パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート ステーキ・洋食

カレー風味の巨大ガイヤーンにかぶりつけ!Chicken World@ソイブッカオ

投稿日:2017年3月3日 更新日:


ソイブッカオの南側に以前から気になっているガイヤーンの店がある。
店頭に大きなグリルがおいてあり、ガラスケースの中でまるごとチキンがぐるぐるとまわされている。

店の名前は、CHICKEN WORLD。そのまんまだな。

Chicken world Pattaya (5)

でも一羽まるごとは一人では食べ切れないしなあと、ずっと購入する機会がなかった。

が、ちょうどいいサイズのメニューを見つけた。

Chicken world Pattaya (6)

しかも、ハッピーアワーなら、ポテトとサラダとドリンクがセットになって150バーツ。
これはトライするしかないでしょう。

で、実際、すごかった。

SPONSOR LINK



チキンワールドの巨大ガイヤーン

訪れたのは夕方5時過ぎ。
腹ペコ状態で訪れた。

午後4時から6時までがハッピーアワーだ。

セット内容は、ハーフチキン、ポテトフライ、サラダ、それにお好きなビール。
ビールはサンミゲルライトでもシンハーでもお好きなものを。

まずはビールが届く。
ガイヤーンは焼き上がるのに時間がかかると言われた。

店頭の巨大グリルは残念ながら稼働していない。

Chicken world Pattaya (10)

奥の厨房で焼いているそうだ。

待つこと10分ちょっと、待望のガイヤーンが到着。

どん!

Chicken world Pattaya (2)

この巨大さと迫力が伝わるだろうか。

角度を変えてもう一枚。

Chicken world Pattaya (1)

さらにどん!

Chicken world Pattaya (3)

鶏肉の焼き上がり色が食欲をそそりますな。ああ、たまらん。

付け合せのポテトもけっこう山盛り。
サラダも量が多い。

ナムチム(タレ)は、マヨネーズとタイ料理でおなじみの甘辛いチリソース。

さて、この巨大チキンをどう料理してやろうか。

フォークとナイフで解体をこころみる。
骨が多くて、けっこう難しい解体作業。

Chicken world Pattaya (4)

ええい面倒じゃあ。かぶりついてしまえ。

うめえ。
表面の皮には、かすかにカレー風味。
いわゆるガイヤーンとは違っている。
でも、うまい。皮がとにかくうまい。やっぱりチキンは皮だな。
いやいや、肉も柔らかい。弾力があって、食いごたえあり。

マヨネーズにも合うし、甘辛いチリソースにも合うし、もちろんそのまま食べてもいい。
味を変えていったほうが楽しめるかな。

骨が多くて、最初の見た目ほど可食部分があるわけではないが、それでもボリュームたっぷりだ。
が、骨の髄までしゃぶりつくしてこそのガイヤーンでしょう。
フォークとナイフなんていらん。手で食べろ。
必至にかぶりつく。

何とか完食。
ポテトまで食べると、満腹どころか、ちょっと苦しくなってしまった。さらにビールだもんなあ。
これで150バーツはお得でしょう。

チキンセットはハッピーアワー以外でも食べられます。たぶん、180バーツ。

調理してくれたおばさんは、「次もお腹すかせてから店に来てねえ」と笑顔。
というか、お腹すかせた状態じゃないと、これは食べきれませんな。

地図

店の名刺
Chicken world Pattaya (8)

Mayriyada-European-Cameroon-Thai Food

と書いてある。
Mayriyadaがよくわからないが、カメルーン料理もあるみたい。
チキンがカレー風味だったのは、そのあたりの影響だろうか。サラダもタイではあまり見かけないタイプだったし。

他のメニューもちょっと気になる。

Chicken world Pattaya (9)

チキンバーガーもうまそうだなあ。

ブレックファーストもやってますね。

Chicken world Pattaya (7)

営業時間は、午前10時から夜12時まで。

とりあえず、カレー風味の巨大ガイヤーンとビールのセットを堪能したい人は、夕方4時から6時のあいだにどうぞ。
150バーツとぺこぺこのお腹を用意して訪れるべし。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, ステーキ・洋食

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2017 All Rights Reserved Powered by STINGER.