*

24時間営業のクイティアオ&クイジャップユアン食堂

公開日: : 最終更新日:2017/08/07 グルメレポート, 麺類(クイティアオ・バミーなど)


サードロードに24時間営業のクイティアオ屋を見つけた。
場所は、サードロードのソイ15角のファミリーマート横だ。

24時間営業のクイティアオとクイジャップユアン食堂 (3)

看板にもタイ語で24時間営業と書いてあるようだ。

店構えはこんな感じ。

24時間営業のクイティアオとクイジャップユアン食堂 (1)

厨房
24時間営業のクイティアオとクイジャップユアン食堂 (6)

まあ、よくあるクイティアオ食堂だ。

時刻は昼の3時ころ。
とりあえず入ってみた。

SPONSOR LINK



クイジャップユアン

わたしが入店した時は、おばさんが一人で切り盛りしていた。
食堂のおばさんにメニューをたずねると、クイティアオの他にクイジャップユアンも置いているという。

クイジャップユアンとは、ベトナムのフォーのような米麺が入った麺料理のこと。
ラオスのカオピヤアックとほぼ同じ。
カオピヤック (1)
関連記事:カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

なお、通常のクイジャップは、クイジャップタイといって、ねじり太麺とモツが入ったスープとなる。
ブッカオ火金市場のクイジャップ (5)
関連記事:ブッカオ火金市場の屋台群にあるクイジャップがおいしかった

 

クイティアオも気になるが、今回はクイジャップユアンをオーダー。
夜遅くなるとクイジャップユアンを提供する屋台が出没するが、真っ昼間からというのは少々珍しい。

店内のテーブルに座って少々待つ。

24時間営業のクイティアオとクイジャップユアン食堂 (5)

24時間営業のクイティアオとクイジャップユアン食堂 (4)

うん、絶妙にローカルな雰囲気だ。
中途半端な時間帯のせいか、客は他にいない。

クイジャップユアンの到着。

クイジャップユアン (2)

やや細めの麺だな。
具材は、ルアット(豚の血をゼリー状に固めたもの)、ゆで卵、練り物など。

おっと、巨大な豚骨が入っているではないか。

クイジャップユアン (3)

以前紹介したパタヤタイのクイジャップユアン屋とよく似ている。
スペアリブのような豚骨だ。

関連記事:パタヤタイにあるクイジャップユアン。巨大骨付きあばら肉入りスープがうまい。

ここも同じようなクイジャップとなっている。

味も似ている。
スープはややとろみがあって、唇にまとわりついてくるような食感。
米麺とよく合う。その麺ももちもちしていて、歯ごたえがある。
正統派クイジャップユアンだ。

巨大な豚骨は、やはり骨ばかりで、身はあまり付いていない。
ねぶるようにして、肉を食べる。

やっぱり、好きだなあ、クイジャップユアン。

あっという間に麺と具を完食。

クイジャップユアン (1)

巨大な骨が残された。

スープの底をすくって飲んでみると、ちょっとインスタント粉末っぽい味がするのは、まあしょうがないか。
どことなく、エースコックのワンタン麺のスープの味を思い出した。まあ人工調味料の味ですな。どこの屋台や食堂でもたぶん使っているだろう。

クイジャップユアン40バーツ。
クイティアオも40バーツとのこと。

食堂のおばさんいわく、隣のファミリーマートと同じく24時間営業。
「でも、眠たくなったら、奥で寝ているけどねえ」とおばさんは笑っていた。
というか、おばさん、一人でやっているのか?
まさかねえ。

 

地図

サードロードのソイ15
24時間営業のクイティアオとクイジャップユアン食堂 (2)

ファミリーマートが目印。隣接して24時間営業のクイティアオ食堂がある。

サードロードに西側(ビーチ側)沿いなので、ブッカオからでも行きやすい。
ブッカオ常設市場から、歩いて5分ちょっとくらいかな。

一応24時間営業ということなので、朝っぱらや真っ昼間にクイティアオやクイジャップユアンが食べたくなったら、ぜひどうぞ。
クイティアオはまだ食べていないので、味は不明ですけどね。
クイジャップユアンは、そこそこおいしいですよ。

(追記)
英語中国語のメニューも置いてある。
サードロード24時間営業クイティアオ屋 (2)

クイティアオも食べてみた。詳しくはこちらから。
豚骨スープのクイティアオ@サードロードの24時間食堂。ルークチンもおいしい。

SPONSOR LINK

関連記事

パタヤタイのムーデーン屋台

山盛り焼き豚が目印。パタヤタイのバミーナームとカオムーデーン屋台。

今回紹介するのは、屋台グルメ好きのブログ読者さんから情報をいただいたお店。 なんでもカオムーデ

記事を読む

フードランド前カオマンガイ (2)

