*

カオピヤック。ラオス版のクイジャプ、フォー、クイティアオ、もしくはうどん。

公開日: : グルメレポート ,


アジアといえば麺料理である。
日本、中国、タイ、ベトナム、いたるところで麺料理を食べることができる。
隣り合った国同士でも微妙に味付けやアレンジが異なり、様々なバリエーションを楽しむことができる。

ラオスの麺料理といえば、カオピヤックだろう(カオピアックとも表記できそう)。

これは、タイでいうところのクイジャップユアンとほぼ同じものか。
スープの味は全然違うが、日本のうどんに近い麺料理だ。

ベトナムのフォーに似ていなくもないが、どうやらラオスにはフォーにより近いフーという麺料理もあるようだ。

もちろん、タイのクイティアオにも似ている。

このあたりは、それぞれの食文化が入り混じって、複雑な様相を呈している。中国からの影響も強いだろう。
度重なる国境線の変更や歴史的変遷もあり、陸続きの東南アジア諸国の食文化はおもしろい。

まあ、わたしは比較文化学の学者ではない。ただ安くておいしいグルメが食べたいだけの物好き旅行者なので、前置きはここまで。
うまけりゃ何でもいいんですよ。

SPONSOR LINK

カオピヤック、カオピアック

タイの観光ビザを取得するために滞在したビエンチャン。
そのタイ大使館領事部近くでたまたま入ったのが、今回のカオピヤック食堂。

地図

外観
ビエンチャンのカオピヤック屋 (1)

店先にあるメニュー看板
ビエンチャンのカオピヤック屋 (2)

メニュー一番上がカオピヤック。見本写真に小さく「paek」と書いてある。たぶん、これがピヤックのことなんだろう。

よくわからないので、とりあえず入店して、「カオピヤックミーボー?(カオピヤックあるの?)」と質問。
答えは、「ミー(あるよ)」。
じゃあ、「アオヌン(一人前ちょうだい)」と、オーダー完了。具材の指定はしなかった。
このあたり、微妙にラオス語とタイ語が入り混じっているかもしれず、お気になさらぬよう。

テーブルの上には、無料のお茶。氷入りのグラスを出してくれた。普通においしいお茶で、日本人にはとってもうれしい心遣い。

ビエンチャンのカオピヤック屋のお茶

ほどなくして、料理が到着。

カオピヤック (1)

うん、おいしそうだ。

よりアップで撮影した。

カオピヤック (2)

うどんの麺よりは細い。タイのクイティアオのセンレックよりは太い。その中間くらい。
かなりもちもちした食感。日本のさぬきうどんもかなりもちもちしているが、それとはまた違ったもちもち感だ。
米は米でも、もち米も使っているようだ。この食感は日本人にはうれしい。

具は、ムークロップ(かりかりに揚げた豚肉)が乗っている。
もちろん、パクチーは欠かせない。刻みパクチーがいいアクセントになる。
とてもシンプル。
おそらくリクエストすれば、もやしも入れてくれるはず。

スープはあっさり目。鶏ガラベースなのかな。
ちょっととろみがある。
普通においしいぞ。

これが苦手な日本人はほとんどいないだろうという味。レンゲでなく、どんぶりごと持ってずるずると飲みたいくらいだが、それはマナー違反なので、やめておく。

テーブルの上には、薬味がたくさん並んでいる。

ビエンチャンのカオピヤックの薬味 (1)

ビエンチャンのカオピヤックの薬味 (2)

赤いのは、ラー油かな。それとも、唐辛子に油を混ぜたものかもしれない。もう一つはニンニクだろう。

ためしに両方入れてみると、意外といい感じに。適度な辛さと刺激が加わった。そのままのスープでもおいしいけど、薬味を加えると味に締まりが出た。
あとは、お好みでナンプラーを入れるといいだろう。もちろん、普通の唐辛子粉末も用意してあるんで、タイでクイティアオを食べる時のように、唐辛子を放り込んでもいい。

全体的な味は、やはりタイのクイジャップユアンに近い。
ビエンチャンからほど近いウドンターニーで食べたくクイジャップを彷彿とさせるが、ラオスのカオピヤックのほうがマイルドな味わいかな。

