*

もつスープのルアットムークンシーで、あえてクイティアオを食べてみる


パタヤカンにある有名なモツスープ(クイジャップ)のレストラン、ルアットムークンシー。
数年前にこの近くでアパートを借りていたこともあり、わたしには馴染みのある食堂だ。
何度か食べに来たこともあるが、ここ最近はご無沙汰。
久々に訪れてみた。

SPONSOR LINK

ルアッムムークンシー

外観と内装
ルアットムークンシー (1)

ルアットムークンシー店内 (1)

場所
サードロードよりも海側なので、ソンテウ徒歩派でも行きやすい場所にある。
ブッカオとパタヤカンの交差点から歩いて3分くらいか。

地図

グーグルマップ上の店名は、ต้มเลือดหมูคุณศรี พัทยากลาง

あらかじめ野菜が盛られた丼の向こう側に、ずらりと具材が並ぶ。その多くがモツだ。
ルアットムークンシー店内 (2)

こちらは、店の代名詞とも言うべきルアット(豚の血を固めたもの)。大量に仕込んである。
ルアットムークンシー店内 (3)

メニュー

写真と英語付き
ルアットムークンシーメニュー (2)

くるくる巻いた太麺入りのクイジャップは、Rolled Noodle Pork Soupと英語表記してある。

こっちは中国語付き
ルアットムークンシーメニュー (1)

英語よりも中国語のほうが直感的にわかりやすいかも。

クイティアオ

思い返せば、ここ最近はウドンターニー、ビエンチャン、パタヤタイとクイジャップづくしだった。
もちろん、ここのクイジャップは、モツスープスタイルなので、ベトナム麺タイプのクイジャップユアンとは異なる。
でも、なんとなく、モツが名物の店で普通の豚肉入りの普通のクイティアオが食べてみたくなった。

メニューにも、写真付き(Pork Noodle Soup)で載っていあるし、別に変な注文でもないのだろう。
なお、普通の豚肉のことは、ムーシン(ムーチン)と呼ぶ。

別の店員が白ご飯を持ってこようとしたが、お断り。
クイジャップを注文すると自動的に付いてくるようだけど、米麺をおかずに白ご飯を食べる気にはなれない。

すぐにクイティアオ到着。麺はセンレックを指定しておいた。

ルアットムークンシーのクイティアオ

豚肉の量が多い。

やはり、スープがおいしいなあ。

あっさりしているのにコクと深みがある。
そんなチープな表現しかできないが、たしかに旨い。

麺は普通。いたって普通。
豚肉は多いけれど、野菜は少なめ。
全体的には、そこそこおいしいクイティアオといったところ。
満足度はそれほど高くないが、食べても後悔はしないレベル。
あっさり目のクイティアオが食べたいなら、選択肢の一つとして加えてもいい。

でも、敢えて普通のクイティアオでリピートしたいとは思わないかな。

ペットボトルの水と合計して67バーツ。
内訳は不明。
クイティアオ50Bに、水17Bかな。

やはり、ルアットムークンシーでは、モツスープを注文するのが王道のようで。
もしくは、モツたっぷりのクイティアオにしてもいいかな。
スープはおいしいんで、間違いないです、はい。

SPONSOR LINK

関連記事

ソイボンコットのムーガタムーカタ屋 (9)

食べ放題で139バーツ、ソイボンコットのムーガタ屋

パタヤのムーガタ屋で有名なのはニンジャ。 わたしも過去何度も訪れている。 おおよそ200バー

記事を読む

the-coins-pattaya-breakfast-1

ひさしぶりに食べたTHE COINSのブレックファーストはやっぱりうまかった

ソイブッカオのMALEEZ LODGE HOTEL1階にあるTHE COINSというレストラン。

記事を読む

カオムークロップ (1)

カオムークロップとカオムーデーン屋台。バミーとワンタンスープもあるよ。

パタヤタイ通りを走っていると、ソイブッカオとサードロードの間にムーデーンが一際目立つ屋台があった

記事を読む

ジョーレストランのブレックファスト朝食 (3)

JO RESTAURANTのブレックファスト79バーツ@ソイハニーイン

パタヤのファランな朝食シリーズです。 友人の宿泊しているベイブリーズホテルを訪れた際に気に

記事を読む

ソイエキサイト脇道食堂のムーガティアム (2)

酷暑のタイ・パタヤ。夏バテ防止にニンニクと唐辛子入りの料理を食べよう。ムーガティアム、パックブンファイデーン、ソムタム。

暑季まっさかりのタイ王国。 パタヤももちろん暑い。 とにかく暑い。ひたすら暑い。 日中は拷

記事を読む

イサーン料理屋ギンニャンの料理

気軽に食べられるイサーン料理専門食堂@パタヤアベニュー裏。生肉サラダも置いてるよ。

セカンドロードとブッカオの間で気軽に食べられるイサーン料理専門店をご紹介。 かなりローカルな雰

記事を読む

バミーナンファーのシーフードトムヤムママー (3)

シーフードトムヤムクイティアオの新店、バミーナンファー(天使のバミー)

サードロードに新しいバミーの店ができていた。 どうやら、海鮮トムヤムスープが売りの

記事を読む

フーターズパタヤフードメニュー (3)

フーターズパタヤ店(Hooters Pattaya)を訪問してみた

2016年1月16日に無事にグランドオープンを迎えたフーターズ・パタヤ店。 突貫工事が心配されたが

記事を読む

サードロード24時間営業クイティアオ屋 (3)

豚骨スープのクイティアオ@サードロードの24時間食堂。ルークチンもおいしい。

以前、紹介したサードロードにある24時間営業の食堂。 その際はクイジャップユアンを食べて、けっ

記事を読む

hopfビール (1)

HOPF。パタヤで自家製ビールがうまいビアレストラン。ピザとソーセージもおすすめ。

エアコンの効いた店内で、生バンドの演奏がありつつ、おいしい酒と料理が楽しめる店を紹介してくれと、

記事を読む

アドステア

アドステア

pattaya-songteow
バンコクからパタヤへ。パタヤのソンテウで初めて20バーツ請求された話。

沈没日記2 バンコク2泊はあっという間に終了。 都会は便利

airport-ais-shop
【タイのスマホ】同じ携帯電話番号を維持しつつ、タイ到着と同時にネットを使う方法。AIS・12CALL、TRUE、DTAC。

タイ訪問時に毎回空港でSIMカードを求めて並んでませんか?

p1170958
沈没日記スタート。まずはバンコク2泊から。

沈没日記1 最初に とりあえず、ここから今回の新しいパタヤ沈没日記

champaign-cyotes-2
オープン初日の新コヨーテクラブ、Champagne Coyotes(シャンペーンコヨーテ)@ソイLKメトロ

ソイLKメトロのソイダイアナ側にあるChampaignの横に、新しいコ

donmuang-airport-3
バンコク・ドンムアン空港深夜到着時の移動方法。タクシー利用でスクンビットまで。

フライトがディレイしたため、ドンムアン空港に到着したが午前0時20

→もっと見る

PAGE TOP ↑