パタヤで一番おいしいと評判のカオマンガイ屋は、むしろスープが絶品だった@フードランド前

当方、パタヤへ通い始めて8年くらい。 ここ数年は一年の3分の1から半分くらいをパタヤで過ごして

記事を読む

カイパロー・ムーパロー (1)

カイパローは、タイ版の豚の角煮と煮玉子。ソイメイドインタイランドの食堂でぶっかけ飯30バーツ。

ソイメイドタイランドで飲んでいると、小腹がすいてきた。 近くに食堂がある。 そこで軽くテイク

記事を読む

バンコクトップスフードコートのカオソーイ

スクンビット・ロビンソンデパート地下TOPSフードコートのカオソーイ

バンコク・スクンビットソイ17と19の間にあるロビンソンデパートメント(Robinson Dep

記事を読む

カオトムプラジャンバン料理

おすすめレストラン、カオトムプラジャンバンふたたび。追加料理多数。

少し前に紹介したおすすめのタイ料理&イサーン料理&シーフードのおいしいレストラン、カオトムプ

記事を読む

ソイ6食堂 (1)

ソイ6のど真ん中にあるローカル食堂(追記あり)

パタヤビーチロードソイ6といえば、とてつもなくいかがわしい通りである。 普通の観光客が

記事を読む

RAINBOW24 Pattaya (15)

RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。 といっても見つけたのは2軒だ

記事を読む

Takoyaki (4)

タイの冷凍たこ焼き。意外とダシがきいていて、しっかりとたこ焼きしている。

わたしは関西出身。 無性にたこ焼きが食べたくなることがある。 それはタイ、パタヤにいても同様

記事を読む

Market cafe soi new plaza マーケットカフェグリル (4)

ソイニュープラザのザ・洋食屋でミックスグリルとブレックファースト

ファランの町、パタヤは洋食天国だ。 いたるところに洋食を扱うレストランがある。 洋食を全面に

記事を読む

The haven breakfast the works (3)

パタヤ最強かも。THE HAVENのブレックファースト100バーツ。

パタヤのブレックファーストシリーズはまだまだ続く。 いったい、パタヤにはいくつものファラン向け

記事を読む

アドステア

Comment

  1. サムライコボリ より:

    ここのクイジャップユアン店は夕刻はおじさんも働いていますね。交代で勤務していると思います。
    24時間と言えども昼間2時ごろ行ったことがあるのですが営業していない雰囲気の時もありましたね。(シャッター閉まっている感じで)

    ラオスのカオピヤアック店ではマナオがテーブルに用意され好きなだけ入れられますがタイではマナオが用意されないのが難点ですね。

    私はこの店でテイクアウトしてアパートでマナオを好きなだけ入れて食べています。
    まあここはタイですからマナオ持参でここに食べに行くのもありですかね?555

    • 千夜一夜 より:

      なるほど、他にも働いている人がいるんですね。当たり前か。
      わたしが行った時間帯はガラガラでしたんで、昼間は休んでいることもあるんでしょうね。たぶん、おばさんが奥で寝ていますね。
      マナオを入れたことはありませんでした。今度マナオ持参で試してみます。さっぱりしそうですねえ。

アドステア

バチェラー4周年 Bachelor (1)
オフィス7周年パーティとバチェラー4周年パーティ

8月16日のLKメトロの様子です。 時刻は深夜0時過ぎ。

Pangpond cafeのカイガタ (1)
サードロードのちょいおしゃれカフェでアラビカ種コーヒーとカイガタ

サードロードとパタヤカンの交差点近くに新しいカフェができている。

ラーメンチャンピオンのたこ焼き
【パタヤでたこ焼き】ローカル食堂ラーメンチャンピオンでたこ揚げと揚げ餃子

たこ焼きが好きだ。 海外滞在中だろうが日本にいようが、ふいにたこ

Ginza ギンザ
【昨晩のウォーキングストリート】アイアンクラブ火事閉店、ギンザとミスティーズ訪問

昨日8月14日のウォーキングストリートの様子。 月曜日の

インスタントジョーク Instant jok (4)
インスタントジョーク(粥)とコーンスナックを組み合わせると、なんちゃってコーンポタージュへ進化する

タイのお粥はジョークと呼ぶ。 雑炊(カオトム)との違いは、米粒の

→もっと見る


PAGE TOP ↑