*

腓骨と鶏足入りクイジャップユアンは、デカいどんぶりで50バーツ@パタヤサードロード

公開日: : グルメレポート

クイジャップユアンとは、ベトナム式の米麺を使った麺料理のこと。フォーとは違う。
ラオスでは、カオピヤックとも呼ばれる。
もちもちした食感の麺が特徴で、日本人にもなじみやすい。

捻った太麺とモツをメインにしたスープ料理も、同じくクイジャップというが、モツスープのほうはタイ式なので「クイジャップタイ」と呼ぶ。

SPONSOR LINK

サードロードのクイジャップユアン屋

以前紹介した24時間営業のクイティアオ&クイジャップユアンのお店。ก๊วยจั๊บญวน 24ชม.

クイジャップユアン (2)

関連記事:24時間営業のクイティアオ&クイジャップユアン食堂

その店の近くには、また別のクイジャップユアン屋がある。

vietnam-noodle-soup-kuijap-6

ずっと気になっていたが、初めて入ってみた。

vietnam-noodle-soup-kuijap-7

店内と歩道上にテーブルがいくつかあるだけの小さな店だが、けっこうにぎわっている。
こういう店はきっとおいしいはずだ。

注文は、ただシンプルに「クイジャップユアン」とだけ告げた。

vietnam-noodle-soup-kuijap-4

画像ではわかりづらいかもしれないが、どんぶりがでかい。
付け合せの野菜は、もやしだけ。

混ぜ返してみる。

vietnam-noodle-soup-kuijap-5

堂々たる鶏足が現れた。

大きな腓骨が入っている。あばら肉、つまりスペアリブ。
クイジャップユアンではおなじみの食材だ。
いいダシが出るんだ、これで。

あとは、豚か牛かの血をプリン状に固めたもの。
ゆで卵1個分。さらに豚ミンチ肉も入っている。

もちもちした麺、とろみとコクのあるスープ。
ほろほろに煮込まれたスペアリブがうまい。食べる部分はかなり少ないので、しゃぶり尽くしましょう。

そして、鶏足。
鶏足は、日本で「もみじ」とか呼ばれて、食用にされているけど、それほど人口に膾炙しているとは言えない。
タイでは、一般的な食材。カノムジンによく入ってます。
少々グロテスクな外見だけど、そんなに悪くないですよ。軟骨のこりこりした食感が好きな人にはたまらないかも。まあ、肉の部分は少ないけど、これまたしゃぶり尽くしましょう。

麺と具の量は多い。
タイの麺料理では珍しくお腹いっぱいになれた。
これで50バーツ。

やっぱり好きだわ、クイジャップユアン。

厨房には他にも食材が並んでいる。
ムーヨー(ソーセージみたいなやつ)とか、カイヨーマー(ピータン)もあった。
気になる人は指差しで注文すればいいだろう。

24時間クイティアオ屋のクイジャップより、こっちの店のほうが味、量とも上じゃないでしょうかね。

場所と地図

地図

店の場所は、サードロードのソイ17入り口。

vietnam-noodle-soup-kuijap-1

とてもわかりやすい。
赤い看板が目印だ。

ソイブッカオの常設市場前のソイ19を入っていき、サードロードを左へ少々。
歩いて5分くらい。

サードロード向かい側には、海鮮トムヤムクイティアオの名店、マハーサムット。
vietnam-noodle-soup-kuijap-2
関連記事:これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋。

斜め向かいには、ポークチョップがうまいステーキ屋、ガオライサイサーム。
ここは何度食べてもコスパ抜群だ。スパゲッティも安くてうまい。
vietnam-noodle-soup-kuijap-3
関連記事:ローカルだけど本格派!サードロードの新しいステーキ屋はポークチョップ69バーツ、ステーキ定食55バーツ
関連記事:サードロードのステーキ屋は少し値上げ。でもポークチョップは据え置き価格で味もそのまま。

