*

ブッカオ沿いにあるムーガタが食べられるベルギーレストラン。でも、ムーカタよりもイサーン料理をどうぞ。

公開日: : 最終更新日:2016/03/07 グルメレポート, プチ情報・便利帳 ,


ソイブッカオ近辺で、ムーガタが食べられる店はほとんど見当たらない。
サードロードやパタヤタイまで足を運ぶ必要がある。もしくは、ハリウッド前か。

今回紹介するのは、ブッカオで気軽にムーガタが食べられる、おそらく唯一の店。
(たぶん、他にはないと思いますが、あったら教えて下さい。)

場所は、ブッカオのやや北側で、常設市場の少し南側あたり。空き地の隣だ。
通りに面しているので、いやでもわかるはず。
このノボリが目印だ。

フランドリア (1)

目にした人も多いはず。
詳しい地図は、最後に載せておきます。

ムーガタ(ムーカタ)とは、ジンギスカン鍋のような鍋を使って、焼き肉と鍋料理を一緒に味わうことのできる料理。
豚と野菜がメインだが、シーフードでもインスタント麺でも何でも焼いたり鍋に入れたりする。

SPONSOR LINK

FRANDRIA フランドリアゲストハウス&レストラン

フランドリア (4)

店の名前は、フランドリアと読むのかな。
名刺には、ベルギーバー、ゲストハウス、レストランと書いてある。

フランドリアの名刺

最後のfrietkotは、わかりません。たぶんフランス語でフライドポテト屋のことかな。
上階は、ゲストハウスになっていて、レストラン奥に入口がある。
夜はバーとしても営業しているようで、バーカウンターもあり、ビリヤード台も置いてある。

記憶が確かなら、おそらく数年前まではソイLKメトロの中にあったはず。移転してきたのか。
ボスのパトリックさんは、きっとベルギー人。
ちょっと無愛想な強面だが、たぶん、悪い人じゃない、と信じたい。

今回、ムーガタの看板にひかれて初めて入ってみた。
よって、食べたのはムーガタのみ。
後述するように、ここはイサーン料理が充実しており、できればイサーン料理を食べてほしい。

でも、まずは、ムーガタから。

ムーカタ1セット180バーツ

ここは、食べ放題店ではない。
まずは、決まった内容のセットで提供される。

1セットが180バーツ。

追加メニューあり。

フランドリアのメニュー (1)

あとは、個別で追加していけばいい。
もちろん、はじめから2セットを注文してもいいだろうけど。

今回は、肝臓だけをはじめから追加注文した。

セット内容はこんな感じ。

フランドリアのムーガタ (2)

肉も野菜も少なめかな。

七輪と鉄板鍋は、他のムーガタ屋と変わりなし。でも火力はちょっと弱め。

フランドリアのムーガタ (3)

では、スタート

途中の写真は割愛。

ゴール
フランドリアのムーガタ (1)

うーん、だめだね、ここは。

野菜の鮮度が悪い。シャキシャキ感もなければ、みずみずしさもない。
肉も質が悪い。
豚スライスはそこそこ食べられる味だけど、あとの肉は細切れで味もよくない。

タレは、妙に酸っぱい。

まあ、180バーツなんで、期待するだけ野暮ってものだが、もうちょっと質を向上してほしいなあ。
同行したタイ人いわく、「マイアロイ」。
たしかに。
マイアロイなムーガタであった。

ムーガタ1セット、追加の肝臓一人前、コーラ2本で、お会計269バーツ。
二人で食べるには、ちょっと物足りない量だった。

開店は午前10時からだが、ムーガタは午後2時からの取り扱い。
わたしが入店したのは午後3時半頃。
入店時客はゼロだったので、おそらくその日初めてのムーガタ利用客だったと思う。
完全な憶測だが、前日の残りものを出されたのかとうたぐってしまうほどの鮮度の悪さだった。
それとも、これが標準レベルなのかな。

もうちょっと味がよくなれば、利用しやすい場所にあるんで、リピートも考えていいんだけどなあ。
現状では、ちょっと厳しい。

ちなみに、無料の飲料水も置いてある。

イサーン料理

ムーガタを食べている間、隣のテーブルに、タイ人が二人で食べにきていた。
この手のファラン経営のレストランにタイ人だけで食べるに来るのは珍しいかも。
ラーブなどのイサーン料理を追加注文してバクバク食べていた。
近所の人からの出前もちょこちょこ注文が入っている。
どうやら、タイ料理の評判は良さそうだ。

タイ料理用のメニューが別に用意してある。
しかも妙にイサーン料理が多いのだ。

以下、メニューの紹介。

ソムタム
フランドリアのメニュー (3)

