*

移転したFLANDRIAのフライドチキンステーキがうまい。チムチュムもやってるよ。

公開日: : グルメレポート


以前、ソイブッカオ沿いでムーガタとベルギー料理とイサーン料理が食べられるレストランとして紹介した、FLANDRIA(フランドリア)。

フランドリア (4)

関連記事:ブッカオ沿いにあるムーガタが食べられるベルギーレストラン。でも、ムーカタよりもイサーン料理をどうぞ。

その後、レストランがなくなり、コンビニに変わってしまった。

が、ソイブッカオのさらに北側に移転して再オープン。
実際に再訪してみたので、レポートしたい。

SPONSOR LINK

FLANDRIA新店舗

新店舗外観
flandria-1

地図

ソイブッカオ北側のクランクコーナーを過ぎて東側。隣にファミリーマート、向かい側に小さなバービア群がある。

flandria-3

向かって左側がレストランで右側がバーとなっている。内部に仕切りがあるけれど、まあ、中は同じ。どちらに入っても料理は注文できる。

バーカウンターで、ベルギー人ボスのおっさんが無愛想な顔で座っているところは以前と変わりなし。このおっさんの笑ったところを見たことがない。

店頭には、HOTPOT、すなわちチムチュムの看板が出ている。

flandria-2

小サイズが180バーツ、大が300バーツだ。
トムボーイ風の店員に聞いたところ、ムーガタはやめてチムチュムにしたそうだ。
こっちのほうがいいと思う。以前のムーガタはおいしくなかったからね。

レストラン内部
frandria-2
メニュー
flandria-1

イサーン料理は健在。
あとは、ベルギー料理とステーキなどの洋食が目立つ。

ちょっと気になったディープフライドチキンステーキとやらをオーダーしてみた。

frandria-1

メニュー番号102番のDeep fried chicken steak。99バーツ。
タイ語でステークガイトート。

名前から判断すると、たぶん、シュニッツェルだろうと思っていた。ウィーン風のチキンカツのことね。

オーダーしてから10分以上待たされた。
他に客はいないのに長いなあ。

と、ようやく完成。

flandria-2

予想を裏切られた。
見た目は、単に巨大なフライドチキンである。

なんだよ、これだったら、KFCでいいじゃんかよ~

が、さらに期待を裏切られる。
もちろん、いい方向にである。

てっきり骨付きだと思いきや、骨なし。
極太の唐揚げがすべて肉なのだ。
この分厚さで骨なしは特筆すべきであろう。

flandria-3

きっちり中まで火が通っている。
どうりで、調理に時間がかかるはずだ。
衣を焦がすことなく、じっくりと時間をかけて揚げたのだろう。

この肉厚とジューシーさがたまらない。

衣のサクサク感もたまらない。
ケンタッキーの衣にちょっと似ているけど、独特の風味がある。

これがベルギー式のフライドチキンなのだろうか。
今まで食べたことがないフライドチキンだ。

フライドポテトとサラダがついて99バーツ。
このポテトもけっこう好き。マクドナルドのポテトよりも少しだけ厚みがあって、揚げ方も丁寧。

これは、アタリだ。
水は20バーツ。
合計119バーツで大満足である。

 

いやあ、フランドリアはいいね。
他の洋食メニューも食べたくなった。
機会があれば、チムチュムも試してみよう。

ちなみに、店の向かい側のバービア群から出前を取り寄せることも可能だ。

メニューによれば、レストランの営業時間は午前11時半から深夜0時まで。
バー部門はもうちょっと遅くまで営業しているかも。

洋食好きなら要チェックのレストランだ。
もちろん、イサーン料理でもチムチュムもどうぞ。

SPONSOR LINK

関連記事

カオムークロップ (1)

カオムークロップとカオムーデーン屋台。バミーとワンタンスープもあるよ。

パタヤタイ通りを走っていると、ソイブッカオとサードロードの間にムーデーンが一際目立つ屋台があった

記事を読む

FRYDAYのフィッシュアンドチップス (5)

99バーツのフィッシュ&チップスがボリューム満点でうまい店、FRYDAY。ソイニュープラザにあるよ。

パタヤにあるフィッシュ・アンド・チップスの有名店を紹介したい。 たぶん正式な店名は、「EV

記事を読む

カイカーオ (1)

タイのゆで卵あれこれ。カイトム、カイケム、カイヨーマー、カイカーオ。

ゆで卵が好きだ。 ご飯と食べるもよし、パンと食べるもよし、カレーに入れるもよし、ラーメンに

記事を読む

パタヤタイのクイジャップユアン (2)

パタヤタイにあるクイジャップユアン。巨大骨付きあばら肉入りスープがうまい。

ウドンターニー、ビエンチャンにつづいて、パタヤで食べられるクイジャップ(クイチャップ)を紹介した

記事を読む

パタヤヒル展望台カフェ (6)

パタヤヒル展望台にある絶景カフェ。パタヤ湾を眺めながらコーヒーとチョコトーストを。

パタヤヒル(プラタムナック)の頂上にある展望台。 ここからパタヤ湾を一望することができる。

記事を読む

セイラーレストランのブレックファースト (4)

【パタヤのファランな朝食】セイラーバーレストランのアメリカンブレックファーストは70バーツへプチ値上がりしたけど、満足度は高し

ビーチロードのソイ8のビーチ近くにある老舗のバー&レストラン、SAILOR(セイラー)。 ステ

記事を読む

roast-duck-dry-noodle-4

あひる肉のせラーメン、バミーヘンペット。パタヤタイのトゥッコム裏手。

パタヤタイのトゥッコム裏手を歩いていると、店先にぶら下がったアヒルたちを見つけた。

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツライス (2)

ラーメンチャンピオンでカオムートートと注文するとカツライスが出てきた

カツ丼が食べたくなった。 海外滞在中でも日本食へのこだわりは、ほとんどない。 これまで海

記事を読む

ホーモックガイ (3)

天秤屋台で購入したホーモックガイサイピー。鶏肉のバナナ葉っぱ包み蒸し。

タイの街角では、いまだに天秤をかついで行商する人がいる。 パタヤでも、ちょこちょこ見かける。

記事を読む

big-bowl-noodle-11

特盛りクイティアオ!BIG BOWL NOODLE@ソイローングナムケーン

ふらふらとブッカオとサードロードの間を走っていると、見慣れぬクイティアオ屋ができていた。

記事を読む

アドステア

アドステア

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

nana-to-donmuang-airport-4
日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本

magic-food-park-donmuang-airport-5
ドンムアン空港第3のフードコート、MAGIC FOOD PARK。

なにかと物価の高いドンムアン空港にあって安い食事どころといえば、マ

therme-cafe
テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビ

→もっと見る

PAGE TOP ↑