*

パタヤからコラートへの行き方とSMKバス。コラートからパタヤへの帰り方も。


イサーン遠征編1

パタヤからイサーン方面への遠征が決まった。

まずはコラートだ。
コラートは別名、ナコンラチャシマーナコンラチャシマとかナコンラチャシーマーとかカタカナ表記はいろいろ。
タイ現地では、コラートで通じる。
コラートはイサーンの玄関口であり中心部。ここからイサーン各地へは移動しやすい。
もちろん、バンコクからもイサーン各地(ウドンとかウボンとかね)へのバスは出ているし、パタヤからもイサーン各地へ直接行けるバスもそれなりに揃っている。コラートをスルーして、直接イサーン奥地へ訪問することは可能。
でも、やっぱりイサーンといえば、まずはコラートだ。

SPONSOR LINK

パタヤからコラートへの行き方とバス会社

パタヤからコラートへ行くには、直行バスがいくつも出ていて、所要時間は、おおむね5時間から6時間くらい。

パタヤからコラートへのルートを運行しているバス会社は以下の通り。

・SMK(SRIMONGKOL シーモンコン)
・ナコンチャイエア
・チャンツアー
・407
・イエローバス

などなど。
他にもあるかも。

SMKは、コラート行きバスがあり終点で下車すればいい。しかもパタヤが始発。

ナコンチャイエアは、ルーイ行きのバスを途中下車。
チャンツアーは、コンケーン行きのバスを途中下車。
407は、ノンカーイ行きのバスを途中下車。
イエローバスは、ムクダハン行きのバスを途中下車。

(各社、他にもイサーン行きのバスが出ている。ほとんどの場合、コラートは経由するはずだが、たまにスルーすることもあるようで現地で要確認。)

パタヤ発コラート終点のバスがあるのは、SMKだけ(たぶん)。他の会社は、ラヨーン始発が多い。

なお、パタヤには、バンコクのエカマイやモーチットのような各バス会社が集まっている大きなバスターミナルはない。せいぜい、ノースパタヤにあるバンコク行きバスターミナルくらいなもの。ここはイエローバスも使っている。

パタヤの主なバス乗り場地図

SMK(シーモンコン)バス

いつもわたしはSMKを利用している。
今回のイサーン遠征にあたっても、SMKにした。

やはり、パタヤ始発でコラート終点のSMKが一番使いやすい。
始発から乗って、終点まで座っていればいいだけなんで、初めての人でもかなり安心。

乗り場もわかりやすいし、一番中心部へ近い。
パタヤカンとサードロードの交差点を北に少しだけ進んで左手だ。

上掲地図を見ればわかるように、ソイブッカオから歩いて行けないこともない。

smkbus-pattaya-3

バスターミナルと聞くと巨大な敷地を想像するかもしれないが、道路沿いに小さな販売窓口兼待合所があって、バスは路駐しているだけ。
油断していると見過ごすかも。

smk-bus-1

VIP GO…という看板に変わっているが、今でもシーモンコンの名前で通用する。

販売窓口と待合室
smkbus-pattaya-2

コラート行き時刻表
smk-bus-2
コラート行きは1日3便
10時
12時
16時

19時40分にスリン行きが出ている。

パタヤからコラートへのVIPバスの運賃は、350バーツ。

バスに6時間乗って日本円で1000円は安いと感じてしまうかもしれないが、タイの感覚では350バーツはちょっと高い。

ただ、タイ人に聞くと、やっぱりナコンチャイエアのバスを一番推していた。
たしかにナコンチャイエアはサービスがいいしバスも綺麗だ。タイ人人気高し。それだけに予約なしで乗るのは難しい。気軽にさくっとコラートへ行くには、SMKがやっぱり便利。
チャンツアーもけっこうバス設備はしっかりしている。Sクラスとなると、各座席にTVモニターや電源までついているほど。
イエローバスは乗ったことがないのでわからないが、評判はまずまず。
407とSMKはどっこいどっこいかな。

なお、SMKのバスは、コラート以外にも、ウボンラチャタニー行きバスも運行している。このウボン行きでもコラートを経由するはずだが、詳細不明。

smk-bus-timetable-1

さらにカンチャナブリー行きバスも運行している。
smk-bus-timetable-2

SMKバス、パタヤからコラートへの道

では、実際の道のりを見てみよう。

昼12時出発のバスに乗車予定。
ブッカオからパタヤカンへ出て、乗り合いソンテウを拾う。
10バーツでサードロードの交差点で下車。
そこから歩いて数分でSMK事務所へ。

