パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

パタヤホテル宿泊レポート

PSアパートメント D Xプレス宿泊レポート。格安アパートながらスイミングプール利用可能。

投稿日:


以前紹介した、Dエクスプレスアパートメント。
部屋は広くて綺麗だし、屋上のプールが気持ちいい。

D Xpress apartment (8)

わたしの友人は何度も利用してすごく気に入っている。
特にバスタブ付きのデラックスルームがお気に入り。

関連記事:ソイブッカオ近くのサービスアパート、Dエクスプレスアパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

下位グレードの部屋だと1泊1,000バーツ程度だけれど、中長期滞在者からすると高く感じでしまう。
そこで、Dエクスプレスの施設は利用しつつも、格安で泊まる方法がある。
向かい側にあるPSアパートメントに宿泊することだ。
1泊450から500バーツ程度で泊まることができる。

SPONSOR LINK



PS アパートメント D Xプレス (PS apartment (D Xpress))

アゴダの登録名は、PS アパートメント D Xプレス (PS apartment (D Xpress))となっている。
現地では、PS APARTMENTとだけ書いてある。
経営はDグループによるもの。

チェックインは、Dエクスプレスのフロントで行う。

D Xpress apartment (1)

アゴダで予約していき、チェックインはスムース。
1泊500バーツもしないのに、デポジット1000バーツ。
まあしょうがない。

ちなみにチェックイン開始時間は午後1時。
チェックアウトは午前11時となっている。

鍵はいろいろついていてけっこう重たい。
ルームキーと通電用カードとアパートのオートロック解除用キーカードの3つ。
その説明を受けて、道路を渡り、PSアパートメントへ。

PSアパートメント (5)

奥に建物がある。

PSアパートメント (1)

多くの時間帯は、玄関のドアは閉まっていて、キーカードで開閉する。
玄関にPSアパートメントの担当者が待っていて、そのまま部屋へ案内してくれた。

エレベーターなし。
今回は一階の部屋だったから問題ないが、4階になるとしんどそう。

スタンダードエコノミー

どうやら部屋の大きさは2種類あるようだが、今回泊まったのはスタンダードエコノミーというグレードで、小さいほうの部屋となる。

PSアパートメント (7)

うん、いたって普通の安アパートだ。
けっこう傷んできているが、決して不潔ではない。

PSアパートメント (13)

PSアパートメント (8)

電気はカードを挿すと通電するタイプ。アパートなのにしっかりしている。

PSアパートメント (19)

エアコンのほか、壁掛け扇風機もあり。
意外と扇風機は使える。

PSアパートメント (20)

作業机の上にちゃんと電灯。テレビは旧式のブラウン管。

別に椅子と丸テーブルのセットもある。

PSアパートメント (10)

廊下側に窓があるけれど特に開ける意味はない。

冷蔵庫の中には無料の水が2本。

PSアパートメント (17)

灰皿が置いてある。室内禁煙の表示はなく、室内でそのまま喫煙できるようだ。
Dエクスプレスも同様だった。

クローゼット内には、セーフティボックスあり。

PSアパートメント (18)

室内は暗くてじめっとした印象がした。
これは1階で日当たりが悪いせいだと思う。

バルコニー

PSアパートメント (11)

狭いが洗濯物干しが設置してある。
1階のため景観はなし。隣の建物の壁が見えるだけ。

3階以上だと景色はましになると思う。
室内の日当たりも考えると、階段でのぼるのは少々しんどいが、3階以上のほうがいいような気がする。

浴室

PSアパートメント (15)

一体型で少々窮屈。
シャワーを浴びると床はすべて水びたしとなる。
ホットシャワーの水量と温度は申し分なし。

PSアパートメント (14)

洗面台はやや広くて使いやすい。

アメニティは、固形石鹸と袋詰めシャンプーのみ。
これは、Dエクスプレスでも似たようなもの。
サービスアパートメントはどこも同じだ。
必要なものは自分で揃えるのが基本。

Wi-Fi無料

ブラウザを開いてログインするタイプ。
パスワードはキーカードのうしろに書いてある。
速度はまずまず。スマホで計測したところ、19Mbpsだった。
これだけあれば動画サイトも普通に視聴可能。

ジョイナーフィー無料

JFは無料。
本来DグループはJF無料で、IDカードチェックありだ。
が、PSアパートは、ほとんどの時間帯は無人のため、チェックもなにもない。
連れ込みは自由かつ自己責任となっている。どうしてもいうなら、本館でIDカードを預かってもらってもいいだろうけど。

