*

ソイイエンサバイの格安ホテル、ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)宿泊レポート

公開日: : ホテル情報


Soi Yensabaiとは、パタヤタイにあるソイのこと。セカンドロードのソイ18に相当する。

soi-yensabai-2

ここは、隣のソイVCともども、アラブ人やインド人が多く滞在するエリアでもあり、同時にSUNEE PLAZAという世界最大規模のゲイタウンを有してもいる。
ウォーキングストリートから至近距離にありながら、一般的な日本人観光客が立ち寄ることの少ないエリアだろう。
セカンドロード側からソイに入り、奥まで進んでいくと、数多くのホテルが建っている。

今回、その一角にあるロイヤルQ&Dスイーツというホテルに宿泊してみた。
たまたまプロモーション価格で予約することができた。ずばり1泊500バーツである。

SPONSOR LINK

ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)

住所表記はソイイエンサバイとなっているが、実際は少しだけソイの脇道を入ったところにあった。
ほぼサードロード沿いとなる。とはいえ、セカンドロードやウォーキングストリートからそれほど離れているわけではない。セカンドロードまでは徒歩7,8分といったところか。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_120916_041506_pm

この一角はホテル専用敷地となっている。

royal-qd-suite-hotel-20

ミラクルスイート、LK Citanium Hotelなど、豪華なホテルが立ち並んでいる。どうやらLKグループが力を持っている模様。ミラクルスイートもLKグループのホテルだ。

その敷地奥のサードロードそばにロイヤルQ&Dスイーツホテルがある。

外観
royal-qd-suite-hotel-19
近くに系列ホテルがあるみたいで少々ややこしいが、ここで間違いないみたい。

看板
royal-qd-suite-hotel-18

レセプション
royal-qd-suite-hotel-3
あらかじめ予約していったが、バウチャーの提示を求められた。厳密には、予約番号を教えてくれとのこと。
わたしはPDF形式のファイルとして予約確認書を保存してあったので、ノートパソコンの画面を見せるだけでよかった。

デポジット1000バーツ。領収証はもらえて、チェックアウト時にデポジットはきちんと返金された。

ベルボーイはいない。鍵を渡され自力で部屋まで。
エレベーター付きだ。

ロビー一番奥にエレベーターがある。
royal-qd-suite-hotel-4

客室フロア廊下
royal-qd-suite-hotel-5

デラックスルーム部屋内部

予約したのはデラックスルーム。おそらく一番下のグレードだろう。

royal-qd-hotel

それでも広い。

ダブルベッド
royal-qd-suite-hotel-7

ソファー、サイドテーブル
royal-qd-suite-hotel-8

冷蔵庫、壁掛けテレビ、扇風機
royal-qd-suite-hotel-11

冷蔵庫の上には、電子ケトルとコップ類。インスタントコーヒーは置いていなかった。
無料の水が2本。ミニバーは無し。
royal-qd-suite-hotel-17

化粧台とイス
royal-qd-suite-hotel-9

クローゼット内には、なぜかセーフティボックスが2台も設置してある。どちらも使用可能。
royal-qd-suite-hotel-10

大きな方には、ノートブックも収納可能だった。
あと、異常なほどハンガーの数が多い。やりすぎでしょ、この数は。

建築されてからそれほど年数が経っていないのか、室内は清潔に保たれている。
ややソファーのクッションはへたっているが、特に問題ない。
価格のわりには部屋が広いので快適に過ごすことができた
エアコンが苦手な人には扇風機がありがたい。
また扇風機の風があたる場所に洗濯物をかけておけばすぐに乾く。

バルコニーは無し。
大きな窓が付いているので閉塞感はまったく無い。

宿泊したのは3階の部屋。窓の外の眺めはこうなる。

左手に見えるのがサードロード
royal-qd-suite-hotel-15

右手にはミラクルスイートなどのやや高級なホテル群
royal-qd-suite-hotel-16

サードロードが近いが、夜間でも騒音は感じなかった。
また目の前の敷地は夜間の車の侵入が制限されるようだ。ソイイエンサバイ側入り口にチェーンが張られて侵入できなくなる。ガードマンは常駐の模様。

