パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

2015年8月~パタヤ沈没日記

パタヤカン散策後、バービアのタダ酒で酔っ払う

投稿日:

55日目つづき

パタヤカン付近散策

夜、レンタルバイクでお出かけ。
パタヤカン方面へ行ってみよう。

久々にビッグCエクストラへ。
以前、パタヤカン沿いのアパートに住んでいた頃はよくお世話になったが、最近はご無沙汰。
バイクがあると楽でいい。

夜8時くらいだったので、惣菜屋が割引セール中。
チキンカツか白身魚フライを狙っていたが、すでに売り切れだった。残念。
フードコートで食事しておしまい。

Uターンしてブッカオに戻るのはおもしろくないので、ソイユメを少し走ることに。
このソイユメをひたすらまっすぐ行けば、ノースパタヤのバスターミナル付近へ出られる。逆にスクンビット方面からパタヤ中心部への抜け道に使うドライバーも多い。

今回は、ソイユメの途中で左折。
大きな広場のようなスペースがあって、市場が開かれている。手前側には屋台も並んでいて、なかなかおいしそうな雰囲気。今度来てみよう。
で、工場倉庫街のような佇まいの一角を通過して、サードロードへ向かう。

途中、中国人団体客向けの巨大なマッサージ屋があった。

あと、以前あった沖縄料理屋が普通の居酒屋「時代屋」に変わっていた。知らんかった。

居酒屋時代屋

MOOKS RESIDENCE(ムークスレジデンス)横の道を抜けて、ようやくサードロードへ。
おっと、その道にも日本語の看板が出ていた。

別に日本語環境の店は必要としていないけど、異国できちんとした日本語を見かけると、ついつい目に入ってしまう。

一度宿に戻る。
バイクに乗って飲みに行ってもよかったが、なんとなく今晩は酔いそうな予感がしていた。
徒歩にしておこう。

バービアのタダ酒で盛大に酔っ払う

まずはLKメトロ方面へ。

エリア51 (1)

エリア51で以前少し飲んだコヨーテ嬢が表にいた。しかも私服姿。
なんでも今日は仕事が休みだけど遊びにきたらしい。
いやあ、たぶん、ショートの帰りじゃないかなあ。
まあ、どっちでもいいか。
もしカラオケ嬢の存在がなければ、そのままどこか遊びに連れて行くか、部屋へ連れて帰っているな。おしいことをした。残念。

ソイLKメトロ内へ。
でも、店はどこにも入らず。
知り合いの呼び込みとおしゃべりするだけ。
腹が減ったという彼女のために焼き鳥を奢ってあげた。

それにしても、最近、LKメトロのゴーゴーバーの呼び込みにかわいい子が増えたかも。
特にレディラブ(LADY LOVE)がかわいい。日本人殺しの顔立ちをしている。
あと、ショーガール(SHOW GIRLS)の呼び込みもいいね。
中には滅多に入らないけど。

まあ、店に入らないことおびただしいな。
我ながら、パタヤ経済への貢献度の低さが嘆かわしい。

LKメトロをあとにして、ブラブラ歩く。

 

結局、いつものようにバービアへ。

てきとうに歩いていると、知り合いのバービア嬢と目があった。
バービア嬢と呼んでいるが、年齢40オーバーで体重60キロオーバーのおばちゃんである。
一杯だけ飲んでいくことに。
それにしても、ここのバービアで一番かわいいのがレディボーイなのは困ったものだ。
LBが二人いるのだが、どちらも美人。が、オカマ。
ファランは平気で横につけて、いちゃいちゃしている。
わたしの出番なし。おつまみで出してくれたピーナッツをぼりぼり食べながら、ビール飲んでおしまい。

それから別のバービアへ移動。
昨日、ビリヤードのキラーゲームをしたバービアだ。

客もいつも同じようなメンツばっかり。
バービア嬢もおばちゃんばっかり。
ペイバーする確率ゼロなんで、逆にまったりできる。
もしペイバーしてもいいなと思っているレベルのバービア嬢がいたら、落ち着いて飲めない。
やっぱり、そのバービア嬢が目の前で他の客にペイバーされるところは見たくないもんで。

またしてもキラーゲーム開始。
今日は2ラウンドとも負けてしまう。
参加費40バーツがはかなく消えてしまった。

ここでは、ビール2本をオーダー。

ひたすら、だらだら飲む。

ファランとママさんがリンガベルでタダ酒が2本まわってきた。

うーん、ビール5本飲むと、さすがにお腹いっぱいになってくるし、酔いも回ってくる。

結局、閉店まで居座ってしまった。
最後は、客がわたし一人だけ。

そろそろ帰ろうとか思いきや、ボスからカクテルのショットがまわってきた。

バービアのB52

B52かな。B51かB53かもしれない。違いがよくわからない。
カルーアとベイリーズともう一種類足しているのか。
リキュールを薄めずにそのまま飲むわけで、アルコール度数はかなり高めだ。

喉に絡みつくような濃厚さがたまらない。
うまい。
B52はタイではかなりメジャーなカクテル。「ビーハーシップソン」と呼ぼう。甘くて女性受けもするんで、バービア嬢にがんがん飲ませてみるとおもしろいかも。

うーん、酔っ払った。
大してカネは使っていないが、すっかり酔っ払ってしまった。
なんか、いつもいつもタダ酒ばかり飲んでいて申し訳ない気分でいっぱいだが、酔っ払うとやっぱり気持ちいい。

千鳥足でソイブッカオを歩く。
バイクを宿に置いてきて正解だった。完全に飲酒運転になるところだった。あぶないあぶない。

深夜のソイブッカオ

深夜3時。
この時間のブッカオはかなり閑散としているが、たまに仕事終わりのバービア嬢やゴーゴー嬢とすれ違うこともあり、意外とおもしろい。
レディボーイが多いのは、いただけないが。

これが飲み歩きの醍醐味。
思わぬ出会いがあったりするものだ。
が、バイクがあると深酒するわけにはいかないし、スピードを出して通りすぎてしまう。

便利な乗り物か、目の前の酔いを取るか。
難しいところだ。

ふらふらになりながらも、ようやく帰宅。

あれ?
そういえばカラオケ嬢からの連絡がないや。
おいおい、どうなってるんだよ~と思いつつ、すっかり酔っ払っているんで、もうどうでもいい。

おやすみなさい。

 

大幅リニューアル!綺麗なホテルに泊まるなら
パタヤ新築ホテル情報2017年(11月5日更新)


-2015年8月~パタヤ沈没日記
-,

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.