*

腓骨と鶏足入りクイジャップユアンは、デカいどんぶりで50バーツ@パタヤサードロード

公開日: : グルメレポート

クイジャップユアンとは、ベトナム式の米麺を使った麺料理のこと。フォーとは違う。
ラオスでは、カオピヤックとも呼ばれる。
もちもちした食感の麺が特徴で、日本人にもなじみやすい。

捻った太麺とモツをメインにしたスープ料理も、同じくクイジャップというが、モツスープのほうはタイ式なので「クイジャップタイ」と呼ぶ。

SPONSOR LINK

サードロードのクイジャップユアン屋

以前紹介した24時間営業のクイティアオ&クイジャップユアンのお店。ก๊วยจั๊บญวน 24ชม.

クイジャップユアン (2)

関連記事:24時間営業のクイティアオ&クイジャップユアン食堂

その店の近くには、また別のクイジャップユアン屋がある。

vietnam-noodle-soup-kuijap-6

ずっと気になっていたが、初めて入ってみた。

vietnam-noodle-soup-kuijap-7

店内と歩道上にテーブルがいくつかあるだけの小さな店だが、けっこうにぎわっている。
こういう店はきっとおいしいはずだ。

注文は、ただシンプルに「クイジャップユアン」とだけ告げた。

vietnam-noodle-soup-kuijap-4

画像ではわかりづらいかもしれないが、どんぶりがでかい。
付け合せの野菜は、もやしだけ。

混ぜ返してみる。

vietnam-noodle-soup-kuijap-5

堂々たる鶏足が現れた。

大きな腓骨が入っている。あばら肉、つまりスペアリブ。
クイジャップユアンではおなじみの食材だ。
いいダシが出るんだ、これで。

あとは、豚か牛かの血をプリン状に固めたもの。
ゆで卵1個分。さらに豚ミンチ肉も入っている。

もちもちした麺、とろみとコクのあるスープ。
ほろほろに煮込まれたスペアリブがうまい。食べる部分はかなり少ないので、しゃぶり尽くしましょう。

そして、鶏足。
鶏足は、日本で「もみじ」とか呼ばれて、食用にされているけど、それほど人口に膾炙しているとは言えない。
タイでは、一般的な食材。カノムジンによく入ってます。
少々グロテスクな外見だけど、そんなに悪くないですよ。軟骨のこりこりした食感が好きな人にはたまらないかも。まあ、肉の部分は少ないけど、これまたしゃぶり尽くしましょう。

麺と具の量は多い。
タイの麺料理では珍しくお腹いっぱいになれた。
これで50バーツ。

やっぱり好きだわ、クイジャップユアン。

厨房には他にも食材が並んでいる。
ムーヨー(ソーセージみたいなやつ)とか、カイヨーマー(ピータン)もあった。
気になる人は指差しで注文すればいいだろう。

24時間クイティアオ屋のクイジャップより、こっちの店のほうが味、量とも上じゃないでしょうかね。

場所と地図

地図

店の場所は、サードロードのソイ17入り口。

vietnam-noodle-soup-kuijap-1

とてもわかりやすい。
赤い看板が目印だ。

ソイブッカオの常設市場前のソイ19を入っていき、サードロードを左へ少々。
歩いて5分くらい。

サードロード向かい側には、海鮮トムヤムクイティアオの名店、マハーサムット。
vietnam-noodle-soup-kuijap-2
関連記事:これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋。

斜め向かいには、ポークチョップがうまいステーキ屋、ガオライサイサーム。
ここは何度食べてもコスパ抜群だ。スパゲッティも安くてうまい。
vietnam-noodle-soup-kuijap-3
関連記事:ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ
関連記事:サードロードのステーキ屋は少し値上げ。でもポークチョップは据え置き価格で味もそのまま。

サードロードのこの一角は安くてうまいローカルタイ飯屋が目白押し。
タイ人でにぎわっている店を見つけたら、とにかく入ってみることをおすすめします。

同じようなスペアリブ入りクイジャップユアンは、パタヤタイにある店もおいしい。
バイクがないと行きにくいのが難点だが、味はいい。
パタヤタイのクイジャップユアン (2)
関連記事:パタヤタイにあるクイジャップユアン。巨大骨付きあばら肉入りスープがうまい。

