

アパートに長期滞在している頃に、とても仲良くなった女性は何人もいた。 その中でも、強く印象

記事を読む

バービア嬢N

パタヤでアパート暮らしをしていると、夜の嬢が勝手に部屋に来るようになる

徐々にパタヤ滞在が長くなるにつれ、夜の生活も少しずつ様変わりしていくことになる。 元々

記事を読む

バービア嬢2

バービア嬢に送金するファラン。その金でお寿司を食べる日本人。

これもアパート滞在時に、とても仲良くなった女性の話。 元々はソイ7のバービアで知り合った。

記事を読む

isaandance

サバイディーボー?シーカンボー?イサーン語を少し覚えると、パタヤの夜はもっと楽しくなるかもね。

御存知の通り、パタヤで働く人の多くがイサーン出身だ。 ソムタム売りなんか、あきらかに本場イサー

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ヨッシー より:

    らしいですね・・><
    関係者から聞きましたが、最近、Gダイは日本国内では月間500冊程度しか売れなかったそうです。
    これでは流通コストが見合わないので電子版のみに変更したようですね。

    基本的に雑誌自体が売れる時代ではなくなってきたことも影響しているでしょう。

    • pattayan night より:

      500冊だけですか、そりゃあコストがバカになりませんね。関空の丸善ではいつも山積みされてるんで、もっと売れているかと思っていましたが。
      まあ、これだけ無料の情報が出回っていますし、わざわざ毎号買う人も減ってきたのかもしれませんね。

アドステア

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

→もっと見る

PAGE TOP ↑