パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

ネット通信関連

悲報:AIS 12callのネット無制限パッケージプランが完全に終了

投稿日:

タイでの通信にはAISの12 Callを使っている。
スマホのデータ通信は、ネット無制限プランが素晴らしい。

関連記事:AIS、12callの7日間ネット使い放題パッケージを使ってみた。おすすめは4Mbps。

最高速度の制限があるものの、4Mbpsも出ていれば動画サイトも問題なく見られる。
いちいちWi-Fiに接続する必要もなく動画サイト垂れ流し状態だ。
最大速度4Mbpsの1ヶ月プランが、450バーツだった。
日本円で1575円ほど。

しかも、6ヶ月プランにすれば、激安である。
最大速度4Mbpsの6ヶ月プランが、1400バーツ。一ヶ月あたり230バーツだ。日本円で800円ほど。この価格でネット使い放題はすごい。

が、2019年2月のこと、突如として使い放題パッケージがなくなった。

関連記事:AIS 12Callのネット無制限使い放題プランが消滅?

名称こそノンストップと書いてあるが、実際には容量制限が加わるようになった。
容量を越えると、低速での通信となる。
これだけでもかなりの改悪だが、しかも料金までアップする始末。
まあ、あまりにも多くの人が垂れ流し状態で利用してしまい、回線が追いつかなくなったのだろう。

それでもAISアプリから申し込めば、6ヶ月プランと1年プランにかぎり、容量制限なしの無制限パッケージを申し込むことができた。

あれから半年ほどが経過。
さて現在の状態は?

SPONSOR LINK



AISネット無制限プラン完全消滅

ちょうど6ヶ月プランが終了したので、新たな申込みが必要となった。
前回と同じくAISアプリを起ち上げて、無制限プランをチェック。

Internet Non-Stopという項目が無制限プラン。

AIS 12コール スクリーンショット (1)

6ヶ月プラン、12ヶ月プランは健在だ。
料金も変わっていない。

わたしが普段使っているものは、最大速4Mbpsではなく6Mbpsのほう。4Mbpsでも充分だが、テザリングでブログ更新などをする必要があり、念の為に6Mbpsにしている。
6ヶ月プランで1,800バーツだ。
前回までは、このプランなら完全無制限だった。

が、詳細を見てみると、このとおり。

AIS 12コール スクリーンショット (3)

最大速度での通信量は一ヶ月25GBまでに制限されているではないか。
25GBを越えると、128kbpsという低速での通信となる。低速では無制限だけど、この速度で無制限と言われてもなあ。

一ヶ月でどれだけの容量を使うのかよくわからない。
これまで気にしたこともない。ひたすら垂れ流していた。

いきなり6ヶ月プランに申し込むのは気が引ける。
とりあえず30日プランを使ってみて様子を見たい。

が、料金は値上げずみ。650バーツが850バーツになっている。
なにか抜け道はないものか。

前回の記事ではあえて書かなかったが、実は改悪される以前のUSSDコードがそのまま使えていた。

たとえば、現在の4Mbpsの30日プランのUSSDコードは、*777*7361#となっている。

現在のUSSDコードはこちらで確認を。

http://www.ais.co.th/one-2-call/addon/en/nonstop.html

で、改悪前のコードは、*777*7155#

2019年2月頃は、この以前のコードをAISのホームページから見ることはできなかったが、コード自体は生きていた。
そのコードを入力すれば、以前の無制限プランのまま利用することができた。

ひょっとしてこの手がまだ使えるかもと思い、書き留めてあった6Mbps30日の無制限プランのUSSDコードを送信してみた。

ちなみに、旧コードは、*777*7211#である。
(新コードは、*777*7364#となっており、数字が全然違う)

すると旧コードでもちゃんと送ることができた。アクティベートもされた。
が、詳細を見てみると、制限付きの現パッケージに飛ばされていた。
料金も850バーツ(+VAT)がきっちり引かれている。
なんてこった。

まあしょうがない。
一ヶ月25BGで足りるのか実験してみよう。

そこで、スマホ側で一ヶ月の通信量制限を25BGに設定。
80%に達したところで通知するようにもした。

実際に測ってみると、一日1GB前後使うと判明。動画視聴時間は2時間くらい。
少ない時は500MBくらいで、多い時は1.5GB使うこともあった。
これだと一ヶ月待たずしてパケットオーバーしてしまいそうなので、自室で動画を見る時はWi-Fiに接続するようにした。
動画サイトを見る時にWi-Fi接続するのが当たり前なのだが、これまでは一切Wi-Fiなんて使わずにいたので、なんだか少々面倒くさく思えてしまう。
これまでが贅沢すぎたのかもしれない。
適宜Wi-Fiを使うようにすれば、25GBもあれば充分すぎるほど。
テザリングでPC接続してネットサーフィンやブログ更新に使うこともあるが、25BGあれば問題ない。

残りパケット量を調べるには、AISアプリで見てもいいし、*121*32#を送信してもいい。

SPONSOR LINK

やっぱり6ヶ月・12日ヶ月プランがお得

というわけで、次回からは、AISアプリから6ヶ月プランを申し込むことにする。
30日プランが850バーツなのに対し、6ヶ月プランは1800バーツである。
まあ、25GBまで使えて一ヶ月あたり300バーツ。約1000円だ。
まだまだ安いとは言える。

なお、最大速度4Mbpsなら、6ヶ月で1400バーツ、12ヶ月で2500バーツとさらに安い。
通常利用ならこれで問題なし。
1年プランにすれば一ヶ月あたり200バーツちょっとである。700円程度でいつでもネット接続が可能となる。
1年のうち、通算で3ヶ月以上タイに滞在する予定があるのなら、一気に1年プランに申し込んでおくのもありかもしれない。
このプランもそのうち改悪される可能性があるんで、先手を打っておくほうがよさそう。

短期旅行者なら?

一般的な短期旅行者なら、日数に応じてプランを選択すればいいだろう。
1週間用のノンストッププランもあるが、容量制限があるので、以前のような旨味はない。

はじめから容量が決まっているプランのほうがわかりやすいし、価格も安め。

AIS 12コール スクリーンショット (2)

AISアプリから申し込むのが一番楽でいいが、USSDコードを打ち込んでも同じこと。

プランとコードはここで調べられる。

http://www.ais.co.th/one-2-call/addon/en/maxspeed.html

1,3,5,7,10,15,30日とそれぞれ細かく分かれていて、容量も選ぶことができる。
このプランはいずれも通信速度自体に制限はない。その時の最大速度で通信できる。
たとえば旅行期間が6日なら7日プランにして、容量は2GBもあれば充分だろう。115バーツだ。(VAT7%が別途必要)

スクリーンショット_100119_082527_PM

この場合のUSSDコードは、*777*7047#

このコードを普通に電話するように入力して送信すれば、パッケージに申し込むことができる。
もちろん事前に料金をチャージ(トップアップ)しておくこと。

関連記事:AISの1・2コールを20バーツでトップアップして有効期限を延ばす方法(手数料なしで最長1年)
関連記事:Rabbit LINE PayとBluepay Walletを使って、AIS・12callトップアップ。日本のクレジットカード利用可能。

まとめ

AISのシステムはころころ変わる。
最新の情報に追いつくのが大変だ。というか無理がある。
必要になった時に調べるのがいいのだが、今回のように長期プランの変更があった時が厄介。
お得なプランはいずれなくなる。
その前にさっさと長期パッケージプランに加入しておいたほうが良さそうだ。

SPONSOR LINK

-ネット通信関連

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.