パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

プチ情報・便利帳

センタンでお使い:タイ土産ハーン購入とAIS1-2Call有効期限延長

投稿日:

日本からパタヤに遊びに来た友人にお使いを頼まれた。
タイ土産探しとAISのSIMカードの利用期限延長である。
どちらもセントラルフェスティバル、通称センタンで片付けてしまおう。

広告



タイ土産はHARNN(ハーン)

最初のミッションはタイ土産購入のお手伝い。

ハーンというブランドのシャンプーセットがほしいという。
ハーン?
初耳である。

写真も見せてもらう。
HARNNという表記になっている。

調べてみると、ここ数年、日本でも人気が出ているそうだ。
元々はスパ関連の商品を出していて、石鹸とシャンプーが人気。
日本でシャンプとコンディショナーのセットを買うと5,000円とのこと。

日本で買うよりもタイのほうが安いだろうから、パタヤで買える場所を探してほしいとの依頼だった。

こういうものは、センタンかターミナル21へ行けばあるだろうと踏んでいた。
どっちもなければ、あきらめもつく。

で、センタンへ。

セントラルフェスティバルパタヤビーチ センタン

1階のコスメショップで聞き込み調査。
ハーンの写真を見せて、これを探していると。
すると、ここにはないから、2階へ行けと言われる。

エスカレーターを登ると、あっさりと見つかる。

パタヤセントラルフェスティバルHARNNハーン (2)

ハーンはけーん。

パタヤセントラルフェスティバルHARNNハーン (1)

オープン型の簡易店舗だが、ちゃんとしたハーンの正規店のようだ。

シャンプー、ハンドソープが並ぶ。

パタヤセントラルフェスティバルHARNNハーン (4)

パタヤセントラルフェスティバルHARNNハーン (6)

色とりどりの石鹸が綺麗。

パタヤセントラルフェスティバルHARNNハーン (3)

目的のシャンプーとコンディショナーはすぐに見つかる。

シャンプーもコンディショナーも一つ650バーツ。
2つ買って1300バーツ。
この時点のレートで計算すると、4,600円ほど。
うーん、差額400円かあ。
そこまで安くないなあ。

せっかくだからと友人はセット購入。

パタヤセントラルフェスティバルHARNNハーン (5)

これにて1つ目のミッションクリア。

と、翌日、また別のタイ土産について聞かれる。
実はもう一個探しているものがあって、その名前がターンって言うんだ、と。

へ?
ハーンの次はターン?

カンとかポンとかチーもありそうだな。

調べてみると、たしかにTHANNというブランドがあった。カタカナ表記的には、タンが一般的なようだ。
それにしても、HARNNとTHANNって、ややこしすぎ。
しかも、取り扱う品はハーンと似たりよったり。シャンプーとかソープとか。

どうやらハーンから枝分かれしてできたのがタンらしい。
姉妹ブランドのようなものらしいが、もう何が何だか。
京都王将と大阪王将みたいなものか。違うか。

ブランド品はまったく不案内なわたしはもうお手上げ。
まあ、調べればパタヤでも簡単に見つかりそうだが、友人もそこまで本気で探しているわけではなく、もうハーンで満足だといって、捜索は打ち切りとなった。

AIS 1-2 CallのSIMカード有効期限延長

ハーン購入を終えて、センタン内でのミッション続行。
お次は、友人のSIMカードの有効期限延長である。

AISの12コールのSIMカードを購入したばかりだが、次回の訪パタヤでも同じ電話番号を維持しておきたいから、有効期限を延長してほしいとの依頼である。
通常、タイのプリペイド式SIMカードの有効期限は開通後30日。
有効期限をすぎると、基本的にそのSIMカードは無効となる(実際は多少の猶予期間があるけれど)。

残高を増やす行為であるトップアップ(チャージ)をすると、1回につき30日有効期限が延びるシステムとなっている。
このトップアップによる有効期限延長をこまめに続けておくと、ずっと同じSIMカードを使い続けることができる。

トップアップする額面が20バーツでも50バーツでも100バーツでも、一回につき延びるのが30日。
ファミリーマートなどで売っている12コールのトップアップカードは最低額面50バーツ。

