*

カオチーは、ラオス名物フランスパンサンドイッチ。あふれかえるパクチーが魅力だよ。

公開日: : グルメレポート ,


カオチー屋台 (3)

ラオスは元フランス領。フランスのパンといえば、フランスパン(バゲット)。
バゲットをサンドイッチにすると美味しいよね。ハムやベーコンやチーズやレタスやトマトを挟むとうまい。
でも、ラオスのサンドイッチは、ひと味ちがう。同じフランスパンサンドイッチでも、中身はラオス独特のものへと少々アレンジしてある。
特徴は、大量のパクチーとパパイヤ。
それが、ラオス名物「カオチー」だ。
カオジーとも表記できるかな。

同じくフランス領だったベトナムでは「バインミー」と呼ばれている。
中身はちょっと違うが、パクチーがふんだんに入っているところは似ている。

今回は、ラオス名物サンドイッチ「カオチー」のご紹介。
とりあえず、ラオスに来たら、これは食べておこう。ラオスでは必ず食べるべきB級グルメである。

SPONSOR LINK

カオチー屋台

もうラオスの国民食みたいなものなので、どこでも売っている。
カフェや食堂や雑貨店の店先、もちろん屋台も出ている。
ラオスの田舎でも普通に売っているほどだ。

特にビエンチャンのタラートバスターミナル周辺はカオチー屋台天国。
いたるところにフランスパンの山が築かれている。

カオチー屋台 (2)

カオチー屋台 (4)

カオチー屋台 (5)

↓タラートサオバスターミナル前の道路。まあ埃っぽいが細かい衛生観念はこの際忘れよう。
ビエンチャンタラートサオバスターミナル付近

メコン川近くのツーリストエリアでも、どこでも簡単に買える。
街中カオチーだらけと言うとかなりオーバーだが、半径100メートル以内のどこかでは見つかるだろう。大阪の商店街にあるたこ焼き屋より多いことは確か。

ビエンチャンにあるタイ大使館領事部近くの屋台で購入してみた。

カオチー屋台 (1)

一つ1万キープ、タイバーツなら50バーツ。だいたい160円くらい。

この屋台の具材は、ポークかチキン。
店によっては、シーチキンや卵入りなどいろいろ選べる。

注文すると、その場でさくっと調理してくれる。
あっという間にできあがり。

袋に入れてもらい、お持ち帰りした。

カオチー (3)

あふれんばかりのパクチー(コリアンダー)が強烈だ。
好きな人は大好き、嫌いな人は徹底して大嫌い、そのパクチーの香りがぷ~んと漂ってくる。
いいねえ。これぞ、東南アジアだよ。

サンドイッチを開いてみる。

カオチー (2)

カオチー (1)

パクチーのほかには、パパイヤのささがきとキュウリが入っている。
パパイヤは、ご存知ソムタムの材料として使われている。タイ東北部(イサーン)やラオスでは欠かせない食材。パパイヤをフランスパンに挟むという発想が素敵やん。郷土愛を感じるやん。

チキンは、茹でた鶏肉を期待していたのだが、ソーセージを刻んだものだった。これはこれでうまいけど、豚肉のほうがよかったかな。豚肉なら、ムーデーン(焼き豚)を使っているようだし。

具であふれかえっているカオチーをがぶりとかじりつく。
パクチーの香りが口いっぱいに広がる。パパイヤのしゃきしゃきした食感が心地よい。
適度な辛さのタレも食欲をそそる。そして、フランスパンのぱりぱりしっとり感で全体を包みこむ。
うーん、いいね。日本や欧米では決して味わえない、ラオスならではのサンドイッチだ。

パンの大きさは、いわゆる普通のフランスパンの半分から3分の1くらいの大きさ。がっつり食事にするには少々物足りないが、小腹が空いた時にはちょうどいいサイズ。
カフェでラオコーヒーでも飲みながら、優雅にパクチーとパパイヤ入りのサンドイッチをかじるのも乙なものだ。

