パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤホテル宿泊レポート

ソイPPにある隠れ家的ホテル、マリーナ ハウス (Marina House)宿泊レポート。バスタブ、プール付き。

投稿日:

ソイPPにあるマリーナハウス(Marina House)に泊まってみた。
以前から気になっていたホテルだ。
とにかく部屋が広い。玄関があって、キッチンがあって、廊下を通って寝室へ行くほど広い。
さらにバルコニーが異様に広い。
そして浴室にはバスタブまで付いている。
ソイブッカオ近辺の安ホテルでは群を抜いて広い部屋といえる。

SPONSOR LINK



マリーナ ハウス (Marina House)

サードロードのソイ21、通称ソイPPにある。
サードロード寄りだがソイブッカオも近くて立地は悪くない。

外観
マリーナハウス Marina House (2)

広い中庭があって、正面奥に宿泊棟。
バイクはそこらへんに駐輪可能。
レセプションは向かって右側の別棟にある。

アゴダで予約していたが、デポジットは取られなかった。
希望階を聞かれたので2階にしてもらう。
カードキーだけ渡されて自力で宿泊棟へ。

マリーナハウス Marina House (30)

エレベーターなし。階段のみ。
4階になるとちょっとしんどいだろう。
1階は外の音が聞こえそうだし、2階がいいと思う。

廊下
マリーナハウス Marina House (3)

部屋は片側のみ。バルコニーがソイPPを向いていることになる。

廊下からの眺めは特になし。民家やホテルが見えるだけ。

スタンダード1ダブルルーム

アゴダで予約した部屋は、スタンダード1ダブルというグレード。
他にグレードがあるかは不明。

マリーナハウス Marina House (4)

鍵はカードキーになっていて、かざすと解錠。

ドアを開けたところ
マリーナハウス Marina House (27)

まずは玄関とキッチン、それに浴室がある。

キッチンといっても流し台のみ。食器類は揃っている。

マリーナハウス Marina House (5)

電子レンジ、電子ケトルあり。
長期滞在するとかなり便利だと思う。

玄関先には大きなスーツケース置き場と下駄箱あり。

マリーナハウス Marina House (7)

廊下の先が寝室となる。

マリーナハウス Marina House (6)

無駄に広い。
室内の通電は常時可能。エアコンつけっぱなしでも外出可能だ。

寝室も問題ない広さ。

マリーナハウス Marina House (8)

日当たりもほどほどにいい。

カーテンを締めるとこんな感じ。

マリーナハウス Marina House (22)

ベッド、テレビ、冷蔵庫、クローゼット、化粧台、作業机など必要なものは揃っている。
全体的に古くなってきているが、決して汚くはない。

マリーナハウス Marina House (10)

ベッドの両脇にはサイドテーブルと照明あり。コンセントもある。

マリーナハウス Marina House (9)

ベッドのスプリングがかなりへたってきていて、寝心地は今ひとつだった。
これは部屋によりけりだろうから、いくつか部屋を見せてもらったほうがいいかも。

オットマン付きの一人がけソファーの座り心地は素晴らしい。

マリーナハウス Marina House (11)

クローゼット内にセーフティボックス。

マリーナハウス Marina House (12)

冷蔵庫内には無料の水が2本だけ。

マリーナハウス Marina House (13)

冷蔵の上には灰皿が置いてあった。
室内禁煙の注意書きもないため、室内で喫煙可能のようだ。実際に室内で吸ってみたが、チェックアウト時の室内チェックでも何も言われなかった。

液晶テレビの下にはDVDプレイヤーも設置してある。

マリーナハウス Marina House (14)

テレビのチャンネルはごく一般的なパタヤのケーブルテレビ。

エアコンは埋め込み式で効き目自体はいい。

マリーナハウス Marina House (24)

リモコンは壁固定式でちょっと使いづらい。温度調節が微妙だった。

バルコニー

マリーナハウス Marina House (15)

広い。とにかく広い。

マリーナハウス Marina House (16)

椅子が二つとテーブルが並んでいる。洗濯物干しもあり。

眼下にスイミングプールが見える。

マリーナハウス Marina House (17)

夜景
マリーナハウス Marina House (25)

ソイPPを向いているが、これだけ距離が離れていると、車が通っても室内まではほとんど音が聞こえてこない。
夜は静かに眠れる。

浴室

マリーナハウス Marina House (18)

部屋とバルコニーの広さに比べると、少々手狭感は否めない。

でも、なんともいってもバスタブ付きだ。

マリーナハウス Marina House (19)

これはまったく予期しておらず、ちょっとびっくりした。
湯船はそれほど大きくはないが一人でつかるだけなら充分。
二人で入るにはしんどい。

ちゃんと熱いお湯も出る。水圧はまずまずだが、湯を張るには時間がかかる。

マリーナハウス Marina House (20)

バスタブとシャワーは一体型のユニットタイプ。
シャワーカーテンがなく、うまくシャワーを浴びないと、洗面台の床も濡れてしまう。

洗面台は普通のサイズ。
アメニティは固形石鹸が2個のみ。あとは何もなし。

ちなみにバスタオルが2枚。ハンドタオルなし。

館内設備

ロビー脇はキッチンになっている。

マリーナハウス Marina House (28)

