*

カオチーは、ラオス名物フランスパンサンドイッチ。あふれかえるパクチーが魅力だよ。

公開日: : グルメレポート ,


カオチー屋台 (3)

ラオスは元フランス領。フランスのパンといえば、フランスパン(バゲット)。
バゲットをサンドイッチにすると美味しいよね。ハムやベーコンやチーズやレタスやトマトを挟むとうまい。
でも、ラオスのサンドイッチは、ひと味ちがう。同じフランスパンサンドイッチでも、中身はラオス独特のものへと少々アレンジしてある。
特徴は、大量のパクチーとパパイヤ。
それが、ラオス名物「カオチー」だ。
カオジーとも表記できるかな。

同じくフランス領だったベトナムでは「バインミー」と呼ばれている。
中身はちょっと違うが、パクチーがふんだんに入っているところは似ている。

今回は、ラオス名物サンドイッチ「カオチー」のご紹介。
とりあえず、ラオスに来たら、これは食べておこう。ラオスでは必ず食べるべきB級グルメである。

SPONSOR LINK

カオチー屋台

もうラオスの国民食みたいなものなので、どこでも売っている。
カフェや食堂や雑貨店の店先、もちろん屋台も出ている。
ラオスの田舎でも普通に売っているほどだ。

特にビエンチャンのタラートバスターミナル周辺はカオチー屋台天国。
いたるところにフランスパンの山が築かれている。

カオチー屋台 (2)

カオチー屋台 (4)

カオチー屋台 (5)

↓タラートサオバスターミナル前の道路。まあ埃っぽいが細かい衛生観念はこの際忘れよう。
ビエンチャンタラートサオバスターミナル付近

メコン川近くのツーリストエリアでも、どこでも簡単に買える。
街中カオチーだらけと言うとかなりオーバーだが、半径100メートル以内のどこかでは見つかるだろう。大阪の商店街にあるたこ焼き屋より多いことは確か。

ビエンチャンにあるタイ大使館領事部近くの屋台で購入してみた。

カオチー屋台 (1)

一つ1万キープ、タイバーツなら50バーツ。だいたい160円くらい。

この屋台の具材は、ポークかチキン。
店によっては、シーチキンや卵入りなどいろいろ選べる。

注文すると、その場でさくっと調理してくれる。
あっという間にできあがり。

袋に入れてもらい、お持ち帰りした。

カオチー (3)

あふれんばかりのパクチー(コリアンダー)が強烈だ。
好きな人は大好き、嫌いな人は徹底して大嫌い、そのパクチーの香りがぷ~んと漂ってくる。
いいねえ。これぞ、東南アジアだよ。

サンドイッチを開いてみる。

カオチー (2)

カオチー (1)

パクチーのほかには、パパイヤのささがきとキュウリが入っている。
パパイヤは、ご存知ソムタムの材料として使われている。タイ東北部(イサーン)やラオスでは欠かせない食材。パパイヤをフランスパンに挟むという発想が素敵やん。郷土愛を感じるやん。

チキンは、茹でた鶏肉を期待していたのだが、ソーセージを刻んだものだった。これはこれでうまいけど、豚肉のほうがよかったかな。豚肉なら、ムーデーン(焼き豚)を使っているようだし。

具であふれかえっているカオチーをがぶりとかじりつく。
パクチーの香りが口いっぱいに広がる。パパイヤのしゃきしゃきした食感が心地よい。
適度な辛さのタレも食欲をそそる。そして、フランスパンのぱりぱりしっとり感で全体を包みこむ。
うーん、いいね。日本や欧米では決して味わえない、ラオスならではのサンドイッチだ。

パンの大きさは、いわゆる普通のフランスパンの半分から3分の1くらいの大きさ。がっつり食事にするには少々物足りないが、小腹が空いた時にはちょうどいいサイズ。
カフェでラオコーヒーでも飲みながら、優雅にパクチーとパパイヤ入りのサンドイッチをかじるのも乙なものだ。

小綺麗なカフェなら欧米人向けの味付けも用意してあるようだ。シーチキン入りや、卵入りなど。BLTもあるかも。

でも、どうせならローカル向けのパクチー満載カオチーを食べてみよう。
せっかくのラオス旅行、ローカルなものを食わずして何を食うのだ。

と煽りながらも、わたしはあまりのパクチーの量に辟易してしまい、半分ほどパクチーを取り除いてしまったことをラオスの人たちに謝りたい。
いやさすがにちょっと入れすぎでしょ、パクチー。
どうしてもパクチーが苦手な人は、「マイサイパクチー」と言えば、パクチー抜きで作ってくれますよ。少しだけパクチーを入れてもらうなら、「サイパクチーニッノイ」とどうぞ。

