パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

プチ情報・便利帳

【パタヤ散策】パタヤタイからスクンビット通り

投稿日:2018年1月24日 更新日:


パタヤではレンタルバイクを日常の足に使っている。
パタヤタイ(サウスパタヤ通り)沿いにあるガソリンスタンドで給油。100cc程度のスクーターならガソリン満タンにしてもせいぜい100バーツか120バーツほど。

いつものならこのまま引き返すか、ソイボンコットにでも立ち寄るところだが、この日はなぜか気分が乗って、そのままパタヤタイをスクンビット方面へ走ることにした。
さらにスクンビット通りとダークサイドをツーリング。

いろいろと発見もあったので、パタヤ散策としてレポート。

SPONSOR LINK



パタヤタイ沿い

まずは、パタヤタイ通りをさくっと走る。

クイジャップユアンセーブルーイ

パタヤタイクイジャップユアン (1)

以前紹介したクイジャップユアンの店。

関連記事:パタヤタイにあるクイジャップユアン。巨大骨付きあばら肉入りスープがうまい。

軒先で営業していたのが、いつの間にか店舗を拡大。広い店になっていた。

パタヤタイクイジャップユアン (2)

しかも看板によれば24時間営業。流行っているみたいですな。

クイティアオルア

パタヤタイクイティアオルア (3)

ここはわりと有名なクイティアオの店。
駐車場の奥にジャングル小屋のようなクイティアオ屋がある。大きな船が目印。

パタヤタイクイティアオルア (1)

パタヤタイクイティアオルア (2)

1杯15バーツから。
そのうち食べる。

バーカディン1とグラスサービススイーツを横目に走る。

バーカディン1とグラスサービス

関連記事:バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。
関連記事:The Grass Serviced Suitesはアットマインドグループの新築サービスアパートメント

向かい側にバーカディン2。

バーカディン2

ビッグCの少し手前側に、10バーツのクイティアオがある。

パタヤタイ10バーツクイティアオ

おそらくは、わんこそばスタイルのクイティアオルア屋だ。
ここも気になる。そのうち食べる。

パタヤタイとスクンビットの大きな交差点に近づく。渋滞気味。

パタヤタイとスクンビット交差点

交差点手前、ファミリーマート前が乗り合いソンテウ乗り場となっている。

パタヤタイ乗り合いソンテウ乗り場

このソンテウはウォーキングストリート近くの交差点で右折して、セカンドロードを走る。
パタヤタイ沿いに宿泊しても乗り合いソンテウでの移動は可能。ただし、本数は少なめ。特に夜になると本数減。

スクンビット通り

スクンビットを左折して、しばらく走る。

マクドナルド

スクンビットのマクドナルド (1)

おっと、マクドナルド発見。
ドライブスルーも兼ねた店舗で、まだ綺麗だ。

スクンビットのマクドナルド (3)

店内もすっきりしている。2階もある。
価格はパタヤ中心部に比べると、少し安めの印象。
スパイシーチキンバーガーセットが119バーツ。ダイエット中のはずが、ついついオーダーしてしまう。

スクンビットのマクドナルド (2)

我ながら意志の弱いことよ。

客層はファランがほとんど。あと、中国人の若い女性たちも来ていた。どこに泊まっているんだ?

またスクンビットへ出る。

MAX MUAY THAI STADIUM

パタヤMAXムエタイスタジアム (1)

左手に、ムエタイスタジアムのMAX MUAY THAI STADIUM PATTAYA。

平日は中国人が団体バスで訪れる。土曜日はテレビで生中継もあり。

パタヤMAXムエタイスタジアム (2)