設備

アパートメント内には何もない。
玄関脇に電子レンジが置いてあるくらい。

Dエクスプレスの設備はすべて使ってオッケー。

PSアパートメント (2)

ロビーには、無料のドリンクとお菓子が置いてある。

PSアパートメント (4)

屋上のプールももちろん利用可能。

D Xpress apartment (9)

500バーツの安宿に泊まりながら、このプールを使えるのはすばらしい。

地図と周辺施設

地図

サードロードのソイ11にあたる。
ソイブッカオから歩いて4,5分といったところ。サードロードのほうが断然近い。

アパートの看板は、隣のサービスアパートメントの看板に隠れていて、わかりづらい。

PSアパートメント (6)

このソイには使えるレストランやカフェ多し。

サードロードには、PANGPONDカフェ。歩いて1分ほど。ここのコーヒーはおいしい。

関連記事:サードロードのちょいおしゃれカフェ Pangpond Cafeでアラビカ種コーヒーとカイガタ

また、ほどよいブレックファーストが食べられるカフェも近所にある。

関連記事:Soi9.Coffeeは、ソイブッカオのお手軽カフェ。ブレックファースト90バーツ。

隠れた洋食屋のリソールもおすすめだ。

関連記事:ソイブッカオに隠れ洋食屋あり。リソールとヴィーナーシュニッツェルがうまい。

ソイブッカオまで出ればソンテウでLKメトロやウォーキングストリートへもアクセスできる。
サードロードを出たところにコンビニあり。
また、パタヤカンも近いため、ビッグCエクストラあたりまでは徒歩圏内。

生活するには意外と便利な場所。

宿泊料金と予約先

アゴダで予約するとこの価格だった。

アゴダPSアパートメントスクリーンショット

1泊444バーツ。
よくわからないがクーポンコードが適用されて安くなっている。
通常は500バーツ程度だと思う。
それでも安い。

マンスリー価格
PSアパートメント (3)

ハイシーズン(11月2日から3月1日)と、ローシーズン(3月2日から11月1日)で料金が分かれている。

スモールルーム:ハイシーズン15,000、ローシーズン12,000
ビッグルーム:ハイシーズン18,000、ローシーズン15,000

電気代水道代すべて込みの価格。
部屋の掃除は2日に1度。

電気代水道代とルームクリーン代を含めて、ローシーズンで月12,000バーツか。
部屋の広さや快適さを考えると、家賃5000か6000バーツくらいが妥当。
今回泊まった部屋だと割高感は否めない。
ただルームクリーンは自分でやらなくていいし、エアコンも電気代を気にせず使いまくれるし、暇な時間は屋上のスイミングプールを利用できると考えると、そこまで悪くないかも。

ちなみに、本館のDエクスプレスは、ローシーズンでバルコニーなしの一番安い部屋が月22,000バーツ。
高級サービスアパートメントの部類に入るだろう。

安上がりに済ませたいならPSアパートメントだ。

PS アパートメント D Xプレス (PS apartment (D Xpress))予約先

アゴダ

ホテル予約サイトではアゴダでしか取り扱いがない模様。

まとめ

正直なところ、今回泊まった1階の部屋は薄暗い上に陰気な感じがする。
ここに1ヶ月の長期滞在はきついかもしれない。
でも数泊程度なら問題なさそう。
もちろん上階の部屋ならまたイメージは変るだろう。
パタヤのアパートをまだ体験したことがない人は、一度こういうところに泊まってみて、だいたいのイメージを掴むといいかもしれない。

短期滞在でも長期滞在でも、もっといい部屋に住みたいなら、普通に本館のDエクスプレスを利用すべし。

関連記事:ソイブッカオ近くのサービスアパート、Dエクスプレスアパートメント宿泊レポート。屋上プール付き!

より短期滞在ならDホテルがいい。立地はさらに便利だ。

関連記事:ソイブッカオの新築ホテル紹介。屋上プールが見晴らし最高のDホテルと、アットホームなBAAN BUAKHAO。

また、Dグループには、Dアパートメントという安い宿もある。

関連記事:屋上プール付きでコスパ上々、立地良し。Dアパートメントパタヤ (D Apartment Pattaya)宿泊レポート。

バルコニーがないけれど、部屋はDアパートメントのほうがいいと思う。
Dアパートにも屋上プールがあって利用可能。
Dグループの宿はどこも問題ないと思う。スタッフたちはフレンドリーだし、室内は清潔に保たれている。

SPONSOR LINK

-パタヤホテル宿泊レポート

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.