ソムタム40バーツから。
細かく分かれている。

英語メニューで「Papaya salad in tray」と書かれた、大皿に盛られたソムタムは、イサーン人にとってのご馳走らしい。130バーツ。
おそらく下から3番目の写真がそれだと思う。
見るからに豪華そうですな。

ラーブ(ISAN SPICY SALAD)
フランドリアのメニュー (4)

ラーブ60バーツから。
英語表記で判然としないけど、種類は豊富。

炭火焼き
フランドリアのメニュー (5)

ガイヤーン50バーツ。
コームーヤーンが60バーツ。量次第だけど、けっこう安い。
牛タンもあって、80バーツ。

ヤム(THAI SPICY SALAD)
フランドリアのメニュー (2)

ヤムウンセンが60バーツから。
ヤムウンセンタレーで70バーツ。
ヤムママーも置いてあり、タレーなら同じく70バーツ。
レストランにしては、安い方。

フランドリアのメニュー (6)
白ご飯とカオニャオは10バーツ。
これまた、良心的なお値段。

メニューを見る限りでは、けっこう充実している。
意外とブッカオ沿いでのイサーン料理の穴場かもしれない。
てっきりムーガタとファランフードだけだと思って、甘く見ていた。

ローカル食堂や屋台に比べると少しは清潔度が上だと思うんで、衛生的に心配な人でもここなら大丈夫のような気がしないでもない。
まあ、厨房に関しては、ローカル食堂と大差ないようだけど。

そんなわけで、このレストランでは、ムーカタはやめて、イサーン料理にすべし。

ベルギー式フライドポテト

でも実は、個人的に一番気になるのは、本場ベルギー仕込みのフライドポテトなんだけどね。

フランドリア (3)

Friets Mayonase

フランス語でフリットないしフリッツ。
イギリス英語ではチップ(ス)。
アメリカ英語ではフレンチフライ(ズ)。
和製英語ではフライドポテト。

実は、フライドポテトの発祥地はベルギー。
マヨネーズをかけて食べるのがベルギースタイルらしい。
ベルギーに行ったことはあるけど、現地でポテトを食べたことはない。
フライドポテト愛好家のわたしとしては、何とも気になるではないか。

食べてみたいのだが、いかせん75バーツはちょっと高い。
ローカル屋台メシの2食分近い金額ともなれば、さすがに躊躇してしまう。

でも、去年日本に初めてオープンしたベルギーフライドポテトの店では550円なんで、それに比べればかなり安いんだけどね。

ポムケ
http://www.pommeke.jp/ja/

フランドリアには、他にもベルギー料理を置いてあるが、どれも高め。
ミートボールのトマトソースがけもベルギーの名物料理らしい。
興味のある人は、どうぞ。

地図と営業時間

店の横の空き地の様子
フランドリア (2)

この空き地には、数年前までイサーン料理屋があり、おいしいチムチュムが食べられたが閉店。残念。

向かい側は、サードロードのソイ21(ソイPPマッサー)入り口。

店内から見た位置関係
フランドリア (5)

ソイ入り口に見える、BBQ RIBS 49バーツの店は、以前取り上げたので、そちらも参考に。

関連記事:ブッカオ・ソイPPの49バーツステーキ屋のBBQリブは意外と本格的でうまかった

営業時間は、朝10時から深夜3時まで。
ただし、ムーガタは午後2時からとのこと。

まとめ

ブッカオ沿いでムーカタが食べられる店は、おそらくここだけ。
そして、ムーガタとイサーン料理とベルギー料理が一度に食べられるのは、おそらく世界でここだけだろう。
推奨はイサーン料理だけど、まあ、お好きなものをどうぞ。

近所には、ギリシャ料理レストランもある。
うーん、ヨーロッパとアジアの料理がこんな身近に食べられるソイブッカオ。素晴らしい。

パタヤのムーガタに関しては以下の記事も参照してください。

関連記事:パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

追記(2016年3月)
先ごろ、店の前を通りかかると、すでに閉店していた。
移転かどうかは不明。
というわけで、現在は食べられませんので、あしからず。

おまけ。チムチュムについて

ついでに、チムチュムについて。
たまに読者の方から質問をいただきますし、わたしも探しています。
が、チムチュムが食べられる店は、わたしの知るかぎり、パタヤ中心部やブッカオには見当たりません。
ひょっとしてブッカオソイ15(ブッカオからアベニューへ抜ける道)のローカルレストランにチムチュムが置いてあるかもしれませんが、未確認です。以前は確かに置いてあったような気がするんだけれども。

