*

トゥクトゥク屋台のクイジャップユアンを年越しうどんがわりにした

公開日: : グルメレポート


年が明けても、年越しそばは食べられずじまい。
いや、関西人のわたしとしては、そばよりもうどんがいい。
うどんが食べたい。
が、パタヤにうどんはない。

SPONSOR LINK

トゥクトゥク屋台

と、ソイブッカオを一台のトゥクトゥクが走っていた。

tuktuk-noodle-soup-2

ただのトゥクトゥクではない。後尾座席は取り払われ、調理台が設置されている。

看板を見ると、麺料理のもよう。
太くて白い麺の見本写真が目に刺さる。

tuktuk-noodle-soup-1

うどんだ。あれは、うどんに違いない。願いが通じたのだ。

と、このような描写は、以前「ウドンタニーでうどん」というネタで書いており二番煎じに過ぎないし、うどんらしき商品の正体がクイジャップユアンだということもわかりきっているが、まあ、クイジャップユアンは大好物だし、とにかく、走るうどんトゥクトゥクを追いかけた。

トゥクトゥクが停車しているところに追いついて、うどん、もとい、クイジャップを注文した。
40バーツ。
注文を受けてから、麺を茹でる。すぐに完成した。

クイジャップユアン

部屋にお持ち帰り。

tuktuk-noodle-soup-3

熱々のスープがビニール袋に入っている。
その他、小分けにされた薬味。

プラ容器にスープと麺と具をどばどばと。

tuktuk-noodle-soup-4

ぐちゃぐちゃ状態で見栄えが悪いが、味は悪くない。

麺が太い。まさにうどんだ。
もちもちとした食感がありつつも、腰のある麺。うーん、いいね。趣は少々異なるが、さぬきうどんを食べている気分にさせてくれる。

tuktuk-noodle-soup-5

具材は、巨大な豚骨、ゆで卵、ムーヨー(ソーセージ)、豚ミンチ、血のゼリー、刻み野菜など、クイジャップユアン定番のもの。

スープは、豚骨ベース。
人工調味料や化学調味料もどっさり含まれているだろうけど、それだけに、いやそれだからこそ、それなりに深みのある味だ。
あえて砂糖や唐辛子は入れずとも、そのままでも充分食べられる。関西風薄味うどんということで。
スープの底のほうには調味料が沈殿していて、どうにも、エースコックのワンタンメンを彷彿とさせる味がするのは、どこのクイジャップユアン屋でも同じ。
スープの上のほうだけをすくって飲んでいるとさっぱりした風味ですな。

これで40バーツなら文句なし。

遅ればせながら、このトゥクトゥク屋台のクイジャップユアンを年越しうどんとさせてもらった。

 

細麺タイプのクイジャップユアン屋は、パタヤにいくつもある。

パタヤタイのクイジャップユアン (2)

関連記事:パタヤタイにあるクイジャップユアン。巨大骨付きあばら肉入りスープがうまい。
関連記事:24時間営業のクイティアオ&クイジャップユアン食堂
関連記事:腓骨と鶏足入りクイジャップユアンは、デカいどんぶりで50バーツ@パタヤサードロード

でも、ここまで堂々とした太麺タイプはちょっと珍しいかも。

以前はソイレンキー入り口にあってその後ソイエキサイトへ移転したクイティアオ食堂に、太麺タイプのクイジャップが置いてあった。

クイジャップ2

が、あらかじめ麺とスープを巨大寸胴で湯がくタイプで、麺はぶつ切り状態。味も今ひとつだった。

このトゥクトゥク屋台は、手作りっぽい太麺をその都度茹でる。
具材も豊富だし、値段は40バーツとお手頃。
年越しうどんは冗談にしても、普通に麺料理としておすすめできる1品。
もしトゥクトゥク屋台を見かけたら、呼び止めて、「クイジャップ」と注文してみましょう。

SPONSOR LINK

関連記事

マハーサムットクイティアオトムヤム (2)

サードロードの絶品シーフードクイティアオ「マハーサムット」ふたたび。

以前紹介した、海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋「マハーサムット」。 場所はサードロ

記事を読む

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (4)

パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

食べ放題のムーカタレストラン、ニンジャへ行くことになった。 場所は、サウスパタヤ店。 ブ

記事を読む

kebab-soi-lengkee-2

ソイレンキーの新しいトルコケバブ50バーツ。チキンサンドイッチがおすすめ。

ソイダイアナからソイレンキーにかけては、ケバブ屋台が乱立しており、さながらケバブ銀座の様相を呈し

記事を読む

ビッグCエクストラフードコートのバミー (4)

ビッグCエクストラのフードコート。ポークリブのせ甘辛ソースがけバミー。

パタヤカンにあるBIG-C EXTRA(ビッグシーエクストラ) セントラルパタヤロード

記事を読む

ブッカオ火金市場のクイジャップ (4)

ブッカオ火金市場の屋台群にあるクイジャップがおいしかった

ブッカオとパタヤタイ交差点近くで、火曜日と金曜日限定で開かれる市場がある。 通称、ブッカオ火・

記事を読む

Buakhao paradise pattaya room (8)

Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao Paradiseなる看板が上が

記事を読む

ジョークプットモーメニュー (5)

熱々の土鍋で食べるジョークがうまい。しかもシーフードカオトム味。ジョークプットモー。

ジョークといえば、タイ版のおかゆ。 米粒の形がなくなるまでに煮込んである。 元をたどれば中国

記事を読む

コンビニの缶コーヒー (2)

タイの缶コーヒー11種類飲み比べ。ナンバーワンはDAOコーヒー。

コーヒーが好きだ。 カフェで飲む本格的なコーヒーもいい。 タイの屋台で売っている甘っ

記事を読む

ハーバーパタヤ (27)

ハーバーパタヤは、パタヤの新ショッピングモール。マックスバリュもあるよ。

パタヤカン沿いに新しくオープンした大型ショッピングモール、ハーバーパタヤを訪問してきた。 地下

記事を読む

しゃぶし (1)

Shabushiは359バーツで寿司としゃぶしゃぶ食べ放題の店。シャブシ。

oishi系列店であるShabushi。 看板には「しゃぶしゃぶの寿司」と掲げている。

記事を読む

アドステア

アドステア

Dolls (1)
沈没ファランたちと過ごすバービアの夜

沈没日記17 年末年始のパーティラッシュが一段落して、平常運転に

スクリーンショット_012417_024735_AM
HISの初売りクーポン券発行中。LCCでも3000円引き。

格安航空券の大手、H.I.S(エイチ・アイ・エス)が初夢フェアを開

Hot pot chimchum (1)
コームーヤーンとチムチュムが安くてうまいイサーン料理レストラン@パタヤダークサイド

友人とパタヤダークサイドのソイカオタローとソイカオノイのバーめぐり

Pattaya Darkside bar (6)
【パタヤダークサイド】ソイカオタローとソイカオノイのジェントルマンズクラブめぐり

パタヤダークサイドというところ パタヤダークサイドとは、スクンビット

Domicil Schnitzel Vienna Art (1)
DOMICILの日替りメニュー。ヴィーナーシュニッツェル、パリ風シュニッツェル、カレーブルスト。

以前、ブレックファーストを紹介したレストラン、DOMICIL。

→もっと見る

PAGE TOP ↑