*

ブッカオ火金市場の屋台群にあるクイジャップがおいしかった

公開日: : グルメレポート ,


ブッカオとパタヤタイ交差点近くで、火曜日と金曜日限定で開かれる市場がある。
通称、ブッカオ火・金市場。

ブッカオ火金市場 (12)

で、市場の海側エリアの一角に食堂街というか屋台群がある。
買い物ついでに食事をすませるタイ人でにぎわっている。

そこで食べたクイジャップがとてもおいしかったのでご紹介。

屋台の外見はこんな感じ。
ブッカオ火金市場のクイジャップ (3)

屋台群に入って一軒目かニ軒なんですぐにわかるはず。
最初はただのクィティアオ屋かと思ったが、タイ人に聞いたらクイジャップも置いているという。

SPONSOR LINK

クイジャップ

クイジャップとは、太い米麺とモツがたくさん入ったスープ。
いちおう麺料理に分類されるのかな。
おそらくベトナム発祥の料理。

ブッカオ火金市場のクイジャップ (4)

スープはどす黒くて、しかもモツ入り。
ゲロゲロな味を想像してしまうが、それほど濃厚でもなければ、臭みがあるわけでもない。
決してあっさり味でもないけれど、日本人でも特に違和感なく食べられる味だ。

正直言って、モツ系は苦味と臭みがあって、あまり好きなほうではないけれど、これだけ臭みのないモツなら、がつがつ食べられる。
ダシがモツに染みこんでいて、実に食べやすい。

うん、ここのクイジャップはうまいぞ。

米麺はこんな感じ。
ブッカオ火金市場のクイジャップ (5)

太くねじってある。
これぞクイジャップって感じの重量感ある麺だ。

野菜は、テーブルの上に置かれていて、無料で取り放題。
調味料と合わせて、お好きなようにトッピングしましょう。

ブッカオ火金市場のクイジャップ (1)

お値段は、35バーツ。
安くていいね。
ちなみに、注文は「クイジャップ」とだけ言えばオッケーだった。

あっさり完食。

ブッカオ火金市場のクイジャップ (2)

 

パタヤ中心部でクイジャップが食べられる店はかなり少ない。
サードロードまで出れば、有名な店もあるようだ。
が、ブッカオ近辺でもほとんど見かけない。

サードロードとソイエキサイトの交差点のファミマ前にある食堂。
以前はソイレンキーにあった店だけど、ここでもクイジャップが食べられる。

ソイエキサイト食堂2

クイジャップ3

残念ながら、味も見た目も凡庸。
パンチに欠ける。
麺は細い上に、ぶちぶち切れている。

そこに比べれば、今回食べたクイジャップは、かなりいける。

火曜日金曜日の市場開催日は、ここのクイジャップで決まりだな。
(市場開催日以外の開店状況は不明。今度調べておきます。)

この屋台群では、他にも手頃なタイ料理がたくさん食べられる。
一皿35バーツくらいからと、大変お得な価格設定。
市場で買い物ついでにぜひどうぞ。

関連記事:ソイブッカオの火金市場。安い衣料とローカル気分を求めるならここへ。

SPONSOR LINK

関連記事

屋台のカオニャオマムアン (2)

今が旬!一度食べると病みつき?カオニャオマムアンは、もち米にマンゴーをのせた甘くておいしいタイ名物お菓子

タイは、5月前後がマンゴーの季節。 甘くておいしい完熟マンゴーが1kg100バーツ(310円)

記事を読む

チャイヤプーン入り口の屋台 (1)

ソイチャイヤプーン入り口の屋台が安くてうまい。鶏の内蔵とタケノコのガパオ、イワシ入りカオパットなど。

タイ・パタヤでの節約生活には欠かせない屋台。 でも、どうせなら安くておいしい屋台で食事したいも

記事を読む

イサーン料理屋ギンニャンの料理

気軽に食べられるイサーン料理専門食堂@パタヤアベニュー裏。生肉サラダも置いてるよ。

セカンドロードとブッカオの間で気軽に食べられるイサーン料理専門店をご紹介。 かなりローカルな雰

記事を読む

ソイダイアナのギンジェー屋台 (3)