特に注意書きはなかったけれど、室内は禁煙。

royal-qd-suite-hotel-1

エレベーター前や廊下に灰皿が置いてあるので、喫煙はそちらで。

浴室内

royal-qd-suite-hotel-12

室内の広さにくらべて浴室は狭い。これはマイナス点。
とはいえ、機能的に配置されている。

royal-qd-suite-hotel-14

シャワーブースは扉付きで、洗面台とトレイの床はずぶ濡れにはならない。
湯量と水圧も問題ないが、いかんせん、シャワーノズルがバカになっていて、お湯が四方八方に飛び出るのには参った。まあ、このあたりが安ホテルの限界だろうか。

royal-qd-suite-hotel-13

アメニティは、固形石鹸2個、ボトル入りのシャンプー2本、シャワーキャップ2個。
歯ブラシなどは自分で用意しましょう。

Wi-Fi

無料。パスワードはフロントでもらえる。
通信速はいたって普通。特に問題なし。

ジョイナーフィー

実際に確認はしていないが、JFが発生するとは考えにくい。
ほぼ間違いなく無料でしょう。念のため、現地でご確認のほどを。

館内設備

2階にレストランがある。
朝食、昼食、夕食とも一人200バーツ。
が、実際に利用しておらず、詳細不明。
スイミングプールやフィットネスジムは無い。あくまで格安ホテルです。

地図と周辺設備

先述のとおり、サードロードのすぐそばだが、実はセカンドロードにも近い。徒歩7分である。
セカンドロードを渡ると、ソイマリーン付近に出る。

soi-yensabai-3
アラブ人街かマリーンシーフード横を通れば、ウォーキングストリートへ出ることができる。ウォーキングストリート奥手となるが、どうせ歩くのだから問題ないだろう。
また、バリハイ埠頭までも徒歩圏内のため、ラン島へ行きたい人にも便利。

ソイイエンサバイと聞いただけで、すぐに地図が頭に浮かぶ人は、パタヤの地理にはそれなりに精通しているだろう。が、知らない人でも大丈夫。何とかなります。
ただ、ウォーキングストリート以外にもあちこちまわりたい人は、レンタルバイクを借りるかバイクタクシーを利用しないと厳しいかも。
サードロード沿いには乗り合いソンテウが走っておらず、安価で楽な移動はちょっと難しい。
むろん、SUNEE PLAZAが目的地ならば、徒歩でまったく問題ない。

sunny-plaza

この方面には、わたしはまったく明るくないので、遊び方なんかの詳しい解説はできませんが。

ソイイエンサバイ方面に、コンビニがいくつかある。ホテルから徒歩2,3分ほど。

soi-yensabai-1

屋台も出ているので、ちょっとした買い物や食事には困らない。
あと、アラブ人街ということで、当然のようにアラブ系レストランが多い。

いつもと違ったパタヤの風景の中で宿泊してみたいという人はぜひどうぞ。
部屋自体は問題ないです。高級感もないけれど、そこそこ快適です。

料金と予約先

直前割引でやたらと安かった。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_112616_052432_pm

Agodaで税込み1585円。
つまり、ほぼ500バーツだ。

じゃらんのほうが少し高いが、そのかわり、500円割引クーポンを使うことで安くなる。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_112616_051244_pm

税込みで1780円。
わたしは、500円割引クーポンと貯まっていたリクルートポイント1000円を利用したので、実際の支払額は280円。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88_112616_051625_pm
まあ、安いこと。

なお、ウォークインでの価格は以下の通りroyal-qd-suite-hotel-2

デラックス:1000バーツ
スイーツ:1600バーツ

年末年始のピークシーズンはこれよりも上がるはず。

また、予約サイトでは直前になると大幅割引を実施することが多いようだ。
ただ、売り切れになってしまっては元も子もない。ハイシーズンの予約は見極めが難しいところ。
ある程度納得できる価格で出ていたら、迷わず予約してしまうのがベターでしょう。

ロイヤル Q&D スイーツ ホテル (Royal Q&D Suites Hotel)予約先

アゴダ

エクスペディア

ホテルズドットコム

じゃらん

ブッキングドットコム

ホテル総評

アラブ人が多いエリアということで騒音を気にしていたが、幸いなことに夜間はとても静かだった。
ただ、昼間は、せわしなく廊下を歩きながら電話するアラブ人若者がうろついていたけれど。
他の客はファランが少々。さすがに中国系はまったく見かけなかった。日本人もいませんね。
部屋は広くて清潔だし、あくまで料金次第となるが、他に手頃なホテルがなければ選択肢に入れておいて損はなさそう。
年末年始の最大ピークシーズンはともかく、それ以外のハイシーズンでも1000バーツの価値はないと思いますけどね。
あくまで割引率の高いときが狙い目です。

