パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

プチ情報・便利帳

パタヤのおすすめサウナ i-SPA Sauna & Spa

投稿日:2018年1月4日 更新日:


二日酔いなのか三日酔いなのかさっぱりわからないが、とにかく飲み食いしすぎで体がパンク状態のパタヤ正月。
そろそろ毒気を抜いておくかとサウナへ行くことにした。

パタヤには、意外とサウナが多い。
サードロード方面には中韓団体客向けのサウナがいくつもあるし、ダークサイド(イーストパタヤ)にはローカルタイ人と在住外国人向けの大きなサウナもある。ナックルアやソイユメの中に北欧系のサウナがひっそりと潜んでいたりもする。(ただし、ジョムティエンのサウナはゲイ専門だったりするので要注意。)

が、単身短期旅行者向けのわかりやすいサウナは、パタヤ中心部には少ない。
ソイ10にVIPサウナというところがあるが、かなりしょぼい。

やはり、一番おすすめなのが、i-SPA(アイスパ)でしょう。

i-spa pattaya2号店 (1)

現在パタヤに、i-SPAが3店舗。
今回は、サウスパタヤにオープンして間もない3号店に入ってきた。
3店舗ともすべて見学してきたが、新規オープンだけあって、3号店はとても清潔で綺麗。まだ客も少なく、のんびり過ごすことができた。

SPONSOR LINK



i-SPA SAUNA & SPA 3

i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (1)

サウスパタヤのサードロード沿いに建っている。
(アイスパ各店の詳しい地図と行き方はのちほど)

どうやら、2017年9月にオープンしたようだ。

i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (5)

バイクは店の前に駐輪可能。それほど多くはないが駐車も可能。

i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (10)

受け付け横には綺麗なロビーとセーフティボックス(店内にもロッカーあり)。

i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (7)

利用方法は簡単。まずは、受け付けへ。

i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (6)

料金表
i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (2)

いろんなパッケージプランがあるが、細かいことは割愛。
とりあえず、サウナ利用の基本料金がこちら。

i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (3)

通常時(男性):250バーツ
女性:180バーツ
金曜日(男性):180バーツ

営業時間:午前11時から午後10時まで
ただし、サウナルームの利用は午後9時まで

制限時間はない。開店から閉店までいても大丈夫。

受け付けでは、最初に名前を告げるだけ。するとロッカーのキーを渡してくれる。料金は退店時に精算する。
(2018年2月追記:読者さんからの情報によると、先払いに変更になったとのこと。サウナ代250バーツ+フルーツ代20バーツの合計270バーツ。)

係の人に案内されて店内へ。

i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (4)

奥が売店、サウナ、スイミングプール、ロッカーなどのエリア。
右側にはマッサージルームやVIPルームがあるようだ。

更衣室内(もちろん男女別)
i-spa_pattaya_アイスパサウナ3号店_(11)更衣室

個別のロッカーとなっている。
ロッカー内には、バスタオル、ハンドタオル、サウナパンツ。

i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (14)

手ぶらで訪れてもまったく問題ないです。
自前の水着でも可能。女性客は自前のウェアを着用していた。

さらに、ドライヤー、ボディローション、綿棒、体重計なども完備。

i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (12)

ちなみに、ロッカーの鍵の紐は首にかけるタイプで少々厄介。無理やり手首に巻き付けました。

i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (13)

水とフルーツは1セットで20バーツ。(3店舗とも共通価格)
オーダー必須ではないが、ほぼ自動的に注文されてしまうようだ。

i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (16)

着替え終われば、好きなところに座ればいい。水とフルーツを持ってきてくれる。氷バケツ付きで20バーツなんでそれほど高いわけではない。フルーツおかわり無料かどうかは不明。

スイミングプールを半包囲するようにしてイスとテーブルが並ぶ。
この一角は完全屋外タイプ。常に青空が見える。パラソルやひさしがあるんで、イスに座っている間は直射日光回避可能。

i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (18)

逆に日なたへ出れば日光浴できる。

スイミングプールは3店舗のうちではもっとも広い。とはいえせいぜい10メートルほどだろうけど、いちおう泳ぐこともできる。

パンフレットの参考写真
i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (9)

スイミングプールの端に、小さいながらも冷水プールもあり。ポンプで冷たい水を巡回させて、滝のように冷水が流れ落ちている。
具体的な水温は不明だけど、かなり冷たいです。