パタヤのギンジェー。ソイダイアナの仮設テント販売所で揚げ豆腐と焼きそばを食べてみた。

ギンジェー 現在、タイはギンジェーの真っ最中。 黄色に「齊」の漢字が目印。

記事を読む

ウォーキングストリート夜 (1)

ウォーキングストリートで安く食事が取れる屋台やレストランは?ぶっかけ食堂からマリーンシーフードまで

パタヤのウォーキングストリート。 文字通り世界中から観光客が集まってくる。 よっ

記事を読む

ブッカオ市場のタレートート (4)

タレートート(ホイトート)。タイ風海鮮お好み焼き。

今日も今日とてソイブッカオの常設市場へ。 何を食べようかと、うろうろわくわくする。

記事を読む

ソイボンコットのコームーステーキ (1)

ソイボンコットのステーキ屋で、豚の喉肉ステーキを食べる。コームーヤーン。

以前取り上げた、ソイボンコットにある59バーツステーキ屋。 値段のわりにボリュームもあ

記事を読む

ドランクンダックの99バーツブレックファースト (2)

ソイLKメトロのDrunken Duckの朝食は、ビッグサイズで99バーツ

たまに、がっつりと朝食が食べたくなる時がある。それもタイ料理の朝食ではなくて、洋食系、特にイング

記事を読む

chapayom-2

CHA PAYOM(チャーパヨム)はどれでも1杯25バーツのカフェ。抹茶ミルクがおすすめ。

タイ全土でフランチャイズ展開している路上カフェー店が、CHA PAYOMだ。 読み方は、たぶん

記事を読む

ユアドンのカツ丼 (1)

パタヤカンの新しい日本食屋台「YOUR DON」のカツカレーとカツ丼を食べてみた

先日、パタヤカンを昼間に走行している時に見かけたこの屋台。 そういえば、新しく日本

記事を読む

アドステア

Comment

  1. Peo より:

    屋台のでっかい文字、
    左にクイジャップカンと書いてありますネ。
    右はクイッティアオムーですか。
    美味しいですよネ。
    行きたいです。

    • pattayan night より:

      タイ語が読めないもんですから、屋台の具材でいつも判断しています。
      「ミーアライ?」って聞けばいいんですけどね。
      ここのクイジャップは本当においしかったです。ぜひどうぞ。

  2. 猫大好きパパ より:

    パタヤ訪中は 麺類一切食べてなかったですねぇ。。モツは 好きなので次回食べてみます^^
    お腹いっぱいになりそうな一品ですねw

    • pattayan night より:

      タイの麺料理はおいしいですよ。次回はぜひ。
      クイジャップは麺料理というより、モツスープみたいなもんですけどね。
      量は意外と少ないですよ。つるりと完食できます。

  3. Talashi より:

    朝であればクアイジャップの屋台がダラットブーカオの道路を挟んだ反対側に出てます。
    この屋台も黒スープ系のクアイジャップでそこそこいけました。
    値段はたしか30バーツだったような・・・

    • pattayan night より:

      情報ありがとうございます。
      朝の時間帯限定の屋台もいろいろ出ているんでしょうねえ。
      完全夜型なんで、奇跡的に早起きしたら、ぜひ食べに行ってみます。
      久々に揚げパンも食べたいです。

アドステア

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

airport-ais-shop
【タイのスマホ】同じ携帯電話番号を維持しつつ、タイ到着と同時にネットを使う方法。AIS・12CALL、TRUE、DTAC。

タイ訪問時に毎回空港でSIMカードを求めて並んでませんか?

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

→もっと見る

PAGE TOP ↑