パタヤ千夜一夜

タイ・パタヤでの沈没日記とアジア夜遊び旅行記。パタヤグルメ情報、ホテル情報多数。

グルメレポート 日本食

年越しうどんならぬ年越しうどんは、パタヤ丸亀製麺で。コロッケも付けてみた。

投稿日:


2018年となって二日目の昼。
澄み切った青空のパタヤである。

DSCN8121

年末からの怒涛のパーティーラッシュで胃腸はずたぼろ。
無性にうどんが食べたくなった。
そういえば、年越しそばも食べていない。元々、日本でもそばはあまり好きではなく、いつもうどんを食べている。
パタヤでうどんといえば、丸亀製麺である。

SPONSOR LINK



丸亀製麺のポーク肉うどんとコーンクリームコロッケ

というわけで、BIG C Extraへ。

BIG C EXTRA Pattaya (1)

詳しい情報はこちら。
パタヤの丸亀製麺Express実食レポート、ぶっかけうどんとカツ丼とカレーライス

横の駐輪場からフードコートへ直接入ると丸亀への近道だ。

丸亀製麺パタヤ (1)

うどんメニューは変わっていない。
今回は、ぶっかけはやめて、ポーク肉うどんを選択。

トッピングに半熟卵てんぷらを入れようかと思いきや、なんと新メニューのコロッケが登場しているではないか。
うどんにはなぜかコロッケが合うんだよなあ。
しかも、たった今、揚げたばかり。

丸亀製麺パタヤ コロッケ (1)

いや、でも、コーンクリームコロッケって書いてあるなあ。普通のコロッケでいいのに。お値段39バーツ。
うーむ。カオマンガイやクイティアオが食べられる価格だ。今のレートで133円くらい。うどんはともかく、コロッケは日本より高い。
でも、揚げたてのコロッケはパタヤでは貴重品。正月だし、ここは少し奮発。

丸亀製麺パタヤ (3)

肉うどんでコロッケで合計118バーツ。

肉うどんには、ねぎと天かすを放り込む。

丸亀製麺パタヤ (4)

丸亀製麺の肉うどんは初めて食べたけど、まあ、普通の肉うどんです。可もなく不可もなく、順当なまでの日本のうどん。
豚肉といえど肉はそこそこ入っているが、麺は少なめ。ちょっと割高なれど、特に文句なし。

で、コーンクリームコロッケである。

丸亀製麺パタヤ コロッケ (2)

衣はまさに日本のコロッケ。揚げ加減もばっちり。さくさく言ってますよ、食感が。
おお、パタヤでこんなコロッケに出会えるとは。
中身は、商品名通り、コーンクリームコロッケです。って、そのまんま。良くも悪くも期待を裏切らない。
クリーム度は低めだけど、コーン味はしっかり。
この衣の完成度の高さがちょっともったいない。なんで、普通のじゃがいもと肉のコロッケにしないのだろうか。
コーンクリームのほうがタイ人ウケするという営業戦略なのか。

でも、このレベルのうどんとコロッケがパタヤで気軽に、かつ熱々の状態で食べられるようになったのは、実にうれしいかぎり。

そういえば、昨年の年明けうどんは、屋台のクイジャップユアンであったか。

tuktuk-noodle-soup-4

関連記事:トゥクトゥク屋台のクイジャップユアンを年越しうどんがわりにした

もちろん、クイジャップユアンはおいしい。しかも40バーツとお手頃価格。

でもまあ、正月くらいは、丸亀製麺のうどんでいいんじゃないの。
日本食不毛の地であるパタヤにあって、丸亀製麺はなんともありがたい存在である。

そういえば、2017年はパタヤローカル日本食が少し充実してきた年でもあった。

2016年暮れに、すき家がパタヤ初進出。

関連記事:パタヤ初進出のすき家で牛丼とカレーを食べてみた。追加でラーメンと餃子もね。

サードロードには、ローカルプライスで日本の味が楽しめるジャンボスシがオープンした。

関連記事:【大幅メニュー追加】パタヤのローカル日本食屋 JUMBO SUSHI(ジャンボスシ)。カツ丼が好き。

さらには、まだ未訪問ながらサードロードにはナリタという日本食レストランもできた。

これまでパタヤの日本食といえば、日本人経営のちょっとお高い日本食レストラン、もしくはFUJIとかYAYOI軒とかのタイ人向け日本料理レストランがメインだった。

丸亀製麺もすき家ももちろん元は日本だが、レストランではなく、ファストフード系。
手軽にさくっと日本の味を楽しめるのが魅力。
ジャンボスシは日本料理食堂。これまた気軽かつ安い日本の味。

タイ料理もファラン飯も大好きで、それほど日本食を渇望するわけでもないが、とにかく選択肢が増えるのはいいことです。

SPONSOR LINK

-グルメレポート, 日本食

Copyright© パタヤ千夜一夜 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.