*

ミャンマー陸路移動は可能なのか?下川裕治「裏国境突破 東南アジア一周大作戦」

公開日: : プチ情報・便利帳


アジア旅行記界のゴッドファザー、下川裕治の新作が出た。
今回は、下川先生の大得意分野、貧乏バス旅行による東南アジア一周旅行に挑戦している。
東南アジア好きとしては読まずにはいられない。

下川裕治『「裏国境」突破 東南アジア一周大作戦』
下川裕治裏国境 001

 

さて、わたしがバックパッカーをやっていた90年代から、陸路による東南アジア大周遊旅行は夢の話だった。
というのも、現実問題として、ミャンマーの陸路踏破が不可能だったから。
タチレクなどからは陸路での入国が可能。でも、その先へはあまりすすめない。途中の町までだ。それ以上は、外国人は追い返されてしまう。

2012年にわたしも実際にタチレクを訪れているが、日帰りですごすごとメーサイに戻ってきている。

関連記事:メーサイとタチレク

古い話だが、電波少年での猿岩石の「ユーラシア大陸ヒッチハイク横断」企画で、猿岩石の二人が飛行機に乗ったことが発覚したのも、不可能であるはずのミャンマー陸路通過をしたかのような編集と演出がなされていたからだ。

そんなわけで、旅人たちの間では、ずっと幻とされてきたミャンマー陸路踏破。

が、2013年に、ミャンマーの規則がかわったのか、陸路でも移動できるというニュースが出てきた。
わたしも耳にしていて、かなり気になっていた。
これが本当なら、タチレクから入って、ヤンゴンまで陸路で行けるのではないか。

それはすなわち、陸路での東南アジア大周遊旅行が可能となることを意味する。

果たして本当なのか?

それを下川先生は本書で試している。
ミャンマー陸路通過による東南アジア一周だ。

それも、単に陸路で東南アジアを一筆書きのように一周するだけでなく、一般的なバックパッカーが利用しないような辺鄙な国境を通過して、周遊旅行しようというものだ。

バンコクを出発して、カンボジア、ベトナム、ラオスへ進んでいく。

その国境の名前はこんな感じ。

チョンチョム
オスマック
チャドック
ディエンビエンフー
ムアンクア
ホンサー
ムアンガン

ほら、よっぽどの国境マニアでもない限り、知らないような地名ばかり。

タイ・カンボジア国境で有名なのはアランヤとポイペトだが、そんなところは通らない。
スリン郊外のチョンチョムから林の中にあるようなカンボジア国境を通過、いや、まさに突破していくのだ。

いやあ、おもしろい。
トラブルがありつつも次々と国境を突破していき、最後の関門へ。
そう、ミャンマー国内移動だ。
メーサイからタチレクに入り、前へ前へ。
が、厳然とそびえるミャンマー軍事政権の壁。
さて、どうなるか?

まあ、結論をばらしてしまうのは何だけど、不可能ではないがまだまだ制限が多いというもの。
詳しくは本書を読んでほしい。

ルートをやりくりすれば、東南アジア一筆書き大周遊陸路旅行はできなくもないということか。
あともうちょっとだ。
ミャンマーの陸路移動が全面的に解禁されて、さらにミャンマーとラオスの国境が開放されれば、もっと自由に移動できるようになる。
これにはミャンマーの政治状況や民族問題が絡んでいるようで、すぐには解決しそうにない。
早く平和になってほしい。

それにして、やっぱりおもしろいね、こういう貧乏体当たり旅行は。
まあ、別に貧乏節約旅行をしているから偉いってことはないし、普通に飛行機に乗ったり団体ツアーで行くのが恥ずかしいことなわけでもない。
好きなように旅行すればいいと思うんだけど、やっぱり、行き当たりばったりで創意工夫しながら、前へ進んで行くスタイルはおもしろい。
誰にでもおすすめできる旅のスタイルじゃないが、旅行の醍醐味であることも確か。

最近はパタヤ沈没ばかりになってしまったけど、こういう旅行本を読むと、またぞろ旅の虫がうずきだす。

うーん、やってみたいぜ、東南アジア大周遊旅行。

 

さて、タイ語にも堪能な下川先生。
以前このブログでも紹介したのが、「タイ語の本音」。
リアルに使えるタイ語満載の好著なので必読。

関連記事:パイナイ?と聞かれたら、こう答えろ。とにかく便利なタイ語、ミートゥラ。

今回の「裏国境突破 東南アジア一周大作戦」では、あまりタイ語の話は出てこない。
でも、一つ印象に残ったのが、「ローク クラーブ」というタイ語。
直訳すれば、「蛇の脱皮」。
で、日本語のニュアンスでは、「垢抜ける」という意味になるそうだ。
なるほどねえ。

お隣のラオスからタイに入ると、タイ女性たちのファッションや化粧がとても垢抜けて見えるとのこと。
20年前に比べれば、明らかに違うと力説する下川先生。
うん、たしかにラオスとタイを比べると、女性の垢抜け具合には雲泥の差があるように感じるなあ。
ビエンチャンはそうでもないけれど、地方同士を比べれば歴然としている。
ラオスがあと20年経てば、今のタイのようになるとは、ちょっと思えないけどね。