ウドンのクイジャップ
関連記事:ウドンターニーの朝食なら、うどんでしょ。ウドンバスターミナルで食べるクイジャップがうまい。

まあ、店によって味付けは違うだろうから一概には言えないが、日本人の舌感覚では、カオピヤックのほうが馴染みやすいかと思う。

麺の量が多くて、けっこうなボリューム感。
タイの一般的に食べるクイジャップよりも、食べごたえはある。
もっちりした米麺だけに、腹持ちも良さそうだ。

ラオスキープで1万。タイバーツなら50。2016年1月の為替レートで、165円くらいかな。

タイの麺類よりも少し高いくらいだが、この麺の多さだと割高感はない。

満足です。

いいねえ、カオピヤック。

ラオスに来たら、サンドイッチのカオチーともども、カオピヤックも食べておきましょう。

カオチーは、ラオス名物フランスパンサンドイッチ。あふれかえるパクチーが魅力だよ。

 

今回食べた店は、ビエンチャンにあるタイ大使館領事部(ビザ発給所)のすぐ近く。
ビエンチャン中心部に滞在しているなら、わざわざ寄る必要はないだろうけど、ビザ取りに訪れているなら、ついでにどうぞ。
大使館からは歩いて2,3分です。
営業時間は、おそらく午前中から夕方くらいまで。この周囲の店は、夕方には店じまいしてしまうんで。
客は、近所のカシコーン銀行店員など地元の人達がメイン。たまたまだろうけど、外国人客は見かけなかった。でも、たぶん簡単な英語なら通じるでしょう。

カオピヤックの他にも、ガパオなどの定番料理もあるみたい。
アイスコーヒーも売っている。
店の表側では、ソムタムを作っていた。

ラオス旅行の際は、ローカル食堂のカオピヤックを是非どうぞ。
おいしいよ。

SPONSOR LINK

関連記事

ガトォーン (1)

ちょっと珍しいタイの果物、ガトォーン(グラトーン、サントル)。

日本ではあまり食べる機会がないであろう果物を食べてみた。 ガトォーン ク

記事を読む

パタヤタイのカオマンガイ (1)

パタヤタイ、ワットチャイ近くのカオマンガイ&クィティアオ屋台がうまかった

パタヤタイ(サウスパタヤ)のワットチャイモンコーン近くには、屋台が多数、軒を連ねている。 昼間

記事を読む

カイピン (3)

カイピン-殻付きの串焼き卵

屋台でちょこちょこ見かける変わった卵をご紹介。 鶏の卵に味をつけて、殻ごと焼いたもの。

記事を読む

ブッカオ常設市場のナムトックムー (2)

ブッカオ常設市場のナムトックムー屋台

ソイブッカオ北側にある、ブッカオ市場。 ブッカオとパタヤタイ交差点近くに火曜日と金曜日限定で開

記事を読む

jumbo-sushi-7

JUMBO SUSHIは、定食50バーツの日本料理食堂@サードロードソイ15

晩飯を求めて、サードロードをふらふら歩いていると、小さな食堂を見つけた。 近づいて

記事を読む

イサーン屋台

イサーン料理屋台のすすめ

昼飯はイサーン屋台 タイ、パタヤでの沈没生活に欠かせない屋台。 今回は、タイ料理の中から、と

記事を読む

パタヤタイのカノムジーン (2)

パタヤタイのカノムジーン屋は種類豊富。ウォーキングストリートからも近くて便利。

カノムジーン タイ風カレーそうめんとも言うべき「カノムジーン」 カノム=お菓子

記事を読む

シーフードトムヤムスープクィティアオ屋 (3)

これはうまい。シーフード満載の海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋。

少し前の沈没日記で取り上げたサードロードにあるクイティアオ屋。 満席で座れなかったり、

記事を読む

10-bahts-fried-chicken-4

ソイブッカオの10バーツ唐揚げ屋台、ガイトートナコンナヨック

恒例のパタヤ10バーツ唐揚げ屋台シリーズ。 これまで何店舗か紹介してきたが、灯台下暗しとでも言

記事を読む

移動式日本式やきそば屋台

パタヤにある日本式焼きそば屋台

読者さんから質問をいただきました。 「日本の焼きそばのバイク屋台を見かけたのですが、何かご

記事を読む

アドステア

アドステア

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

Walking Street 201701 (2)
年始めブンブンは20歳コヨーテ嬢。仕事を抜け出して部屋にやって来る。

沈没日記16 日記進行上ディレイしているが、ようやく年が明けた。

→もっと見る

PAGE TOP ↑