あと、同じ敷地内にあるミラクル スイート (Miracle Suite)は意外と穴場かも。

miracle-suite
LKグループで見た目は豪華。
12月のハイシーズンでも、40平米の部屋が朝食付きで1300バーツほど。80平米の部屋も
あるみたい。

ミラクル スイート (Miracle Suite)をAgodaでチェック

ちょっとマニアックとなるが、探せばいろいろとおもしろいエリアやホテルが見つかるものだ。パタヤは狭いように見えて、意外と奥が深い。

SPONSOR LINK

関連記事

サワディサンシャイン (1)

朝食付きで1泊250バーツから。ローシーズンパタヤのお得な長期滞在ホテル。

シルバーウィークで日本人旅行者が増えてきたとはいえ、基本的にはローシーズンで客の少ないパタヤ。

記事を読む

br-guesthouse-pattaya-6

ソイブッカオの典型的ゲストハウスはこんな感じ。BRゲストハウス宿泊レポート。

ソイブッカオにある典型的なゲストハウスを紹介しよう。 そもそもゲストハウスとは、簡易宿泊施

記事を読む

ベッドタイムパタヤホテル室内BEDTIMEPATTAYA (1)

ベッドタイムパタヤ宿泊レポート@パタヤカン。部屋は狭いが新築で立地条件も良好。

パタヤ沈没後半戦の日替わりホテルレポートは、パタヤカンのソイ16にある新築ホテル、ベッドタイムパ

記事を読む

deep-blue-z10-ocean-view-6

オーシャンビューあり。ビーチロードソイ10の新築ホテル、Deep Blue Z10内部見学レポート。

ビーチロード・ソイ10に新しいホテルがオープンしている。 オープンしてから、まだ1週間ほどだ。

記事を読む

the-chic-boutique-hotel-1

ザ シック ブティック ホテル (The Chic Boutique Hotel)は、ほどよく綺麗なゲストハウスだった。

ホテル予約サイトをチェックしていると見慣れぬホテル名を見つけた。 ザ シック ブティック

記事を読む

mosaik-luxury-apartments-2

モザイクラグジュアリーアパートメンツ(Mosaik Luxury)宿泊レポート。長期滞在用サービスアパートメントでも短期滞在にも便利。

モザイクラグジュアリーは、パタヤタイのトゥッコム近くにあるサービスアパートメントだ。 パタ

記事を読む

じゃらんクーポン (5)

残り5日。じゃらんの1万円クーポンでパタヤのホテル代を節約しよう。

日本国内の温泉宿予約のイメージが強い「じゃらん」だけど、実は海外ホテルの予約にもかなり力を入れて

記事を読む

baybreezehotelpattaya-2

バスタブ付きの格安ホテル。ベイブリーズホテルパタヤ (Bay Breeze Hotel Pattaya)宿泊レポート@ソイハニー

ソイハニー(セカンドロードソイ11)にあるベイブリーズホテルは、このあたりでは老舗のホテルとなる

記事を読む

Navin mansion2 (12)

パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

ナビンマンション2は、日本人には定番のサービスアパートメント。 もちろんデイリーのホテル利用も

記事を読む

Nova express swimming pool (4)

新築ホテル、ノヴァ エクスプレス パタヤ ホテル (Nova Express Pattaya Hotel)宿泊レポート

以前に新築ホテルとだけ紹介したノヴァエクスプレスホテルに泊まってみた。 2016年オープンだけ

記事を読む

アドステア

アドステア

Walking street 201704 Palace
GW直前のウォーキングストリート日本人向け人気ゴーゴーバーめぐり。パレスオープニングから全部で7軒。

ゴールデンウイーク特別企画と称して、昨日木曜日の晩にウォーキングストリ

LK metro (1)
GW直前のパタヤ。ソイLKメトロのゴーゴーバーめぐり。

いよいよゴールデンウイークが目前。 少しずつだが、パタヤにも日本人の

Bar beer
父親のバービアで息子がペイバー。ファラン親子のバービア物語。

沈没日記2 パタヤ2日目。 食事はソイニュープラザで 昼飯は

Bakadin (13)
バーカディンは、パタヤタイのムーガタとチムチュムとイサーン料理の店。1と2があるよ。

パタヤタイにあるムーガタとチムチュムのオープンレストランへ行ってき

Huawei P9 lite (4)
SIMフリースマホはこれで決まりでしょ、HUAWEI P9 LITE。タイでもばっちり4Gが使えます。

日本を出発する直前に、新しいスマートフォンに買い替えた。 以前使

→もっと見る

PAGE TOP ↑