*

カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

公開日: : グルメレポート ,


アジアといえば麺料理である。
日本、中国、タイ、ベトナム、いたるところで麺料理を食べることができる。
隣り合った国同士でも微妙に味付けやアレンジが異なり、様々なバリエーションを楽しむことができる。

ラオスの麺料理といえば、カオピヤックだろう(カオピアックとも表記できそう)。

これは、タイでいうところのクイジャップユアンとほぼ同じものか。
スープの味は全然違うが、日本のうどんに近い麺料理だ。

ベトナムのフォーに似ていなくもないが、どうやらラオスにはフォーにより近いフーという麺料理もあるようだ。

もちろん、タイのクイティアオにも似ている。

このあたりは、それぞれの食文化が入り混じって、複雑な様相を呈している。中国からの影響も強いだろう。
度重なる国境線の変更や歴史的変遷もあり、陸続きの東南アジア諸国の食文化はおもしろい。

まあ、わたしは比較文化学の学者ではない。ただ安くておいしいグルメが食べたいだけの物好き旅行者なので、前置きはここまで。
うまけりゃ何でもいいんですよ。

SPONSOR LINK

カオピヤック、カオピアック

タイの観光ビザを取得するために滞在したビエンチャン。
そのタイ大使館領事部近くでたまたま入ったのが、今回のカオピヤック食堂。

地図

外観
ビエンチャンのカオピヤック屋 (1)

店先にあるメニュー看板
ビエンチャンのカオピヤック屋 (2)

メニュー一番上がカオピヤック。見本写真に小さく「paek」と書いてある。たぶん、これがピヤックのことなんだろう。

よくわからないので、とりあえず入店して、「カオピヤックミーボー?(カオピヤックあるの?)」と質問。
答えは、「ミー(あるよ)」。
じゃあ、「アオヌン(一人前ちょうだい)」と、オーダー完了。具材の指定はしなかった。
このあたり、微妙にラオス語とタイ語が入り混じっているかもしれず、お気になさらぬよう。

テーブルの上には、無料のお茶。氷入りのグラスを出してくれた。普通においしいお茶で、日本人にはとってもうれしい心遣い。

ビエンチャンのカオピヤック屋のお茶

ほどなくして、料理が到着。

カオピヤック (1)

うん、おいしそうだ。

よりアップで撮影した。

カオピヤック (2)

うどんの麺よりは細い。タイのクイティアオのセンレックよりは太い。その中間くらい。
かなりもちもちした食感。日本のさぬきうどんもかなりもちもちしているが、それとはまた違ったもちもち感だ。
米は米でも、もち米も使っているようだ。この食感は日本人にはうれしい。

具は、ムークロップ(かりかりに揚げた豚肉)が乗っている。
もちろん、パクチーは欠かせない。刻みパクチーがいいアクセントになる。
とてもシンプル。
おそらくリクエストすれば、もやしも入れてくれるはず。

スープはあっさり目。鶏ガラベースなのかな。
ちょっととろみがある。
普通においしいぞ。

これが苦手な日本人はほとんどいないだろうという味。レンゲでなく、どんぶりごと持ってずるずると飲みたいくらいだが、それはマナー違反なので、やめておく。

テーブルの上には、薬味がたくさん並んでいる。

ビエンチャンのカオピヤックの薬味 (1)

ビエンチャンのカオピヤックの薬味 (2)

赤いのは、ラー油かな。それとも、唐辛子に油を混ぜたものかもしれない。もう一つはニンニクだろう。

ためしに両方入れてみると、意外といい感じに。適度な辛さと刺激が加わった。そのままのスープでもおいしいけど、薬味を加えると味に締まりが出た。
あとは、お好みでナンプラーを入れるといいだろう。もちろん、普通の唐辛子粉末も用意してあるんで、タイでクイティアオを食べる時のように、唐辛子を放り込んでもいい。

全体的な味は、やはりタイのクイジャップユアンに近い。
ビエンチャンからほど近いウドンターニーで食べたくクイジャップを彷彿とさせるが、ラオスのカオピヤックのほうがマイルドな味わいかな。

ウドンのクイジャップ
関連記事:ウドンターニーの朝食なら、うどんでしょ。ウドンバスターミナルで食べるクイジャップがうまい。

まあ、店によって味付けは違うだろうから一概には言えないが、日本人の舌感覚では、カオピヤックのほうが馴染みやすいかと思う。

麺の量が多くて、けっこうなボリューム感。
タイの一般的に食べるクイジャップよりも、食べごたえはある。
もっちりした米麺だけに、腹持ちも良さそうだ。

ラオスキープで1万。タイバーツなら50。2016年1月の為替レートで、165円くらいかな。

タイの麺類よりも少し高いくらいだが、この麺の多さだと割高感はない。

満足です。

いいねえ、カオピヤック。

ラオスに来たら、サンドイッチのカオチーともども、カオピヤックも食べておきましょう。

カオチーは、ラオス名物フランスパンサンドイッチ。あふれかえるパクチーが魅力だよ。

 