コーヒーや料理を注文可能のようだ。

ルームサービスもあるようだが、本当にやっているかは不明。

マリーナハウス Marina House (23)

部屋に置いてあるメニューを見ると、アメリカンブレックファーストが60バーツと安い。
カオパットは60バーツと普通。

そして、小さいながらもスイミングプール付きだ。

マリーナハウス Marina House (31)

ビーチベッドも完備。

が、肝心のプールの水質はあまりよろしくなさそう。

1階の一部の部屋はバルコニーの目の前がスイミングプールとなる。
とはいえ、一度玄関から出ないとプールには行けないが。

Wi-Fi無料

部屋の壁にパスワードが貼ってある。

マリーナハウス Marina House (21)

ブラウザを開いてログインするタイプ。
部屋によりけりのようだが、速度はかなり遅い。
1Mbpsも出ないこともあった。
接続自体は問題ないが、いかんせん遅い。
ロビー近くは早いようだ。

JF無料

ホテルの宿泊棟入り口に詰め所あり。

マリーナハウス Marina House (26)

20歳以下とレディボーイは入館禁止と書いてある。
IDカードチェックならびに預けが基本のようだが、詰め所は無人のことも多く、実際はほぼスルー可能。

地図と周辺施設

地図

サードロード(チャルームプラキアット)のソイ21にある。通称ソイPPだ。
サードロード寄りの立地で、ソイブッカオまでは徒歩3分ほど。

ホテルの看板が小さいので見落としがち。

マリーナハウス Marina House (1)

最寄りのコンビニはサードロードへ出て右折すぐ。

近所にレストランや食堂は多い。
過去当ブログに何度も登場したおすすめの店ばかり。

関連記事:ローカルだけど本格派!サードロードのステーキ屋ガオライサイサーム。おすすめはポークチョップ。
関連記事:これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋、マハーサムット。
関連記事:サードロードの移転したモーファイ屋はメニュー豊富で利用価値大
関連記事:サードロードの安くてうまいイサーンレストラン、ティーラーブセーブ。おすすめはトムセーブ。
関連記事:カオトムグイ1杯5バーツ。ヤムカイヨーマーもおいしい雑炊食堂。
関連記事:リニューアルしたステーキ屋SURPRISEの170gハンバーガー
関連記事:カレー風味の巨大ガイヤーンにかぶりつけ!Chicken World@ソイブッカオ
関連記事:ソイP.P.のおいしいクイティアオ屋。牛肉入りナムトックスープがおすすめ。

すべて徒歩数分圏内。
短期滞在なら、ここで紹介した食事処をまわるだけで滞在が終わってしまうかも。

ソイブッカオまで出れば、ソンテウ1本でLKメトロやウォーキングストリートへ行ける。
ウォーキングストリートからは帰りが少々面倒だが、パタヤの地理に慣れている人なら問題なく移動できるはず。
わりと便利な立地だが、完全なパタヤ初心者はやめておいたほうが無難。
たぶん迷う。

宿泊料金と予約先

アゴダで予約して1泊626バーツだった。

マリーナハウスアゴダスクリーンショット

ローシーズンでは600バーツを切ることもある。
ハイシーズンだと、もちろんこれより高くなる。
1000バーツの価値はないと思うが、800バーツ前後で泊まれるなら、ハイシーズンでも価値はあるかなと。

マンスリー価格は、16,000バーツ。

マリーナハウス Marina House (29)

電気代水道代すべて込み。
ルームクリーンも希望であれば毎日可能。
ハイシーズンですべてコミコミ16,000バーツで一ヶ月利用できるなら、けっこういいかも。
でもたぶんハイシーズンはこれより高くなるような気がする。

マンスリーならホテルに直接予約が必要。
一度お試しで泊まってからのほうがいい。

ホテル予約サイトでの取り扱いはアゴダしか見当たらなかった。

マリーナ ハウス (Marina House)予約先

アゴダ

まとめ

部屋の広さは申し分なし。
広すぎて困ることはないが、別にこんなに広くなくてもいいなじゃないかとも思う。
ホテルの通りから奥まったところに建っていることもあり、街中の喧騒から隔離されて、静かに過ごすことができる。
ソイブッカオの隠れ家的ホテルと言える。

マイナス点は、Wi-Fiの速度が遅いことと、ベッドのスプリングがへたっていたこと。あと、エアコンの調整がちょっとしづらかったこと。
ソイブッカオ界隈で、この価格帯で、部屋がこれほど広くて、浴室はバスタブ付きで、さらにスイミングプールもあるようなホテルやアパートはなかなかない。

長期滞在向けだが、数泊程度でも問題ないと思う。

ただ、似たような立地で綺麗な部屋と綺麗なスイミングプールが希望なら、隣のソイにある新築ホテルのSLEEP WITH MEがいい。

関連記事:ソイブッカオの完全新築ホテル、Sleep with Me Pattaya 見学レポート

宿泊料金は数百バーツ高くなるだろうけど、綺麗さは段違い。

また、立地を我慢するなら、新築サービスアパートメントのバーンパクディがおすすめ。
マンスリー価格もそれほど高くない。

関連記事:パタヤの新築サービスアパートメント、バーンパクディ (Baan Pakdi)宿泊レポート。プール・ジム付き

SPONSOR LINK

-パタヤホテル宿泊レポート

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.