*

パタヤの両替所でもパスポート提示が義務化。TTカレンシーよりレートのよい両替所。

公開日: : プチ情報・便利帳

バンコクでの爆弾騒ぎを受けて、タイバーツが下落している。
ここ2日ほどのTTカレンシーの値動きを観察してみた。

昨日(8月24日)の午前11時過ぎ、1万円=2933バーツの表示。

その小一時間後、2940へ。
両替2940

午後2時半頃、再度のぞくと、2932へ下がっていた。

両替2932

夜8時くらいに再度チェックすると、2950へ。

両替2950

この日のチェックはこれでおしまい。

上がったり下がったりと少々混乱しているが、バーツ下落傾向なのは間違いなさそう。

で、本日(8月25日)の昼過ぎに再度チェック。2960バーツへ上昇していた。

両替2960

TTカレンシーよりもレートのよい両替所

ちなみに、ブッカオのソイPP入り口にある両替所では、同時間帯で2975の表示。

高レート両替所2975

わたしがざっとチェックした限りでは、ブッカオ近辺では、この両替所がベストレートだと思う。

店の名前がよくわからない。RTでいいのかな。

高レート両替所

地図はこちら

PPマッサージのあるソイの入り口にある。

今回はたまたまTTカレンシーとの差額が15バーツとなっていたが、普段は同じレートか、せいぜい5バーツくらいの違いしかない。
遠くに宿泊している人がわざわざ出向くほどのものじゃないかもしれないが、頭の片隅に入れておくと便利。

 

1万円=3000バーツまで、あと少し。
両替のタイミングはいつだって難しいが、大きな額を両替するのはもうちょっと我慢してみようかな。
4000とは言わないけれど、せめて3333くらいには戻ってほしいなあ。計算が楽だし。

パタヤの両替所でもパスポート提示義務

さて、今回TTカレンシーや上記の高レート両替所でも、パスポートの提示を求められた。で、係員がきちんとコピーを取っていた。
長年パタヤで数限りなく両替してきたが、パスポート提示ははじめてかも。

両替所にはこんな掲示があっても、実際にはパスポートを見せることはなかった。
両替所パスポート提示注意書き (1)

銀行系両替所でも民間両替所でも同じ。手ぶらで両替できた。

以前から、タイの地方都市はもちろん、バンコクの一部の両替所ではパスポートを提示する必要があった。
が、パタヤはずっと提示する必要がなかった。

今回は厳しい措置のようだ。

注意書きによれば、パスポートのコピーでもオッケーとのこと。
IDカードや免許証は不可。

両替所パスポート提示注意書き (2)

パスポート本体はホテルのセーフティボックスに入れておくとしても、パスポートのコピーはつねに持参しておくのがベター。

テロ事件の影響なのか、たまたま厳正化に動いただけかはわからないけれど、とにかくパタヤでも両替にはパスポートが必要。
まあ、これが本来の規則なんだろうけど、パタヤはこれまでが自由すぎたのかも。
すべての両替所がパスポートチェックを行っているかは不明。
とりあえず両替予定がある人は、パスポートを持っていくか、パスポートのコピーを持参するようにしよう。

SPONSOR LINK

関連記事

Image

サプライスの最大8000円引きキャンペーンはやっぱりお得。通常でも5000円引き。

当ブログで何度もお知らせしている格安航空券販売のSurprice(サプライス) サ

記事を読む

SIMカード

タイの携帯電話、古くなったSIMカードは寿命が来る前に交換を。ついでに個人情報登録も。(追記あり)

わたしがタイで利用している携帯電話は、プリペイド式SIMカードを挿している。 現在のSIMカー

記事を読む

タイのかんしゃく玉ガティアム (1)

タイのかんしゃく玉の名前はガティアム(にんにく)。クリスマスと年末年始は投げ合って遊ぼう。

今ではすっかり見かけなくなったが、日本でも昔は、かんしゃく玉でよく遊んでいたものだ。 クラッカ

記事を読む

pattaya-avenue-1

パタヤアベニュー( PATTAYA AVENUE) 新店舗情報。BEER FESTとムエタイジムとシンゴジラ

パタヤ中心部にありながら、どうにもパッとしないモールが、パタヤアベニューだ。 最近はアウト

記事を読む

Pattaya Klang swimming pool near @mind (2)

アットマインドプレミアスイート近くの私営プールを利用してみた。1日50バーツ。

今回友人2人が宿泊しているのは、パタヤカンソイ12にある、アットマインドプレミアスイートホテ

記事を読む

contact-lens-duna-1

タイでコンタクトレンズを購入する第二弾。一ヶ月使い捨て6枚入りで550バーツ。

タイのコンタクトレンズは安い。 前回紹介したものがこちら。 DUNA Life

記事を読む

ブッカオステーキ屋看板

【2017年追記あり】ブッカオ・ソイPPの49バーツステーキ屋のBBQリブは意外と本格的でうまかった

当パタヤ沈没日記の読者ならお気付きのように、わたしのパタヤでの食生活は基本的にタイ料理、それもロ

記事を読む

image

【一般発売開始】エアアジアのBIG SALE開催中。バンコク往復19120円など。

AIRASIA(エアアジア)が、BIG SALEを開催している。 メンバー限定で優先アクセ

記事を読む

バットマンディスコ (1)

パタヤにある謎のバットマン屋敷廃墟跡

ボンコット散策 サードロードからソイボンコットに入り、そのまま道なりに直進

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

アドステア

Comment

  1. ガイヤ より:

    これはいい情報でした。

    稀に持ってないことあるんで、本当に生の情報は助かります。

    • pattayan night より:

      わたしもびっくりしました。たまたま一緒にいた友人はパスポートを持っており、その場で両替できました。

  2. さる より:

    盆休みのパタヤでは、既にパスポートが必要の張り紙が張ってありましたね。

    パスポートを持って無いと、用紙に名前とパスポートのIDを書くように求められました。

    用紙への記載で、とりあえずは両替出来るみたいですね。

    • pattayan night より:

      なるほど、お盆には必要だったってことは、テロ事件は関係ないみたいですね。
      記入だけの自己申告ならテキトーに書けばいけそうな気もしますね。ちょっと試してみます。

  3. TK_F より:

    TTしか利用しませんでしたが、8/3にパタヤ入りしたときは既に提示義務でした。

    • pattayan night より:

      情報ありがとうございます。少し前から始まっていたわけですね。

アドステア

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

FRYDAY breakfast (6)
FRYDAYがブレックファーストを始めた。昼2時からなのに朝食とはこれいかに。

当ブログで頻繁に登場するFRYDAY。 ソイニュープラザにあるフ

Robin's nest guesthouse pattaya (16)
LKメトロ至近、ソイダイアナのロビンズネストゲストハウス宿泊レポート

ソイダイアナイン(普通は略してソイダイアナ)にあるロビンズネストに

Ekamai bus (2)
パタヤ沈没生活開始

パタヤ沈没日記1 (バンコクはトランジット滞在。テーメーとソイカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