サードロードのこの一角は安くてうまいローカルタイ飯屋が目白押し。
タイ人でにぎわっている店を見つけたら、とにかく入ってみることをおすすめします。

同じようなスペアリブ入りクイジャップユアンは、パタヤタイにある店もおいしい。
バイクがないと行きにくいのが難点だが、味はいい。
パタヤタイのクイジャップユアン (2)
関連記事:パタヤタイにあるクイジャップユアン。巨大骨付きあばら肉入りスープがうまい。

SPONSOR LINK

関連記事

ホルモン焼肉屋台 (1)

ホルモン焼肉屋台。油っこいけど、ビールのあてにどうぞ。

焼き鳥屋台に比べると数は少ないけれど、パタヤでちょこちょこ見かけるのが、この屋台。

記事を読む

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

ラーメンチャンピオンのカツライス (2)

ラーメンチャンピオンでカオムートートと注文するとカツライスが出てきた

カツ丼が食べたくなった。 海外滞在中でも日本食へのこだわりは、ほとんどない。 これまで海

記事を読む

フーターズパタヤのフーターズガール (4)

フーターズパタヤ店再び。フードも食べてみた。金髪ガールもいたよ。

2016年1月にグランドオープンしたHOOTERS PATTAYA 少し前に実際に

記事を読む

ジョムティエンナイトマーケット (2)

ジョムティエンのナイトマーケットは、シーフードからファラン飯まで何でも揃う屋台街

ジョムティエンのビーチロードを走行していると、ナイトマーケットに遭遇した。 こんな場所があった

記事を読む

バスストップレストランパブ (4)

ナナプラザ至近のレストラン、バスストップ(BUS STOP)のブレックファースト125バーツ

バンコクのスクンビットソイ4(Soi NANA)にあるレストラン、バスストップ。 わた

記事を読む

イサーン屋台 ラーブムー(3)

ラーブムー。ソイレンキー入り口のイサーン屋台がうまい。

ナムトックムーにつづいて、イサーン料理のご紹介。 今回は、ラーブムー。 ラー

記事を読む

デンダムバミー (2)

パタヤ・デンダムレストランのすっきりスープ海鮮バミーナムはおすすめ

パタヤの庶民的なレストランとして有名なのがデンダム。 パタヤ在住のタイ人なら、ほとんどみんな知

記事を読む

パタヤタイのカオマンガイ (1)

パタヤタイ、ワットチャイ近くのカオマンガイ&クィティアオ屋台がうまかった

パタヤタイ(サウスパタヤ)のワットチャイモンコーン近くには、屋台が多数、軒を連ねている。 昼間

記事を読む

ウドンターニーのたこ焼き屋 (2)

ウドンターニーでたこ焼きとお好み焼き【次回への課題】

勝手にウドンターニー日本食文化シリーズ ウドンでうどん ウドンでラーメン と、続い

記事を読む

アドステア

アドステア

nana-burger-bangkok-2
今さらながら、あえてナナバーガーを食べる

ナナバーガー。 熱心なバンコクリピーターには説明不要。 ナナプ

moonlightplace-pattaya-hotel-6
ソイハニーの隠れ家的ホテル、ザ ムーンライト プレイス (The Moonlight Place)宿泊レポート

ソイハニーイン(略してソイハニー)は、何かといかがわしい通りだが、

pheromon-club
ウォーキングストリート新規OPENゴーゴー、フェロモンクラブとバイパス訪問レポート

パタヤを一ヶ月ほど留守している間に、新しいゴーゴーバーが2軒オープンし

walking-street-201612
2016年12月タイ、バンコク・パタヤ夜遊びスポットの現状

ここ数日間、バンコクとパタヤの夜遊びの現状を調査してきた。 国王

pattaya
約100日のアジア周遊旅行とパタヤ沈没生活の出費報告書

香港からスタートして、パタヤ沈没でゴールした今回の旅行。 全日程

→もっと見る

PAGE TOP ↑