サードロード、パタヤタイ、ハリウッド前あたりにはたくさんあります。

ハリウッド前のチムチュム屋
ハリウッド前ムーカタとチムチュムレストラン1

こういうった店は、ムーガタも扱っているところが多い。

実際に食べたハリウッド前のチムチュム&ムーガタ
ムーカタとチムチュム

食べ放題ではないんで、どちらとも注文してもオッケー。
一度に二度楽しめます。
バイク利用以外だと、ちょっと移動が面倒なんですけどね。

またブッカオにチムチュム屋ができたらいいのになあ。

SPONSOR LINK

関連記事

チャイヤプーン食堂 (2)

ソイチャイヤプーンにある食堂。ぶっかけ飯、イサーン料理、洋食まで何でもそろって、日本語も通じるよ。

前回のパタヤ沈没でお世話になった食堂を紹介したい。 ソイチャイヤプーンにある食堂だ。 た

記事を読む

ウドンターニーのたこ焼き屋 (2)

ウドンターニーでたこ焼きとお好み焼き【次回への課題】

勝手にウドンターニー日本食文化シリーズ ウドンでうどん ウドンでラーメン と、続い

記事を読む

エアアジア機体

エアアジアでチケットを直接購入。関空発着便の時間変更はうれしいけど、カード決済手数料が値上がりしていた。

次回のパタヤ旅行のために、いつも通りエアアジアで航空券を購入した。 墜落事故で騒が

記事を読む

ビリヤード台

タイでビリヤード遊びする時に使うタイ語と英語入門

覚えておくとちょっとだけ便利なビリヤードに関するタイ語と英語をまとめてみた。 わたしは、パ

記事を読む

ソイテンモーのチムチュム (1)

ブッカオでチムチュムを食べる@ソイテンモー

チムチュムとは、肉やシーフードや野菜を土鍋にぶちこんで、ちょっとハーブを利かせたダシでぐつぐ

記事を読む

LKメトロ入り口のイエンターフォー (1)

LKメトロ入り口のラーメン屋は、イエンターフォーもうまかった

LKメトロのソイダイアナ側入り口にあるバミー&カオマンガイ屋台。 通称、「LKメトロ前ラーメン

記事を読む

ブッカオ常設市場リニューアル (1)

ブッカオ常設市場がリニューアル。清潔感が大幅アップ。

ブッカオ近辺に滞在する節約型旅行者の強い味方、ブッカオ常設市場がリニューアルした模様。 こ

記事を読む

移動式日本式やきそば屋台

パタヤにある日本式焼きそば屋台

読者さんから質問をいただきました。 「日本の焼きそばのバイク屋台を見かけたのですが、何かご

記事を読む

queen-vic-breakfast-6

THE QUEEN VICのブレックファスト105バーツ@ソイハニー

セカンドロードのソイ11(ソイハニー)は、いかがわしい通りでもあり、長期滞在系ファランのたまり場

記事を読む

タイの焼き芋1

タイの焼き芋は紫イモでうまし。タイと日本とじゃがいもと。

屋台の焼き芋 いもの収穫時期なのかどうかは知らないけれど、9月から10月にかけて焼き芋屋台をよ

記事を読む

アドステア

Comment

  1. サライ より:

    ソイナムケンにある日本人経営の食堂nutchで食べれますよ。メニューにも載っていて一式で200Bです。正式には外注ですが、殆どマージンをとっていません。量もそこそこあって3人くらいで食べて丁度良い感じです。マナーとして店の料理も1品くらい頼んであげると良いと思います。

    • pattayan night より:

      なるほど、いい情報ありがとうございます。外注デリバリーのチムチュムを店で正式に提供してくれるわけですね。
      200バーツなら、たしかに利益はないでしょうね。
      ムーカタもデリバリーサービスがありますね。あれ、いくらなんでしょうかね。

  2. サライ より:

    上記の投稿はチムチュムのことです。

  3. 猫大好きパパ より:

    フライドポテトがあるとは@@気づかなかったですw
    いかついボスファランが印象に的でww
    そぉかぁ。。やっぱあれはいまいちなんですねw
    ちなみにあの生卵を混ぜて焼くみたいですが。。。あれいらないです@@焼き方がへたなのか全部ゴミになるんです^^;

    • pattayan night より:

      あのボス、愛想と目つき悪すぎです。
      う~ん、たまたまかもしれませんが、ムーカタはダメでした。
      コームーヤーンは美味しかったんですよね?
      生卵は、わたしの場合、肉にはまぶさず、割ってから鍋に投入します。グチャグチャにして溶き卵にするか、そのまま固めるかのどっちかですね。
      チムチュムなら、卵を肉にまぶしから、鍋に入れますね。

