パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート タイ料理全般(食堂・レストラン)

パタヤアベニューの屋台村は使える。トムヤムクンとカオカイジアオセットが60バーツなどなど。

投稿日:2017年12月31日 更新日:


セカンドロード沿いにあるパタヤアベニュー(The Avenue Pattaya)。

Pattaya Avenue

この地上階空きスペースに飲食屋台が集まり始めたのはいつだったろうか。
最初はぽつぽつと散発的に屋台が出ているだけ。

2017年7月の様子
Pattaya avenue food court (5)

この一角はどうにも落ち着きがない。
せっかくビリヤード場を取り壊したのに、特に決まったテナントが入るわけではなかった。
きっと、この屋台群もすぐに廃れていくだろうと思っていた。

が、ここ1,2ヶ月ほどで、立派な屋台村へと成長。
客足も周辺で働くタイ人を中心ににぎわっている。ファランも多い。

屋台は20店舗以上ありそう。
全部はまわりきれないが、何店舗か食べ歩きしてみたんで、暫定的なレポートをお届け。

SPONSOR LINK



パタヤアベニュー屋台村

正式名称があるかどうか知らないが、パタヤアベニュー屋台村と勝手に命名させていただく。

パタヤアベニューのどちら側からでも入れる。
近いのは裏側のブッカオソイ15側。

パタヤアベニュー屋台村 (13)

ソイ15側から見た屋台村
パタヤアベニュー屋台村 (1)

セカンドロード側からは、パタヤアベニュー敷地内を少し歩く。

こちらは、セカンドロード側から見た屋台村
パタヤアベニュー屋台村 (18)

屋台多数で、それぞれの店舗でテーブルを用意している。でも、他の屋台から料理を運んできても大丈夫。
ドリンク屋台の水は10バーツ。屋台によっては無料の水あり。

パタヤアベニュー屋台村 (12)

パタヤアベニュー屋台村 (24)

食べ物屋台ばかりでなく、日用品売り場も少々。
あと、変わり種では、青空散髪屋もある(屋根付きだけど)。

パタヤアベニュー屋台村 (14)

ローカル臭が強め。
でも、食べ物屋台は英語でメニュー表記があり、タイ料理初心者でもわかりやすい。

ワンタン入りバミーナム

パタヤアベニュー屋台村 (2)

まずは、定番のクイティアオから。ワンタン入りの中華麺、つまりバミーナムギアムをいただく。

英語&ロシア語&中国語メニューあり。雲呑湯麺てわかりやすいなあ。

パタヤアベニュー屋台村 (16)

上掲メニューの一番上を指差せば、ワンタン入りバミーナムとなるはず。
ワンタンはホットプレートで保温されている。

パタヤアベニュー屋台村 (17)

さくっと完成。

パタヤアベニュー屋台村 (15)

ワンタンの他、焼豚(ムーデーン)も入っている。
スープはやや濃い目。
これといった特徴もなければ、特に問題もないバミーナムで、ごく普通。量はやや少なめ。
ワンタンと焼豚もいたって普通。

50バーツ。量からするとちょっと高いか。
でも、セカンドロード近くという好立地で、昼間からワンタン入りのオーソドックスなバミーナムを食べられる店は意外と少ないんで、バミー好きな人はどうぞ。

(追記)
このバミー屋台は、バミートムヤムがおすすめ。60バーツだが満足度は高い。

ぶっかけ飯屋のスープ

パタヤアベニュー屋台村 (22)

スープやカレーがメインのぶっかけ飯屋もある。
種類は少しだけ。鍋に入っているんで、自分でぱかっと開けて、中身をチェックすればいい。

冬瓜っぽい野菜と骨付き豚肉のクリアスープにしてみた。
ちゃんと火にかけて温め直してくれた。

パタヤアベニュー屋台村 (20)

おお、いい感じに熱々で飲みやすい。具がてんこ盛り。
見た目どおり、すっきりした味。
冬瓜っぽいウリ科の野菜は、くたくたに煮込まれている。
豚肉が骨付きでちょっと食べにくいが、味はいい。
二日酔いの昼に食べるのが最適かも。
ご飯とセットで50バーツ。

パタヤアベニュー屋台村 (21)

この手のスープは、パタヤカンのフードランド前カオマンガイ食堂のスープが有名。

関連記事:二日酔いの昼下がりには、熱々スープと白ご飯を

スープの種類が違うんでなんとも言えないが、すっきり感はアベニューのぶっかけ飯屋のほうが上かも。
かなり飲みやすいです。

トムヤムクン+カオカイジアオセット

パタヤアベニュー屋台村 (9)

