*

タイの缶コーヒー11種類飲み比べ。ナンバーワンはDAOコーヒー。

公開日: : グルメレポート


タイの缶コーヒー一覧

コーヒーが好きだ。
カフェで飲む本格的なコーヒーもいい。
タイの屋台で売っている甘ったるいカフェイエンもおいしいと思う。

屋台のカフェイエン(アイスコーヒー)
カフェイエン

いや、インスタントコーヒーでもいい。
でも、缶コーヒーが好きだ。

一度に飲み切るのが好きじゃない。
パソコン作業でもしながら、のんびりちびちび飲むのが好きだ。
よって、缶コーヒーが一番適している。

ちなみに、日本ではキリンのFIREの微糖が一番好きです。

が、ここはパタヤ、タイランド。

日本ほど缶コーヒーの種類が豊富ではない。
(というか、日本の缶コーヒーの豊富さは、世界的に見ても突出したレベル。こんな国他にないよ。)

最近では少しずつバリエーションが増えてきたように思う。

コンビニのドリンクコーナーにも、ずらりと並んでいる。

コンビニの缶コーヒー (2)

缶コーヒー好きとしては、なるべく多くの味を試したいではないか。
そこで飲み比べをしてみた。

今回は全部で11種類。

値段はコンビニ調べ。店によって価格は変動します。
セブンイレブンとファミリーマートは同じ価格。

では、さっそくいってみよう。

SPONSOR LINK

バーディー Birdy

タイの缶コーヒーといえば、バーディーである。
タイ社会に根付きすぎてしまったがゆえに、タイでは缶コーヒーのことを「バーディー」と呼んでいるほどだ。
同じく栄養ドリンクは、「リポ」と呼ぶ。リポビタンDに由来する。
製品名が一般名詞化してしまった例ですな。

Birdyの製造元は、日本企業。味の素だ。

味の種類は多い。5種類以上ある。今回紹介する以外にもあるかも。

Robusta

バーディロブスタ
13B
赤缶。これがバーディのメインなのかな、小さな商店でも必ずこの味は置いてある。
これはいたってシンプルな味。
甘口なのはしょうがない。タイ人が最も好む缶コーヒーの味がこれなんでしょうな。

RICH&SMOOTH

バーディリッチアンドスムース

13B
ややカフェオレっぽい風味かな。
これまた甘い。

Classic

バーディークラシック

13B
通称青缶。至ってノーマルな味。
クラシックというからには、苦味があるのかとおもいきや、やっぱり甘い。

 

これら13バーツバーディの上位版が、Birdy BARISTAとなる。

BARISTA ESPRESSO SHOT

バーディバリスタ_エスプレッソロースト

18B
量が少ない。150ml。

むむ、ちょっと日本の缶コーヒーに近づいたかな。
やや粉っぽいのが気になるところ。味は悪くないが、コスパが悪い。

BARISTA LATTE SHOT

バーディバリスタ_ラテショット

18B
ラテというからには牛乳入りだな。
さぞ甘いかとおもいきや、意外とあっさり味。
まあ、それでも日本の缶コーヒーに比べれば甘いけど、かなりいい。
日本のカフェオレ缶コーヒーに近い。
日本でもカフェオレ味を飲むというひとは、これが一番かも。

ネスカフェ Nescafe

味の素に負けじと追走しているのが、ネスカフェ。
世界的なブランドですな。でも、タイ国内に限っては、味の素の大勝だろう。

今回飲んだのは2種類。

Dark Roast

ネスカフェダークロースト

13B
やや濃い目の味。
ちょっと粉っぽい。
名前とは裏腹に、やっぱり甘い。

Espresso Roast

ネスカフェ_エスプレッソロースト(2)

ネスカフェ_エスプレッソロースト

13B
悪くない。
もちろん甘いけど、まだまだ控えめな甘さ。
バーディとネスカフェの13バーツシリーズの中では、一番好きだ。
安い缶コーヒーなら、これで決まりかも。
赤いキャップが目印だ。

ネスカフェには、ブラックもあるが、今回は割愛。
たぶん、甘いでしょ。

ダオコーヒー(DAO COFFEE)

Daoコーヒーというと、ラオスのコーヒーメーカー。タイにも進出していて、バンコクにはカフェもオープンしている。
いつの間にかタイ国内でも缶コーヒーの販売を開始したようだ。

味は2種類。

ICE CLASSIC BLEND

ダオDAOコーヒー

15B
バーディーとネスカフェの13バーツ缶コーヒーと比べると、少しだけ量が多い。

甘ったるさは控えめ。全体的にパンチが弱いが、飲みくちはすっきりしている。
今回のパタヤ滞在で初めて飲んでみたけど、これはけっこう好きかも。
合格点をあげたい。

ICED LONG BLACK

ダオブラックDAOBLACK

15B
ブラックを謳うだけあって、甘くない。いや、ブラックなんだから当たり前だけどタイの缶コーヒーで甘くないというのは画期的だ。
でも、日本の缶コーヒーほどの苦味はないかな。ほのかに苦いくらい。
甘ったるいコーヒーが苦手な人でも、これなら大丈夫。
わたしは、もうちょっとだけでいいから、甘さがほしい。
なかなか難しいものだ。

ブイスリム(V SLIM)

会社名は不明。
タイ語の説明が読めないけれど、おそらく糖分ゼロとか、そういった健康的謳い文句が並んでいるのだろう。
味は2種類。

VSlim Latte

Vスリムラテ

20B
240ml入りと大きなサイズ。日本の缶コーヒーのトールサイズとほぼ同じ。

ラテだけあって、コーヒー風味は薄く、コーヒー牛乳に近い味わいだ。
量、味とも、屋台の20バーツのカフェイエンのほうが上回る。

VSlim Espresso

Vスリムエスプレッソ

20B
エスプレッソというわりには、かなり薄口。
量は多いが、飲みくちは軽い。
20バーツ出す価値はないかな。

 

