パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

イサーン料理 グルメレポート

【イサーン料理】コームーヤーンとゲーンヘット@パタヤアベニュー屋台村

投稿日:


突撃昨日の晩御飯シリーズ。
いや、食べたのはまだ明るいうちだから、昼御飯か。

訪れたのは、パタヤアベニュー内にある屋台村。
各種料理屋台が揃っていて、なかなか便利。

パタヤアベニュー屋台村 (1)

関連記事:パタヤアベニューの屋台村は使える。トムヤムクンとカオカイジアオセットが60バーツなどなど。

トムヤムクンとカイジアオのセットがお得だった。
が、そのトムヤムクン屋台はすでに撤退していた。

パタヤアベニュー屋台村 (3)

隣のかき氷屋もなくなっている。
おっと、日本語が話せるおばさんのサテ屋台まで見当たらない。

どうやらこの屋台村は、1ブロックを月3500バーツで借りられるようだ。とりあえず試しに1ヶ月営業してみて、ダメだったらさっさと撤退する屋台が多いみたい。
なかなか定着しないなあ。

SPONSOR LINK



イサーン屋台

少し気になっていたイサーン屋台は営業継続中。
ここで食べることにする。

パタヤアベニューイサーン料理屋台 (1)

ざっとメニューを見ると、ソムタムが50バーツからと、なかなかいいお値段。
スープ系は60バーツ。

ガス式のグリルで肉を焼いていた。

パタヤアベニューイサーン料理屋台 (7)

これはうまそう。ソムタムはやめて、肉とスープにしておこう。
屋台前にテーブルあり。その場で食べることができる。

コームーヤーン

豚の喉肉を焼いたもの。イサーン料理の大定番。
メニューには、Grilled Pork Neckと書いてある。そのまんま。日本でいうところの豚トロに近いです。

すでに火を通してある肉をもう一度焼きなおしてくれた。

フォークが刺さっているのがコームーヤーン。

パタヤアベニューイサーン料理屋台コームーヤーン (3)

切りわけて完成。

パタヤアベニューイサーン料理屋台コームーヤーン (1)

量は標準的か少し多いくらい。
脂身は少なめ。
それほどタレは染み込んでおらず、やや淡白な味わい。
タレは激辛ですな。
脂身の部分は、一口噛めば、あぶらと肉の旨味があっというまに広がって、一気に脳内快楽物質が放出されます。幸せな気分。
これぞコームーヤーンを食べる醍醐味。
でも、まあ、そこまで大したコームーヤーンではないです。

屋台脇に置いてある野菜は勝手に取ってもかまわない。
白菜をもぎって、サニーレタスがわりに、タレを漬けた肉を巻いて食べる。

パタヤアベニューイサーン料理屋台コームーヤーン (2)

ちょっとだけヘルシーな料理に早変わり。ま、野菜をきちんと洗っているかは怪しいけどね。

イサーン食堂やレストランでコームーヤーンを食べると、60バーツから80バーツほど。
ここは60バーツ。
お値段的にもお味的にも、いたって普通のコームーヤーンです。
外国人客も多い屋台村の中にあるので、イサーン屋台や食堂に慣れていない人でも簡単に注文できるのが利点。

コームーヤーンのおすすめは、やっぱりカオトムプラジャンバンとティーラーブセーブですかね。
より豚トロっぽくなります。

コームーヤーン

カオトムプラジャンバンのヌアヤーンがうまい。ヤムプーマーやクンパオもいける。
おすすめレストラン、カオトムプラジャンバンふたたび。追加料理多数。
イサーン料理食堂のコームーヤーンがB級グルメ度100%でうまい。白ご飯とのシンクロ率も100%。

ゲーンヘット

ゲーンは、スープのこと。トムとの区別がよくわからないが、あまり気にしない。とりあえず、ゲーンヘットと覚えておけばいい。
ヘットは、きのこ。
よって、ゲーンヘットは、きのこスープとなる。
これまたイサーン料理の定番。
メニューには、Spicy mushroom soupと書いてある。これまたそのまんま。

調理の際に辛さを聞かれたが、ちょっどだけ辛くしてもらった。ペッニッノイ。
あと、スープに入れるきのこの種類も指定可能らしいけど、今回はおまかせで。

ぐつぐつときのこを煮込むため、ちょっと調理に時間がかかる。10分ほど待った。

パタヤアベニューイサーン料理屋台ゲーンヘット (1)

はい、きのこたっぷりスープのできあがり。
そういえば、自分一人で食べるゲーンヘットを注文するのは初めてかも。いつもはイサーン出身者がオーダーしているのを一緒に食べていたんで。

スープの上から下まで、まさにきのこだらけ。

パタヤアベニューイサーン料理屋台ゲーンヘット (2)

詳しいきのこの名前はよくわからん。とにかく、きのこ三昧。

黒っぽい色をしたスープだが、そこまで濃厚でもなければ臭みもない。
きのこのダシが出ていて、そこそこおいしい。
辛さ控えめにしてもらったので、イサーン人オーダーのゲーンヘットに比べれば、辛さはマイルド。
ローカル仕様だとむせ返るほど辛いことがある。

かなり飲みやすいスープとなった。
とはいえ、それなりに辛いし、きのこ特有のクセもある。
苦手な人はダメだろうなあ、これ。
きのこ好きの人は、ぜひ食べてみてほしい。

あまりのきのこの量のため、完食できず。
ま、タイ人でも一人でゲーンヘットを完食している人は見たことがないんで、残すのは普通のこと。気にしない。

まとめ

なんちゃって糖質制限ダイエット中のため、わざとカオニャオ(もち米)は頼まなかった。
満腹にはならないが、2品でほどほどに満足。

コームーヤーンとゲーンヘット

コームーヤーン60バーツ、ゲーンヘット60バーツの合計120バーツ。

ペットボトルの水が別途オーダーで10バーツ。総合計130バーツの食事となった。

満足度:75点

コームーヤーンもゲーンヘットもどちらもパンチ不足。
でも、真っ昼間からテーブルに座ってイサーン料理が食べられる店は意外と少ないんで、その点はアリでしょう。
英語平気メニューが貼ってあるし、慣れていない外国人でもオーダーは簡単。一人で訪れても平気。
そこまでおすすめはしませんが、気楽にイサーン料理を試してみたい人とはどうぞ

あと、パタヤアベニュー屋台村にカオソーイを扱う屋台も見つけた。

パタヤアベニュー屋台村 (2)

あまり期待はできないが、そのうち食べてみる。
変化が激しい屋台村につき、すぐに撤退してしまうかもしれない。
食べたいものはお早めに。

SPONSOR LINK

-イサーン料理, グルメレポート

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.