シャワーブースの横には、さらに別の冷水浴び所あり。

i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (17)

サウナと冷水浴びのローテーションは簡単にできます。

サウナは2種類。普通のサウナとスチームサウナ。(これはi-SPA各店共通)
どちらも、男女兼用。
やや狭い印象。上下二段で、ぎゅうぎゅう詰めにすれば15人は収容できるだろうが、5,6人くらいがちょうどいいサイズ。

サウナはガラス張りになっていて、外がよく見える。
スチームのほうもガラス張りだが蒸気でまったく見えない。また、スチームは、マナオ(ライム)らしき柑橘類がスチーム噴射口のセットされていて、いい匂いが漂う。
これをハーバルサウナと呼んでいいかは知らないけれど、けっこう気持ちいい。

どちらのサウナも基本温度は低めに感じた。
通常サウナは、水撒きすれば温度上昇するが、激アツサウナってほどでもない。まあ、利用しやすい温度です。

トイレ脇が喫煙所となっている。

i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (19)

でも、屋外タイプだけに、どこでも喫煙可能なようだ。灰皿を持ってきてもらいましょう

シャワーブースには、ボディーソープが設置。
シャンプーとしても使えそうだけど、持参したほうが無難だろうか。

わたしが訪問した時は、スイミングプール周辺に客が5,6人だけ。
ファランとタイ人ばかり。単独のタイ人女性もいた。

サウナもほぼ独占状態。
好きなように温度調節できた。

スイミングプールには誰も入っておらず、これも独占状態。

交通量の多いサードロード沿いだが、少し奥まっており特にうるさくはない。敷地内には小音量のBGMがかかっていて、ちょうどいい感じ。

最大限レベルでリラックスすることができましたな。

無料Wi-Fiあり。(利用しておらず速度は不明)
売店では、水とフルーツ以外にも、コーヒーやソフトドリンクの販売あり。食べ物はカップラーメンくらいかも。

帰り際に精算。
入場料が250バーツ。水とフルーツが20バーツ。つまり、合計270バーツの支払いだった。
(追記:先払いになったのと情報あり)

女性なら合計200バーツ。男性でも金曜日なら合計200バーツ。

決して広いわけではないが、清潔だし、居心地はいい。
これで270バーツなら、利用価値はけっこう高いと思う。
特に金曜日は合計200バーツとなり、お得。が、その分、利用者が増えそうな気もするが。

i-SPA3号店の地図と行き方

地図

サウスパタヤ、サードロード沿い。バリハイ埠頭へ通じる連絡橋のふもとあたりだ。
最寄りのソイでいうなら、ソイイエンサバイ(セカンドロードのソイ18)となるだろうか。

遠いように思えるが、実はウォーキングストリートやソイブッカオから徒歩圏内。

ウォーキングストリート入口から1.1km、徒歩14分。

スクリーンショット_010218_104253_PM

ソイイエンサバイを抜けていくほうがわかりやすいと思う。
ソイイエンサバイと隣のソイVC内は、アラブ人街となっている。と同時に世界屈指のゲイタウン「SUNNY PLAZA」もあり。ちょっと変わったソイだ。サウナはハッテン場ではないのでご安心を。

乗り合いソンテウで最も近くまで移動したいなら、ジョムティエン行きソンテウに乗って、タップラヤー通りへ渡る交差点信号付近で降りればいい。これだと徒歩4分。

スクリーンショット_010418_065035_PM

i-SPAの裏手は、ホテル街となっている。

i-spa pattaya アイスパサウナ3号店 (15)

ミラクルスイートはLK系列の大型ホテル。スイミングプールからホテルのバルコニーが丸見え。

miracle-suite

以前紹介した、ロイヤルQ&Dホテルもこの一角にある。

関連記事:ソイイエンサバイの格安ホテル、ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)宿泊レポート

ソイブッカオから行くと、徒歩11分。

スクリーンショット_010218_104418_PM

バイクで行くにしても、サードロードを迂回するよりもこのルートのほうが早いかも。
ミラクルスイーツの一角には入らず少しだけ先に進んでからくるっと回ればサードロードに出られる。
実際にはソイブッカオ入口から徒歩11分では行けそうにないが、いちおう徒歩圏内でしょう。

つづいて、i-SPA他店の紹介。

i-SPA1号店

i-spa pattaya1号店 (1)