工事中だけど、営業しているのかね。

ムエタイスタジアムの正面あたりが、スクンビットの地下バイパスの出入り口。

パタヤスクンビットバイパス

バイクは通行できません。

KING POWER

さらに進んで左手に大型免税店のKING POWER。

パタヤKIG POWER免税店

そういえば、さっきマクドナルドにいた中国人はキングパワーの買い物袋をぶら下げていたなあ。

HEAVEN

キングパワーの道路向かいには、Heaven(ヘブン)。

HEAVEN MP

複合娯楽施設のようですが、まあ、MPです。

バスターミナルいろいろ

パタヤカン(セントラルパタヤロード)との交差点にさしかかる。

そのすぐ手前には、ナコンチャイのイサーン方面行きバスターミナルがある。

ナコンチャイコンソーン (1)

ナコンチャイコンソーンと書いてある。どうやらナコンチャイエアとは別会社のようだが、まあ、ナコンチャイエアの第2チームってところか。

ナコンチャイコンソーン (2)

ルーイ行き。
あとは、チャイヤプーンとかコラートとか。
パタヤ発コラート行きバスは、他にもSMKバスがある。

関連記事:パタヤからコラートへの行き方とSMKバス。コラートからパタヤへの帰り方も。

でも、コラート出身のタイ人に聞くと、やはりナコンチャイのほうが快適だそうな。人気路線につき予約必須らしい。
パタヤからチャイヤプーンに直接行けるのもいいなあ。
今度使ってみようか。

なお、道路の反対側にナコンチャイエアのバスターミナルがある。

ナコンチャイエアパタヤバスターミナル

こちらは主にチェンマイ、チェンライ、メーサイ方面のバスが出る。あと、ブリラム、スリン、ウボンラチャタニー行きバスもあり。
窓口で前売りチケットを予約購入可能。
以前チェンマイ行きを検討したことがあるが、最高グレードがGOLDクラスまで。VIPクラスは運行しておらず、あきらめた。
バンコクのモーチットバスターミナルからはナコンチャイエアのチェンマイ行きVIPクラスも出ている。

パタヤカンとの交差点をそのまま直進。

スクンビットとパタヤカン交差点

今回は立ち寄っていないが、この交差点付近にはチャンツアーのバス乗り場がある。

以前、コンケーンからパタヤまでチャンツアーで移動したことがある。

関連記事:コンケーンからパタヤへ帰還。チャンツアーのVIPバスで10時間50分の長旅。

逆ルートも当然あるはずなんで、ここからコンケーンまで直接行けるはずだ。バスによってはコラートにも立ち寄るはず。

さらに、少し進んで、ガソリンスタンドの奥には407というバス会社がある。

407事務所1

ここは、ノンカイ行きバスを運行。
コラート、コンケーン、ウドンタニー、ノンカイと進む。

パタヤからウドンタニー・ノンカーイに直行するなら、407バス一択となるはず。

関連記事:パタヤからウドンターニーへ。カラオケ嬢と乗るVIPバスは遠足気分。

まあ今となっては、ウタパオ空港からエアアジアで一気にウドンタニーまで飛ぶほうを断然おすすめしますが。

関連記事:パタヤ・ウタパオ空港からウドンターニーまでエアアジアで移動してみた。シティトランスファー利用。
関連記事:ウドンタニーからパタヤへエアアジアでさくっと帰還。ウタパオからパタヤ市内への行き方。

パタヤカンとの交差点を300メートルほど進むと、右折できるポイントがある。
曲がった先は、ソイサイアムカントリークラブだ。

ソイサイアムカントリークラブ入口ゲート

ルート地図

バイクがないと少々しんどいが、これくらいなら徒歩でも散策可能かと。
パタヤカンまで来たら、ソイブッカオ・セカンドロード方面への乗り合いソンテウあり。歩き疲れた乗り合いソンテウでソイブッカオあたりへ戻ればいい。
炎天下での徒歩散策はおすすめしませんが、ちょっと曇っている日にでも歩いてみましょう。いろんなパタヤを発見できます。

長くなったので、次回ソイサイアムカントリークラブ散策に続く。

次回⇒【パタヤ散策】ソイサイアムカントリークラブとタラサウナ

SPONSOR LINK

-プチ情報・便利帳
-

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.