パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

プチ情報・便利帳

【パタヤ散策】ソイサイアムカントリークラブとタラサウナ

投稿日:2018年1月25日 更新日:


パタヤ散策、前回からの続き。
【パタヤ散策】パタヤタイからスクンビット通り

パタヤタイからスクンビット通りに入り、パタヤカンを越える。

SPONSOR LINK



ソイサイアムカントリークラブ

ソイサイアムカントリークラブ入口ゲート

ここから先は、イーストパタヤとなる。ダークサイドとも呼ばれるエリアだ。

標識の表記は、Pornprapanimit。グーグルマップでも同様。でも、この名を実際に聞いたことない。
Soi Siam Country Clubと呼ぶ。
クラブは省略して、ソイサイアムカントリーでいいでしょう。タイ人にはこの名称で通じる。
名門ゴルフクラブのサイアムカントリークラブへ通じる長いソイ。

車では過去何度か通ったことがあるけれど、自分の運転するバイクで走るのはこれが初めてかも。

ソイに入ってすぐのところは、普通のローカルな町並みですな。

ソイサイアムカントリークラブ (1)

ソイを進むと線路がある。
すぐ左手にパタヤ駅。

パタヤ駅

関連記事:バンコク(ドンムアン空港・ファランポーン駅)からパタヤへ列車で行く方法

今回は駅はスルーして、ソイを直線する。

基本ローカルですな。
小さな商店や食堂が並ぶ。

チムチュム89バーツの看板。

ソイサイアムカントリークラブ (2)

安いなあ。

Eastiny Park Community Mall

ソイサイアムカントリークラブ Eastiny park (1)

イースティーグループらしいショッピングモールを発見。
Eastiny Park Community Mallと書いてある。

ソイサイアムカントリークラブ Eastiny park (2)

どうやら、スーパーマーケットとレストランになっているようだ。

このあたりにも長期滞在ファランや在住者が多いようで、ローカルなエリアながらも、ぶらぶら歩くファランをよく見かける。

BO SEONG SIAM SAUNA

ソイサイアムカントリークラブサウナ (2)

さらに進んで右手にSAUNAと大書された看板。
BO SEONG SIAM SAUNAとの表記だ。
名前からすると韓国系サウナだが、たしか以前はカントリーサウナという名前だったような。垢すりができるとかできないとか。

ソイサイアムカントリークラブサウナ (1)

現在プロモーション中で男性150バーツ、女性100バーツ。
安いね。

Kiss Food & Drink

ソイサイアムカントリークラブ (2)

サウナのすぐ近くにキッスレストラン。
セカンドロードやジョムティエンにあるキッスレストランの系列店だ。こんなところにもあったのか。知らなかった。

タラサウナ(TARA SAUNA)

ソイサイアムカントリークラブTARAサウナ (1)

ソイ5入口にタラサウナの案内板が掲げてあった。
場所はおおまかに把握していたが、実際に行くのはこれが初めて。

TARA SAUNAへの行き方

かなり入り組んだ道程となるが、各所に案内板が出ていて、それに従っていけばたどりつける。

まずは、ソイ5を道なりに進む。

ハイウェイ7号線の高架下をくぐって、さらに進む。

ソイサイアムカントリークラブTARAサウナ (9)

すると、セブンイレブンの手前に案内板。

ソイサイアムカントリークラブTARAサウナ (2)

左手に大きなホテルがある路地に入っていく。

ソイサイアムカントリークラブTARAサウナ (3)

また7号線の高架下をくぐる。

ソイサイアムカントリークラブTARAサウナ (8)

だんだん道が怪しくなってきるが、どんどん進む。

ソイサイアムカントリークラブTARAサウナ (4)

ようやく、タラサウナに到着です。

ソイサイアムカントリークラブTARAサウナ (5)

これは、わかりづらい場所にあるなあ。

タラサウナの奥には、Bua Tara Resortというホテルも併設。

ソイサイアムカントリークラブTARAサウナ (6)

Agoda⇒ブア タラ リゾート (Bua Tara Resort)

ソイサイアムカントリークラブTARAサウナ (7)

こんな不便な場所にサウナだが、バイクや車はたくさん停まっている。
やはり人気のサウナだ。公式FBページによると男性は160バーツ。

今回はパスするが、もう場所はわかった。機会があれば、サウナに入りに来よう。

(詳しい地図は記事最後に掲載)

とはいえ、パタヤ中心部に滞在している短期旅行者の人は、i-SPAのほうがいいです。

関連記事:パタヤのおすすめサウナ i-SPA Sauna & Spa

ソイサイアムカントリーの市場

また戻る。
基本、地味なソイサイアムカントリー。

ローカル市場がありますな。

ソイサイアムカントリークラブ (17)

惣菜や衣類が中心の模様。けっこうにぎわっている。

さらに、もうひとつ大きな市場。

ソイサイアムカントリークラブ (18)

こっちは生鮮食品売りかな。飲食店経営者向けでしょう。
すでに多くが店じまい済み。

ソイサイアムカントリーのバー

ローカルエリアそのものが散策の理由の一つだが、やはりダークサイドといえば、バー探しも欠かせない。
事前情報では、ソイサイアムカントリーにもバーやジェントルマンズクラブが多いとのことだった。でも場所は知らない。

延々とソイサイアムカントリーを走る。ひたすら一本道。タウンハウスが多い。
が、それらしいバーは一向に見つからない。

かろうじて小さなバーを見つけた。

ソイサイアムカントリークラブ (20)

Chill Out Barと書いてある。

うーむ。見たところ、普通のバービアか。

他にも2,3軒ほど小さなバーを見かけたような気がするが、特にジェントルマンズクラブらしきものはなかった。

プレデターが君臨する謎の店ならあった。

ソイサイアムカントリークラブ (21)

クラフトワークショップか中古品売り場かなあ。

この大きな交差点まで到着。

ソイサイアムカントリークラブ (22)

右折すれば、ノーンプルー役場、エレファントビレッジなどに通じているようだ。

かなり走ったつもりだが、まだ先は長い。
サイアムカントリークラブまでは遠い。
いや、その手前にある湖にも距離がある。長いソイだな、ソイサイアムカントリー。

空は雨雲に覆われている。
ぽつぽつと雨粒が降り出した。
このまま湖と山の方へ向かうと土砂降りにあいそうだ。
とりあえず今回はここでUターン。

あとで調べてみると、湖周辺に多くのバーやジェントルマンズクラブが点在しているようだ。
かなり遠いなあ。
このあたりの調査は次回に持ち越し。

地図

地図

グーグルマップストリートビュー

ソイサイアムカントリー入口からスタートして、追体験してみてほしい。ただし、撮影日が2012年になっており、現在とは風景が一部異なる。

 

ソイサイアムカントリーを逆戻り。一度、線路沿いの道路まで戻る。左折して、南へ進む。
雨はなんとか持ちこたえそうだ。
そのまま隣のソイへ突入することにしよう。

次は、Soi Nern Plab Wanだ。

【パタヤダークサイド散策】ソイヌーンパブワン

SPONSOR LINK

-プチ情報・便利帳
-

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.