*

カオチーは、ラオス名物フランスパンサンドイッチ。あふれかえるパクチーが魅力だよ。

公開日: : グルメレポート ,


カオチー屋台 (3)

ラオスは元フランス領。フランスのパンといえば、フランスパン(バゲット)。
バゲットをサンドイッチにすると美味しいよね。ハムやベーコンやチーズやレタスやトマトを挟むとうまい。
でも、ラオスのサンドイッチは、ひと味ちがう。同じフランスパンサンドイッチでも、中身はラオス独特のものへと少々アレンジしてある。
特徴は、大量のパクチーとパパイヤ。
それが、ラオス名物「カオチー」だ。
カオジーとも表記できるかな。

同じくフランス領だったベトナムでは「バインミー」と呼ばれている。
中身はちょっと違うが、パクチーがふんだんに入っているところは似ている。

今回は、ラオス名物サンドイッチ「カオチー」のご紹介。
とりあえず、ラオスに来たら、これは食べておこう。ラオスでは必ず食べるべきB級グルメである。

SPONSOR LINK

カオチー屋台

もうラオスの国民食みたいなものなので、どこでも売っている。
カフェや食堂や雑貨店の店先、もちろん屋台も出ている。
ラオスの田舎でも普通に売っているほどだ。

特にビエンチャンのタラートバスターミナル周辺はカオチー屋台天国。
いたるところにフランスパンの山が築かれている。

カオチー屋台 (2)

カオチー屋台 (4)

カオチー屋台 (5)

↓タラートサオバスターミナル前の道路。まあ埃っぽいが細かい衛生観念はこの際忘れよう。
ビエンチャンタラートサオバスターミナル付近

メコン川近くのツーリストエリアでも、どこでも簡単に買える。
街中カオチーだらけと言うとかなりオーバーだが、半径100メートル以内のどこかでは見つかるだろう。大阪の商店街にあるたこ焼き屋より多いことは確か。

ビエンチャンにあるタイ大使館領事部近くの屋台で購入してみた。

カオチー屋台 (1)

一つ1万キープ、タイバーツなら50バーツ。だいたい160円くらい。

この屋台の具材は、ポークかチキン。
店によっては、シーチキンや卵入りなどいろいろ選べる。

注文すると、その場でさくっと調理してくれる。
あっという間にできあがり。

袋に入れてもらい、お持ち帰りした。

カオチー (3)

あふれんばかりのパクチー(コリアンダー)が強烈だ。
好きな人は大好き、嫌いな人は徹底して大嫌い、そのパクチーの香りがぷ~んと漂ってくる。
いいねえ。これぞ、東南アジアだよ。

サンドイッチを開いてみる。

カオチー (2)

カオチー (1)

パクチーのほかには、パパイヤのささがきとキュウリが入っている。
パパイヤは、ご存知ソムタムの材料として使われている。タイ東北部(イサーン)やラオスでは欠かせない食材。パパイヤをフランスパンに挟むという発想が素敵やん。郷土愛を感じるやん。

チキンは、茹でた鶏肉を期待していたのだが、ソーセージを刻んだものだった。これはこれでうまいけど、豚肉のほうがよかったかな。豚肉なら、ムーデーン(焼き豚)を使っているようだし。

具であふれかえっているカオチーをがぶりとかじりつく。
パクチーの香りが口いっぱいに広がる。パパイヤのしゃきしゃきした食感が心地よい。
適度な辛さのタレも食欲をそそる。そして、フランスパンのぱりぱりしっとり感で全体を包みこむ。
うーん、いいね。日本や欧米では決して味わえない、ラオスならではのサンドイッチだ。

パンの大きさは、いわゆる普通のフランスパンの半分から3分の1くらいの大きさ。がっつり食事にするには少々物足りないが、小腹が空いた時にはちょうどいいサイズ。
カフェでラオコーヒーでも飲みながら、優雅にパクチーとパパイヤ入りのサンドイッチをかじるのも乙なものだ。