というわけで、タイに限定せず、東南アジア旅行好きならぜひとも、手にとって欲しい一冊。
旅に出たくなるよ。

SPONSOR LINK

関連記事

LINE海外スタンプ入手 (28)

日本で海外(タイ)のLINEスタンプを入手&海外のスマホで日本のLINEスタンプを入手する方法

今回の記事を実践すれば、できること。 ・日本で使っているスマホにインストールしたLINEで

記事を読む

スクートSCOOT TZ297搭乗記 (11)

関空発バンコク行きSCOOT(スクート)TZ297便搭乗記。飛行時間は6時間だった。

2015年より運行がはじまったSCOOTによる大阪・バンコク便、TZ297。 この便は

記事を読む

MEGA BREAK PATTAYA (1)

パタヤでビリヤード、MEGA BREAK POOL HALL

パタヤには無数のバービアがあり、その多くはビリヤード台を置いている。 無料もしくは

記事を読む

パタヤ雨降り2016年1月15日 (1)

【パタヤ近況】季節外れの大雨と、TTカレンシーのレート

ビエンチャンやウドンターニーのネタがたまっているため、なかなかブログ更新が追いつきませんが、わた

記事を読む

エアアジア予約

エアアジアのクレジットカード決済手数料がさらに値上げ。でも、安くする方法あり。(追記の追記)

日本からタイへの格安航空券として定着してきたタイ・エアアジアX。 通常のプロモーション価格でも

記事を読む

TTカレンシーレート

【現在豪雨中】本日のパタヤ状況。TTのレートは3257です。

現在、4月30日午後4時過ぎのパタヤ。 昨晩から明らかに日本人の姿が増えた。 昼間にブッ

記事を読む

ボンコットステーキ屋 (6)

ソイボンコットの59バーツステーキ屋に行ってみた。コスパ高しの優良店かな。

以前より気になっていたソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 ようやく行く機会があったので

記事を読む

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_102916_113438_pm

SCOOT4周年プロモーション中、急げ。バンコク片道8400円、往復15801円。

LCCのスクート(SCOOT)が、新たなセールプロモーションを始めている。 題して

記事を読む

ドンムアン空港発ローカルバス (3)

ドンムアン空港からローカルバスでスワンナプーム空港やモーチットへ行く方法。バスを乗り換えてパタヤへ。

ドンムアン空港からパタヤへ行く方法 以前、ドンムアン空港からパタヤへ行く方法を紹介した。

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂 (6)

ソイエキサイト脇道の食堂は日本語メニューあり。味良し、使い勝手良し。

ソイブッカオの裏道をぶらぶら歩いていると、わりと入りやすそうな食堂がある。 以前から見かけては

記事を読む

アドステア

Comment

  1. sawa より:

    次回のパタヤ行(7月)迄待ちきれません、

    さっそくご紹介の2冊買いました。

    いつも更新を楽しみにしています。

    • pattayan night より:

      sawaさん、いつもご愛読ありがとうございます。
      あの2冊はおもしろいですよ。
      わたしは、もう少ししたらまたパタヤ行きです。

  2. 痛風 より:

    タイからミャンマーへの陸路入国ですが、2013年の8月に、4箇所(?)が開放されたようですね。

    下記の旅行記のように、タイのメーソートからミャンマーのモールメイン、そしてヤンゴンへ、というルートは既に多くの日本人が移動していますが(2日で行ける)、タチレクからミャンマーのタウンジーとかマンダレーに抜ける移動をした体験記はほとんど見かけませんね。

    15年前にインレー湖に行った際(ヤンゴンからバスで24時間かかりました)、バスで1時間のタウンジーへ行き、タウンジー大学で3日間、授業を聞いたり、女子大生と仲良くしたり、楽しく過ごしました。
    ミャンマーの東大であるヤンゴン大学が軍事政権によって閉鎖されていたので、ヤンゴンの優秀な学生が数多く、タウンジー大学におりました。
    次回はタチレクから行ってみたい、と考えていますが?

    http://hootentoku.boo.jp/trabel_diari2/19/2014-12.htm

    • pattayan night より:

      ネタバレになるんで、詳しくは書きませんでしたが、タチレクからのルートは不可のようです。途中で足止めされます。
      下川さんもメーソートからのルートへと変更を余儀なくされています。詳細は下川さんの本をお読みください。
      2014年の話のようですので、現在は不明ですが、たぶん無理なような気がします。
      ソースは忘れましたが、ラノーンとの国境が通れなかったというような記事も読んだ気がします。
      まあ、ボーダー情報はいろいろ錯綜しますんで、はっきりわかりませんよね。
      わたしもタチレクからヤンゴンまでは陸路移動してみたいんですが。

アドステア

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

Nongkhai Night life (2)
ノンカーイの夜遊び2017年。バンガロー置屋からラオっ娘を持ち帰り。

ラオス・イサーン旅行記17 (16「ノンカーイは意外なグルメタウ

→もっと見る

PAGE TOP ↑