小綺麗なカフェなら欧米人向けの味付けも用意してあるようだ。シーチキン入りや、卵入りなど。BLTもあるかも。

でも、どうせならローカル向けのパクチー満載カオチーを食べてみよう。
せっかくのラオス旅行、ローカルなものを食わずして何を食うのだ。

と煽りながらも、わたしはあまりのパクチーの量に辟易してしまい、半分ほどパクチーを取り除いてしまったことをラオスの人たちに謝りたい。
いやさすがにちょっと入れすぎでしょ、パクチー。
どうしてもパクチーが苦手な人は、「マイサイパクチー」と言えば、パクチー抜きで作ってくれますよ。少しだけパクチーを入れてもらうなら、「サイパクチーニッノイ」とどうぞ。

ほどほどのパクチーでうまうまです。

SPONSOR LINK

関連記事

take-away-breakfast-5

TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE AWAY。 白

記事を読む

baritaliabygiegieバーイタリアパタヤ (3)

センタン2階にあるBAR ITALIAは、テラス席が気持ちいいイタリアンレストラン

用事があって、友人とセントラルフェスティバル(通称センタン)を訪問。 その後、センタン

記事を読む

ブッカオ名無し食堂のガパオ2015 (1)

ブッカオ名無し食堂で久しぶりにガパオムーを食べてみた。味は復活したかな。

ソイブッカオにある青い屋根のローカル食堂。店名はない。 誰が呼んだか名付けたか、ブッカ

記事を読む

Asoke noodle soup (4)

手作りルークチンが名物。アソーク・スクンビットソイ19のクイティアオ屋。

宿泊しているサムズロッジとBTSアソーク駅の間にクイティアオ屋を見つけた。 大きな教会(Gra

記事を読む

Villa market breakfast (1)

ヴィラマーケット内のレストランでブレックファースト@PATTAYA AVENUE

PATTAYA AVENUE(パタヤアベニュー)はセカンドロード沿いにあるショッピングモール。

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂 (6)

ソイエキサイト脇道の食堂は日本語メニューあり。味良し、使い勝手良し。

ソイブッカオの裏道をぶらぶら歩いていると、わりと入りやすそうな食堂がある。 以前から見かけては

記事を読む

ムーカタニンジャパタヤタイ店 (4)

パタヤの食べ放題ムーカタ屋、ニンジャ。行き方と食べ方など。

食べ放題のムーカタレストラン、ニンジャへ行くことになった。 場所は、サウスパタヤ店。 ブ

記事を読む

カオモッガイ (1)

カオモッガイ@ソイブッカオとパタヤタイ交差点のカオマンガイ屋

ソイブッカオの南端、パタヤタイとの交差点付近で夜になると登場するカオマンガイ屋台。 このカオマ

記事を読む

BBQ moogata soi bongkot (5)

ソイボンコット2軒目の食べ放題ムーガタ屋は、189バーツ

以前、ソイボンコットにある食べ放題ムーガタ屋を紹介した。 139バーツという破格値であった。

記事を読む

Gyunoya (1)

タニヤの牛野家で、豚丼と牛丼を食べる。吉野家じゃないよ。

タイ・バンコクにあるタニヤ通りは、まさに日本人街。 日本で有名なチェーン店系居酒屋やとんかつ屋

記事を読む

アドステア

アドステア

Duannaming hotel pattaya (14)
ソイブッカオおすすめホテル、ドゥアンナミン(ドゥアンナムイン)は居心地良好のままだった

以前、ソイブッカオのおすすめ格安ホテルとして紹介したドゥアンナミン

Ginza
ギンザ閉店と数年ぶりのワッツアップ(What’s Up)訪問

昨日の深夜、ウォーキングストリートを訪れた。 時刻は26時過ぎ。

Moogata puang
チムチュムとムーガタの有名店、プアン

その昔、ソイブッカオ沿いの空き地にプアンというチムチュムとムーガタ

Tree town pattaya (15)
ナイトマーケット化しつつあるTREE TOWN PATTAYA。食べ放題ムーガタ屋も新規オープン。

徐々に開発が進んでいくTREE TOWN PATTAYA。

Airport club
2017年5月今週のウォーキングストリート訪問レポート。Dクラブ、エアポート、ウィンドミル、スカイフォールなどなど。

今週訪れたウォーキングストリートのゴーゴーバーの様子をまとめてレポート

→もっと見る

PAGE TOP ↑