今回食べた店は、ビエンチャンにあるタイ大使館領事部(ビザ発給所)のすぐ近く。
ビエンチャン中心部に滞在しているなら、わざわざ寄る必要はないだろうけど、ビザ取りに訪れているなら、ついでにどうぞ。
大使館からは歩いて2,3分です。
営業時間は、おそらく午前中から夕方くらいまで。この周囲の店は、夕方には店じまいしてしまうんで。
客は、近所のカシコーン銀行店員など地元の人達がメイン。たまたまだろうけど、外国人客は見かけなかった。でも、たぶん簡単な英語なら通じるでしょう。

カオピヤックの他にも、ガパオなどの定番料理もあるみたい。
アイスコーヒーも売っている。
店の表側では、ソムタムを作っていた。

ラオス旅行の際は、ローカル食堂のカオピヤックを是非どうぞ。
おいしいよ。

SPONSOR LINK

関連記事

third-road-steak-loong-yai-2

サードロードの格安ローカルステーキ屋ルゥンヤーイmini。ハンバーグがそこそこおいしい。

パタヤサードロードは、ローカル向けの安くてうまい食堂やレストランの宝庫。 タイ料理だけでなくて

記事を読む

サードロード24時間営業クイティアオ屋 (3)

豚骨スープのクイティアオ@サードロードの24時間食堂。ルークチンもおいしい。

以前、紹介したサードロードにある24時間営業の食堂。 その際はクイジャップユアンを食べて、けっ

記事を読む

mcdonald

タイのマクドナルドの朝マックには、おかゆとパートンコーが売ってるよ。29バーツから。

タイの朝食といえば、おかゆ。 タイ語でジョークという。 原型がなくなるまでに煮こまれたお米が

記事を読む

ドランクンダックの99バーツブレックファースト (2)

ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ

たまに、がっつりと朝食が食べたくなる時がある。それもタイ料理の朝食ではなくて、洋食系、特にイング

記事を読む

nescafe-can-coffee

タイの缶コーヒーはこれで決まりか。ネスカフェExtra Rich新登場。

缶コーヒーが好きだ。 日本でもタイでも、週に5本は飲んでいる。 以前、タイの缶コーヒーを

記事を読む

FRYDAYのフィッシュアンドチップス (5)

99バーツのフィッシュ&チップスがボリューム満点でうまい店、FRYDAY。ソイニュープラザにあるよ。

パタヤにあるフィッシュ・アンド・チップスの有名店を紹介したい。 たぶん正式な店名は、「EV

記事を読む

thips-cafe-8

カイガタもあるよ。Thip’s cafeのブレックファースト。クラブサンドイッチもどうぞ。

パタヤカンとサードロード交差点にあるThip'S Cafe。 パタヤでは老舗の部類の入

記事を読む

ガパオプラーガポン

ガパオプラーガポン。魚の缶詰を使ったガパオライス。

ガパオにも、いろんな種類がある。 一番メジャーなのは、豚の挽肉を使ったガパオムーサップだろうか

記事を読む

フードランド前カオマンガイ (2)

パタヤで一番おいしいと評判のカオマンガイ屋は、むしろスープが絶品だった@フードランド前

当方、パタヤへ通い始めて8年くらい。 ここ数年は一年の3分の1から半分くらいをパタヤで過ごして

記事を読む

ムーガタアーイー (13)

ハリウッド近くにあるシーフード食べ放題ムーガタ屋、アーイー

タイでは定番のムーガタ。 ムーガタとは、ジンギスカンのような鉄板鍋で肉を焼いたり、野菜を煮込ん

記事を読む

アドステア

アドステア

スクリーンショット_032317_055159_PM
GWにも年末年始にも。サプライス(Surprice)の5000円割引きクーポン配布中。

格安航空券販売のSurprice(サプライス)が、恒例の割引きクー

Walking street201702
パタヤラストナイト。じゃんけんに勝ったらショート1500Bでいいというゴーゴー嬢をペイバー。

沈没日記12 (11からの続き) 早くもパタヤラストナイトだ。

Navin mansion2 (12)
パタヤ長期滞在向けサービスアパートメント、ナビンマンション2宿泊レポート

ナビンマンション2は、日本人には定番のサービスアパートメント。

Book of Philipin pub (2)
おもしくて一気読み。「フィリピンパブ嬢の社会学」中島弘象。

最近各所で高評価の新書、「フィリピンパブ嬢の社会学」(中島弘象)を購入

Yak statue
パタヤ復帰後はカラオケ嬢と付かず離れずで。ノーブンブンライフも悪くない。

沈没日記11 (10からの続き) バンコクからパタヤへ シーロム

→もっと見る

PAGE TOP ↑