ノースパタヤのセカンドロード沿いにある。向かい側はソイ6だ。
元祖アイスパ。従来、アイスパといえば、このソイ6向かい側店だった。数年前までは、わたしも何度か訪れている。

地図

行きやすさはナンバーワン。ソンテウで簡単に行ける。ついでにソイ6も立ち寄れる。サウナの並びには、日本料理屋の時代屋まである。

ソイ6側からみたところ
i-spa pattaya1号店 (2)

駐車場はほぼないに等しいが、バイクは問題なく駐輪できそう。

サウナの料金表
i-spa pattaya1号店 (3)

通常時(男性):250バーツ
女性:150バーツ
金曜日(男性):150バーツ

通常時は3号店と同じ250バーツ。
女性料金と金曜日のプロモ価格が3号店よりも安い。

ここは屋内型。
スイミングプールなし。水風呂みたいなものがあるだけ。
サウナは普通のサウナとスチームサウナ。
あとはテーブルと椅子がずらりと並ぶ。人口密度はかなり高め。ちょっと騒がしい印象。ファラン単独客が目立った。
何年か前にリノベーションしたようだが、やはり古参だけあって、やや建物全体が古くさい印象。

ただし、立地条件は抜群。
金曜日の150バーツはかなりお得。
ソイ6ついでに立ち寄るのがベターかも。
いろんな意味で汗をかいて、流して、さっぱりできそう。

営業時間は未調査だが、おそらく他店と同様に、午前11時から午後10時までのはず。

i-SPA2号店

i-spa pattaya2号店 (2)

ノースパタヤのサードロード沿いにあるのが2号店。
ここは比較的新しい。

地図

パタヤ中心部やソイブッカオから徒歩で訪れるのは少々きつい。

ハリウッド前の道路をひたすらサードロードへ向かう。

ムーンアロイ mum aroi (1)

するとムーンアロイが角に建つ交差点へ。

ムーンアロイ mum aroi (2)

この信号をまっすぐ渡りきり、左手に3号店がある。

i-spa pattaya2号店 (4)

車とバイクはけっこうな台数を駐められそう。周囲に空き地もあって、車で訪れるなら2号店が便利かも。

サウナの料金は1号店と同じ。

通常時(男性):250バーツ
女性:150バーツ
金曜日(男性):150バーツ

営業時間は、午前11時から午後10時まで。

屋外型タイプで、敷地自体は、3号店と同じくらいか。
ただし、スイミングプールとサウナエリアは3号店より狭め。プールも小さくて、何やら貯水タンクみたいで泳ぐのは厳しい。

パンフレットの写真
i-spa pattaya2号店 (5)

冷水プールも水圧弱め。

i-spa pattaya2号店 (3)

喫煙ブースとロビースペースは広め。
たまたまかもしれないが、中国人の団体客がガイドに引率されて20人ほど来店。喫煙ブースには大量の中国人たちがタバコを吸っていてモクモク状態だった。
駐車しやすいぶん、団体客が訪れる可能性は一番高そう。
フロントでタイ人ガイドと受付が会話するのを聞いていたが、どうやらマッサージ少々とサウナ少々ですぐに出ていくようだ。マッサージ30分とか言っていたんで。

1号店に中国系団体客が来る心配はないと思う。3号店は個人の中国人グループはありうるかな。

まとめ

序文に書いたけれど、パタヤには他にもサウナは多数。
とりわけダークサイドのソイサイアムカントリー周辺には地元で人気のサウナがいくつかある。
パタヤ出身のタイ人いわく、タラサウナTARA SAUNA)がナンバーワンとのこと。料金はさらに安く(男性160バーツ、女性120バーツ)、大きなスイミングプールとフィットネスもあって、施設は充実。
さらに人工池まであって、ホテルが併設。

Agoda⇒ブア タラ リゾート (Bua Tara Resort)

が、一般的な短期旅行者が訪れるのはあまりにも不便。行きも帰りも移動手段を確保しておく必要がある。パタヤ慣れしていても、正直面倒くさい。
利用しやすさと料金の手頃さという点では、i-SPAが一番だと思う。その中でも、真新しい3号店がベターでしょう。
今のところ、混み合ってはいません。のんびりするにも3号店に行くのがよさそうです。

SPONSOR LINK

-プチ情報・便利帳

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.