小綺麗なカフェなら欧米人向けの味付けも用意してあるようだ。シーチキン入りや、卵入りなど。BLTもあるかも。

でも、どうせならローカル向けのパクチー満載カオチーを食べてみよう。
せっかくのラオス旅行、ローカルなものを食わずして何を食うのだ。

と煽りながらも、わたしはあまりのパクチーの量に辟易してしまい、半分ほどパクチーを取り除いてしまったことをラオスの人たちに謝りたい。
いやさすがにちょっと入れすぎでしょ、パクチー。
どうしてもパクチーが苦手な人は、「マイサイパクチー」と言えば、パクチー抜きで作ってくれますよ。少しだけパクチーを入れてもらうなら、「サイパクチーニッノイ」とどうぞ。

ほどほどのパクチーでうまうまです。

SPONSOR LINK

関連記事

Buakhao paradise pattaya room (8)

Buakhao Paradiseのブレックファーストとゲストハウス部屋内部見学レポート

ソイブッカオの南側に、昨年後半くらいからだろうか、Buakhao Paradiseなる看板が上が

記事を読む

take-away-breakfast-5

TAKE AWAYレストランのブレックファースト125バーツ@ソイブッカオとソイニュープラザ交差点

ソイニュープラザのソイブッカオ側交差点角にあるレストラン、TAKE AWAY。 白

記事を読む

nescafe-can-coffee

タイの缶コーヒーはこれで決まりか。ネスカフェExtra Rich新登場。

缶コーヒーが好きだ。 日本でもタイでも、週に5本は飲んでいる。 以前、タイの缶コーヒーを

記事を読む

ブッカオ市場のタレートート (4)

タレートート(ホイトート)。タイ風海鮮お好み焼き。

今日も今日とてソイブッカオの常設市場へ。 何を食べようかと、うろうろわくわくする。

記事を読む

ソイボンコットのコームーステーキ (1)

ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。

以前取り上げた、ソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 値段のわりにボリュームもあ

記事を読む

クィティアオ屋の煮込み豚肉

ソイレンキーの新しいクィティアオ屋は、薬膳スープと煮込み肉が名物。(追記)

パタヤ滞在中の友人二人と昼食を取りに行くことになった。 タイラーメンが食べたいとのリクエスト。

記事を読む

chapayom-2

CHA PAYOM(チャーパヨム)はどれでも1杯25バーツのカフェ。抹茶ミルクがおすすめ。

タイ全土でフランチャイズ展開している路上カフェー店が、CHA PAYOMだ。 読み方は、たぶん

記事を読む

buriram-railway-station-6

ソース二度づけ禁止!?ブリラム駅前の立ち食い串揚げルークチンは1本3バーツ

なぜかは知らないが、ブリラムにはルークチン屋が多い。 ルークチンとは、魚な豚肉をミンチにし

記事を読む

ソイテンモーのチムチュム (1)

ブッカオでチムチュムを食べる@ソイテンモー

チムチュムとは、肉やシーフードや野菜を土鍋にぶちこんで、ちょっとハーブを利かせたダシでぐつぐ

記事を読む

名無し食堂横クィティアオ屋追加バミー (1)

【追記】ブッカオ名無し食堂横のクィティアオがうまい。激辛トムヤムスープがおすすめ。

最近、とんとご無沙汰になったブッカオ名無し食堂。 その2軒隣に、以前からクィティアオ屋がオープ

記事を読む

アドステア

アドステア

RAINBOW24 Pattaya (15)
RAINBOW24の日本式カレーライス。コンビニだけどイートイン可能。日本の缶コーヒーも売ってるよ。

いつの間にか、RAINBOW24というコンビニがパタヤに増えている。

Gold (3)
ソイLKメトロの新ゴーゴーバー「GOLD」、オープン初日訪問レポート

1月21日、ソイLKメトロに新規ゴーゴーバーがオープンした。 場所は

khao man gai soi AR (2)
パタヤカンのそこそこ美味しいカオマンガイ屋@ソイAR

何度か食べてみて、そこそこおいしいレベルを維持しているカオマンガイ

Walking street midnight
深夜のウォーキングストリート徘徊レポート。ゴーゴーバー多数、目撃談多数。

深夜1時頃、ウォーキングストリートを訪問。 このくらいの時間帯が好き

Chester's frird chicken harbor pattaya (3)
タイのチェーン店「Chester’s チェスターズ」のフライドチキン

Chester'sは、タイ国内でわりと頻繁に見かけるフライドチキン系の

→もっと見る

PAGE TOP ↑