AIS12コールリフィルカード

かりに10ヶ月伸ばすなら、カードを10枚買ってきて、ちまちまと打ち込めば済む。が、面倒くさいし、500バーツもトップアップしても、残高を使い切らずに余ってしまう。

そこで活躍するのが、AISショップ前に置かれたキオスクである。
最低トップアップ額は20バーツ。
これを10回繰り返せば、200バーツで10ヶ月の有効期限延長が可能となる。

この方法は、以前にも記事にしてある。

関連記事:AISの1・2コールを20バーツでトップアップして有効期限を延ばす方法(手数料なしで最長1年)

で、その後、センタンのAISショップは、地下から上階へ移転した。
はっきり階数と場所を覚えていなかったので、ハーン購入後、店員さんにAISショップの場所を聞く。
教えられた先はたしか3階だったような気がする。

以前よりも綺麗になったAISショップ前に並ぶのがDIGITAL PAYと書かれたキオスクだ。

AISショップのキオスク (1)

幸い、他の利用者はいない。
さっそくトップアップ開始。

トップアップしたい電話番号入力と金額を指定。
それから現金(札のみ)を投入するだけ。
20バーツのトップアップをひたすら繰り返す。

AISショップのキオスク (2)

20バーツをトップアップするのに100バーツ札を入れても、お釣りは出てこない。
が、心配無用。
入力した電話番号内に未使用額としてプールされている。
次回以降は、電話番号を入力して、トップアップ金額を指定して、Cashを選択すれば、プールされた額面から自動的に使ってくれる。
いちいち20バーツ札を投入する必要がなく便利。

10ヶ月延長するなら、100バーツ札を投入する作業を2回すればいい。
まあ、電話番号は毎回入力しないといけないので、面倒なのは面倒だけど。

10回も入力するとなるとけっこう時間がかかる。
この作業をするときのコツは、決して後ろを振り向かないこと。
ちまちまとした作業なので、後ろに並ばれるとついついプレッシャーを感じてしまうのだ。

これまた幸いにもキオスクは2台あって、常にもう一台は空いている状態だった。
ノープレッシャーで、トップアップ作業終了。
有効期限はばっちり10ヶ月も延びた。完璧。

コンビニ前に置かれたトップアップ用機械では10バーツからトップアップできるが、手数料がかかる。10バーツ分をトップアップするのに2バーツの手数料だったような気がする。
手数料2割はちょっと高い。
まあ小銭が大量に余っているなら、コンビニ前機械でもいいかと。

ちなみにわたしのトップアップ方法は、Bluepay Walletというアプリを使っている。日本のクレジットカード払いができて便利。 Rabbit LINE PAYではセキュリティの関係か少額トップアップしか受け付けないが、Bluepayでは高額でも可能。

関連記事:Rabbit LINE PayとBluepay Walletを使って、AIS・12callトップアップ。日本のクレジットカード利用可能。
関連記事:タイのBluePay Walletの本人確認(Identify Verification)方法

まあ、LINE PAYで10バーツずつちまちまとトップアップしていけば、手数料不要かつ後ろに人が並ぶプレッシャーからも解放されるけど。

なお、友人のSIMカードは購入してから日が浅い。
トップアップした200バーツは、たぶん使い切らないから、別の友人の番号に残高を移そうとした。
いわゆるトランスファーというやつで、余った残高をプレゼントとすることができるのだ。常に金欠のタイ人に頼まれることも多い。

が、AIS店員に聞いたところ、使用歴の短いSIMカードではトランスファーはできないと言われた。
使用後半年だったか1年だったか経たないと駄目らしい。
SIMカード開通にはパスポートと顔写真の登録が必須になったりと、タイのSIMカードも厳しくなってきた。
何事もゆるゆるなのがタイの魅力でもあったのだが、これも時代の流れ。まあしょうがない。
それでも、日本に比べれば、ゆるゆるも同然。

これにて、センタンでのお使いミッションはどちらも無事に終了。
簡単なもんです。
何か買い物だったり用事があるなら、センタンかターミナル21へ行けばいい。コピー品以外なら、たいがいのものは揃いますな。

広告

-プチ情報・便利帳

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.