  4. 芽きゃべつ より:

    撤去し忘れた看板かと思っていたら営業していたんですね。
    歩くたびに何時も不思議な看板だと思っていました。
     私も豚バラ以外は食べません、他はどう見てもクズ肉、野菜は日頃たくさん食べれないので野菜中心に、キノコも共に乾燥した海苔が有れば入れます、結構風味が有りいけます。
    タイスキ(MK、シャブシを除く)の方が良い様に思います。
    時々ローカルが自分の家の前で食べているのを見かけますが 食べさせる店は本当に郊外の交通不便なところに追いやられていますね。

    • pattayan night より:

      たまに実際に食べている人を見かけていたんで、まあ、やってるんだとは思っていましたが…
      ニンジャでもそうですが、ムーカタは豚バラスライス以外はダメですね。この店のスライス以外は、ほんとクズ肉でした。
      野菜は白菜とエノキがメインですね。空心菜は、鍋には意外と合わないような気がします。タレをつければ食べられますけど。
      ちょこちょこ自宅前とか閉店した店の前でムーカタやってますよね。たぶん、デリバリーなんでしょうけど、ああいうの見るとついつい自分も食べたくなってしまいます。

  5. hanabi より:

    ブッカオのMARINEでチムチュムが食べれます。
    今あるかどうかはわかりませんが
    http://staythai.livedoor.biz/tag/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3
    とかで紹介してあります。

    • pattayan night より:

      ブッカオのマリーンは、何年か前に閉店してしまいました。
      ブッカオでシーフードが食べられる貴重なレストランだったんですけどね。
      「プアン3」が、空き地にあったチムチュムの食べられるイサーンレストランでした。

  6. サライ より:

    観光客には少々ハードルが高いですが、ムーガタデリバリーは使えますね。料金は300Bスタートで大中小のセットから選ぶのが一般的です。ムーガタ屋の傾向として、店舗だとドリンク代や氷代が馬鹿にならないので、場所が確保でき、且つ大酒飲みの方には良いと思います。せこいやり方ですが、ムーガタの小セットを注文、追加肉や野菜はフードランド等で自己調達するのが一番賢いやり方です。

    • pattayan night より:

      貴重な情報ありがとうございます。300バーツからですか。ニンジャが一人200Bなんで、わりとお得な値段ですね。
      ホテル側が許可してくれたらの話ですが、プールサイドで昼間からバーベキューっぽいことができますね。

  7. 猫大好きパパ より:

    コームーヤーンは美味しかったですね^^
    なるほど。。溶き卵の方が食べやすいしゴミにならないですね^^次回食べる機会があればそうします^^

    • pattayan night より:

      コームーヤーンが美味しかったということは、やはり、この店はイサーン料理を注文したほうがいいみたいですね。
      チムチュムでもボトンと生卵を落として溶き卵にするタイ人もいてます。

  8. 幻のまんまの釣り師 より:

    今回は行かなかったのですが、
    ソイ・ブッカオのタラート近く、
    R-Con Residence(入口右にバービアがある)
    に向かって左側、ソイの入り口
    ソイにへばりつくように、ツボ?チムチュムがあります、
    向かいにクイティアオ屋台がある、
    安いし、美味しいですよ、
    最後に雑炊までやってくれます、
    飲み物はR-Conのセブンかファミマで買って、
    持ち込みO.K.、これがうれしい、

    • pattayan night より:

      あ、思い出しました。
      どこかでチムチュムの壺を見かけたと微かな記憶があったんですが、そこですね。
      貴重な情報ありがとうございます。今度必ず行ってみます。

  9. ケン より:

    あれ?私の質問消されてる?

    • pattayan night より:

      ほんとだ、消えてますね。
      消したつもりはないんですが、なぜか消えてしまいました。すいません。
      追記しておきました。

アドステア

take-away-breakfast-5
TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE

ノヴァエクスプレスホテルパタヤ (4)
パタヤ新築ホテル情報2016年12月(更新)

《更新情報》 〈リンク切れを修正しました〉 2016年

walking-street-201612
バカラ、ハッピー、ギンザ、パレス、ランウェイなど、パタヤ最新ゴーゴーバー訪問レポート

ここ数日、珍しく熱心にウォーキングストリートへ日参してきた。 いくつ

royal-qd-suite-hotel-8
ソイイエンサバイの格安ホテル、ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)宿泊レポート

Soi Yensabaiとは、パタヤタイにあるソイのこと。セカンド

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

→もっと見る

PAGE TOP ↑