ほどほどのパクチーでうまうまです。

SPONSOR LINK

関連記事

蓮の実 (1)

珍味?タイの屋台で売られている蓮の実を生で食べてみた。パックブア。

タイでは、いろんな野菜や果物が屋台で売られている。 トラックに満載された果物が売られていること

記事を読む

Soi Kophai Chicken noodle soup (6)

特濃スープのクイティアオガイ@ソイコーパイ

腹を空かせてソイコーパイを走っていると、赤く目立つ看板を発見。 英語でチキンヌード

記事を読む

マハーサムットクイティアオトムヤム (2)

サードロードの絶品シーフードクイティアオ「マハーサムット」ふたたび。

以前紹介した、海鮮トムヤムスープが絶品のクイティアオ屋「マハーサムット」。 場所はサードロ

記事を読む

ルアットムークンシーのクイティアオ

もつスープのルアットムークンシーで、あえてクイティアオを食べてみる

パタヤカンにある有名なモツスープ(クイジャップ)のレストラン、ルアットムークンシー。 数年前に

記事を読む

chiangmai-restaurant-pattaya-8

パタヤのチェンマイ料理レストランでカオソーイを食べる。あと、深夜食堂とたこ焼き情報。【追記あり】

パタヤでカオソーイを食べるシリーズ第3段。 今回は正統派のチェンマイ料理レストランへ。

記事を読む

カオカームー (2)

サードロードの中華屋台でカオカームー。豚の豚足煮込みご飯。

以前から少し気になっていたサードロードにある屋台。 大きな中華スタイルの寸胴が置い

記事を読む

ホイコムホイジューブ (1)

ホイコムは、タイのタニシ。別名ホイジューブ。屋台で一盛り40バーツ。

先日、バービアで飲んでいると、シーフード屋台売りがまわってきた。 知り合いのバービア嬢がホ

記事を読む

ソイARのブレックファースト99バーツ (5)

ペルシャ人レストランでイングリッシュブレックファーストを食べる。99バーツ。

パタヤカンのソイ12(通称ソイAR)をずっと進むと、長期滞在向けのホテルやサービスアパートメント

記事を読む

pattaya-3rd-road-restaurant-omelet-2

サードロードのタイ飯食堂は、上品な味付けでおすすめ。ガパオがうまい。

ふと立ち寄ったサードロードの食堂。 ローカル食堂なんだろうけど、雰囲気は明るくて、どこかおしゃ

記事を読む

Silom khao man gai (4)

シーロム・サラデーン地区は、意外なローカルグルメスポット。バミーナム、カオマンガイうまし。

シーロムは、バンコクを代表するビジネス街。 高層ビルが立ち並んでいて、上を見上げているだけなら

記事を読む

アドステア

アドステア

Tree town steak lungyai (7)
TREE TOWN PATTAYA内の39バーツステーキ屋は風前の灯火か

ソイブッカオ北側の空き地にできたTREE TOWN。

Vientiane to Thailand Bus (8)
タイビザ取得後、国際バスでビエンチャンからノンカイへ

ラオス旅行記15 ラオンダオホテル1でたっぷり朝食を取っ

Pattaya soi6 (2)
規制強化中、パタヤ・ソイ6の現状。18時前でもオープンしているのか。

パタヤのソイ6。 昼過ぎからバーがオープンして、妖艶な女性たち(一部

La ong dao hotel1 (27)
ビエンチャンで夜遊び。ラ オン ダオ ホテル 1 (La Ong Dao Hotel 1)に泊まって併設置屋からお持ち帰り。

ラオス旅行記14 (13「ビエンチャンでガイヤーンと山盛りカオニ

Asana hotel pattaya (20)
ウォーキング徒歩5分。バスタブ付き新築ホテル、アサナ ホテル&レジデンス(Asana Hotel & Residence)内部見学レポート。

パタヤタイ(サウスパタヤ)のトゥッコム斜め向かい、ソイ24を少し中

→もっと見る

PAGE TOP ↑