パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート ステーキ・洋食

移転そして改装したFLANDRIAのフライドチキンステーキがうまい。チムチュムもやってるよ。

投稿日:2016年11月29日 更新日:


以前、ソイブッカオ沿いでムーガタとベルギー料理とイサーン料理が食べられるレストランとして紹介した、FLANDRIA(フランドリア)。

フランドリア (4)

関連記事:ブッカオ沿いにあるムーガタが食べられるベルギーレストラン。でも、ムーカタよりもイサーン料理をどうぞ。

その後、レストランがなくなり、コンビニに変わってしまった。(さらに、その後コンビニも潰れた)

が、ソイブッカオのさらに北側に移転して再オープン。
実際に再訪してみたので、レポートしたい。

2017年8月改装を終えて、綺麗になっている。
最後に追記してあります。気になる人は、目次から一気にジャンプしてください。

SPONSOR LINK



FLANDRIA新店舗

新店舗外観
flandria-1

地図

ソイブッカオ北側のクランクコーナーを過ぎて東側。隣にファミリーマート、向かい側に小さなバービア群がある。

flandria-3

向かって左側がレストランで右側がバーとなっている。内部に仕切りがあるけれど、まあ、中は同じ。どちらに入っても料理は注文できる。

バーカウンターで、ベルギー人ボスのおっさんが無愛想な顔で座っているところは以前と変わりなし。このおっさんの笑ったところを見たことがない。

店頭には、HOTPOT、すなわちチムチュムの看板が出ている。

flandria-2

小サイズが180バーツ、大が300バーツだ。
トムボーイ風の店員に聞いたところ、ムーガタはやめてチムチュムにしたそうだ。
こっちのほうがいいと思う。以前のムーガタはおいしくなかったからね。

レストラン内部
frandria-2
メニュー
flandria-1

イサーン料理は健在。
あとは、ベルギー料理とステーキなどの洋食が目立つ。

ちょっと気になったディープフライドチキンステーキとやらをオーダーしてみた。

frandria-1

メニュー番号102番のDeep fried chicken steak。99バーツ。
タイ語でステークガイトート。

名前から判断すると、たぶん、シュニッツェルだろうと思っていた。ウィーン風のチキンカツのことね。

オーダーしてから10分以上待たされた。
他に客はいないのに長いなあ。

と、ようやく完成。

flandria-2

予想を裏切られた。
見た目は、単に巨大なフライドチキンである。

なんだよ、これだったら、KFCでいいじゃんかよ~

が、さらに期待を裏切られる。
もちろん、いい方向にである。

てっきり骨付きだと思いきや、骨なし。
極太の唐揚げがすべて肉なのだ。
この分厚さで骨なしは特筆すべきであろう。

flandria-3

きっちり中まで火が通っている。
どうりで、調理に時間がかかるはずだ。
衣を焦がすことなく、じっくりと時間をかけて揚げたのだろう。

この肉厚とジューシーさがたまらない。

衣のサクサク感もたまらない。
ケンタッキーの衣にちょっと似ているけど、独特の風味がある。

これがベルギー式のフライドチキンなのだろうか。
今まで食べたことがないフライドチキンだ。

フライドポテトとサラダがついて99バーツ。
このポテトもけっこう好き。マクドナルドのポテトよりも少しだけ厚みがあって、揚げ方も丁寧。

これは、アタリだ。
水は20バーツ。
合計119バーツで大満足である。

 

いやあ、フランドリアはいいね。
他の洋食メニューも食べたくなった。
機会があれば、チムチュムも試してみよう。

ちなみに、店の向かい側のバービア群から出前を取り寄せることも可能だ。

メニューによれば、レストランの営業時間は午前11時半から深夜0時まで。
バー部門はもうちょっと遅くまで営業しているかも。

洋食好きなら要チェックのレストランだ。
もちろん、イサーン料理でもチムチュムもどうぞ。

(追記)
2017年7月現在、リノベーション中。ほどなく新しいFlandriaになる。

(追記2017年8月)リノベーション後のフランドリア

Flandria フランドリア (1)

その後、無事に改装が終了。

Flandria フランドリア (3)

全体的に綺麗になり、すっきりした。
入って左手がレストラン、右手がバーっぽい雰囲気だが、どちらに座っても食事は取れる。
内装を張り替えて、落ち着いた雰囲気のレストランとなっている。
が、バーカウンターに座るベルギー人ボスの目つきの悪さは変わらず。入店すると、ぎろっと睨まれるが、別に悪い人じゃないので心配なく。
また、店前にはイヌが寝そべっているケースが多いけれど、これまたがぶっと噛みつかれたりはしないのでご心配なく。

メニューはそのまんま、変わらず。
営業時間も変わっていない。午前11時半から24時まで。

またもや、ディープフライドチキンステーキをオーダー。

Flandria フランドリア (8)

衣のパン粉の割合が増えているような印象。KFCよりも、普通のチキンカツに近くなった。
でも、肉厚たっぷりで、ジューシー。やっぱりおいしい。

Flandria フランドリア (9)

付け合せのソースは、タイ風の甘辛いチリソースから、マヨネーズとなっていた。タイの甘くて薄いマヨネーズではなくて、きちんとした本場っぽいマヨネーズ。
フライドチキンによく合う。
フライドチキンチキンステーキが99バーツ、コーラが30バーツ。合計129バーツ。
満足できます。

チムチュムも継続して提供している。

Flandria フランドリア (4)

Hot Potの小が180バーツ、大が300バーツ。
イサーン料理も健在だ。

あと、スパゲッティも豊富でけっこう安い。

Flandria フランドリア (6)

トマトソースとミンチ肉のパスタが50バーツから。
カルボナーラが79バーツ。
味は不明だけど、意外とお得かも。

ステーキで言うと、以前友人がポークチョップを食べていたが、これはハズレだった。
ここはガイトートステーキがおすすめ。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, ステーキ・洋食
-

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.