以上全部で11種類。

あと、コンビニの陳列ケースには、「プリアオコーヒー」という缶もあるが、たぶん系統が違うんで、今回はパス。
他にも種類はあるかも。

24コーヒー

以前は「24COFFEE」という缶コーヒーもあったが、現在では見かけなくなった。

まとめとランキング

しかし、まあ、どれもこれも甘い。日本の缶コーヒーの味に慣れた人間には、底なしに甘ったるく感じてしまう。

味で一番マシなのは、18バーツのバーディ上位版BARISTA。
が、量が少ないのに値段は高い。コスパ悪し。
これに18バーツ出すのなら、街角のコーヒー屋台で20バーツのカフェイエンを買ったほうがいい。

味でいえば、13バーツのネスカフェのエスプレッソローストが次点。味はそこそこで、値段も安い。

が、一押ししたいのが、ダオコーヒー(DAO COFFEE)。

ちょっと味のパンチにかけるが、甘さは控えめで、飲みやすい。
15バーツは許容範囲内だ。

ダオコーヒーのブラックも捨てがたい。甘くないのが素晴らしい。ブラック好きの人は、ダオブラックが正解でしょう。
小さなコンビニでは、ダオブラックが置いていないこともあるので、いくつか店舗をまわってみてほしい。

よって、今回のタイ缶コーヒーランキング1位は、ダオコーヒーに決定
おめでとうございます。

 

それにしても今回の企画は時間がかかった。
一日一本としても11日。
しかも、何日も前に飲んだ缶コーヒーの味なんか、忘れちゃってるしね。何度か買い直してチェックする始末。
もうやらない。
これからは、ダオコーヒーかネスカフェのエスプレッソローストの二択にしておく。

あとは、パタヤにたくさんある店舗型カフェの飲み比べもしてみたい。
ま、それは次回のパタヤ沈没生活でのお楽しみということで。

SPONSOR LINK

関連記事

ホーモック屋台

ホーモックプラーは、ちまき風の蒸し魚。プラーサワイとプラーチョン(雷魚)。

ちまきのような料理が並ぶ屋台。 パタヤの街角では、ちょこちょこと見かける。 タイ

記事を読む

Banchaing chimchum (7)

サードロードのチムチュムとムーガタの店、Banchaing

パタヤのチムチュム&ムーガタ店の新規開拓シリーズです。 今回はサードロード沿いの店へお邪魔しま

記事を読む

コンチネンタルベーカリーカフェ (8)

ザ・コンチネンタル(THE CONTINENTAL)。ソイエキサイトにある手頃なベーカリーカフェ。パン1個9バーツから。

欧米人が集うパタヤには、カフェがとても多い。 コーヒーだけでなく、パンも販売している店もたくさ

記事を読む

ソイARのブレックファースト99バーツ (5)

ペルシャ人レストランでイングリッシュブレックファーストを食べる。99バーツ。

パタヤカンのソイ12(通称ソイAR)をずっと進むと、長期滞在向けのホテルやサービスアパートメント

記事を読む

小鳥の丸焼き (3)

小鳥(うずら)の丸焼き実食レポート。ノッククラダーヤーン。

バービアでのすぐ近くに屋台が通りかかった。 最近、ブッカオからセカンドロード方面でよく見かける

記事を読む

ステーキ屋ガオライサイサームポークチョップ

ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ

パタヤ・サードロードに新しいステーキ屋を見つけた。 ステーキ定食が55バーツから食

記事を読む

ムーヤーン (2)

パタヤカンソイ12イサーン屋台のナムトックムー(ムーヤーン)がうまい

パタヤカンのイサーン屋台 パタヤカンのソイ12入り口にイサーン料理屋台がある。 昔、この近所

記事を読む

Silom khao man gai (4)

シーロム・サラデーン地区は、意外なローカルグルメスポット。バミーナム、カオマンガイうまし。

シーロムは、バンコクを代表するビジネス街。 高層ビルが立ち並んでいて、上を見上げているだけなら

記事を読む

チャイヤプーン食堂 (2)

ソイチャイヤプーンにある食堂。ぶっかけ飯、イサーン料理、洋食まで何でもそろって、日本語も通じるよ。

前回のパタヤ沈没でお世話になった食堂を紹介したい。 ソイチャイヤプーンにある食堂だ。 た

記事を読む

49バーツポークステーキ (2)

サードロードの新しいステーキ屋は、49バーツぽっきり。Steak Khun Chay。

サードロードのソイボンコット(ソイ18/1)入り口近くに新しいステーキ屋がオープンしている。

記事を読む

アドステア

アドステア

Ginza
ギンザ閉店と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

Tree town pattaya (15)
ナイトマーケット化しつつあるTREE TOWN PATTAYA。食べ放題ムーガタ屋も新規オープン。

徐々に開発が進んでいくTREE TOWN PATTAYA。

Airport club
2017年5月今週のウォーキングストリート訪問レポート。Dクラブ、エアポート、ウィンドミル、スカイフォールなどなど。

今週訪れたウォーキングストリートのゴーゴーバーの様子をまとめてレポート

Tesco lotus south pattaya (5)
テスコロータスのフードコートのカオパットベーコンがおいしい

カオパットとは、タイの焼き飯のこと。 カオがご飯、パットが炒める

→もっと見る

PAGE TOP ↑