出発まで時間があった。
SMK事務所横に売店や食堂がいくつか並んでいる。

smkbus-pattaya-5

ここでぶっかけ飯を喰らう。

smkbus-pattaya-4

レッドカレーが容赦ない辛さだった。
あと、ジュースやお菓子を合わせて購入して、食事代と合わせて70バーツほど。

パタヤからコラートの間では、食事休憩がない。このルートでは、バスターミナル停車中に物売りがやって来ることは稀。車内サービスの食事もない。
乗車前にきちんと食事をとっておくか、食料を持ち込むことをおすすめします。

出発前になると、係員が「コラートコラート」と声をかけてまわる。
実際のバス乗り場は、サードロード沿いをちょっと歩いたところ。乗車位置は毎回変わる。

smkbus-pattaya-6

バスに案内されて乗車。

smkbus-pattaya-7

VIPバスだが、正直なところ、それほど豪華ではない。
バスによっては、1階運転席側に本当のVIP席があるかも。

2階の通常シートは、2列×2列。
別に窮屈ではないが、特に広くもないといった感じ。

smkbus-pattaya-8

座席指定となっている。
空いていれば、好きな席に変わっても大丈夫だ。

満席になる恐れはほとんどないと思う。
過去、5,6回ほど利用しているが、いつもがらがら。
この日の乗車率は3割ほど。
潰れやしないか心配だ。

水とお菓子の配給あり。

smkbus-pattaya-9

車内にトイレあり。
走行中は揺れるので注意しましょう。トイレ休憩はありません。

15分遅れでパタヤを出発。
スクンビットへ出て、シーラチャー方面へ向かう。
途中で、いくつかSMKのバス乗り場があって、客を拾っていく。

チョンブリーバスターミナルを過ぎると、立ち寄る回数は少ない。せいぜい2箇所くらいか。ほぼノンストップに近い。

あとは山越えルートとなって、バスはのろのろ運転へ。
いらいらするほど進まない。

で、毎回のように山越えの途中で、交通事故現場や山崩れ現場に遭遇にして、さらに遅れる。
トラックの積荷が道路にぶちまけられるているのもお約束。

現在、大規模な道路工事中。

smkbus-pattaya-10

道幅を広くして、走りやすくしているようだ。
これで、コラートまでの山道ルートが早くなればいいのだが。

コラート市街へ入る少し前に、SMK事務所へ立ち寄る。

smkbus-pattaya-1

ここで10分ほど停車。なぜか、チケットも回収されてしまう。

あとは、コラートの新バスターミナルまで。

korat-bus-station-4

昼12時15分にパタヤを出発して、コラートの新バスターミナルに到着したのは、午後6時15分。
ちょうど6時間かかったことになる。

まあ、長旅ですが、飛行機と違って、外の景色も見えるし、スマフォも使えるし、テザリング利用でPCでインターネット閲覧もできる。
それほど苦痛にはなりませんな。

おそらくナコンチャイエアだと、途中の立ち寄る場所が少ないので、あと30分ほどは短くなるはずだ。

コラートには2つのバスターミナルがあるけれど、バンコク行き以外の長距離路線は、新バスターミナルに発着する。
コラート市中心部までは数キロ離れていて、徒歩だとかなりきつい。
慣れるまではソンテウも使いにくい。無難にトゥクトゥクかバイクタクシー利用がベター。
たとえばチャオプラヤーインホテルまでは、バイクタクシーなら50バーツ、トゥクトゥクは60バーツあたりが相場。
ちなみにソンテウは8バーツ。