3軒目が今回のハイライト。
トムヤムクン屋台だ。

セットメニューがお得。

パタヤアベニュー屋台村 (10)

Omelette with rice + Tom Yam Soupのセットが60バーツ。

手書きメニューもあり。

パタヤアベニュー屋台村 (11)

フライドオムレツとは、カイジアオのこと。この卵料理は、ゆで卵、目玉焼きにすることもできるようだ。
また、トムヤムスープは、魚、チキン、ミックスから選択可能。残念ながら、エビ単体のトムヤムクンはセットにはできない。(単品メニューではもちろんトムヤムクンがある。)

ミックスでオーダーしてみた。

はい、こちら。カオカオジアオとトムヤムミックスです。

パタヤアベニュー屋台村 (5)

カオカオジアオ用のチリソースはテーブルにあり。

メインディッシュのトムヤム。

パタヤアベニュー屋台村 (6)

ほじくり返すと、イカや鶏肉が出てきた。
さらに、エビも2尾ほど入っている。

パタヤアベニュー屋台村 (7)

エビ入りなんで、いちおうトムヤムクンと名乗っても問題なし。

スープはけっこう辛め。というのも、辛さの度合いを注文時に聞かれて、辛くしていいよと答えたせい。
スープだけ飲むと汗が吹き出す。でもうまい。

口の中が辛くなったら、オムレツご飯と一緒に食べるといい。ちょうどいい塩梅に中和される。
スープの酸味は思ったより強くない。わたしは辛いのはある程度平気だが酸っぱいのが苦手なんで、これくらいがちょうどいい。
また、一人で食べるにはトムヤムの量もちょうどいい。
お一人様向けセットとしては、充分な量。腹をすかせた状態の昼ごはんとしてちょうどいい。
いや、ほんと、ちょうどええ。

カオカオジアオを屋台で食べると、30バーツないし40バーツ。
量が違うとはいえ、トムヤムクンを単品オーダーすると80バーツか100バーツくらいしそう。観光客向けレストランなら、もっと高い。

このセットで60バーツは利用価値大ですな。今のところ、アベニュー屋台村では一押しメニュー。

パタヤアベニュー屋台村 (8)

ちなみに、この屋台は無料の水なし。
ドリンクをオーダーすると、別の飲み物屋台から運んでくれる。水代は飲み物屋台の人に直接払う。

(追記)
トムヤムクン屋台はその後、撤退している。

トムヤム屋台の隣には、かき氷屋。日本の氷みつを使っているようだ。

パタヤアベニュー屋台村 (23)

辛くなった口をかき氷で甘くしてもいいかもね。

その他の屋台

他にも気になる屋台は多い。

ステーキとクイジャップ系の屋台。

パタヤアベニュー屋台村 (3)

イサーン料理屋台。コームーヤンが60バーツ。

パタヤアベニュー屋台村 (19)

マッサマンカレーとパンがセットになった屋台。
日本語を話せるおばさんがやっているサテ屋台。
などなど。

実食すれば、また記事を追加していきたい。

(追記)
コームーヤーンは実食した。
【イサーン料理】コームーヤーンとゲーンヘット@パタヤアベニュー屋台村

地図とまとめ

地図(The Avenue Pattayaとの表記)

営業時間は屋台によりけりだろうけど、トムヤムクン屋台のおばさんいわく、おおよそ午前9時から午後9時くらいまで。
あまり遅くなると閉店する屋台が増える。
日中から夕方にかけて訪れるのがベター。

どこの屋台も英語でメニューが張り出してあり、注文は簡単。外国人旅行者やタイ料理初心者でも利用しやすい。
立地条件を考えると、お値段は良心的。
屋台の種類もそこそこ豊富で、短期滞在なら毎日通っても飽きずにすむかも。
わざわざ遠方から訪れる必要はないけれど、セカンドロードやソイブッカオ近辺に滞在しているなら、昼間の散歩がてら食べにいくといいでしょう。
LKメトロからも近い。ソイダイアナのアレカロッジ脇の路地を抜けて行くと、あっという間です。
アベニュー屋台村、けっこう使えます。

(追記)
2018年8月から、屋台村は丸ごと2階へ移転している。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, タイ料理全般(食堂・レストラン)

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.