SPONSOR LINK

関連記事

クイティアオトムヤム (2)

クイティアオトムヤムタレー屋台。イカとエビ入りのトムヤムラーメン@サードロードセブン前

サードロードのソイ13入り口、セブンイレブン前で営業している屋台。 基本はクイティ

記事を読む

ハーバーパタヤ (27)

ハーバーパタヤは、パタヤの新ショッピングモール。マックスバリュもあるよ。

パタヤカン沿いに新しくオープンした大型ショッピングモール、ハーバーパタヤを訪問してきた。 地下

記事を読む

パタヤカンのバミー屋 (3)

パタヤカンソイ14屋台のバミーヘン(汁なしラーメン)うまし

バミーとは中華麺のことで、通常はスープに入れて食べる。要するにラーメンだ。 注文の際はバミーと

記事を読む

ジョーレストランのブレックファスト朝食 (3)

JO RESTAURANTのブレックファスト79バーツ@ソイハニーイン

パタヤのファランな朝食シリーズです。 友人の宿泊しているベイブリーズホテルを訪れた際に気に

記事を読む

ヒルトンパタヤ・ホライズン (7)

HILTON PATTAYAの屋上ラウンジ「HORIZON ホライズン」

つい先日、ヒルトンホテルパタヤの屋上にあるラウンジ「HORIZON」に行ってみた。 ここから眺

記事を読む

ヒポポタマスのヒポスムージー

センタン6階のヒポポタマスは、眺めのよいカフェレストラン。フルーツスムージーがおいしいよ。

セントラルフェスティバルパタヤ(通称センタン)の6階の一番ビーチ寄りにあるのが、HIPPOPOT

記事を読む

D beach restaurant breakfast (8)

パタヤビーチを眺めながらブレックファーストを

パタヤ・ソイ6/1のビーチ側入り口に貼ってある看板がずっと気になっていた。 D-B

記事を読む

mofai-1

サードロードの巨大モーファイと日本食屋台のラーメン

少し前のこと、バンコク在住の友人がパタヤに遊びに来た。 2泊3日だが、パタヤに特定の相手がいる

記事を読む

マイクショッピングモールフードコート (6)

マイクショッピングモールのフードコート、眺めはいいけど、やっぱりしょぼかった

マイクショッピングモールとは マイクショッピングモールはパタヤ老舗のショッピングモール。

記事を読む

The haven breakfast the works (3)

パタヤ最強かも。THE HAVENのブレックファースト100バーツ。

パタヤのブレックファーストシリーズはまだまだ続く。 いったい、パタヤにはいくつものファラン向け

記事を読む

アドステア

アドステア

Udonthani night life bars (1)
ウドンタニーで恒例のバービア遊び。でも一番かわいいバービア嬢はペイバー不可で撃沈。

ラオス・イサーン旅行記20 (19「ウドンタニー名物料理のカイガタは

Udonthani Fried egg Khaikata (1)
ウドンタニー名物料理のカイガタは、パンも付いて35バーツ

ラオス・イサーン旅行記19 (18「ノンカーイからウドンターニー

Walking street 20170626 (6)
規制強化には開店繰り上げで対抗。ウォーキングストリートのゴーゴーバー開店時間調査。

当局の強い指導により、閉店時間が午前3時となったウォーキングストリート

Nongkhai to Udonthani Bus (6)
ノンカーイからウドンターニーへはロットゥ(ミニバン)で

ラオス・イサーン旅行記18 ノンカーイは1泊だけですます。

Pattaya klang Thai food (2)
タイローカル屋台初心者におすすめ。カオカームー、カオマンガイ、クイティアオ、何でも揃ってそこそこ美味しい屋台@パタヤカン。

パタヤカン(セントラルパタヤロード)のセカンドロードからソイブッカ

→もっと見る

PAGE TOP ↑