*

カレー風味の巨大ガイヤーンにかぶりつけ!Chicken World@ソイブッカオ

公開日: : グルメレポート


ソイブッカオの南側に以前から気になっているガイヤーンの店がある。
店頭に大きなグリルがおいてあり、ガラスケースの中でまるごとチキンがぐるぐるとまわされている。

店の名前は、CHICKEN WORLD。そのまんまだな。

Chicken world Pattaya (5)

でも一羽まるごとは一人では食べ切れないしなあと、ずっと購入する機会がなかった。

が、ちょうどいいサイズのメニューを見つけた。

Chicken world Pattaya (6)

しかも、ハッピーアワーなら、ポテトとサラダとドリンクがセットになって150バーツ。
これはトライするしかないでしょう。

で、実際、すごかった。

SPONSOR LINK

チキンワールドの巨大ガイヤーン

訪れたのは夕方5時過ぎ。
腹ペコ状態で訪れた。

午後4時から6時までがハッピーアワーだ。

セット内容は、ハーフチキン、ポテトフライ、サラダ、それにお好きなビール。
ビールはサンミゲルライトでもシンハーでもお好きなものを。

まずはビールが届く。
ガイヤーンは焼き上がるのに時間がかかると言われた。

店頭の巨大グリルは残念ながら稼働していない。

Chicken world Pattaya (10)

奥の厨房で焼いているそうだ。

待つこと10分ちょっと、待望のガイヤーンが到着。

どん!

Chicken world Pattaya (2)

この巨大さと迫力が伝わるだろうか。

角度を変えてもう一枚。

Chicken world Pattaya (1)

さらにどん!

Chicken world Pattaya (3)

鶏肉の焼き上がり色が食欲をそそりますな。ああ、たまらん。

付け合せのポテトもけっこう山盛り。
サラダも量が多い。

ナムチム(タレ)は、マヨネーズとタイ料理でおなじみの甘辛いチリソース。

さて、この巨大チキンをどう料理してやろうか。

フォークとナイフで解体をこころみる。
骨が多くて、けっこう難しい解体作業。

Chicken world Pattaya (4)

ええい面倒じゃあ。かぶりついてしまえ。

うめえ。
表面の皮には、かすかにカレー風味。
いわゆるガイヤーンとは違っている。
でも、うまい。皮がとにかくうまい。やっぱりチキンは皮だな。
いやいや、肉も柔らかい。弾力があって、食いごたえあり。

マヨネーズにも合うし、甘辛いチリソースにも合うし、もちろんそのまま食べてもいい。
味を変えていったほうが楽しめるかな。

骨が多くて、最初の見た目ほど可食部分があるわけではないが、それでもボリュームたっぷりだ。
が、骨の髄までしゃぶりつくしてこそのガイヤーンでしょう。
フォークとナイフなんていらん。手で食べろ。
必至にかぶりつく。

何とか完食。
ポテトまで食べると、満腹どころか、ちょっと苦しくなってしまった。さらにビールだもんなあ。
これで150バーツはお得でしょう。

チキンセットはハッピーアワー以外でも食べられます。たぶん、180バーツ。

調理してくれたおばさんは、「次もお腹すかせてから店に来てねえ」と笑顔。
というか、お腹すかせた状態じゃないと、これは食べきれませんな。

地図

店の名刺
Chicken world Pattaya (8)

Mayriyada-European-Cameroon-Thai Food

と書いてある。
Mayriyadaがよくわからないが、カメルーン料理もあるみたい。
チキンがカレー風味だったのは、そのあたりの影響だろうか。サラダもタイではあまり見かけないタイプだったし。

他のメニューもちょっと気になる。

Chicken world Pattaya (9)

チキンバーガーもうまそうだなあ。

ブレックファーストもやってますね。

Chicken world Pattaya (7)

営業時間は、午前10時から夜12時まで。

とりあえず、カレー風味の巨大ガイヤーンとビールのセットを堪能したい人は、夕方4時から6時のあいだにどうぞ。
150バーツとぺこぺこのお腹を用意して訪れるべし。

SPONSOR LINK

関連記事

ぶっかけ飯屋1

長期貧乏滞在者の強い味方。ブッカオ市場のぶっかけ飯屋。

【ブッカオの市場】 タイ語で市場はタラートという。 ソイブッカオには大きな市場が2つある

記事を読む

グラポプラー魚の浮袋スープ屋台 (3)

グラポプラー。魚の浮袋スープは、なんちゃってフカヒレスープのお味。

大きな寸胴から湯気が立ち上っている屋台を発見。 予想ではジョークかなあと思ってタイ人に質問して

記事を読む

ビーチクラブ前カオマンガイ (3)

ウォーキングストリート、ビーチクラブ前屋台のカオマンガイとバミーナム

ウォーキングストリートの目抜き通り沿いには、かなり高めの観光客向けレストランばかり。 ローカル

記事を読む

ソイ6食堂 (1)

ソイ6のど真ん中にあるローカル食堂

パタヤビーチロードソイ6といえば、とてつもなくいかがわしい通りである。 普通の観光客が

記事を読む

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)

DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。 DOMICILは、オースト

記事を読む

Brauhaus menu (5)

ドイツ料理レストラン、Brauhausのジャーマンブレックファースト

パタヤの各国料理レストラン紹介シリーズ。 今回はドイツへGehen(Go)! どうでもい

記事を読む

ムーヤーン (2)

パタヤカンソイ12イサーン屋台のナムトックムー(ムーヤーン)がうまい

パタヤカンのイサーン屋台 パタヤカンのソイ12入り口にイサーン料理屋台がある。 昔、この近所

記事を読む

jasmin-israel-restaurant-4

イスラエル料理レストラン「JASMINE」のブレックファースト125バーツ

ソイブッカオの南側には、なぜかは知らないが、イスラエル系の店やゲストハウスが多い。 この旅

記事を読む

khonkaen-ramen-9

コンケーンで見つけた日本ラーメン屋台は、謎仕様に美味いスープですごい

イサーンでは、ふいに日本語の看板やのれんに出くわすことがあり、びっくりさせられる。 ブリラ

記事を読む

カイヨーマー

カイヨーマー(ピータン)入りのジョークを食べよう

ジョークといえば、タイのおかゆ。 米粒の形がなくなるほど、どろどろに煮込まれている。

記事を読む

アドステア

アドステア

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

Walking street 201706 (1)
【6/23 昨晩のウォーキングストリート】ゴーゴーは午前3時に一斉閉店。一部ディスコのみ営業継続。でも大して影響ないよ。

今週頭に当局からウォーキングストリート各店へ発布された警告を受けて、ウ

Yakitori Nongkhai (1)
ノンカーイは意外なグルメタウン。赤提灯日本式焼き鳥屋台とカオニャオマムアンで舌鼓。

ラオス・イサーン旅行記16 (15「タイビザ取得後、国際バス

→もっと見る

PAGE TOP ↑