コラートからパタヤ、バンコクへの行き方

ついでに、パタヤへの帰り方についても。

バンコクへは無数にバスが出ていて、とても簡単。
お好きなバス会社でどうぞ。

市中心部にある旧バスターミナルからもバンコク行きバスが出ている。またロットゥもあるようだ。
バンコクまでは所要時間、4時間前後。渋滞次第。

コラート旧バスターミナルの様子
korat-old-bus-station

コラート旧バスターミナルは、チャオプラヤーインホテルから歩いて行けなくもない。

コラートのバスターミナル地図

コラートからパタヤへ行くには、新バスターミナルからバスに乗る。

SMK、ナコンチャイエア、チャンツアー、407、イエローバスなど、パタヤ路線を持つ会社の窓口で切符を購入する。

korat-bus-station-1

切符窓口はずらりと並んでいる。
案内板がほぼタイ語表記のみなので、とてもわかりづらい。

ナコンチャイエアはとても親切。英語表記あり。

korat-bus-station-2

ラヨーン行きに乗って、パタヤで途中下車する。
1日2便(13:55と23:59)だが、売り切れていることが多い。

やっぱりSMKが一番わかりやすいかな。

korat-bus-station-5

本数は未調査だが、おそらくコラート発、ウボン発を合わせると1日5便か6便はあるはず。

チャンツアーは、コンケーン発ラヨーン行きが一日数便あるはず。

407の窓口は、どうにもはっきりしないが、おそらく食堂エリアの中にあると思う。
ノンカーイ発ラヨーン行きが1日6本くらい出ている。

コラートからパタヤへの所要時間は似たようなもの。渋滞次第だ。
特に帰宅ラッシュとなる夕方、チョンブリーを過ぎて、スクンビット通りに入ると激しく渋滞する。
やはり5時間半から6時間ほどかかってしまう。

モーチットまで移動して、そこからパタヤ行きバスに乗り換える方法もあるけれど、結局かかる時間は同じくらい。わざわざ乗り換えるのは面倒だ。パタヤ直行でいいと思う。

SPONSOR LINK

関連記事

club4-pattaya-3

クラブ4でパタヤ初のバタフライ。ソイボンコットにカッレブランも移転してきたよ。

パタヤ沈没日記12 チャン島旅行からパタヤへ戻ってきて、数日は友人とだらだら過ごす。 昼

記事を読む

therme-cafe

テーメーカフェでさくっと連れ出してタイの最後を締めくくる

沈没日記35 バンコクのホテルにチェックインを済ませて、スクンビット沿いをうろうろ。 TER

記事を読む

beer-bar-lady-2

24歳バービア嬢ふたたび、みたび。

パタヤ沈没日記22 毎日仕事おわりに部屋へ来ると宣言していた24歳スリン出身バービア嬢。 L

記事を読む

lk-mansion-8

24歳スリン嬢と連日のブンブン。でもおしまい。

沈没日記28 前夜、バービアを訪れたものの不在だったスリン嬢。 LINEで連絡を取ってみると

記事を読む

busterminal

カラオケ嬢と再会して、またもやキーキアットな生活が始まる

パタヤ沈没日記14 バンコクの友人はパタヤに2泊して帰っていった。 滞在中は2泊とも同じ

記事を読む

カラオケ嬢とママー1

出所してきたカラオケ嬢と再会。一晩を過ごす。

パタヤ沈没日記33 パタヤ最終日の本当に最後の最後。 明日帰国の旨を女性陣にメール送信し

記事を読む

bar-beer-2

ファイデーンな5日間は最後に赤く燃え上がる

パタヤ沈没日記4 カラオケ嬢とのぐーたらな半同棲生活。 その極め付きが、彼女に月よりの使者が

記事を読む

korat-yamo-6

コラートの観光って?クランプラザ新館、ヤーモー像、ターミナル21などなど

イサーン遠征編3 コラート2日目の朝。 シリホテルのレストランで朝食を取ってから、ホテル

記事を読む

nana-to-donmuang-airport-4

日本帰国と3ヶ月に渡る長期海外旅行の振り返り。そしてまたパタヤへ。

沈没日記36最終回 帰国日である。 エアアジア便で日本へ戻る。 14時15分ドンム

記事を読む

chang-island-walking-street-3

チャン島でも見つけたウォーキングストリートとカラオケ置屋とバービア

沈没日記8(チャン島編) チャン島のホテルにチェックイン後、友人と二人で大通りへ繰り出す。

記事を読む

アドステア

アドステア

VELVET CLUB SOI BONGKOT (1)
ソイボンコットの新しいジェントルマンズクラブ、VELEVET CLUB訪問レポート

VELVET CLUB ソイボンコットに新しいジェントルマンズクラブ

Chicken steak kai gata
パタヤタイの39バーツステーキ屋再訪。ポークカツとカイガタと白身魚フライ。

おそらくパタヤ最安値であろう39バーツステーキ屋がパタヤタイのスク

Thaniya street (2)
タニヤの日本カラオケ遊びふたたび

沈没日記2 ほんの10日ほど前に、はじめて遊んだタニヤの日本カラ

Nantra Silom hotel (13)
パッポン・タニヤ近くの格安ホテル、ナントラ シーロム ホテル (Nantra Silom Hotel)宿泊レポート

シーロムのソイ8にあるナントラシーロムホテルに泊まってみた。 B

Airasia KIX (4)
急遽タイへ行く理由とシーロム滞在

沈没日記1 はじめに 2017年2月の沈没日記の開始とする。

→もっと見る

PAGE TOP ↑